変革


本日は休養日?いつものように何もしない日です。w
ただgdgdとしていただけですけど、嫁さんのママチャリのメンテナンスを依頼されまして、リアタイヤの交換をしました。ママチャリのリアタイヤはなぁ。外さなければならないものが多くて面倒臭いんですよね。ロードとかMTBならリアタイヤを外すなんてのは日常的にすることなんですけどね。
しかもそのママチャリっていうのが、名古屋に引っ越した当初に買ったもので、ウチにきてからすでに15年は経っている。さらに購入時点でかなりくたびれており、少なく見積もっても10年もの。つまり推定25年ものということになります。四半世紀か。w>ママチャリ
もうズタボロも良いところなんですけど、ここまでくると買い換える気も起きませんで、各部のパーツを交換しながら生きながらえているのでございます。前輪は嫌がる自転車屋さんをなだめすかして組んでもらいましたし、リアタイヤの交換は3度目ぐらいになります。
今回はもっとずっと新しいママチャリを廃棄するので、リアホイールを外して移植するという案があったんですけど、そちらはインター3とかいう内装変速機の車輪で、なんか面倒臭そうなのでボツ。タイヤだけ再使用することになりました。あとサビサビのスタンドも交換。新しいと言っても廃棄されるぐらいですから、それなりに錆びているんですけどそれでも嫁さんのママチャリよりはずっとマシという。w

正式なやりかたは知りませんので、とにかく目につくパーツを外してまいります。車軸をとめる左右のナットを外し、フェンダーのステイとリアキャリアを外し、バンドブレーキの本体を固定しているボルト・ナット、ワイヤーを外す。アクスルをフリーにしたらチェーンカバー後端のスプロケの部分の蓋状のものを外し車輪を前側へ寄せてチェーンを弛ませ、、同じくチェーンカバーのクランクの部分のカバーを外してフロントのスプロケからチェーンを外す。やっとこれでフレームからリアホイールが外せます。あとはタイヤ交換(チューブも)して元に戻す。あ、ワイヤーのキャップがないので、あとで買ってこなきゃ。
いやしかし、あちこちサビサビで特にリアホイールのスポークがやばい。いつ破断してもおかしくないぐらいの進行。>サビ
これは新しいリアホーイルを買わなきゃだめですなぁ。でも24インチのリアホイールってあまり売ってないんですよね。この24インチってのが小柄な嫁さんにとっては大事らしく、ボロいママチャリに固執するのもそのせいだそうで。廃棄される方のママチャリは24インチで新しいものの、重たくて取り回しに難があるという。面倒臭いな、おい。orz

あとは・・・久しぶりにVespa PX125 Euro3に乗ってみました。3週間ぐらい放ってありましたけど、ちゃんとエンジンはかかりました。最初いくらキックしてもかからないんで、いよいよ来たか(何が?)と思ったんですけど、イグニッションがONになっていなかった。そりゃかかりませんわな。w
暖かいので近所を一回りしてきましたけど、やっぱりハンドチェンジは面白いですねぇ。仕組みとしてはどうにも不便なだけですけど、今となっては実用性よりも不便なのを楽しむぐらいの乗り物ですな。w

図は例によってそんなこととは全く関係ない。アキュコンの帰りに常磐道の関本PAで食べたラーメン。丼が小ぶりに見えますけど、実は深さがある。味は見ての通りで、ごく普通でした。麺がもう少し柔らかい方が好みかな。
この時は花巻を10時ちょっと前ぐらいに出て、ウチについたのは14時ごろ。およそ390kmを4時間半ぐらいで走りました。ほぼ高速道路で、まあ常識的なペースですよ。福島県内の常磐道は片側1車線しかないので悪くすると60km/hぐらいまで落ちちゃう。それも含めてのタイムなので、まあ良いところでしょう。燃費は18km/Lといったところでした。
花巻の近くの東北道は制限速度が110km/hのところがありまして、その区間になった途端に全体的なペースが上がるのが面白かったですね。走行車線で120km/h(ほぼ実測)、追越車線は150km/h(これもほぼ実測)で流れているという。「オートルートか!」って思いながら走ってましたよ。でも流れがスムーズなのは確か。心なしか、みなさん運転にメリハリがあるような気さえします。
いずれは120km/hになり、それも全国へ広がっていくそうですから、やっと日本も車の高性能が意味を持つ時代になるわけですなぁ。これはわたくしが車に興味を持った時からずっとそうなれば良いと願っていたことの一つですので、なんていうか感無量ですよ。二輪車の駐禁も無問題になるそうですし、日本の道路環境もまともになってきたなぁ、と思う次第。

