タグ:椎名へきる ( 759 ) タグの人気記事

二日酔い

c0019089_1959012.jpg

夕べは飲み過ぎた。AM2:00ごろ頭痛くて目が覚めてそのまま朝まで眠れませんでしたよ。orz

不活発
というわけで、午前中はどこへも出かけずウチでじっとしている。ヒマだったので地震で崩壊した本棚から「海の男/ホーンブロワーシリーズ<別巻>ナポレオンの密書:セシル・スコット・フォレスター」を引っぱりだして読む。
この本に収録されているのは

・ナポレオンの密書
・マックール未亡人の秘密
・最後の遭遇戦
・ホーンブロワーの誕生

以上、4点。初めの3点は絶筆というのかな、作者のC・S・フォレスターが亡くなってくしまったので未完です。あー、厳密には「最後の遭遇戦」を書いている時に亡くなったようですね。
どれも円熟の筆致ですなぁ。余計な描写が無くて簡潔なんだけど、ホーンブロワーや登場人物の心中をあますところなく書き表している。さすがです。これがボライソーシリーズのダグラス・リーマンになると、余計な感傷的な文章が多くて、格の違いがあらわになります。w

ホレイショ・ホーンブロワーは最終的には海軍元帥にまで出世するんですが、その割には艦隊を指揮することはあまりありませんでした。「決戦!バルト海」のあたりで戦隊司令官(准将?)になって戦隊を指揮したことはありましたが、戦時に大規模な艦隊、赤色艦隊とか、を指揮することは無かったんですよね。トラファルガーの時はホットスパー号を降りてなにかしていたはずですが、艦を指揮していたわけではないしもとより駆け出しの勅任艦長になったかどうかという時期なので艦隊を指揮するようなことは無い。
そのトラファルガー海戦のころになにかしていたってのがなんなのか、を書いてるのが「ナポレオンの密書」ですよ。フランスのブリッグかなにかを拿捕して船長が持っていた文書から、ナポレオンの命令を伝える文書を偽造し、フランス艦隊を港から引きずり出して決戦(それがトラファルガー海戦)を誘起するというお話。もちろん発案はホーンブロワーです。
特殊部隊の指揮官といって良いんでしょうなぁ。本人はもちろん艦隊を指揮したいはずですが、そういう方面には縁がないようで。少将になってからやっと艦隊の指揮を執るようになりますが、戦時ではないので決戦!バルト海の時の戦隊の方が規模が大きいという。w

「最後の遭遇戦」はちょっと短過ぎて、この先の展開の予感でwktkする前に終わってしまう感じ。ナポレオン三世や汽車が出て来たりして、時代の変化を感じて面白そうなんですが、どういう話になるのか予想がつきません。残念。
「ホーンブロワーの誕生」はフォレスターさんがどうやってこのシリーズを書いたかが具体的に書いてある。いわば小説の描き方のテキストみたいなもんで、これは面白いですよ。どうやって小説を書くのかなんて、読む一方のシロウトは系統立てて考えませんからね。

ついでにDVDで「ホーンブロワー 海の勇者」を適当に何巻か観る。吠えるように叫ぶ英語の命令が格好良いですなぁ。

そうこうしているうちに次から次へと荷物が・・・椎名へきるのCDがどんどんやってまいります。w
椎名へきる専用のiPodが・・・これは面白いからまた別なおりにネタにしよう。

で、夕方、さらに CDを探しにその手の店へLX125で出かける。16:00の気温はいつもの橋の上で13度でした。ちょっと寒いですね。海からいつもの冷たい風が入っているのかも。加えて二日酔いの影響か、途中で腹が痛くなりましてね。非常事態ということでケーズデンキにとびこみましたよ。(汗
で、中古CDの店には椎名林檎はあるけど椎名へきるは(ry
これだから田舎は(ry

帰り道雨に降られました。w
それも雷雨。「うちまでもたないなこりゃ」ってアルファさんみたいなことを呟きながら走りましたよ。確かにウチまで持ちませんでしたが熊手を背負ってなかったせいか雷の直撃はまぬがれました。だがしかし、すぐ近くに一発きまして肝を冷やしましたよ。まだゴロゴロいってます。いやゴロゴロというよりはドカンドカンという感じ。おっかねぇ。(汗
by namatee_namatee | 2013-05-03 21:09 | book | Comments(5)

