トラブル多発

いやー、本日はトラブルが多かった。なので今になって更新。

トラブルを列挙してみると
・エキサイトブログにつながらず、ブログの更新ができない
・フリッカーも死んでて、画像のアップロードができない
・椎名さんのアコースティックライブ(2月)に落選
・「艦これ」はなにも落ちてこず

と、ろくなことがありませんでした。w
一番問題なのは椎名さんのアコースティックライブ(2月)の落選で、これはチケットボードの仕様によるもの。チケットボードって代金の決済にクレジットカードが選べるんですけど(まあ今時なら当然)、抽選時に「申し込み時の」クレジットカード情報が有効でないと落選になっちゃうそうで。間の悪いことにわたくしのクレジットカードは2月のライブの申し込みした時と今では有効期限が変わってまして、抽選の時には有効でない状態だったんですね。で、落選と。orz

なんか間抜けな仕組みだなぁ。>チケットボード
チケットぴあとかだと、クレジットカード情報を編集できますし、カードの有効期限が切れていると自動的にカード情報が削除されてメールでお知らせしてくれたりするんですけど、チケットボードはそういう仕組みじゃないそうで、あくまで申し込み時のクレジットカード情報で抽選時の当落の条件とするということだそうです。
なんでそんなことを知ったかというと、チケットボードの決済システムは4179*LOVEの年会費にも使われているみたいで、年会費の自動更新でカードの有効期限が変わったから、カード情報の更新をしたいんだけどどうしたらよいの?って問い合わせたからです。その時に仕組みを知りました。もっとも4179*LOVEの方は今春にリニューアルの予定なので、自動更新の心配はない(自動更新はない)とのこと。

3月のライブは土曜日なので望み薄。となると1月の次は4月になっちゃうなぁ。>アコースティックライブ
仕方ない。一般で申し込むか。(汗

図はそんなことにはまったく関係ない。外国人が見た東京っぽい写真。w
このタクシー、東京にいくといっぱい走ってますけどこちらではまったく見ません。なのでこれを見ると東京らしいなぁと思います。

# by namatee_namatee | 2019-01-09 23:59 | diary? | Comments(4)

ジンクスの通りか。orz


特にネタがないので引き続き「艦これ」日記。
我が艦隊にはいつものように新規の艦娘は落ちてこないわけですけど、もちろんまだ諦めずにゆるゆるとE3を巡回しております。狙いは「Johnston」ですけど、これはたぶん今回のイベントでは来ないかも。なんてたって主砲がE2で来てますからね。ウチは主砲が先に手に入ると本体が落ちてこないというジンクスが「タシュケント」の時に確立されましてね。orz

上の2人は今回のイベントで落ちてきた数少ない珍しい艦娘の一部。「岸波」は確か前回のイベントでのドロップだったはず。当然ながらウチには落ちてきませんでした。「沖波」はもっとずっと前、2016年の冬イベントのドロップ艦娘。こちらもウチには縁がありませんで、今回のイベントでやっとお迎えできたと言うわけでございます。
当たり前ですけど今回のイベントでのドロップ艦娘「早波」は落ちてきませんし、前回のイベントで「岸波」と一緒に実装された「浜波」も在籍してません。ないないづくし。w

こういった感じで日本の駆逐艦は次のイベントであっさりと落ちてきたりするから特に固執することはないんですけど、海外艦は機会を逃すと次はいつになるかわかりませんから、さすがのわたくしもそれなりに頑張るんですけど、面倒臭いのが先に立ってしまって中途半端な頑張り具合であまり良い結果になったことはありません。(汗
もう最近はそこそこ巡回して落ちてこなかった時は縁がなかったと諦めるようになりました。だって頑張ったって落ちてこないんだもん。それにいくら珍しいといっても普通の駆逐艦ですから、戦力的には他の艦娘で代用可能ですし(例外は4スロのタシュケントで、手に入らなかったのは返す返すも残念でした。)どうってことないやぁ。w>やけくそ

他に比較的珍しい艦娘としては「大淀」「鹿島」「神威」が落ちてまいりました。どれもこれも捨てるには惜しいけど既に在籍している上に特殊な技能持ちなので使い道が限られるという始末に困る艦娘です。w
E3はクリアしたら「堀り」用のぬるい編成でも1/2ぐらいの確立でS勝利が可能と、かなり緩くなりましたので、慌てず騒がずゆるゆると掘っていこうと思います。

# by namatee_namatee | 2019-01-08 19:55 | diary? | Comments(0)

爽やか!

