ちょっと意識高い感じで。w

本日は曇り。ギリギリ雨が降らないって感じで、こんなんじゃ梅雨の中休みとも言えませんなぁ。天気図を見ていると次第に梅雨前線が途切れがちになってきて、台風5号が低気圧に変わりながら前線と一緒に北東へ遠ざかっていく感じで、こりゃ来週の中頃〜週末にかけて梅雨明けしそうな予感。まあ希望的観測ですけど。

朝一番で先日購入したレバーをPX125 Euro3に装着。レバーとか普通に外して取り替えれば良いと思うじゃろ?w
ブレーキレバーは簡単なんですけどね。クラッチレバーが手強い。ワイヤーに余裕がなくて、レバーから外したらそのままレバーホルダーの中に入っていきそう。そうなるとワイヤーを引っ張り出すのは困難。クラッチ側のワイヤーを固定するパーツ(なんて言ったら良いんだろ。取り外し可能なタイコみたいな奴。)を外してワイヤーをフリーにしてからじゃないとレバーにワイヤーのタイコをはめることができません。しかもタイコとレバーのタイコがハマる穴の形状がノーマルとは微妙に異なり、すんなりとはまらない。ごちゃごちゃやっているとするっと入るときもあるんですけどね。
というわけで、クラッチ側のワイヤーの固定を解除・・・これがまた下の方でやり辛い上に固定しているナットが8mmと7mmという。もうね(ry
幸運にもたまたま7mmのボックスのコマがあったので、地面に這いつくばって狭いところに手を突っ込んでワイヤーを緩めます。まあワイヤーが切れた時の応急修理の練習になると思えば(ry
本当のところ、PX125 Euro3はツーリングとかで出かけた時、クラッチや変速のワイヤーが切れてしまったらわたくしが対処できるかどうかは疑問。今回の経験でワイヤーをフリーにすることはできるようになりましたけど、それも工具があってのこと。ボックスレンチのセットを持ち歩くわけもなし、出先の不安定な状態で落ち着いて作業ができるわけもなし。また、ワイヤーを通すのも難しいらしいです。ハンドチェンジのべスパは普通のオートバイと違ってハンドルの根元の部分にワイヤーが束になって集合しているので、アウターの曲がりがきつく、インナーを通す時にハンドルの首の部分で引っかかりやすいという。どういう感じなのかは経験してみないとわかりませんけど、経験してみたくはないですなぁ。一応、レッドバロンで購入した個体なので、最悪の場合はレッドバロンに持ち込むという手が使えなくはない。が、もちろんそんなことをしていたらツーリングは台無しでございます。つまり普段からワイヤー類の保守点検には気を配って、トラブルを起こさないようにしていろ、ということなんですな。で、何かあった時、ウチのPX125 Euro3のかかりつけのお店は180km離れた茅ヶ崎のボングーさんという。(汗
こりゃトランポを用意しないと安心できませんよ。orz

なんとかレバーの交換は終わったので、試運転ながら隣町のボニー氏のところへ行く。前に頼まれていたパーツを発掘したので、それを手土産に。
そこで近所にライダーズカフェってのがあるらしいという話になり、それじゃあ行ってみる?ということで訪れたのが図。
「Cafe SYARIN」さんというのだそうで。こちら、通りからちょっと入ったところにお店があるので、今まで前を通っても気がつかないでいました。(汗
駐車場へ乗り入れると、お客さんらしいかたが出てきて「うわ、ルネッサ!珍しい。」とか言われる。w
先日もライコランドに行った時、買い物を済ませて駐車場に帰ってきたら、近くのベンチでコーヒー飲んでいた人たちが「ルネッサだ。」「ルネッサのオーナーって(ry」とか言っているのが聞こえてきまして、どういう顔して出て行ったら良いのか、ちょっと困りました。
まあ珍車の類ではありますね。>ルネッサ
よく言われるのが今だったら売れたんじゃないかってのなんですけど、今日も言われました。わたくしもルネッサは古くさくない良いデザインだと思いますね。250ccじゃなくてちょっと車体を拡大してエンジンも500〜600ccぐらいの空冷Vツインで出してくれたらすぐ買います。もっとも、これはこの形で存在するから良いと思うのであって、今さらリニューアルされてもピンとこないかもというのもあります。
そんなライダースカフェで、なぜか歴代の日産・サニーとかチェリーの話をして、さらにオーナーさんやお客さんとオートバイや薪ストーブの話をして、そそっと帰ってまいりました。なかなか居心地の良いカフェでしたので、またそのうち訪れたいと思います。

