タグ:L85 ( 15 ) タグの人気記事

これでこっちのもんだ。w

c0019089_20505547.jpg

昨日に引き続き鉄砲ネタ。

やっと来た。
L85A2カービンの光学機器一式が。L85のレールはピカティニーレールではございませんで、一般的な光学機器のマウントは適合しません。一般的じゃない奴はあるんでしょうけれども、前にも書きました通り、わたくしはSA80そのものについて特に詳しいわけではありませんので良くわかりません。w
そういったわけで、独自の規格のレールをピカティニーレールに変換するものが必要になるわけですが、そういった肝心な奴は例によって手に入らないという。都会の店頭ならあるのかもしれませんが、南東北(本当は北関東)の片田舎には陰も形もありません。そもそもL85自体が置いてないしなぁ。
適当な高さ調整用のマウントでも取り付け出来そうではあるんですが、やはり微妙に幅が合わず左右に傾いてしまったりする。

仕方がないので海外のショップを探しておりましたらば、光学機器と抱き合わせになっているものがいくつか見つかりましたので、その中で適当な奴を購入した次第。件のL85のレールについては、ブランドによって幅が違ったりするそうで、一応ICSに対応とは表示されているものの、はたして本当に適合するのかどうかは博打でございました。結果としては無事装着できました。

c0019089_21501891.jpg

光学機器本体は写真の通り、SpectorDRのパチ。1xと4xの切り替え式。パチのくせに日本で買うと結構しますが、香港直輸入だとお安うございます・・・レティクルが微妙に右に傾いているけどな。orz
まあダットだと思って使えば特に問題はありません。像そのものは思っていたよりクリアで使い物になりそう。
問題は重さ。元々重いのにさらに重さが増してシャレにならない状態に。えるちゃんは隠れ巨乳だそうですから仕方ないですな。w

12/5追記:会社にある秤で計測したら、写真の状態(マガジン・バッテリー無し)で3900gでした。そんなに重くないね。やっぱり重量バランスが変なんですね。

これで右に寄せ切っていて狙いづらかったリアサイトともおさらばです。やっぱりブルパップは光学サイトじゃないとね。
by namatee_namatee | 2012-12-04 22:13 | survival game | Comments(10)

最終的解決(えるちゃん)

c0019089_2012923.jpg

またしてもえるちゃんのネタですよ。いやしかし最終的解決ってなんとなく物騒だな。(汗

改修終了。
先日から弄くり回しているICS L85A2カービンですが、一通り改修が終わり、それなりに満足できる結果となりましてのでご報告。
Hopパッキンをファイアフライの「電気くらげ(辛口)」に交換し、バレル・チャンバーとのフィッティングを最適化、バレルの清掃、Hopの押しゴムをファイアフライの「くらげ(甘口)」に交換、Hopレバー先端部の形状を修正というのが主なメニューでございます。
対策を施した結果、弾道の左への偏向は無くなりました。今朝、風のない時間に試射して確認。弾はちゃんとまっすぐに飛びます。30m離れた10cmぐらいの太さの鉄柱にセミでもフルでもほぼ当たるぐらいの集弾性能。1,000発ほど撃ち込んだ結果、Hopも常識的なレベルでちゃんとかかるようになり、フルにかけた状態でなくても真っすぐフラットに飛びます。ただし、適性Hop時の初速は当初の78m/sよりやや下がって76-77m/s(0.25gBB弾)となりました。なんでだろ?ちゃんとHopが効いているので、飛距離に不足はありませんけどね。ちなみにサイクルは16発/秒台後半(2セル 2,200mAhのLiPo)です。これも十分な性能。
弾道と性能に関しては十分な成果だと思います。

残った問題としては写真の通り、リアサイトがこの位置じゃないと狙った所に弾が飛んでいかない事でしょうか。w
弾道そのものは真っすぐなんですが・・・まあちょっと気持ち悪いだけで、例えば光学サイトに換えてしまえば分からなくなっちゃうんですがね。
そうそう、一般的な光学サイトを載せるためにはキャリングハンドルを外して独自規格?のレールをピカティニーレールに交換する必要があるんですが、これがまた品切れ中でしてね。入荷して手に入るまで光学サイトはおあずけという始末。まったくこれだから中華(ry

