2014年の再来にはならなかった。>ワンフェス

本日は「ワンダーフェスティバル2019Winter」に行ってまいりました。おつきあいいただいたタカ氏、ありがとう&お疲れ様でした。

図は出発寸前のウチの様子。そこそこ降ってそこそこ積もったようですね。>雪
路面には積もってませんでしたけど、カリカリに凍ってまして歩くのに困難を感じるほど。普段は無謀な運転の南東北(本当は北関東)のドライバーもさすがに慎重な運転でした。w
いやしかし、逆光耐性高いですね。>LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
古いレンズなので、広角側の解放だと四隅のあたりが怪しかったりするんですけどこの図はちょっとだけ絞ってある(F5.6)ので気になりません。なかなか捨てがたい味わいのレンズですな。

で、ワンフェス。いつもの通り、結構写真を撮ったつもりでも案外撮れてないもんで(ry
60枚ぐらいとりましたけど、その中で一番面白い写真がこれ。↓
キングギドラ?が首を振っているんですけど、見ての通り人力です。w
うしろでおじさんが一生懸命煽るというかレバーを上下させている。こういう動きは確かに特撮っぽい感じはしますね。
他にもいくらか撮りましたけど、なぜか「姉なるもの」が多い。無料の漫画をちょろっと読んだだけで内容はよく知らないんですけどね。造形が印象に残るのかな。そういった他の写真はおいおいネタにするかもしないかもしれません。w

# by namatee_namatee | 2019-02-10 21:43 | diary? | Comments(0)

寒い。orz

本日はお休み。そして天気予報通りに雪が降りました。もっとも騒いだほどには降りませんで、これなら明日はワンフェスに行けそうです。が、寒い。強烈に寒い。昨夜も寒かったけど、今日はさらに寒い。ファンヒーターとエアコンとホットカーペット+ウチの中でもダウン着てなんとかというレベル。これだから田舎家は。orz
隙間風がね。あっためてもすぐに冷えちゃいます。風通しが良すぎるんでしょうな。といって夏に涼しいわけでもないのが腹が立つ。

そういったわけで、外に出ずウチの中でじっとしてました。何もしていないどころじゃない。あまりに寒いので布団かぶって寝てましたよ。w
昼頃に起き出して、ご飯を食べたらなぜか胃が痛くなりましてね。そのまままた布団にgo。胃痛に耐えていたらいつの間にか寝入ってしまって、気がついたら20時過ぎという。まったく無駄に1日過ごしましたな。w

雪の写真を撮ろうと思っていたものの、気がついたら夜になっちゃっていたので、明日のワンフェス用のセッティングでライト使って適当に撮った図。まだ降ってますけど、もう積もらないでしょうなぁ。>雪

# by namatee_namatee | 2019-02-09 23:05 | diary? | Comments(0)

味わいあり

本日は昼間からスースーと寒かったんですけど、日が落ちて順調に冷え込んでまいりました。ファンヒーターとエアコンにホットカーペットの部屋でも微妙に寒い。こりゃ明日は予報通りの大雪ですなぁ。(汗

というわけで特にネタはないので、昨日のネタの副産物的な図。
これはフォーサーズマウント(notマイクロフォーサーズ)のLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.です。単焦点の標準レンズってヤツですな。これが実に味わい深い写りをする。中望遠とか広角なら未だに高級な単焦点レンズってのもあるんですけど、フルサイズで50mm付近の焦点距離でパンケーキとかじゃないごく普通の単焦点レンズってのはなんていうか安価なものが多い。それでいて近代的な単焦点ならではの高画質は確保していてお買い得なので、撒き餌レンズなどと言われるようです。
そういう単焦点標準レンズはズームレンズに慣れていると単焦点のヌケの良い描写は新鮮に感じるし、それでいて安価なもんだから、とても良いもののように感じる、のかも。で、しばらく使って冷静に考えてみるとやっぱり単焦点って不便ってなるような気もします。結局ズームできないのって面倒臭いんですよね。w