仕事始めでしたけど、特にネタはないので「艦これ」日記。

本日、わが「なまーずフリート」はイベント海域「邀撃!ブイン防衛作戦」のE3(最終海域)を難易度「乙」で突破いたしました。今回のイベントは小規模ということで、海域が3つしかありませんけど、輸送+戦力のゲージとか複数のゲージがあって、そこそこの規模ではある。それに加えてオプション的な扱いながら実質必須のギミックがあって、それの解除にゲージ1本分ぐらいの労力と資源が必要という。さらに「札」というものがあって、一度使った艦娘は別な海域では使えない縛りもある。なのでわたくしはエクセルで表作ってルートとか使った・使う予定の艦娘の管理とかしてます。なにかと面倒臭いのであります。>艦これのイベント

それはそれ。最終海域のE3、ここまでは「甲」でやってきましたけど、情報を集めるまでもなくE3の「甲」は大変そうなので、あっさりと難易度を落として「乙」へ。「乙」でも十分に大変なんですけど、ギリギリなんとかなると判断しました。ダメだったら「丙」にすれば良いんですし。
終わってみると難易度「乙」はウチの練度・装備にはちょうど良かったと思います。面倒臭いけど辛くはないギリギリの線で、最後のボスは攻略し始めた当初は全然勝てずにA勝利ばかりだったりしましたけど、編成や装備を練って最終的には基地航空隊、支援艦隊や友軍艦隊のコンビネーションできっちりと沈められるようになりまして、とても楽しめました。

今回もモデルになった海域にちなんだ「特効艦」が設定されておりまして、最終海域のE3では「磯風」「萩風」「嵐」が最有力。彼女たちはキャップ後倍率2.0倍だそうですよ。幸いにして3人ともウチには在籍しております。在籍しておりますけど、お気に入りの「磯風」はとにかく「萩風」と「嵐」は練度が微妙。「萩風」がLv60中盤、「嵐」にいたってはLv30半ばという体たらく。(汗
これで最終海域を戦えるのかと不安になってくるわけですけど、結論から言うとLv35の「嵐」でも問題なく、さすが「特効艦」という強火力で要所要所で活躍してくれました。
昼戦で決着がつくことはまずないので、夜戦まで「磯風」「萩風」「嵐」の3人をどれだけ無事に守るかというのがキモ。あと初戦とボスの1つ手前に潜水艦マスがあって、とくに初戦の潜水艦マスは極めて手強く、先制対戦攻撃ができる艦娘を配置するなどの対策が必要なんですけど、そっちに戦力を裂き過ぎると肝心のボス戦で火力不足になっちゃう。いろいろやってみたところ、艦隊としての対策は対潜能力に優れた艦娘1人に任せて、あとは基地航空隊と道中の支援艦隊(対潜支援哨戒)でなんとかすることで安定しました。安定するっていっても中破ぐらいはしょっちゅうでしたけど。
対潜能力に優れた艦娘といえばウチでは「朝潮」とか「皐月」、「Jervis」なんですけど、「朝潮」「皐月」は前の海域で使用済、「Jervis」は使えるものの、夜戦対策のための探照灯持ちも兼務させようとすると対潜の攻撃力に不安がある。ということで対潜のエキスパート「五十鈴」にお願いすることに。強力な対潜打撃力を持つ「五十鈴」なら3スロットのうち2スロットに対潜兵器、残り1つに探照灯という組み合わせでもクソガキ「潜水新棲姫flagship」に十分な打撃を与えることができます。
第一艦隊は最初は旗艦「ネルソン」でネルソン・タッチを狙ってましたけど、発動するかどうかが読みづらかったので「武蔵」と入れ替えました。結局は戦艦の数を当初の3隻から2隻に減らし(といっても武蔵の他の戦艦は伊勢なので半分空母みたいなもんですけど)制空専門に艦戦しか積まない空母「Intrepid」を入れ、最初は水戦しか積んでいなかった航空巡洋艦の「鈴谷」は2スロットを主砲にして、敵第二艦隊の雑魚対策とする。
というような微調整を繰り返して、最初はかろうじて「A勝利」しかできなかったのを支援艦隊・友軍艦隊・基地航空隊と連合艦隊の攻撃タイミングが合えば「S勝利」まで持っていくことができるようになりました。なんていうか、この試行錯誤の過程が楽しかったですね。
友軍艦隊は最初は「神鷹」と海防艦みたいな組み合わせしか来なかったんですけど、そのうち「風雲」あたりが4隻でやってきてカットイン連続のものすごい勢いで削ってくれました。w
最後は友軍艦隊がボスの随伴を全滅させた上にボスも大幅に削ってくれまして、3番目に居た「萩風」がわずかに残ったボスのHP(確か16とか)を吹き飛ばして終了。最後まで爽やかに終わりましたな。>今回のイベント
ただし、珍しい艦娘が落ちてこないのはいつものとおりです。orz