というわけでICS L85A2カービンの改修は終了という事で。あとはサバゲの実戦デビューですな。ゲームでも十分使い物になると思いますよ。わたくしはL85についての知識や情報はあまり持ってませんが、ウワサに聞いた所ではSTAR、ARES、G&G、ARMYなど数社から発売されているモノはどれもイマイチな出来だそうです。なんか良くわからないシステム(マルイのPSG-1に似たものらしい)だったり、ブローバックメカだったりして、どうにも使いづらいとのこと。
その点、このICS L85は変に奇をてらった余計なギミックもなく、BB弾を発射することについては基本的に健全な機構と性能を備えていると思います。改修もHop周りのみで、そこら辺は中華銃なら基本的に手を入れないといけない部分ですから、いまさら騒ぐほどの事でもありませんよ。w
問題は取り扱っている海外ショップが少なく、調整済みの高価な奴を買うしかなさそうな点とその調整済みってのは調整済みと言い切って良いのかどうか、やや判断に苦しむレベルの仕上がりなところでしょうか。
そうは言っても、メカボについては不満はありませんので、調整済みとうたいながらも腑に落ちない点(バレル内部がグリスで汚れているとか)があるものの、全体的には満足のいく製品だと思います。
買いかどうかと尋ねられたら間違いなく買いと答えますね。L85を欲しがるような人なら、ここまでにくどくどと書いて来た問題点など問題にならないでしょう。

ゲーム本番ではなにかにつけL85だから(ryという人達に目にもの見せてやりますよ。w
by namatee_namatee | 2012-11-21 20:39 | survival game | Comments(2)

チャンバーと格闘(L85編)

c0019089_20244211.jpg

コレといってネタもないのでISC L85A2カービンのチャンバーの図。

左曲がりの癖が抜けぬ。
前にも書きました通り、基本的に弾が左に曲がって飛ぶんですよ。購入時はサイコガンの弾道のように弧を描いて左に曲がりました。Hopパッキンをファイアフライの電気くらげ(辛口)に交換しましたら、かなり改善されましたがそれでも左に飛ぶ傾向はある。
おっと、先日のエントリーではバレルが左にひねった状態でセットされていたのがその原因と書きましたが、本日改めて分解してみたところ、このチャンバーはバレルをひねって装着することが不可能なことが判明しました。バレル横の溝に噛むパーツ、M4/M16ですと抜け止めみたいな奴が左右からバレルを挟む形でしっかり固定されますし、そのパーツもチャンバー本体に強固に噛み込むように嵌る上にネジで締め上げられますので、チャンバーにバレルを装着した状態ではほとんど一体化しちゃいます。
となると、原因はHopパッキンが捩じれて変な力がかかっているか、Hopを押し込むレバー先端の形状あたりに問題があるか。まず、Hopパッキンの状態を確認してみますと、電気くらげの特徴的な出っ張りはまあまあ真っすぐになっているようです。あれは4本あるんですが、強く押し込んで4本全部均等にバレル内に出っぱるかどうかを確認しないとダメなんですよね。このチャンバーの場合はやや右側の出っ張り具合が少ないように感じましたのでバレルをひねって位置を調整・・・ここでバレルがびくともしないことに気づくと。(汗
仕方がないので、バレルを少し引き出して勘でグリグリとひねってなじませる。なかなかちょうど良いところに収まりませんが、何度かやっているうちになんとか納得できる位置決めが出来ました。
次はHopレバー周り。Hopレバー先端の押しゴムと接する部分を良く観察してみると微妙に形が変。マズルに向かって左側の方が出っぱっているように見えます。普通のHopレバーのこの部分は押しゴムの形状に合わせて丸くなっていますが、このL85の奴はV字型の谷の部分に押しゴムが嵌るようになっておりまして、その谷も進行方向に対して斜めにずれているように感じられます。
なのでヤスリで整形する。削りすぎると一巻の終わりですから慎重に。適当に形を整えて終了。
さらにHopの効きがイマイチ弱いのを改善するのとHopレバーとかパッキンの傾きやネジレに鈍感にするためにファイアフライの「なまず」を投入。いやなに、使ってないのが転がっていたからですが。普通の押しゴムより高さがあってHopが強く効くようになりますし、横方向のズレにも強かろうと。

