間に合うのか。

本日はちょっとマシだったかな。>暑さ
たぶん海から涼しい風が入ったんだと思われます。あ、ウチが会社より海に近いというだけかも。

来週末はもう夏休みだなーとボケっとカレンダー見ておりました。夏休み、いきなり椎名さんの25周年記念ライブから始まります。次の日は飲み会、1日置いてツーリングと前半は結構なハードスケジュール。まあ暑いのは仕方ないとして、台風直撃とか地震とか(ついさっき震度4のがありましたけど。)勘弁して欲しいですな。

ということはツーリングの準備は今日やらなければならんということです。まだインカム買ってないけど。(汗
とりあえず、前に買ったシートバッグをフィッティング。この手のアイテムは汎用のせいか、取り付けの自由度が高いように見えて、思った通りにしっかり固定するのに案外苦労するんですよね。
それなりに暑い中、PX125 Euro3でライコランドへ行き、伸縮性のあるストラップを買ってまいりました。ちなみに駐車場でうっかり立ちごけするという。w
リアサスの上部にちらっと見える蛍光オレンジのがそれ。ゴムでほどよく伸縮するのと、2分割式でファステクスで連結する仕組みなので、とても使いやすい。これは細くて短い(70cmほど)のですけど、ウチには他に太くて長いのもありまして以前から大変重宝しております。
前述の通り、思っていたのより取り付けには苦労する。固定自体は簡単にできますけど、前後にずれないようにするのが難しい。試行錯誤すること30分。やっと納得のいく位置に収まりました。
その様子が上の図であります。このシートバッグ(正確にはヘルメットバッグ)、ルネッサにはちょっとでかいか。もっとも似合うかどうかより積載量を確保しないといけないので、多少の不釣り合いは致し方ない。大体がルネッサがコンパクトなんですよ。サイズは125ccとあんまりかわらんもんね。
シートバッグ自体は流線型wでなかなか格好良いと思います。機能性も文句なし。あとはナビ関連の動作確認か。こりゃ間に合わないかも。w

# by namatee_namatee | 2019-08-04 19:59 | motorcycle | Comments(2)

暑い。orz

本日は仕事であります。むちゃくちゃ暑い。室外(日陰)にある温度計で38.5度まで行きました。一昨日も昨日も38度超えで、この先もこういう暑さが続くらしいです。(汗
ルネッサちゃんで出勤しましたけど、まだ朝6時だってのに暑いのなんのって。結構なスピードで走っても全然涼しくありません。恐ろしや。>猛暑
そんな猛暑の中、いつもなら道を歩く人などいない国道245号線の交差点にけっこうな数の歩行者がおりまして、いったい何事と思ったら「ROCK IN JAPAN」が始まったんですな。この暑いのにご苦労様です。夕立が来れば少しは涼しくなるはずですけど、ここ数日はその気配もなし。案の定、本日も夕立はありませんで、現在の外気温は28度あまり。テントとか暑そうだなー。

図は昨日やってきたDC-LX100M2の試し撮り。去年の同じような時期にDMC-GM5+SIGMA 19mm F2.8 DNで同じものをとっておりますけど、さすがにLX100M2の方が新しいだけあって解像の緻密な感じや鉄柱の質感とか写りは一枚上手に見えます。この図ではよくわかりませんけどGM5よりコントラストが高く、色が濃い感じですね。>LX100M2
コンデジとはいえ、センサー自体はMFTなのでまともに写るのは当然です。とはいえ、一昔前のコンデジを知る者にとっては当時夢に見たでかいセンサーが一般的になったというのは大変嬉しいことなのであります。まあ先鞭をつけたのはSIGMAのDPですけどね。って、そうやって考えてみるとDPシリーズってやっぱりすごいですな。あれでセンサーが変なのじゃなかったら、本当に先駆者になるところだったのに。w
いやでもFOVEONの夢ってのも捨てがたいので、それはそれで動向を注視していきたいと思います。