図は海域突破の報酬の「日進」ですって。水上機母艦だそうです。「日進」も特効艦らしいので、現在は第二艦隊旗艦として「掘り」に従事しております。Lv1でも第二艦隊旗艦なら絶対安心ですからね。w

# by namatee_namatee | 2019-01-07 22:20 | diary? | Comments(0)

散財

昨日の野暮用ってのはこれ↑を買いに行きました。

これはイヤホンであります。「EMPIRE EARS Bravado Universal Fit」と言います。イヤホン買うのは1年ぶりぐらいか。久々に買いましたなぁ・・・いや、去年の4月に買っているのでそんなに久々でもなかった。w
ものすごい大業な箱に入ってますけど、そんなに大したもんでもない。元はカスタムIEMの「EMPIRE EARS Bravado」という奴で、それにイヤーピースをつけて耳型をとった特定の誰かじゃなくても使えるようにしたモデル。カスタムIEMと同じパーツですけどシェルは汎用品・・・これどうなんだろ。やっぱり廉価版という扱いになるんですかねぇ。実際にカスタムIEM版より2万円ほど安いみたいですけど。
でもなー、カスタムIEMはどんなに良い音でも、誰かに貸して聴かせることはできないし、そもそもそのカスタムIEMを発注するかどうかを決めるときはUniversal Fitで試聴するわけですし、よくわかりませんねぇ。

ここのところ、ずっとSATOLEXのTubomiシリーズを使ってまして、それで満足していたわけですけれども、たまにBA(バランスドアーマチュア)の音が聴きたくなるんですよね。
わたくしはこちら方面はBAのイヤホンで始めましたから、あの角が立ったというか、いかにも小さいものが振動していますみたいな硬い音が聴きたくなる。SATOLEXのTubomiもいかにもダイナミックドライバのイヤホンという自然な音で好きなんですけど、たまには脳にピアノ線を差し込まれるような硬くて鋭い音で椎名さんの声を聴きたいと思うわけでございます。
だがしかし、BAのイヤホンは低音が弱い。弱いというか、わたくしが好きじゃない低音というべきか。量じゃなくて質が性に合わないんですよね。ドラムスやベースの音はやっぱりダイナミックドライバの方が自然かなぁと思う次第。カスタムIEMとかにはものすごい数のBAを組み合わせたモデルがありますけど(大抵は腰が抜けるほど高価)、試聴してみると価格とスペックのわりにピンとこない。わたくしはBAの低音が性に合わないんだからどうしようもないです。orz

BAとダイナミック、両方の良いところどりのイヤホンてないの?ということで、以前からダイナミックドライバー+BAのハイブリッドってのはどうなんじゃろ?と思って注目していたんですけど、これも多BAドライバのイヤホンとはまた違った違和感がありまして。わかりやすく言うとダイナミックドライバの音とBAの音の繋がりが悪いとでもいうのか、違和感なんですよねぇ。最近の動向はよくわかりませんけど、SONYがハイブリッドのイヤホンを数多くライナップしてまして、比較的手に入れやすい価格なんで買ってみようかと思って試聴したりしていたんですけど、その都度、これじゃないという感じで購入には至らず。
その頃からもうだいぶ経つので、最近のハイブリッドイヤホンはどんなもんじゃろ?と思って、ちょうど飲み会もあることだしeイヤホンさんに行って試聴してみようと思ったわけでございます。

久しぶりで、いろいろ様子が変わっていて戸惑いましたけど、適当にいくつか聴いてみたうちで一番気に入ったのがこれというわけでして。これは低域の量感があるなどといわれる感じでしょうなぁ。一歩間違うとドンシャリ。w
でも、椎名さんの音楽をライブの雰囲気で聴くためには強力な低音が必要なのであります。これはあくまで雰囲気という話でスタジオで録音された音源がライブと同じ音になるわけがないんですけど、ライブでの音が本来の椎名さんの楽曲と思っているので、少しでもそれに近づけたいと。