# by namatee_namatee | 2019-07-21 19:45 | motorcycle | Comments(0)

これはいかん。(汗

本日は仕事。特に忙しくもなく、天気は相変わらず悪い。良いこと何もなし。w
なので特にネタもなし。

図は先日飲んだ「キリン メッツ 超刺激スイカ」でございます。前にも書きましたけど、わたしゃスイカが苦手でしてね。なのになぜ買うか。なんていうか、あまり食べられない代替えとして、この手の「スイカ味」のモノを買ってしまう・・・んですかねぇ。単なるウケ狙いかもしれません。w
この「キリン メッツ 超刺激スイカ」にはその嫌いなスイカ成分が思いっきりつまっている。もう口に含んだ瞬間に「ダメだこりゃ」ってなります。なんていうか、わたくしの嫌いなスイカ味そのものって感じ。これは辛い。まいりました。orz

他に何かあったかな。天気が悪かったのでシイナ号で出勤しましたけど、雨はほとんど降らず。これならスクーターでもよかったかな。シイナ号には長野のサバゲの荷物(の一部)が積みっぱなしになっていたので、その中からスコーピオンVz61(MOD.Mじゃない方)を引っ張り出して修理。サブとして持って行ったんですけど、先日のサバゲの現場で動作しなかったんですよ。>スコーピオンVz61
よく観察してみるとバッテリーのコネクターを受ける本体側の端子が腐食している。これで2回目。なぜかいつも片方だけ腐食するんですよね。仕方がないのでグリップを分解して紙やすりで磨いてあげました。バッテリーは持って行ってなかったので、先ほどウチに帰ってきてからテスト。ちゃんと動作するようになりましたよ。
それにしてもこんなに狭いところに端子だのスイッチだのとよく押し込んだもんだ。それでいて分解しづらいわけでもなく、ちゃんと手順を踏めば分解して元に戻せる。さすがマルイと感心しておりました。
メカボも外からだけですけど、一通り点検して問題がないのを確認。動作も軽快です。次のゲームで戦線復帰かな。>スコーピオンVz61

# by namatee_namatee | 2019-07-20 21:33 | diary? | Comments(0)

イチかバチか

風邪はほぼ症状がなくなった模様。本日はちゃんと仕事に行きました。
といっても特にネタはないので、買い物ネタを小出しに。w

見ての通りレバーであります。ルネッサちゃん用ではなくてPX125 Euro3用。ルネッサのこの手のレバーって、わたくしが調べたところではどこからも出ていない模様。散々調べたところ、レバーはZeal(FZX250)と共通・・・Zealの方がルネッサよりマイナーな気がする。w
フォーク、ホイール、スイングアームあたりもZealのものの流用がきくとかで、キャストホイールのルネッサってのもあるらしいですよ。まあ個人的にはルネッサにキャストホイールは風情がイマイチな気はしますけど。でもチューブレスの方がパンクしたとき楽でしょうなぁ。リアブレーキがディスクになるのも羨ましいところ。

そんなわけで、いくら探してもルネッサ用の格好良いレバーが見つからなかったので、やけくそになってPX125 Euro3用のこれをポチった次第。すぐに届くだろと思ったら、これが例によって中国発でして10日ほどかかりました。
Vespa用のこの手のレバーはPM Tuningとかが有名ですかね。実はよく知らない。これが海外通販でも1万円ぐらいする。特に必須というわけではないし思いつきで買うにはさすがにちと高すぎる。とはいえ、なんでも良いからレバーを買いたい気が治らぬ。なので類似品のこれをポチった次第。これだと3,300円でございます。w