# by namatee_namatee | 2019-08-03 21:17 | camera | Comments(2)

予断を許さず

というわけでやってまいりました。>DC-LX100M2
中古の美品でございます。いつものようにマップカメラで購入。77,900円(税込)でございました。昨日の夕方発注して本日到着。
コンデジとしてはSONYのRX100シリーズと迷ったんですけど、あれは友人のタカ氏が所持しているし、もう年寄りなので全く未経験のブランドのデジカメだと操作がおぼつかない。orz
Panasonicならどれでもおおよそ同じ操作方法なので、さすがに混乱することはないし、わたくしはLeica D-LUX4(DMC-LX3のOEM)からDMC-LX7とLXシリーズを連続して愛用していた時期がありまして、要するにLXシリーズのファンなんですよ。LXシリーズの特徴はセンサーは小さいけど、そのセンサーを無駄なく使ったマルチアスペクトとむやみに明るいレンズの組み合わせ。反面、ズームレンズではあるものの、望遠側の焦点距離は大したことない。この独特のポジションが気に入っていたのであります。

とはいうものの、LX7はあまり好きじゃなかったですね。なんていうか、写りが甘い。カチッとかカリッとか、はっきりした描写じゃなくて、全体に柔らかい印象。細かいところを見ればちゃんと解像しているんですけど、全体を見ると眠いみたいな。これがどうにも気に入らなくてMFTのDMC-GM1Sに乗り換え、そこからはGX8→G9という流れ。そしてちょっと大きいG9のサブ機として、DMC-GM5を購入して今に至ると。
その間にLXシリーズはLX9が出て、またすぐにLX100(このLX100M2の先代)も出てと着実に進化しておりました。先日も書きました通り、LXシリーズの正統な後継機は1インチセンサーのLX9だと思うんですけど、どうもMk2とかはでる様子がないですね。MFTのLX100が跡を継ぐんですかね。まあ、そこまでLXシリーズにこだわりがあるわけじゃないので、どっちでも構いませんけど。

LX7と比べるとLX100M2は外装が金属で高級です。最新のコンデジらしくファンクションボタンもあるし、USBでの充電にも対応。レンズはLX7は24-90mm(35mm換算)でF1.4-2.3という驚異的な性能で、その名も「LEICA DC VARIO-SUMMILUX」であります。Leicaを知っている者には「ズミルックス」は憧れですよ。w
後継のLX9もSUMMILUXですけど、24-72mmでF1.4-2.8とやや後退する。LX7はセンサーが1/1.7型で、そのおかげでレンズも楽できるのかも。
ではLX100M2はというと、24-75mmでF1.7-2.8とLX9と比べるとさらに後退してしまいますけど、F1.7なのでかろうじてSUMMILUX。w
まあ、この程度のレンズのスペックの差よりセンサーの大きさの方が画質に影響ありそうですけど。

というわけで、はたして使えるのか、はたたますぐに飽きてやっぱりLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.を買っておけば良かったと後悔するのか、どちらに転ぶか予断を許しません。w>DC-LX100M2

# by namatee_namatee | 2019-08-02 21:26 | camera | Comments(4)

葛藤

久々に登場。>DMC-GM5
しばらく放っておいたので、埃がたまっちゃいました。(汗

これのせいでコンデジのDC-LX100M2を買うか、レンズ(LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.)を買うか、その判断が難しくなっているのでございます。
DMC-GM5はもはや廃盤になって久しいわけですけど、極限まで小型化したミラーレス一眼というコンセプトは今だに秀逸。それで後継機がでなかったせいか、中古価格が意外なほど高い。これのような黒一色じゃない赤やグリーンのモデルだと中古美品で6万円近い。わたくしが購入した1年前は5万円ぐらいで、それでも高いと思ったのに、そこから1万円も上がるとは。みんな正気かよ。w