で、SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.ですよ。これはLEICA銘ということで安価とは言えないんですけど、平凡といえば平凡なスペックの単焦点レンズ。だがしかし、写りはかなり個性的。残念ながらわたくしではなにがどう個性的と言葉や文字で表現できないんですけど、撮った画像をみると確かに他のレンズとは違う感じがするんですよね。奥行きがある気がする。
ウチにはLUMIX G 25mm F1.7 ASPH.ってのもあるんですけど、画像を比較するとSUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の方が圧倒的に癖を感じる。アナログというか銀塩っぽい。最近のレンズと違ってカリカリではなくて、柔らかい描写で、それが銀塩っぽい雰囲気の原因だろうと思っておりますけど、25mmという絶妙な焦点距離と相まって特に個性的に感じるのでしょう。
マイクロじゃないフォーサーズってのも原因としてあるんですかね。そういえばもう一本あるフォーサーズマウントのレンズ、LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.もこれまた平凡なスペックから想像するよりも味わいのある写りで満足感が高い。まあ、よーく観察してみると四隅の画質が怪しかったりして、時代を感じないこともないんですけど、全体の印象としてはスペックからはうかがえない癖がある。まさに「擬似オールドレンズ」ってヤツですなぁ。

SUMMILUXもVARIO-ELMARももう古いレンズで修理も怪しいので、大事に使っていきたいと思います。

# by namatee_namatee | 2019-02-08 22:38 | camera | Comments(0)

難しいな、おい。orz

特にネタはないので昨日となにほども変わらない図。
こちらは言わずと知れた「艦これ」の「霞改二」です。キャラ&フィギュアとしては「秋月」の方がお気に入りなんですけど、ポーズが複雑でカメラやレンズのテストする時に微妙にやりづらいので、この「霞改二」を買ったのでした。「霞」はまっすぐ立っているので、角度によってライトの光がどうあたるのかとか、髪の影を消すにはどうしたら良いのかとかテストしやすい。
ちなみに昨日のは「輪るピングドラム」の「プリンセス・オブ・ザ・クリスタル」でした。「生存戦略しましょうか。」ってヤツですな。フィギュアとしては安物なのであまり出来は良くない。

というわけで、いろいろテストしているんですけど、これといって「決まる」設定が見つかりませんなぁ。使っているのはLEDのリングライトです。基本フラッシュだけどライトとしても使える。たぶん動画撮影用。フラッシュだと露出制御はガイドナンバーと距離から割り出すマニュアルになってしまって面倒臭いのでライトとして使ってます。ライトとしてならカメラが露出制御してくれるので楽。ただ、ライトの光量の分だけシャッタースピードや絞りが変化するわけなんですけど、その適正露出+ちょっと明るくしたいなんてことをしようとすると調整が難しい。難しいというよりどのぐらい露出補正したら良いかがよくわからんと。これで決まり!という補正値を見つけても、距離がかわるとまた印象も変わる。なかなか思ったように撮れません。しかも本番(ワンフェスの)ではそんなにじっくり撮っている暇はない。撮りたいものを見つけたら、さっと近寄ってスパッと撮って離脱、ということになるので、距離や被写体の色合いなどによって変わる適正な補正値を掴んでおかないとダメなんですよ。
いやまあ、適当に撮ってもRAWにしておけば後で何とでも(ry
それを言っちゃあお終いですがな。w

ここ数日暖かだったので、今週末は雨とか降らんだろうな、と天気予報を見てみると今週末は強烈な寒波がやってくるそうで、札幌の「最高気温」が-11度とか。(汗
最高気温が氷点下2桁ってすごいな。さすが北海道。って、感心している場合じゃない。関東地方も雪が降るという。なっとーちほーも土曜日は雪が降って積もるそうで、最高気温が1度。寒っ。
いやぁ土曜日で良かった。ワンフェス当日に大雪になったら・・・2014年の2月9日、伝説といわれたあのワンフェスふたたび。w
あの時は電車がいつまで経ってもこなかったですからねぇ。AM9時ごろ駅に行ったら40分ぐらい待たされて、のるはずだった電車とは全く違う、前日の夜に途中で力尽きた電車がやってきたのでそれに乗るという。なんとか東京まで行けましたけど、東京駅からの京葉線がヨレヨレで満員のまま30分ぐらい発車しない。動き出してもいつ止まるかわからないようなスピードでノロノロと。いやぁ、あの日はよく幕張まで行けたと思いますよ。そして同じ頃、「ダンガンロンパ」のイベントで舞浜アンフィシアターに向かっていた椎名さんもひどい目に遭っていた。w
幕張メッセについて会場に入ったら、ディーラーさんも来れない人が多く、全体の半分ぐらいしかブースが空いてない。あれは確かに「伝説」と言って良いですなぁ。
今回は前日なんで・・・あれ?2014年の時も雪が降ったのは前日だったような。w