本体はこんな感じ。ケーブルが立派ですなぁ。それなりのもののようです。
思っていたよりも広々とした音で、ずしっとくる低音がたまりません。それでいてボーカルはクッキリ。さすがハイブリッド、そうこなくちゃ。
ほとんど衝動買いだったんですけど、これは良い買い物だったかもしれません。

# by namatee_namatee | 2019-01-06 18:47 | audio | Comments(0)

いやー飲んだ飲んだ。

本日はお出かけ。浅草の都立産業貿易センターで行われるVショーを見物し、そのあとサバゲ関連の友人と「カンピオンエール」さんでビールを飲む、という企画。個人的には午前中に秋葉原方面で野暮用があり、そのついでというていではありますけど、実質ビールオンリーの飲み会・新年会みたいなイベントです。

AM7:30ごろの、椎名さんのアコースティックライブに行くときのいつもの電車で上京。10:00ごろに秋葉原についちゃったんで喫茶店で時間調整。11:00から野暮用を済ましにeイヤホンさんへ行ったものの、これがあまりにあっさりと片付いてしまい、約束の時間まで3時間もあるという。致し方ないので、またしても秋葉原のロイヤルホストで時間調整。お昼のかわりに一番搾りの中ジョッキ+フライドポテトでこの後の飲み会のウォーミングup。ファミレスですけど、意外なほどおいしゅうございました。w

Vショーの会場へ移動しましたけど、実は浅草でのVショーに行くのは初めて。Vショーっていうと浜松町のイメージが強い・・・何年前のイメージかと。w
Vショー自体にはあまり用事はありませんで、ちょろっと知り合いのブースへ行って挨拶したぐらい。いつもながら買い物はありませんなぁ。>Vショー
まあ、大体は通販でなんとかなっちゃうし。

その後、本番の宴会というかビールを飲みに「カンピオンエール」さんへ移動。これが移動経路の間に浅草寺がありましてね。ものすごい人出で行きたい方向へ行けない。まっすぐ進めず、斜めに斜めにまるで帆船が間切っているように移動して到着。の割に先に出たはずの友人より先に着くという。
仕方がないので一人で始めちゃいます。ビターだったか、ペール・エールの方が通りが良いか、それを小さい方のグラスでいただきます。飲みやすくて美味しいよね。>ペール・エール
わたくし、個人的にIPAの類が苦手でして、その理由は度外れて苦いから、というお子様みたいなもの。それが今日飲んだペール・エールぐらいだといくらでも(ry
そう、いくらでも飲めまして、気がついたら14:00から始めて18:00まで飲んでました。何杯飲んだかな。もう覚えてないや。w
でも特に酔っ払ったという実感はなくて、気持ち悪くもならず普通に帰ってこれました。やっぱり気の知れた友人と好きな趣味の話をしながら飲むのは良いもんですなぁ。

といった感じで、お誘いいただいた&おつきあいいただいた友人の方々、お疲れ様&ありがとうございました。

# by namatee_namatee | 2019-01-05 23:21 | diary? | Comments(2)

ショック

昨日の今日なのでぐったりと過ごす。>本日
図は友人のI氏からいただいた戦っているわたくしの図。バリケの窓からボルトアクションライフルで狙っております。前線までかなり距離があるところなので、かなり無造作に覗き窓から姿を晒しておりますけど、もう少し前線に近い場合は少し後ろに下がってないと瞬殺されます。とかいいながら後ろに下がっていたら、この直後にLEO氏にヤラレました。距離があるから大丈夫だと思ったんだけどなぁ。w
鉄砲を傾けて撃った弾が曲がって飛んできてこの窓を抜けたのが背後の壁に当たって跳弾。それに当たってしまいました。傾けて撃つとか、計算づくかよ。orz

直前に完全に獲ったと思った相手に弾を躱されたというショックなことがありまして、かなり動揺していたってのもあります。距離はありましたけど、こちらはボルト、相手がこちらに気がついたかつかないかのタイミングで放った、普通なら必殺のヘッドショットなんですけど、弾が飛んでくるのを認識してひょいっと避けられました。あまりのことに動転しちゃってすぐさま放った次の矢は外しちゃった。もっとも2発目も躱されるのは間違いなかったでしょうけどね。世の中には恐ろしい人がいるもんです。(汗