でも見た感じはとても立派。とても3千円とは思えません。心配なのは本当にPX125に取り付けられるかどうかですな。PXのディスクブレーキモデル用となってましたけど本当に使えるかどうかは取り付けてみるまでわかりませんからね。ダメでも3千円ならまあ良いかってなりますけど、PM Tuningの1万円のとかだとさすがに(ry

# by namatee_namatee | 2019-07-19 21:07 | motorcycle | Comments(2)

ツアラー化計画


風邪は微妙に回復傾向。会社へ行ったら追い返されました。w
昨日、暇にあかせてポチったものが届いたのでネタにする。見ての通り、サイドバッグサポートというもの。ラフ&ロード製。そっくりなパチものもありますけど、ここはちゃんとしたブランドで。

ルネッサちゃんの積載量不足をなんとかするためにサイドバッグを装着しようと思いまして。ウチにはXR1200の時に使っていた(といってもツーリングで使ったのは1回だけ)デグナーというブランドのサイドバッグがあるんですよ。これですな。いやしかし、買ったのはもう10年前か。(汗
大柄なXR1200には似合いましたけど、ずっと小柄なルネッサにはちょっとでかすぎの気がしないでもない。どうしても似合わないようなら適当に小柄な奴を買うとして、いずれにせよサイドバッグをリアタイヤに巻き込まないようにするのがサイドバッグサポートというわけで。そうえいえばXR1200の時はそういうものは使いませんでしたけど、特に問題は起きませんでしたね。

ルネッサの場合、固定のために引っ掛ける場所と数がイマイチでして、その補助のためにサイドバッグサポートが必要ということです。ルネッサの専用品などあるわけがないので、汎用品でなんとかするしかない。いろんな奴がいろんなところから出てますけど、これは固定が1カ所のもの。取り付ける部分は回転するようになっていて、位置の微調整ができます。もっと単純な奴はそのままねじ止めで終わりというのですけど、それだと取り付け位置の調整幅がなさすぎ。専用品じゃないので調整幅があるかどうかは重要です。問題は大体の製品は横への張り出し具合がよくわからんのですよねー。その点、これは三面図みたいなのがあったので、それも購入の理由であります。
ややこしいことしてサイドバッグを使うのはなぜかというと、ルネッサにはキャリアがないので荷物はシート上に積むことになりますけど、そのシートもさして広いわけでなく、また平らでもない。なのででっかい防水バッグに全てを押し込むというやりかたでキャンプツーリングの大荷物を積むのは難しい。サイドバッグを使えばそちらに荷物を分散できるのと同時に、シートからサイドバッグの上面に続く平面ができるので、大きいバッグも積みやすくなるという次第。

これで積載量も大幅にupしたことだし、来年はルネッサで北海道に(ry

# by namatee_namatee | 2019-07-18 22:31 | motorcycle | Comments(0)

振り返ると

風邪をひきまして本日はお休み。喉が腫れている感+微熱とだるさという微妙な感じ。仕事が特に忙しいわけでもないので(むしろ暇)お休みをいただきました。
特にネタはないので、先日の長野でのサバゲについて。

フィールドのESTATEはどんなところかというとこんなところ。今回は前面の写真を撮らなかったので、去年のエントリーから。
ESTATEは元旅館?スキーホテル?で本館と別館(正式な呼び名は?)があり、これは本館。見ての通り、手前より奥が高い斜面に建っているので地上1階は奥の方では地下室になってます。なので玄関は階段を上がった2階にある。図で言うと真ん中の大きな木の奥にその階段があります。図だとそんなに奥行きがなさそうに見えますけど、実際は画面の左奥まで建屋は続いています。豪雪地帯なので1階部分はコンクリート造りになってます。
本館の裏側、位置は図で言うと本館の真正面の向こう側に別館があります。別館は平地に建っているので単純な2階建。大きさは本館の2/3ぐらいですかね。風呂(かなり大きいのが2つ)やキッチンは本館にしかないので建物の規模は小さい。
建物が2つあるのでその間は入り組んだ平地になっている。なんとなく侵入したくなりますけど、迂闊に入り込むと建物の窓から撃たれて蜂の巣になります。w
図で見える範囲全て、外周もフィールドなので建物反対側へ行くには建物の中を敵にビビりながら横切って行くよりも、屋外の大外を回った方が楽。とはいえ、これも迂闊に姿を晒すと建物の中から撃たれるので油断はできない。インドアフィールドという先入観よりも外と内、外と外の戦いが多いような気がしますね。まあ、狭い室内で撃ち合うのは怖いし、地下の方はカビ臭いし、本館奥の突き当たりの部屋はなんか出そうで不気味だし、すっきりと屋外で撃ち合った方が気が楽というのもあります。(汗