DMC-GM5の良さは軽量コンパクトだけじゃなくて画質も優れているのだそうで。GX8やG9を経験した身としては、言うほどの高画質か?と思わないでもないんですけど、このような図をみるとなるほどと思わないこともないような。この図、flickr経由のせいか、あるいはリサイズしたからか、やや解像度が下がってしまっているんですけど、それでもこんな小さいカメラでこの画質はなかなかと思わせます。おっと、色合いが微妙なのは車のウインドシールド越しだからです。あまりに見事な田舎道の眺めだったので、つい走りながら撮っちゃいました。w
要するにDMC-GM5は小さいのにレンズ交換ができてEVFも付いていて、カメラらしい要件はちゃんと押さえてあって、その上でよく撮れるカメラ。人気があるのもわかります。
だがしかし、いかんせん約5年前のカメラで、ちょっと時代遅れになってきた部分がなくもない。DC-LX100M2と比較すると、画質という点ではセンサーが古くて高感度では不利、ここ最近の流行りのローパスレスでもない。USB経由での充電も対応していない。売りのEVFも今となっては、付いているだけまし的な・・・まあ、それが憎めないキャラのもとなんでしょうけど、機能としてはやっぱり最新のモデルに劣ります。
軽量コンパクトで高画質、必要とする焦点距離をカバーするレンズ(このレンズがまた安っぽいのに文句ない写りという困ったちゃんでしてね。w)もある。カメラ関連に投資するというイベント全体として、すでにGM5があるのに最新ではあるものの似たような性能・コンセプトのDC-LX100M2に8万円を投じる是非は?と自分の心に問いかけると、判断に迷うというわけでございます。w

# by namatee_namatee | 2019-08-01 21:49 | camera | Comments(0)

堂々巡り

特にネタは(ry
図はワンフェスの帰り道に食べた近所の中華料理屋さんの「チャーハンセット」700円也。半チャーハンじゃなくてフルサイズ、ラーメンも普通サイズで700円は安い。お味の方は・・・子供の頃からこのチャーハンとラーメンを食べているので美味いとか不味いとか、そういう感想は出てきませんな。
もっともわたくしがこのお店へ行くようになったのはつい最近のこと。子供の頃は出前でしか食べたことがありませんでした。なんてたって出前ですから、食べる頃には麺がのびちゃいまして、いつも「まずいラーメンだなぁ。他のお店ならもっと美味いのかな?」と思っておりました。w
それがつい最近、ほんの数年前になにげなくお店に入ってみたら、麺は伸びてないし、ほのかに生姜の味のするなかなか味わい深いスープだったりして、いままでずっと不味いと思っていたのが勿体無かった&申し訳なかったと。

まあそれはそれ。朝からずっと悩み続けております。カメラ関連に投資したい気分なんですけど、何を買うかが決まらないという。もっとも予算はそんなに潤沢ではありませんので(ボーナスさまはとっくに御隠れになってしまわれたし。)標準ズームレンズを買おうかと思ったんですよ。現在、ウチにある標準的な焦点距離をカバーするレンズは

1.LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
2.LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
3.LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
4.LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.

このぐらいか。1と2はズームレンズで3と4は単焦点。どれもそれぞれよくできたレンズだとは思いますけど、汎用性という点ではどれも微妙。2と3はマイクロフォーサーズではなくてフォーサーズマウントで、さすがにでかい。DC-G9はとにかくDMC-GM5だと冗談みたいなスタイルになっちゃう。もっともGM5のAF能力ではピントあわせが遅くて実用性に難ありですけど。
1は軽量コンパクトではありますけど、いかんせん廉価版のキットレンズでいろいろチープ。そのわりにまともに写るのは不思議で良いレンズだとは思います。でも短い側の12mm(換算24mm)はとにかく、長い側が32mm(換算64mm)はちと物足りない。
3と4は単焦点で汎用性にかける。>あっさり