# by namatee_namatee | 2018-05-05 22:23 | diary? | Comments(4)

大味だなぁ。w


というわけで本日はサバゲ。ユニオンフェスに参加であります。

これがものすごい参加者の数でして。なんと800人オーバーという。(汗
ユニオンフェスは「METユニオン」「HEAD SHOT」「ユニオンベース」の3つのフィールドを好きに選んでゲームできるというイベントなんですけど、いくらフィールドが3つあるとはいえ800人は多すぎ。
単純に計算しても1フィールドに200人以上の参加者が集まるわけで、100対100の戦いですよ?
しかも妙に復活ありのゲームが多い。わーっと突撃してばーっとやられて復活して、またわーっと(ry
この繰り返し。もちろん復活なしの普通のゲームもあるんですけど、どっちにしろ全体に雑で大味な展開なのは同じです。わたくしはそんなところへメインはエアコキのボルトアクションライフル2丁で行ったわけで、戦局になにほども影響を与えることなく、いるのかいないのかよくわからない存在でありました。w
まあ、敵も多いのでそれなりに獲れる場面もありましたけど、全体的にゲームの趨勢にからむような戦いぶりではなかったですね。

鉄砲の使い心地は概ね満足できました。モシン・ナガンは素直な弾道と高い初速でクラシックな見た目よりずっと使えます。乱暴に扱うのはさすがに心が痛むので、無理はしませんでしたけど、サバゲの道具として十分に使い物になります。しかもスコープを載せただけの箱だしってのはやっぱりすごい。
VSR-10 G Specはモシン・ナガンと正反対の性格。HOPがよく効いて飛距離は出るんですけど弾道に癖がある。フラットで遠くまで飛ぶといえば聞こえがよいんですけど、距離によって狙い所が大きく変わる感じで、距離が一定の的撃ちならとにかく、ターゲットとの距離が極端に変化するサバゲでは使いづらい。電動ガンなら飛距離優先の弾道であとは手数でなんとか、という手が使えるんですけど、ボルトアクションライフルではもっとわかりやすい弾道じゃないとダメですね。まだ研究の余地あり。
SGR-12は弾を捲くように使えるので人が多い場所で有用、と思うじゃろ?w
これがそうはいかない。味方もたくさんいるので迂闊に弾を撒くわけにはいきません。ちゃんと狙い所を選ばないとフレンドリーファイヤを量産することになりかねない。そしてSGR-12は重たいので小屋の二階に登るとか、伏せた状態から素早く立ち上がるとか、そういう機動性が必要とされる状況では不利。うまくいかないもんですなぁ。

というわけで、個人的には不完全燃焼ぎみのゲームでした。でも某チームの友人たちと久々にゲームできたので、その点は良かったですね。今回はなんと27人という大所帯。こんなにたくさん集まるなんて久しぶりですよ。かつての活動が盛んだったころを思い出しますなぁ。w
最後になりますけど、お誘いいただいたバッズさま、ご一緒いただいたみなさま、チームメイトのタカ氏、お疲れ様&ありがとうございました。

# by namatee_namatee | 2018-05-04 21:41 | survival game | Comments(4)

準備中


本日はお休み。GW後半開始。午前10時ごろまでは悪天候で、その後は晴れ間も出ました。気温は高めでしたけど、風も吹いていてじっとしている分には暑くもなかったですね。じっとしている分には。

明日はサバゲでございます。ユニオンフェスですって。
なので、鉄砲の準備をする。今回は来たばかりのK.T.W.製モシン・ナガンとHOPを改修したSGR-12、保険にVSR-10 G Specで。本当は普通の電動ガンが1丁欲しいところなんですけど、ユニオンフェスはお祭りなので、駐車場が遠くて移動距離が長く4丁は持ちきれない。まあ、お祭りなので楽しめれば良いということで、こういう無茶な組み合わせになりました。w

午前中のうちに天候が回復してきたので、鉄砲の調整をする。
まずはモシン・ナガンのゼロイン。ゼロインといっても35mほど離れた金属製の的を撃つだけですけど。先日は0.28gBB弾しかなかったので、やや山なりの弾道でしたけど、今回はちゃんと0.25gBB弾を使いました。これがいかにもK.T.W.さんの鉄砲という感じの弾道で、箱だしでこんな飛び方するエアガンは他に知りません。ウチには他にイサカが二丁あるんですけど、それらよりもさらに伸びる弾道でさすがとしか言いようがありません。コッキングもスムーズで確実。ただしVSRに比べるとだいぶストックが長いのとボルトハンドルが前の方にあるので、スコープを覗いたままコッキングするのは難しい。少なくともわたくしの体格では。w
なので、いったん銃を脇に抱えるようにしてボルトを操作するという、古典的なスタイルになりまして、格好良いボルトの操作音と相まってそれはそれで悪くないかなと思います。これが三八式だとボルトを動かした時のダストカバーの音がたまらなく格好良いんですけど、モシン・ナガンもなかなか良い音がしますよ。