そのなんか出そうな感、前述の本館一番奥の部屋が一番強いんですけど、とあるゲームでその脇の階段で待ち伏せするポジションになっちゃいましてね。これが怖かった。正面の階段から続くドアを睨んでいるわけですけど、視界の端にその部屋の奥の暗いところがずっと入っている。でも戦闘中なので正面のドアを睨んでいなければならない。視界の端に何かちらっと動くものが・・・という幻覚みたいなのに襲われて、かなり消耗しましたよ。でもよく考えてみれば、この建物や部屋が現役だった頃には普通にお客さんや従業員の部屋だったはずで、特に何か出る理屈はないんですけどね。本能的に嫌な場所ってのはあるということでしょうなぁ。

では外なら安心なのかというと、外にはスズメバチが居る。w
かなりでかい。全長10cmぐらいありそうなでかいのがブンブン飛んでいます。おそらくブッシュのどこかに巣があるんでしょう。これまた迂闊にブッシュに入り込むとスズメバチの巣を踏み抜いて、妖(あやかし)の害どころじゃない、深刻な物理的・身体的ダメージを負う可能性があります。w

といった感じで、イロイロと油断できないフィールドなわけですけど、立体的で中も外もここなら安心・安全という場所がなく、フィールドとしてよくできていると思います。>ESTATE
毎年一回、各地から集まるイベントの場所として、戸隠というのはなかなかオツですし。
図は宿泊場所の「戸隠高原ホテル」。夕食のBBQの場所は屋根のある半分屋外でして、そこから戸隠スキー場側を見たところ。見ての通り、土砂降りでございます。w
ホテルの食事テーブルの札に「エアソフト様」ってあるのが楽しい。w

# by namatee_namatee | 2019-07-17 22:34 | survival game | Comments(0)

なんだろこれ。

わたくしの奥さんは本屋さんで働いておりまして、そのお店はビデオのレンタルもしてます。で、なんかよくわからない映画を借りてくるんですよ。それこそ誰も借りないようなのを。これがたまになら良いんですけど、毎週3-5作品も借りてこられますと観るのが間に合わない。w
大半は観ないで返しちゃうんですけど、もったいないので面白そうなのをタイトルで選んで観る。・・・誰も借りないぐらいなので、面白くないんだな、これが。w

図はそんな作品の一つ。「プレデターvsネイビーシールズ」だったかな。これがチープなんてもんじゃなくて、ヒロインものAVのGIGAの作品の方がまだリアルってぐあいに適当。あんまりな出来にネットで調べてみたら、どうも「アサイラム」という製作会社の一連の作品のなかの一つのようです。結構な数の作品をリリースしており、タイトルを見るにどこかで聞いたような・・・妙に気になって観たくなるようなのが多いですな。w>アサイラム

で、この鉄砲。鉄砲本体はSCARのようです。ダットサイトが2つ。前のはCOMP M2っぽい。後ろのは・・・これ前後逆じゃね?
「プレデター」が出てくるぐらいなのでSFアクションなわけですけど、人間の側の設定は現用の米軍のようですから、設定上は実在するデバイスなわけです。なのでまるっきり架空のデバイスということはないはず。意味のあるデバイスだとしたら一体何なんだろ、と。仮にサイトの類じゃなく、赤外線とかレーザーのデバイスだとしても、この位置じゃじゃまでしょう。w
他にもなぜかタボールがいっぱい出てくる。チームの半分ぐらいがタボール。SEALsは特殊部隊なので何を使ってもおかしくはないけど、さすがにタボールはなぁ。w