例によって真っ暗ですので弾道はわかりません。Hopの出っ張り具合ははっきりと大きくなりましたので効きが良くなっているのは確実。弾道の左曲がりは・・・どうかなぁ。自信無いなぁ。(汗

写真はそのICS L85A2カービンのチャンバー。チャンバー本体はアッパーレシーバーにM4ぐらいのネジ4本でがっちり固定され、ロワレシーバーは写真でも見えるチャンバーの出っ張りの丸い穴を通るピンでアッパーレシーバーに固定されます。よく考えてありますね。
前に材質不明と言ったバレルはアルミ製っぽい。色もこの通り真っ黒で、ますますMadBull Pythonにそっくりですなぁ。あ、マズル部分はなんというかエアロな加工が施されており、その点についてはPythonより高級かも。バレル内部は箱出しの状態ではHopパッキンあたりからはみ出したグリスでかなり汚れてました。これはあまり感心しませんな。(汗
by namatee_namatee | 2012-11-19 21:21 | survival game | Comments(2)

えるちゃんのレポート

c0019089_19334182.jpg

なんかICS L85A2カービンの記事、人気あるんですよね。みんな興味あるんですかね。それともバカがまた買ったよwというノリなんでしょうか。(汗
まあICSのL85は情報が少なめといえば少なめなので、みんな興味があるということにしておきましょう。

プチ改修
改修といっても前回も書きましたように小規模なものです。LiPoバッテリー対応のためにコネクターをT字型の奴に交換。スイッチ保護のためにSBDの装着といったところ。あと試射した結果、弾道が強烈に左曲がりなのでHop周りの点検、ですかね。
コネクターは簡単。写真の通り奇麗に終了。ICS L85A2カービンのバッテリースペースはこのようにハンドガード内にあります。ハンドガードは上が右側のハンドガード上部をヒンジにひらきまして、さらにその右のハンドガードがガスブロック?フロントサイト基部をヒンジに前側にひらくという構造でして、バッテリーの収納などの時のアクセスは非常に良いです。ただハンドガードはひらいた状態ではブラブラと落ち着かないので変な置き方して破損しないように気をつけた方が良いかも知れません。
M4/M16の類でいうところの前出し配線なんですが、あれらみたいに狭い所に電源の線を通すような厄介な構造ではないので、分解・組立は楽勝。上下分割式のレシーバーも電気系はビルトインのコネクターになっているので、電気を流す効率はとにかく、分解・組立に神経は使いません。
SBDは装着してみたんですがねぇ。なぜかヒューズが飛びました。装着方法に問題があるのかもしれないので、取り外して試射してみると今度は問題なく動く。良くわからないので保留にしてあります。スイッチはマイクロスイッチではないし、M4/M16の類などとは比べ物にならない大きさなので、LiPoバッテリーで使ってもまあなんとか持つんじゃないかと思いますし。
ちなみにヒューズは平型の小さい方で30Aです。そんなものの予備はウチには無く、すでにお店が閉まってしまってから切れましたので万事休す。とりあえずSBD無しで動くかどうかだけは適当なケーブルをヒューズホルダーに突っ込んでテストしましたが。

Hop周りについてはちょっとややこしい。ICS L85でネットを検索するとそこいら辺に触れたブログがヒットします。曰く、Hopのパーツが樹脂製で剛性が不足しており、そのせいで左側がより強く押し込まれることになって弾道が左寄りになるというようなことなんですが・・・これはどうなんですかね。
このL85のHopチャンバー、M4/M16の類の従来型のチャンバーに似ていると言えば似ている。つまりダイヤルについた偏心したカムがレバーを上下させてHopパッキンを押し込んだり引っ込めたりするようになっております。カムに接する横棒状のパーツが前述のブログに書かれている通りに樹脂製で、カムに押し上げられる時に撓んでしまうのは確かです。