というわけで、標準ズームレンズのLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.を買おうかと思ったわけですけど、そこでふと思い出す。コンデジのLUMIX DC-LX100M2ってのがありましてね。これのレンズがLEICA DC VARIO-SUMMILUX 24-75mm(35mm判換算)/F1.7-2.8というもので、欲しい焦点距離に近い。そして価格は中古の美品だとLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mmとほとんど変わらない。価格は同じぐらいでレンズどころかセンサーや筐体も付いてくる。w
それどころかレンズの明るさなら一枚上手だし、センサーもGX7Mk3と同じらしいローパスレスで性能に文句なさそうなんですよね。が、しかし、性能ならDC-G9の方がさらに上なわけで、レンズ単体の方が使い回しが効く。しかもG9とLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mmの相性は良い。なんてたってG9のキットレンズだったんですからねぇ。なので、ここが迷いどころ。w
どこかへ出かけたときとか、コンデジもLX100M2ぐらいになればなんとかなるでしょうし、先日のワンフェスみたいな人が多いところでさっと写真を撮るのならむしろコンデジの方が向いているんじゃ?とタカ氏とも話していたところ。ただ、ウチにはGM5というコンパクトなミラーレスがあるわけで、これにLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mmを装着すれば・・・でもGM5はもう古いしなぁ、と堂々巡りであります。

まあでも、GM5がダメになったらGX7Mk3でも買えば良いので、ここはレンズ単体を買うのが正解ですかね。

# by namatee_namatee | 2019-07-31 21:34 | camera | Comments(7)

支離滅裂である。

ワンフェスの写真のうち、みるに耐えるものをいくつか。順不同だし、昨日書きました通り出展とかディーラーさん、さらにはガレージキット側なのか企業ブースで撮ったのかどうかなど、まったく記憶にございません。w
もちろん資料的な価値などありませんけど、まあネタ切れなので。

まずは「幻夢戦記レダ」の朝霧陽子。実はよく知りません。タカ氏の方が詳しい、っていうか、タカ氏に存在を教わりました。なんでも氏にとっては思い出深い作品だそうで。>幻夢戦記レダ
氏にとってはわたくしの「黄色魔術オリエンタルガール」に相当するものらしいです。その意味ではフィギュアが出るなんて羨ましい。オリエンタルガール(ミニス)のフィギュア出ないかなぁ、出ないだろうなぁ。orz


こちらはわたくしでも知っている「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」通称デレステの「佐久間まゆ」。知っているといってもTwitterのタイムラインで頻繁に見かけるので知っているという程度。w
でも、わたくしにとってはほとんどのフィギュアは全く知らないキャラなわけで、パッと知った顔を見かけるとつい写真を撮っちゃう。w


これはさすがのわたくしも知っている「マチルダ・アジャン」、の設定画?
安彦良和先生の直筆のようです。もっと下に何か書いてあったんですけど、画面に入りませんでした。それが重要だったのかもしれません。(汗
マチルダさんは中尉なのにミデア隊の指揮官で、かなり優秀なのか戦死者があいついで人材が払底しているということのか?と当時も今も思います。


こちらは詳細不明。フィギュアではありませんな。有名なオリエント工業のラブドールと同じ系統かな。ちゃんと説明を読むか聞くかしてくればよかった。>こんなんばっか
あまりに生々しかったのでうっかり写真を撮ってしまいました。これはすごいですよ。「不気味の谷」なんて完全に跳び越しちゃってる。
それにしてもそう遠からぬ未来、こんな感じのドールが自立したり会話できたりになるんですぜ。わたしゃ誰がなんと言っても、モラル的にアレでも、攻殻機動隊の殿田大佐が羨ましい。長生きすれば間に合うかなぁ。w

こちらはわたくしの持ち場です。w
「対魔忍アサギ」シリーズの「八津紫」と「井河さくら」ですな。「対魔忍RPG」がそれなりにヒットしたようで、そのせいか、この系統のフィギュアも少しですが見かけました。
個人的には「さくら」と「ゆきかぜ」は甲乙付け難いレベルで好き。イロイロ味わい深いのは「ゆきかぜ」だけどいろいろあったのに徹底的に明るい「さくら」も捨てがたい。