私のにおい

c0019089_192345.jpg

「Miracle Blue」良いなぁ、元気でるなぁ。>椎名へきる

なんとなく
これは何かと申しますと「ヨコハマ買い出し紀行」第9巻第77話「塩」に登場する「海の道」に似た景色。ネットを徘徊しておりましたら、銚子の屏風ヶ浦に「海の道」に似た眺めがあるということでしたので、ちょっと見物に。
いやでも、あんまり似てないなぁ。「塩」でははるか彼方に水没した建物や街灯があるし、水面スレスレの平らな部分ももっと広い。水没した建物や街灯なんて実際にあるわけはありませんが、芦奈野先生はあったらこんな感じだろうという描き方をするので、全く影も形もないということは考えづらい。
ただ芦奈野先生はここら辺を歩き回ったらしいので、風景にインスピレーションを受けて「塩」を描いた可能性はあるかなぁ、といったところ。

もっとも考えてみれば、あの旅のアルファさんの足取りから言ってこんな所を通るわけは無いんで、もとより似た感じの場所ということで良いのでしょう。そうやって眺めて見ると、崖のあたりとか確かに面影はあります。堤防みたいな平らな部分も大波が来るとドドーンと水が吹き上げる所もありますし。
ところどころ写真のように波で上に乗っかっていたコンクリートの板がひっくり返ってなくなっていたりして、おまけに海藻のせいでものすごく滑りやすいので、ものすごく危ないけどな。

その「塩」というお話の中で「うちあげられた海藻 鉄サビ 魚の泡 塩のしみた板 松やに 鉱物油 山で忘れていた私のにおいだ」というアルファさんのセリフがありますが、これは海の近くで物心ついたわたくしの心にもしみる。漁船の油と排気の臭いとかね。あとエンジンの音とか錆とか。こういうところが「ヨコハマ買い出し紀行」はたまらんのですよ。ただアルファさんとココネかわいいよ、とか言ってるだけじゃないんですよ?

わたくしの育った銚子の場合は、もうひとつ忘れられないにおいがありましてね。それは醤油の香り。銚子大橋で利根川渡って銚子の街中に入るとどこからともなく醤油の香りがしてまいります。電車でも同じで銚子駅で降りるとすぐにわかる。広からぬ街中には醤油の香りが充満しておるのでございますよ。

何が言いたいのかというと醤油は「ヒゲタ」、通はこれ。キッコーマンとかヤマサとかはシロウト。
とか言いながら、ずっとヒゲタの工場だと思っていた所は実はヤマサだったことについ先日気がつきました。w
by namatee_namatee | 2013-04-30 20:44 | diary? | Comments(0)

へきらーへの道

c0019089_19523988.jpg

先日にひきつづき椎名へきるのCDの類のネタ。

誰が何と言おうと。
本当に気に入ったものはレンタルとかiTunesとかじゃなくて実物を買おうと思いましてね。これが不思議なことに外れが無いんですよ。>椎名へきる
おかげでCDがどんどん増える。最近のは新品で、ちょっと前のは中古で。写真の以外にも輸送中のが数枚は(ry

なにが気にいったんでしょうかねぇ。最初に聴いた時は「うわぁ。棒な歌い方だなぁ。orz」という印象しか無くて、「ヨコハマ買い出し紀行」のドラマCDやサウンドトラックでも歌のところは飛ばして聴いていたぐらいなんですけど。w
ひとつ思い当たるのは声の質が性にあうということですね。声が高くてその高い声を無理に出す感じが良いですなぁ。声とか歌い方、歌そのものは全然似てないけどずっと昔、渡辺美里が最初のアルバムを出したころ、やたらに高い声を無理に出している感じですごく好きでした。後に腹式呼吸っていうんですかね、無理に高い声を絞り出すような歌い方じゃなくなってしまって、ちょっと残念に感じましたね。一般的にはその方が上手な歌い方なのかもしれませんけどね。
椎名へきるさん(ついに「さん」付けに昇格)は、そういう腹式呼吸みたいな声量を感じさせる歌い方でなくて、高い声を絞り出すように歌う。たぶんこれが一番効いているんだと思います。でもって不思議なことに新しい方が声が高く感じる。
あと格好良い曲が多い。独特のノリの良さ。「風が吹く丘」とか「Miracle Blue」とかたまらない。おっさんをここまでハメるとは恐るべし。w