追記:よく確認して観たらタボールは1人だけみたいです。なのでチームの半分がタボールは間違い。他にG36もいました。

ちなみに敵の「プレデター」はあのプレデターとは似ても似つかないプレデターでした。予想してましたけど。あまりに予想通りな酷さで笑っちゃいました。w

# by namatee_namatee | 2019-07-16 21:46 | diary? | Comments(8)

寒い。

本日はお休み。三連休ってヤツですな。
天候が回復したので(ていったって雨が降ってないというだけですけど。)ルネッサちゃんに乗って、いつもの山道へ繰り出す。ちょっと前にリアサスのプリロードを1段階上げて、コーナーでの挙動を確認しようと思っていたんですけど、雨ばっかりで全然チェックできなかったもので。あと何かなんでも良いから二輪の乗り物に乗りたくて我慢できなかった。w
コーナーリングでの挙動をもう少し安定するようにしたいんですよね。ターンインで抵抗なくヒラヒラ倒れるのは良いんですけど、下手くそなわたくしにはちょっとヒラヒラしすぎ。w>ルネッサ
タイヤ(TT100GP)のグリップは大したもんで、車重142kgに27馬力では破綻するようなことにはなりませんけど、250ccの4ストなんて回してなんぼとか言って、タコメーターの針が右半分から落ちないようにするとさすがにスピードも出る。今のサスペンションではフワフワしちゃってハイスピードコーナーリングが怖い。なのでリアサスの挙動変化を減らし安定性を高めようと・・・はたして、そういうやり方で良いのかどうかは知りませんけど。w
今までは下から2番目だったプリロードを一つあげて3番目へ。わたくしの体重を考えるとやややりすぎな気がするものの、鈍感なんでちょっと極端なぐらいじゃないと変化がわからないかも知れませんので。
実際は乗ってみたらすぐにわかりました。>プリロード
明らかに前のめりが強くなり乗車時のリアの車高が高くなった。でもコーナーリングのフィーリングはあまり変わらないような気がする。リアサスが沈み込む分が少なくなってロスも少なくなって立ち上がりが速くなったか・・・いやぁ、ほとんど変わりませんねぇ。いやでもアンダーステア方向にはなったかな?
より強くメリハリをつけないと曲がり出さないようになったような気はします。あくまで気がするレベル。フロントフォークが柔らかすぎるままなので(ブレーキングで簡単にフルボトムしちゃう。)、リアサスだけいじってもあまり変化が出ないんですかね。まあ、現状でしばらく様子をみていこうと思います。

図は先日のサバゲで訪れた長野の「道の駅しなの」で食べた「やたら風そば」。「やたら」ってのはなんぞ?と調べてみると、こういうものらしいです。あのー、わたくし茄子もミョウガも苦手なんですけど。w
特にミョウガは似ても焼いても、もちろん生でもダメでもう数十年は食べてない。食べず嫌いとかじゃなくてあの味を生理的に受け付けないんですよ。しかも温かいそばかと思ったら、これぶっかけってやつじゃないですか、やだー。orz
残すわけにもいかないので、覚悟を決めて食べましたよ。久しぶり(たぶん40年ぶりぐらい)に食べたミョウガはやっぱりあの味でした。でも、これを美味しいという人がいるのも理解できる味ではあった。昔は絶滅しろというレベルで嫌いだったんだけどなぁ。大人になったんだなぁ。>自分
だからといって美味いとは1mgも思いませんけど。w
寒いのに冷たいそば、しかも具が体を冷やす性質のものばっかりというのを食べてすっかり冷え切ってしまいました。あ、ソフトクリーム(ブルーベリーの)は美味しかったです。これは絶品と言って良いレベルで美味しかった。おすすめ。

# by namatee_namatee | 2019-07-15 20:37 | motorcycle | Comments(0)