他にもいただいた写真を眺めていると、多くの人が平然とスイッチして撃っているのも驚き。そりゃ普通のサバゲーだって全然いないこともありませんけど、こんなに多くの人が平然と左目で照準して撃っているとは。やっぱり普通じゃないですよ。w>このゲーム

# by namatee_namatee | 2019-01-04 22:19 | survival game | Comments(2)

無理やり気味に実戦参加>SLR AK74 SOLO 13.5" MID MLOK

本日はサバゲ。去年は膝痛のために不参加でしたので2年ぶりです。そのせいで記憶が薄れていたんですけど、このゲームは「ガチ」だったのでした。orz
敵が見えないんですよ。いきなり弾が飛んできてやられる。辛い。
それでも最初の頃はそれなりのキルレシオだったんですけど、時間が経つにつれHPとかAPが減ってきて、もうやられる一方でした。w
なので敵を獲ることはあきらめて遅滞行動とでもいうのか、バリバリ撃って囮になって敵の進行を遅らせる役に徹してました。効果の確認は難しくて微妙ですけど、何度かは敵の足を止めた実感はありました。

今回の得物は先日来、なんだかんだといじっている「SLR AK74 SOLO 13.5" MID MLOK」及びいつものJAE-700っぽいボルトアクションライフル(中身VSR)とスコーピオンMod.M、そして保険の次世代M4SOPMOD。
SLR AK74 SOLO 13.5" MID MLOKはチャンバーを交換して弾詰まりに対処したはずが今だに弾詰まりが解消できず。撃ち始めは問題ないんですけど、マガジンの1/3ぐらい撃つと弾詰まりが始まるというやっかいな症状で、これはちょっとやそっと試射しただけでは判明しない症状。手強い。
チャンバーを交換してダメならば次はノズルということになるわけで、ノズルを交換するためにはメカボを開けなければならず、なかなか面倒臭いんですけど、まあ仕方がない。サバゲーが目前に迫っているのに手をこまねいているなんて我慢ならぬ。AmazonでライラクスのVer.3用ノズルを調達の上、意を決してメカボを取り出して分解&交換しましたよ。
恐る恐る試射してみると、今までの弾詰まりが嘘のように快調な動作。ちゃんとマガジン数本分テストして大丈夫なことを確認。どうもマルイ純正のHOPパッキンとDYTACのノズルの形状が合わなかったようです。ただしマガジンの選り好みがある模様。純正のマガジンは全く問題ない。APSのマガジンが2本あるんですけど、片方は弾上がりがイマイチ。ノーブランドのフラッシュマグも弾上がりがイマイチの感あり。これはマガジンの側の問題かもしれず、もう少し追求の余地がありそうです。
さらに初速upのためにスプリングをアングスの0.9J Lというのに換え、そのままだと初速が上がりすぎるはずなのでバレルを短いものに交換。たぶん300mmぐらいのバレルにしたら、HOPオフで82m/s(0.25gBB弾)、適正HOPでも82m/sと効率の良いセッティングになりました。オリジナルのバレルは455mm以上ある長いもので、こんな長いバレルは初速調整に苦労するしHOPかければ初速が下がっちゃうしロクなもんじゃないなと。(汗

そういったわけで、「SLR AK74 SOLO 13.5" MID MLOK」は今回のゲームが初陣であります。その運用成績はどうだったのか。結果としては「平凡そのもの」といったところ。弾道に変な癖はなく、初速も十分なので飛距離もそれなりにある。でもトリガーのキレが良いわけでもなく、すごく纏まるというわけでもなく、撃ち味はごく普通のAKという感じ。見掛け倒しとでもいうべきか。w
鉄砲全体の剛性は高いので、それが特徴といえば特徴ですな。まあせっかくやってきたんだから長い目で見てあげようと思います。

それに対して、相変わらず活躍したのがスコーピオンMod.Mで、0.2gの軽い弾ということを除けばフルサイズ電動ガンと互角の性能。集弾性能に関してはむしろこちらの方が勝る。軽くて楽なので結果的にスコーピオンばっかり使ってました。w

午後になって無理が響いて持病の膝痛が出そうな雰囲気になったので、15:00で退出させていただきました。時間は短めだったけど、久々のガチゲーを堪能しました。最後になりましたけど、主催のLEOさま、お付き合いいただいたマンモさま、お疲れ様&ありがとうございました。

# by namatee_namatee | 2019-01-03 20:33 | survival game | Comments(4)