だがしかし、このHopシステム、M4/M16の類とは決定的に違う点がある。M4/M16の類の従来型チャンバーHopパッキンを押すレバーの突き出し具合をダイヤルのカムで押す方向で調整しているのに対し、このL85のチャンバーは引き上げる方向でコントロールするんですよ。なのでHopダイヤルの回転方向もM4/M16の類とは反対で、右に回すとHopは弱くなり左に回すと強くなります。前回のエントリーでHopを強めたら初速が上がったので流速っぽいチューンなの?と書きましたが、あれは間違いです。Hopを強めたつもりで弱くしていたのでした。w

Hopレバーを押す力を生み出すのは反対側の端にあるスプリングでして、Hopレバーの支点はそのスプリングとダイヤルの間にありましてね。ダイヤルのカムはスプリングがHopレバーを押し込む量を制限するんです。つまり「カムに接する横棒状のパーツ」が最も撓んでしまう状態というのはそのパーツがカムに最も強く押し上げられる状態で、それはHop最弱の時という事になります。分かりづらいな。orz

とにかく、Hopを最も効かせている状態では「カムに接する横棒状のパーツ」の撓みは最小であるという事です。でもって、Hopの効きはあまり良くない。つまり例のパーツの剛性の無さから来る変形はHopレバーの左右の傾きの差にあまり影響はないのではないかと思います。さらに加えるならば、仮にHopレバーが左右不均等に押し込まれたとしても、縦に薄い板状のパーツなので、そんなに左右に傾くとは思えないんですよね。
それでは弾道が左曲がりだったのは何故か・・・単純にバレルが左にひねった状態でセットされていたから。orz←ガセネタなので訂正します。本当のところはこちらを参照のこと。
ここら辺はさすが中華としか言いようがありません。バレルを真っすぐに装着しなおしたらHopパッキンの出っ張りはHop最強時で左右均等になりました。
ただ、Hopを弱めると前述の樹脂パーツの剛性の無さの問題で左に曲がる可能性はあります。それでもHopの効きも弱めなことですし、今回はファイアフライの電気くらげ(辛口)に交換してみました。Hopの効きを良くするのと、あれはなんとなくHopレバーの左右不均等に影響を受けづらいような気がしましたので。
オリジナルのHopパッキンの時にはHopを最強にすると(それでもフラットというほどの弾道にはなりませんけど。)初速の低下が大きく、65m/s程度になってしまいました。このL85のメカボは簡単にスプリングの交換が出来るようになっており、さらにスプリングガイドの取り付け位置を3段階に変える事が出来まして、スプリングのテンションの調整も簡単なんですよ。なのでスプリングのプリロードを最強にしましたらば、Hop最強で72m/s(0.25gBB弾)となりました。
その状態でHopパッキンを電気くらげ(辛口)に変えた所、Hopオフで85m/s、Hop最強で78m/sとちょうど良いところに収まりました。
真っ暗なので弾道はわかりませんが、まあ電気くらげなら変なことはないと思います。給弾についても問題無し。

ちなみにバレルは420mmもあります。カービンなのに。さすがブルパップ。バレルそのものはMadBullのPytonに似た真っ黒なモノ。材質はなんだろ?よくわかりません。

今週末のサバゲに投入の予定ですが・・・雨じゃん。orz
by namatee_namatee | 2012-11-15 20:33 | survival game | Comments(0)