いやまあ、アルファさんの声ってのも効いてますけどね。
by namatee_namatee | 2013-04-28 21:10 | music | Comments(8)

こりゃたまげた。

c0019089_21113154.jpg

昨日の続き。

なんだこれ。(驚
というわけで、最近のアルバムとシングルを試しに購入。>椎名へきる
・・・なんかすごく良いんですけど。これは驚き。以前のネタで歌があまり上手でないなどと書きましたが、今は全然違いますな。ちゃんとしてるぞ。すごく成長している。
それでいて、なんていうかずっとロック色を貫いているのに感心する。それこそ1995年ごろの初期のアルバムからそこら辺はあまり変わってない。こんなに骨のある人だとは思いませんでした。w

誰が何と言おうと
気に入ったものは気に入った。もう少し追求してみましょう。w
by namatee_namatee | 2013-04-23 21:34 | music | Comments(2)

SHUREっていったらレコード針だろ、JK

c0019089_2091651.jpg

唐突にイヤホンを新調。いやなに、ヨドバシでDP1 Merrillを買ったときのポイントで。

SHUREのSE215っていうんですって。
特に思い入れがあるわけではなくポイントの範囲内で定評のある奴にしただけです。
今まで使っていたのはSONYのMDR-EX90SLってのでしたが、これがなんか評判が良いみたいでして。これも特に狙って買ったわけでなく、その時の予算内で適当に選んだだけなんですがね。なんか、中古で探して愛用している人とかいるので、ちょっとびっくり。なにやら値段の割に良い音なんだそうですよ。そうかなぁ。

で、このSHURE SE215、さっそくいろんな曲を聞いてみましたが、これはかなりメリハリのある音ですなぁ。低音がボンボンしてる。同時に高音も強く出ている感じ。いわゆるドンシャリ?
ドンシャリというと良い印象じゃないような表現ですが、まあ近代的なメリハリの効いた音って感じで悪くないです。ただ、MDR-EX90SLの方がわたくしが良く聴く女性ボーカルの曲には向いているかも。MDR-EX90SLはとにかく自然な鳴り方で癖が無い。さすが傑作と言われるだけのことはある・・・んですかね?

SE215はなんていうんですかね、耳にハマる所のクッションみたいな奴で音が全然違います。耳栓のイヤーウィスパーみたいな材質の低反発クッションみたいなやつで、さらに大きめのにすると低音がすごく強く出る。でも長い時間付けていると耳が痛くなってくるので、一回り小さいのすると低音スカスカという。ままなりませんなぁ。

ちなみに、iPhone5と一緒に写ってますが、SE215は先日購入したケースとプラグの大きさの相性が悪くて差し込めませんでした。(汗

流しているのは言わずと知れた椎名へきるのSINGLES COLLECTION 1995-2000ですよ。先日のサバゲに行くのに何か聴くのは無いかとiTunes Storeで購入しました。w
いやこれが、無理矢理ずっと聴いているとだんだん良くなってくるから不思議。それどころか、気に入っちゃってファンになりそう。
その昔の行状がいろいろ言われますし(これはいろいろ調べてみると実は伝説というかガセネタもしくは根も葉もないウワサに過ぎないという印象ですけどね。)、そんなに歌が上手ということもないのは確かですけど、曲は力入っているし声の質はすごく好き。たとえばZARDの坂井泉水さんと比べてどうよ?となると、わたくし的にはさしたる差はないと答えます。

まあアルファさんの中の人というだけで、評価が悪いわけは無いわけですが。w
by namatee_namatee | 2013-04-22 20:43 | audio | Comments(4)