次はVSR-10 G Specの調整。暖かくなってきたので、ちょっとパワーがありすぎるのを矯正するのと、怪しいHOPパッキンに替えたので、HOP調整からやり直し。意外なことに怪しいHOPパッキンの性能・特性は上々でフラットでよく伸びる弾道になりました。今まで使っていたのはPDIのWホールドパッキンというものだったんですけど、これは特に悪くもないけど良くもないというシロモノ。それに比べれば怪しいパッキンは明白に個性的でなかなか好ましいと感じました。こちらのVSRはゲーム用なので長射程であることが重要。その点、よく伸びる弾道になるこの怪しいパッキンは「使える」と思いました。

最後はSGR-12。こちらはHOP周りの改修に伴って使用する弾薬を0.2gBB弾から0.25gBB弾に変更。SGR-12は3本あるバレルのHOPの効きを独立して調整できるわけですけど、その3本のHOPの効きを同調させるのは結構難しい。まず一番上のバレルにだけHOPをかけて他の2本はHOPオフ。当然、一発だけHOPがかかった弾道でまっすぐに飛ぶ。この一発だけを納得いくHOPの効き具合に調整してから、残りの2本のバレルもHOPダイヤルをとりあえず同じぐらいに回してから弾道をチェック。それを繰り返して弾道が揃うようにしていきます。SGR-12は重たいので、HOP調整を繰り返すとすぐに左腕がだるくなって来ます。
その頃になると日も出てきてかなり暑い。汗だくになりながらHOP調整を繰り返し、やっと納得のいく弾道にできました。その弾道はエアコキの3発同時発射ショットガンと同じような感じ。0.25gBB弾なのでかなりまとまって着弾します。フルオートだとホースで水を撒いているみたい。w

といった感じで、どこへも出かけずほぼ1日中エアガンの調整してましたということで。(汗

# by namatee_namatee | 2018-05-03 22:11 | survival game | Comments(0)

MTで悔いなし


本日も仕事。さすがに暇でした。やっているかどうかの問い合わせの電話も少なかった。
相変わらずネタはありません。椎名さんネタも落ちついてますなぁ。「みたいラジオ」の録音を失敗したぐらいか。(汗

このブログの検索ワードの上位常連は「椎名へきる」と「黄色魔術オリエンタルガール」でして、まあなんていうか、どうしてこういう組み合わせなのか、よくわかりま・・・嘘です、思い当たるフシだらけです。w
「黄色魔術オリエンタルガール」の話題はやる気になればまだまだいくらでもいけますけど、さすがに新しいネタはないので妄想のレベルが高くなる一方であり、それではこの作品をネット上で知らしめるというコンセプトから外れてしまいます。それはちょっと、というわけで自重しているところ。
その他、目立つ検索ワードは・・・「白咲碧」「涼宮琴音」「中野ありさ」「羽生ありさ」・・・セクシー女優さんの名前ばっかりじゃん。w
しかも執拗に「白咲碧」「涼宮琴音」で検索している人がいるらしく、ひらがなでも検索実績がある。何が起きているのか。(汗
いや、わたくしは確かに涼宮琴音さん、好きですけどね。見た目だけじゃなくて演技も好きです。
そして中野ありさ(ありさ)嬢。こちらは別格です。大好き。w