パトレイバー好きの方のために。w
イングラム1号機2号機3号機となってますが、わたくしには違いがわかりません。(汗
他にもガルパンや艦これ関連などいくらか画像がありますけど、特にネタにするほどのものでなし。
次行くときはちゃんと情報も記録してこようと思います。とはいえ、昼からいくと時間的にそんなに余裕がないってのもある。なかなか難しいところですなぁ。

# by namatee_namatee | 2019-07-30 21:15 | diary? | Comments(6)

遠い。>幕張メッセ

特にネタは・・・いやまあワンフェスで撮ってきた写真をネタにすれば良いんですけどね。ちょっと偏っているんですよ。w>わたくしの写真
どれかネタにしようかと見直してるんですけど、どうもパッとしない。いや、わたくし的にはパッとしているんですけど、他人さまにこれを提示してどうなる?ってのがほとんどでして。くろがね四起のフォロントサスペンションとかシュビムワーゲンのスクリューのアップとか、これをブログのネタにしてもなぁ、と。w
あと制作元をちゃんと確認してないもんだから、キャラの名前はわかってもどこが作ったのかとか詳細がわからない。ダメじゃん。w

というわけで、ネタにする画像が決まらなかったのでスマホに入っていた謎の画像で。
どこかの駅の図。人の多さに感心して撮ったんだと思われます。暑さで頭が変になっていたのかも。w
駅と言えば、以前にも書きましたけど、なっとーちほーのウチから幕張メッセへ行くのはなかなか面倒でございます。どんな感じかというと、電車の場合はまずはとりあえず常磐線に乗ります。これは簡単。問題はどこで降りるか。乗り換え案内の類で調べてみると、一番単純なのはそのまま常磐線で東京まで行って京葉線に乗り換える。乗り換えは1回で済んで一番簡単。ただちょっと時間がかかるのとワンフェス(に限りませんけど)の時の京葉線は結構な混み具合でしてね。あと東京駅の京葉線って乗るまでにえらい時間がかかる。どこかのでかい空港並みに移動時間がかかります。w
ちょっと手が込んだのが、柏で各駅停車に乗り換えて新松戸から武蔵野線というルート。時間的に上のルートより20分ぐらい早い。でも20分とか、乗り換えでしくじると差はなくなってしまうぐらいですね。さらに松戸で新京成線、八柱で武蔵野線、西船橋から京葉線というややこしいルートもあります。実は今回はこれでした。いやなに、電車に乗ってからルートを考えようと思っていたんですけど、気がついたら土浦過ぎちゃってて、ルートを検討する時間が足りなかった。とりあえず松戸で降りちまえということで適当に降りたら、ややこしいことになったのでした。
まあそれでもタカ氏との待ち合わせ時間には余裕を持って海浜幕張に到着しましたし、こんでいる京葉線に乗る時間も短くて済みましたから、失敗というわけでもないですね。
実はいっそのことスクーターとかオートバイで行こうかとも思いました。電車より早いんじゃないかな。が、当日は天候が不安定だったので断念。歩き回ってダルダルになるのはわかってますので、乗ったら寝てれば良い電車の方がなにかと楽というのもありますし。

やっと海浜幕張について思い出す。海浜幕張のトイレって駅の規模に比してとても小さいんですよ。3-4人でいっぱいになっちゃうぐらいじゃなかったかな。なので電車がついて人が降りてくるとあっという間にいっぱいになっちゃって、男子トイレでも行列ができます。海浜幕張の駅についたら一目散にトイレに走らないといけません。w
でも実は周辺の商業施設や外にもトイレはあるので、あんな狭苦しいところで並んで待っているよりさっさと移動してそちらで済ました方が時間のロスは少ない。わたくしももう何回もワンフェス行ってますから、細かいノウハウは身につきますよ。と、言いながらなぜかあの小さいトイレに行っちゃうんですよねー。w

# by namatee_namatee | 2019-07-29 22:10 | diary? | Comments(0)