えるちゃん

c0019089_20261676.jpg

というわけでICSのガリルを買うはずがなぜかL85A2(しかもカービン)を買っちゃう。

ブルパップ分補給。
ウチにはそれなりの数のトイガンがありますが、オーソドックスな鉄砲がほとんでして。ブルパップはマルイのP90とARESのWA2000しかなく、前者はモスボール、後者はエアコキで強烈に重いためゲームは無理ときたもんだ。去年の暮れ頃にマルイからステアーHCのタンカラーが出るということで、久々にブルパップ分を補給できるかと思って予約しておいたんですが、これがまたいつになっても発売されない。我慢しきれずにキャンセルしてVFC XCRを買っちゃいました。
そういった経緯もあって今回はガリルじゃなくておなじICSのL85をセレクト。ガリルはマガジンとか面倒くさそうですしね。その点、L85の方はSTANAGマグなのでウチにたくさんあるマガジンがそのまま流用可です。試してみたらイーグルフォースのフラッシュマグもちゃんと使えました。アレはちょっと厚みがあるようで、マグウェルが狭いと使えないことが多い(XCRと556DMRには使用不可)んですが、これは問題無し。ちなみに標準装備のマガジンはいわゆる多弾マグでしかも2本付いてきます。気前良いな、ICS。
購入はトリガートークの二階にあるあの有名ショップより。オーダー入れて25分後に発送終了って。(汗
もちろん調整済み。バッテリー繋いで試射してみると異音も無く絶好調・・・変な音はせず、とても健全な動作音。初速はマルイ0.25gBB弾で76m/s(Hopオフ)でした。暗くて弾道が見えないのでどうだか分かりませんが、ちょっとHopをかけてみるとすぐに78m/s程度まで上がりましたので微妙に流速っぽいチューンなんでしょうかね。いずれにせよ、変な手を加えて台無しにするつもりはありませんので、モデファイはコネクター(オリジナルはミニ)をリポバッテリーに合わせてT字型の奴にして、スイッチ保護ということでSBDを装着するぐらい(もしかしてこれのスイッチってマイクロスイッチかな?だったらSBDは意味がないかも。)にとどめるつもり。
サイクルは意外なほど速くて16発/秒(8.4V Ni-MHミニバッテリー)とでました。集弾性能などは明るくなってからじゃないと何とも言えませんなぁ。ネットで情報収集したところではあまり良い話を聞きませんけど。(汗
外観はとても良く、ガリルの出来の良さから期待した通り。安物中華特有の瑕とかはみ出した接着剤とかとは無縁です。強いて言うならハンドガードを固定するのに裏側からハンドガードの樹脂を熱で溶かしてあるんですが、それが不完全というか適当でポロポロ取れてくる。フロントサイトやキャリングハンドルなどの作りは大変よろしい。おっと忘れてた。こいつはコンパクトですが重いです。とても重い。(汗

実銃繋がり
先日のサバゲでL85(あれはG&Gのかな?)を使っている人が居りましてね。これがまた作動不良頻発でらしいというかなんというか。肝心な時に動かなくて「えるちゃ~ん。(汗」と泣きが入ってたのが面白かった。そこら辺の話は実銃のネタとからんでおりますので、興味のある方は適当に検索していただくとして。
どうもブルパップ、特に最近良く見かけるP90は当てにならない印象があるんですよね。P90もHCが発売されて使う人が目立つからかもしれませんが。アレのマガジンは宿命的に給弾不良が多いんですよ。HCでは改良されたはずなんですが・・・押し寄せる敵を同じバリケでP90の人と2人で抑えようとしていると、なんかP90の人撃つのやめてマガジン叩き出しちゃったよ?と思ったらヒットコールしていなくなっちゃったというような事が何度かありましてね。肝心な時に当てにならないという印象しかありません。>P90
その点、このL85は前述の通り信頼のSTANAGマグ(トイガンだけど)なのでまったく心配無し。心配があるとすれば独自パーツが多いらしいのと、これまた特異な構造の方でしょうな。メカボはVer.7のようなそうでもないような奴ですし。そういったわけで、面倒ごとはご免なので下手に手を入れずにショップにお願いするということで、高いけどトリガートークの二階(ryから購入というわけでございます。

そういえばレールどうしようかな。光学照準器はあまり必要性を感じないけど、格好つかないかな?

タイトルはもちろん「うぽって!!」から。実は読んだ事も観た事もありませんけど。w
by namatee_namatee | 2012-11-09 21:44 | survival game | Comments(10)