図はそういうこととは全く全然関係ない。ウチにやってきて2年経過したFIAT 500sでございます。撮ったのはずーっと前ですけど。
いつもは嫁さんの通勤車になってるんですけど、どこか遠くへ行くときは借りることが多いですね。わたくしの愛車、ヴィヴィオT-TOP「シイナ号」は高速道路も得意ですけど、いかんせん車内の容積が小さく、長いライフルケースなどは積みづらい。FIAT 500だって小さい車ですけど(イタリアの軽四みたいなもん)さすがに旧規格軽四のヴィヴィオよりはマシ。w
なので先日のアキュコンに乗って行きました。久しぶりに運転してみましたけど、いろいろと個性的な車ですなぁ。>FIAT 500s
エンジンは875ccの2気筒で、それにターボを組み合わせて85ps/5,500rpmと14.8kgm/1,900rpmという性能。ここら辺もターボ付きの軽四に近い。最大トルクの発生回転数からもわかる通り、小排気量とはいえ高回転型ではないですね。最大出力の5,500rpmとか、もういやいや回っている感じです。言ってみればガソリンエンジンですけど、なんとなくディーゼルみたいなフィーリング。常用するのは1,500から3,000rpmの間ぐらいで、ちょっと元気よく行こうか、なんて時に5,000rpm手前ぐらいまで回す感じでしょうか。車重は1tぐらいで、それに5MTという組み合わせは結構元気に走れるし、インテリア&エクステリアの演出もあってスポーティな感がないわけでもないけど、実際はギア比がワイドで各段の間が離れているので走りにホットハッチ的な、本格的なスポーツ感はない。あくまでMTの実用車としての楽しさです。やっぱり本質的にはエコカーですなぁ。
でも、動力性能には満足しています。日本の高速道路なら十分に他をリードして走れますし、ターボ特有の余裕のあるトルクのおかげで高速巡航は得意です。
あと2ドアなのも良いところ。スポーティな車はどんなに格好つけても4ドアじゃサマになりませんよ。4ドアの方が便利なのは確かですけど、不便でも今やレアな2ドアという特別感には代えられません。

問題は足回りです。市街地を走っている分には柔らかくて快適だし、おそらく意図的と思われるリアサスの弱いダンピングからくるフロントタイヤを軸にしたピッチングがあって、いかにもクラシックな印象で楽しい。まずいのは郊外の空いた道路や高速道路で、路面にアンジュレーションがあるとこのピッチングが治らない。前述の通り、フロントタイヤが軸になっている感じで、ずーっとリアが上下し続けるんですよ。ヨーロッパ車ならではのフラットライドなどとは程遠い乗り味です。
さらに大きめの路面の凸凹を拾うと明確に進路が乱れるという。おそらく柔らかすぎるスプリングとダンピング不足で、大きな入力があった時に車輪がストロークするスピードが速すぎるのが原因だと思います。これ、乗るたびにダンパーを交換したくなるんですよね。(汗
まあ、いつもは嫁さんが通勤に使っているだけですので、大枚叩いてダンパーを交換するのも勿体無いということで思いとどまるんですけど・・・現在は我慢の限界ギリギリというところでして、どうしたもんかなぁ。

そういえばこのFIAT 500sを買った時はATの500がマイナーチェンジした直後で、MTの500sだけマイナーチェンジから取り残されていたんですよ。ディーラーの人は半年ぐらい遅れて500sもマイナーチェンジすると言ってたような気がしますけど、結局、MTの500sはカタログ落ちしてしまったようです。限定で出たりはしているようですけど。
デュアロジックも楽しいんですけど、シンプルな5MTは潔く、エンジンの性格もよくわかります。いや本当にMTの500sにしておいて良かった。w

# by namatee_namatee | 2018-05-02 22:10 | car | Comments(8)

手強い


本日は仕事。我が社のゴールデンウィークはカレンダー通りであります。これが朝から「今日はやってますか?」の問い合わせ電話ばっかりで、いい加減鬱陶しくなってきたので「お前ががやっていると思えばやっている。お前の中ではな。」とか言いたくなって(ry

というわけで特にネタはないので、来たばかりのK.T.W.モシン・ナガン狙撃銃(改)のネタ。
せっかくの狙撃銃仕様でマウントも付属しているのでスコープを載せてみたわけですけど、これが図の通り搭載位置が高い。ウチにある一番低いマウントリングでもこのザマですよ。(汗
事前にK.T.W.さんで「この時代の小銃はスコープの位置が高い。」と聞いていたんですけどね。なのでチークパッドは必須。この手のデバイスはVSRだと全く使わないので、一生懸命にそこら辺をかき回して発掘したブラックホーク製のチークパッドを装着。しかし、ただ装着しただけではまだ高さが足りず、チークパッドをかさ上げするために水道管などの凍結防止用の白いスポンジ状のモノを挟んでみました。
ちなみにスコープはノーベルアームズのTAC ONEでございます。我が家にこの手のクラシックな鉄砲にあうスコープは皆無でして、一番マシなのがこれという具合。
さらにややこしいのが、このスコープマウント、上部のレール部分が左右に首を振るようになっていまして、自分でバレルと一致する角度に調整しなければなりません。この手のサイドマウントのスコープマウントはよくバレルと角度がずれていてゼロインに苦労することがありますけど、かといってマウントの角度を調整できるようになっているというのも考えもの。なかなかまっすぐにならずに苦労しました。