コレクター魂

c0019089_18305880.jpg

ダブっております。w
モノは見ての通り「ヨコハマ買い出し紀行」OVAのいわゆる2期。DVDですよ。1期は元々はLDとVHSなんだぜ。あ、いや1期のLDも買いましたけどね。もちろんプレイヤーはありません。w
このとおり、#1が2枚ございます。うっかり通販とオクでダブり・・・いいえ、これは意図的に2枚買ったのでございます。というのは・・・

c0019089_18311362.jpg

このようにそれぞれにコースターが付属するんですが、最初に買った#1には入ってなかったから。
まだ新品が手に入るのに中途半端にケチって中古を買うからだ。(汗
もっとも買い直した奴も中古なんですが。コースターが入っているか入ってないか一か八かの賭け。いやまあ、入ってなかったらもう一枚買うだけのことですが。←ダメ人間

などと知ったように書いてますが、実は#2が手元に届いて開けてみるまでコースターが付属しているのなんて知りませんでした。w
新品でも付属しているんですかね。もし付属しているとしたら、現在新品で手に入る唯一の「ヨコハマ買い出し紀行」グッズということになるのではないかと。

2期のOVAはすこぶる評判が悪い。
いやまあ、確かにアルファさんやココネのキャラ造形というんですかね、表現がどうにも「萌え」狙いが見え見えで、そんなんだったら別に「ヨコハマ買い出し紀行」じゃなくても良いんじゃん、と突っ込みたくなるようなシロモノ。ただ音楽とか背景は「ヨコハマ買い出し紀行」らしくてなかなか良いんですが。
1期の方は1期の方でストーリー選びに疑問を感じる。個人的には第1話「鋼の香る夜」から始めれば良かったのにと思いますなぁ。時代の黄昏にふさわしく黄昏のカフェアルファから始まるアニメ版「ヨコハマ買い出し紀行」なんて素敵じゃないですか。
まあ商売の都合上、ココネを出したかったってのが本当のところかもしれませんけど。

例によって宝くじに当たったらとか、油田を掘り当てて大金持ちになったらとかの話。
「ヨコハマ買い出し紀行」0話から140話まで全部アニメ化。手抜きは勿論、改変脚色一切無し。原作そのまま。あ、わたくし的にはアルファさんの声は椎名へきるさんで良いです。今だったら落ち着いた声で演技してくれそうな気がする。もっとも5分で終わっちゃう話とか一言も話さない話とかありそうだけど。(汗

あと実写化はどうか。・・・キャスティング大変だな。まず「ミサゴ」がな。w
アルファさんは剛力彩芽にして阿鼻叫喚(ry
三浦半島の各所でロケ。カフェアルファはもちろん黒崎の鼻のあそこですよ。「現地」の人にはたまらないでしょうね。

こりゃ宝くじでは足りませんな。w
by namatee_namatee | 2013-02-18 21:16 | diary? | Comments(4)

素敵!

c0019089_21385784.jpg

またしても頭おかしい系のネタですが、昨日よりはマシか。

ゴンチチ良いよね。
「ヨコハマ買い出し紀行」のドラマCDのおかげでゴンチチにハマりましてね。中でももっとも印象的な曲が「Cactus Road」って奴。
ドラマCD「ヨコハマ買い出し紀行2」の「午後1/1」の冒頭に、曲の頭10秒ぐらいのところからが流れるんですがね。←ここら辺で大半の人は呆れている。
これがなんかwktkな感じでとても良い。「午後1/1」という話自体がwktkな話なんでとても似合ってる。さすがです。

で、全部聴いてみようと探したんですが、こういう時に限ってiTunes StoreとかAmazonのMP3ストアとかでは見つからないときたもんだ。上のリンクの通り、YouTubeにはありますが、こういうのをただでダウンロードってのもなんかね。気に入っている曲ならなおさら。
仕方が無いのでAmazonでCDを買いました。どうせだから曲が一杯入ってるベストアルバムの類を。こういう事やっているから、いろいろとモノがたまって金が減っていくんだって。>自分
もっとも投資したかいはありましたけどね。これは良いものです。いくらでも聴いていられます。素敵。