これでスコープのゼロインをすれば使えるようになるわけですけど、直近のサバゲーが5月4日のユニオンフェスというのが、もうね(ry
っていうか、ゲームで使う鉄砲じゃないですなぁ。ちなみにVSRよりもストックが長く、さらにボルトハンドルが前の方にあるので、スコープを覗いたままのコッキングは難しいです。やっぱりゲーム向きじゃないですな。でも使うけど。w

# by namatee_namatee | 2018-05-01 21:15 | survival game | Comments(0)

惨敗


アキュコンより帰還。
今回はひどかった。今までで最低の成績。まあ、だいたいそうなることは前日の夜の試射でわかっていたんですけどね。orz
左右はとにかく上下に割れる。>着弾
その道のエキスパートの方々(いや本当にエキスパートだよな。w)に撃ってもらって意見をいただいたところ、初速が不安定なのではないかとのこと。・・・思い当たるフシだらけです、本当に(ry

ウチで試射した段階で初速の変動幅が大きく、弾着が上下に割れる症状が出てました。わかってはいましたけど、打つ手がなくそのままだったんですよねー。(棒
一応、ピストンのOリングとかいろんなものを試してみたんですけど、これといって決め手にならず。そのまま本番突入でもろに成績に反映されてしまいました。>初速の不安定さ

競技終了後、前述の通り、その筋のエキスパートの方々に試射してもらった意見をふまえて考えてみるに、シリンダーが賞味期限切れなのではないかという結論に。使っているのはPDIのパルソナイトシリンダーなんですけど、2010年の導入なのでもう8年使っている。もともとVSRのノーマルシリンダーに比べて微妙に内径が細くて、Oリングとの相性の勝手が違うんですけど、それに加えて老朽化してきているのではないかと思うんですよね。
なので、帰ってきて試しにもう一丁のG Specの方(これもパルソナイトシリンダーですけど、導入は最近。)の初速チェックして見ると、こちらは安定してます。振れ幅は1m/sないぐらい。
というわけで、今回の戦犯はシリンダーということに。w

図は成績がよろしくないとわかった時点でやけくそで購入したK.T.W.さんのモシン・ナガン狙撃銃改。
嘘です。前から欲しかったんです。K.T.W.さんで実物を見せてもらって決心しました。実はK.T.W.オリジナルの鉄砲としては初めてです。さんざんお世話になっておきながら、今まで持ってなかったんですよ。>K.T.W.製品
イサカ2丁とフリントロックピストルは持ってましたけどね。

現金がなかったので通販の代引きで購入。本当は明日届く予定だったんですけど、なぜか本日、わたくしが帰ってくるのとさほど変わらない時間で到着。日本の物流システムは優秀ですなぁ。
それはとにかく、代引きだったんですけど応対に出た嫁さんに金額を言っちゃうのはやめれ。いくらだったかモロバレじゃねーか。w>佐川急便
おそろおそる弾をこめて撃ってみると・・・ああ、K.T.W.の弾道だ、これ。手元に0.28gBB弾しかなかったんで、やや山なりの弾道ですけど、0.25gBB弾だとまっすぐすーっと伸びるはず。怖い。w

いやー、作っている所に行って説明を受けながらそのモノを買うってのは男のロマンの一つだと思うんですよ。豆腐だってスーパーで買うより豆腐屋さんで買う方が美味しいような気がするでしょ?w
・・・はるか昔にCAR GRAPHIC誌で読んだんですけど、日本のある方がマセラッティ・ギブリかなにかをオーダーした話がありまして。詳細は失念してしまいましたけど、最初にオーダーしたのはなにかトラブルで納車前に廃車になっちゃって、すかさず2台目をオーダーするんですよ。しかもイタリアのマセラッティに行って直接。テストドライバーとエンジンや足回り、内装などの仕様を打ち合わせしながら商談して購入するという夢のようなお話。あと古いフェラーリやポルシェをイタリアやドイツの本社でレストアしてもらって、それに乗って帰ってくる話とか。
そういう話を読んだ時から、何かを買うときに作っているそこへ行って話を聴きながら買う、ってのに憧れてましてね。w
そういえば自転車はかなり近い世界で、わたくしが自転車にはまっていたのも実はそういう理由もあるのでした。

というわけで、アキュコンのひどい成績に落ち込んでいたのが、これのおかげですっかり元気になりましたというお話でした。

# by namatee_namatee | 2018-04-30 19:08 | survival game | Comments(6)

いよいよ

c0019089_18552739.jpg
始まりました。
最後のブロックか。順番が回ってくるのは14時過ぎですかね。それまで暇なわけですけど・・・

# by namatee_namatee | 2018-04-29 12:05 | survival game | Comments(0)