おっと、椎名へきるはレンタルでゴンチチは購入と明暗が分かれました。w
前者は視聴して「ああ、これはレンタルで良いや。」って思ったんですよ。(汗

下敷きになっているのは「ヨコハマ買い出し紀行」のポストカードブックって奴ですな。カラーイラストのポストカードが本になっている奴。そのままだ。
昨日のテレカの元ネタも多く収録されており、テレカよりサイズも大きいのでイラストを楽しむならこっちの方が良いですね。例によって特に貴重なものでもないので低価格で普通に手に入りますし。ウチのは残念ながら帯が無く、カドもちょっと擦れていたりする。おかげで700円ぐらいで買えましたけど。おっと出版時期の関係から、ストーリーの前の方のものしか入ってないのが残念といえば残念か。

他にもいろいろと「ヨコハマ買い出し紀行」関連のアイテムがあるんですが、本当に頭おかしくなったと思われるとマズいので、今日のところはこのくらいで勘弁しておきましょう。w
by namatee_namatee | 2013-02-02 22:14 | music | Comments(4)

タイムマシン

c0019089_20443976.jpg

DMMからレンタル半額のDMが来ていたのでつい。

どうなんでしょうねぇ。>椎名へきるさん
良く言わない人も多いですけど、よく調べてみると、その良く言われない原因(一例を挙げると「アーティスト宣言」とか)がどうも誤解というか、実際にはなかったようなあったような、調べれば調べるほど曖昧になっていって、本当のところが良くわからなかったりする。
●っていうんでしたっけ?実はわたくしは某巨大掲示板の有料ビューアを使っておりまして、これは元々、サバゲの某チームの過去スレを読んで、昔の経緯を知りたかったので購入したんですが、これが調べものに便利でしてね。
例えば「ヨコハマ買い出し紀行」スレの本当に最初の頃からずっと読めちゃう。
すでに連載の終わったマンガですから、今となってはネタも乏しいわけで、スレもさほど人が多いわけでもありません。まさに夕凪、黄昏のスレ。w
それが連載当時のレスがさかんについていた頃のログを読むと、タイムマシンというほど大げさなものではありませんが、すでに過ぎ去った時代の雰囲気がわかるような気がするんですよね。当然、情報量もケタ違いに多いですし。
某巨大掲示板はネタのオンパレードで、本当の話は全体の1/3も無いような印象があります。実際、現在進行中のスレではネタの判別に苦労するんですが、時間が経ってから通して読むと、ネタかどうかってのは案外簡単に判別つきますね。

そういった観点から椎名へきるさんのスレをはるか昔から最近のものまで通して読んで、さらにネットでも情報を集めてみると、どうも前述のように一般に言われているような事実は無かった、という結論に達してしまうという。(汗
ではなぜあんなに叩かれたのか、今現在あまり目立った活動が無いのはなぜか・・・よく分かりませんが、少なくともこのCDを聴いたところでは歌はあまり上手ではないと感じますので(汗、声優業に専念すればよかったのかなぁ、などと思います。
「ヨコハマ買い出し紀行」のドラマCDの出来は、相当に良い演技をしていると思いますし。いや本当に。それまで声優なんてものに興味がなかったわたくしに、どんな人なのか調べさせたんですからね。
がしかし、わたくしは声優さんについてまったく知識も興味もありませんでしたので、まったくもって見当ハズレのことを言っているかもしれません。念のため。

無論、個人的な好き嫌いがあるという前提での話ですが、正直このCDに入っている曲の大半はあまり良いとも思わないんですよね。(汗
だがしかし18曲収録されているうち、「ヨコハマ買い出し紀行」の曲が3つもある。「いつか会えたら」がアレンジ違いで2つ、あと1つは「ふわふら」。で、「いつか会えたら」は「ヨコハマ買い出し紀行」大好きなわたくしの贔屓目を考慮しても良い出来だと思います。これならアーチストと言っても十分通用するんですが・・・どうもマイナーな歌らしいですね。>「いつか会えたら」
あとライブだと他の曲もあんまり違和感を感じないような気がする。微妙に音を外すのがすごく気になるんですけど、ライブだとそんなに感じないんですよね。むしろ、「お、意外に良いじゃん。」と思えます。で、CD聴いてorzになるんですけど。w

そういえば最近話題の「ガールズ&パンツァー」で教官やってますなぁ。ちょっと地味?
わたくし的にはもちろんアルファさんの声ですが、これがアニメだとすごく違和感がありましてね。世間一般でもそう言われておりますが、前述のドラマCDを聴くと、これが意外、全く気にならなくなったばかりか、アルファさんの声そのものになってしまうから不思議。積極的に有りというか好きです。

某巨大掲示板は2000年ぐらいから運営開始ですので、「ヨコハマ買い出し紀行」連載開始時(1994年)のリアルタイムのスレは存在しようがないですなぁ。当時はまだパソ通の時代。1994年ていったら、わたくしがPerforma 520を買ってNIFTY-Serve始めたころだ。2400bpsのFENICS-ROAD2とかで。電話代30,000円オーバー/月とかの時代ですよ。もうあんな無茶は出来ませんなぁ。(汗
by namatee_namatee | 2013-01-29 22:16 | diary? | Comments(0)

15年前

c0019089_20473420.jpg

頭おかしいと言われようが(ry

1998年
見ての通り古いアニメ雑誌「アニメV」1998年8月号。例によってネットを「ヨコハマ買い出し紀行」で絨毯爆撃していて見つけたもの。当時の定価520円が15年後に400円です。値下がり幅少ないね。w
1998年に何をしていたか、たぶん最初に勤めた会社をやめて次の会社に移った頃。地獄のサービス残業から解放されてほっとしていたはず。150時間/月とかただ働きじゃやる気も出ませんよ。まあ次の会社ではあっという間にいわゆる管理職にされちゃって、またただ働き同然の勤務形態になってしまうんですが。(汗

それはとにかく、ターゲットは付録のこのポスター。「ヨコハマ買い出し紀行」のものということで前述の絨毯爆撃検索にヒットしたんですが、これアニメの方ですね。まあアニメ雑誌だから当たり前か。でもOVAにはこのシーンは見当たりません。良くわかりませんなぁ。何度も書きましたがこの頃も今も特にアニメに興味があるわけでなし、しかも15年も経ってしまっては情報など断片的なものすら見つからぬ。A7以前の資料をあさるココネの気分。w
「ヨコハマ買い出し紀行」は廃墟だらけの夕凪の時代が舞台のお話ですが、今となってはかつて盛んだった(らしい)ファンサイトの類も廃墟同然で、かろうじて生きているサイトを見つけても、そこからのリンクはほとんどが行き止まりで、これがまた時代の黄昏って感じで良い味でてましてね。(汗

で、こうやってヨコハマヨコハマって連呼していると、ネタ探しに検索すると自分のブログが大量にしかも上位にヒットしてしまい、なんか変な汗が出てくるハメに。

ドラマCDの「ヨコハマ買い出し紀行3」には原作に無いオリジナルのネタがいくつかあり、その中にこのシーンに近いものがあるようなないような。アルファさんとココネが二人そろって浴衣を着ている可能性があるシチュエーションの話として「バーベキュー ブルー・ライト・ヨコハマ」とか。これは恐い話が大の苦手のアルファさんに無理矢理恐い話を聞かせるというネタ。それでどうなるかというと最終的にアルファさんはブルーライトヨコハマを歌いだす。w
あ、中の人は椎名へきるさんですからね、そこは察して(ry
いやでもアニメよりドラマCDの方は全然マシです。とても良い出来で、アニメではコレジャナイ感がハンパないのが、ドラマCDでは十分に聞けるレベルというか本当に良い出来ですよ。

このアニメV、この号で終わりだったようです。次からはLookerという名前になったそうな。全く全然知りません。w
「ヨコハマ買い出し紀行」以外の情報に興味は無いんですが、念のため中を見てみると・・・「サクラ大戦」全盛?あとガンダム20周年特集とか。15年前の時点で20周年か。(汗
他にも当時を知る人には懐かしいネタがあるんでしょうけど、わたくしはもうほとんどさっぱり分かりません。ちなみに「ヨコハマ買い出し紀行」についてはポスター(実はこちらは裏で表は「ガンダムW」)のみ。記事は無し。(だと思います。よく見てない。)
特筆すべきは劇場映画の情報のページに「スピーシーズ2」が載っている。これはすごい。だってスピーシーズだよ?しかも続編のスピーシーズ2。部分的に動画を見た事がありますが、なんていうか声も息も出ないような出来だった気が。w
by namatee_namatee | 2013-01-09 22:29 | book | Comments(2)