# by namatee_namatee | 2019-02-07 22:08 | camera | Comments(0)

出番

そういえば今週末はワンダーフェスティバルですよ。最近は微妙に惰性で見にいくイベントになってきているような気がするので、今回はじっくりと見てこようと思っておりますよ。

というわけで、久しぶりにマクロレンズのLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.を引っ張り出して使い勝手を試している図。これでもかなり手加減してます。本気出すともっと寄れます。さすがマクロレンズ。
もっとも前にも書きましたけど、ワンフェスでこういったフィギュアとか模型の写真を撮るのにマクロレンズである必要はないと思います。だってこんなに近寄って撮らない(撮れない)ですし。っていうか、普通は全体を撮るのが主でこういう写真を撮っても仕方ないでしょうよ。w
よっぽど細かいところが気になる造形だとか、そういうのがあるのならばマクロレンズの使い道もあるでしょうけど、たぶんそのような写真が必要なのはフィギュアを作る人とかが資料にするとかであって、ぱっと眺めて楽しむわたくしのような者には関係ないです。なので、これまた前に書きましたけど、使い勝手が良いのは50mm(フルサイズで)ぐらいの明るい単焦点レンズじゃないかと思います。いや、マクロレンズも悪くないんですよ。近寄ってもピントがあうのは確かに便利。だがしかし、45mm(フルサイズにすると90mm)ってのは画角が狭くて、被写体の全体を撮りたいなんて時に後ろに下がらねばならず、混み合った通路でそれは厳しい。その点、25mm(フルサイズで50mm)はそこそこ自由度が高く、フィギュアや模型以外のもの、例えば人物とかを撮るのも楽です。今回は25mmの単焦点も持っていくことにしましょう。

レンズとしてのMACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.はとても良くできたレンズだと思います。マクロレンズとして使うとシャープで、色合いがすごく濃いと感じます。普通のレンズとして使うとあまりカチカチじゃなくて、どうってことなく普通に撮れる。でもちょっとボケに癖がある。口径食が原因らしいです。マイクロフォーサーズなのでコンパクトで軽量なものよいところ。もっと使ってあげたいんですけど、前述の通り、45mm(フルサイズだと90mm)という焦点距離がネックになって出番が少ないんですよね・・・

# by namatee_namatee | 2019-02-06 22:02 | camera | Comments(2)

そんな馬鹿な。w

スクリーンショットぐらいしかネタがない。
「対魔忍RPG」のイベントクエストでの一シーン。実は「対魔忍RPG」って学園ものなんですよ。五車学園という「対魔忍」の学校(!)の生徒でプレーヤーであるお館様(=わたくし)が廊下で敵性の同級生に襲われているところに乱入してきたさくら先生の図。何言ってるかわかんねぇと思うが(ry
対魔忍の「井河さくら」は普段は教師やっているんです。w
っていうか、襲ってきた同級生って、全員対魔忍スーツきた男で刀振り回しているんですけど、こうやってさくら先生に一喝されて蜘蛛の子を散らすようにいなくなるという・・・なんだ、この世界。w
「対魔忍」の世界ってもっとこう陰惨で過酷なシチュエーションだと思ってたんですけど、このゲームはかなりコミカルで明るい。っていうか、次元移動だか何だかでさくらはこの大人のさくらと若いさくらの2人いるし、全体がネタとしか思えない。まあ、そこら辺の馬鹿馬鹿しく明るいところも気に入って続けている要因ではあるんですけどね。

それはそれ。風邪はほぼ治りました。現在は鼻水とくしゃみ連発、でもこれは多分花粉。我が社では先週末からインフルエンザで3名ダウンしておりましたけど、昨日から1人復帰。明日からもう1人復帰だそうで、やっと平常に近い業務に戻ります。
と言っているそばから、先月末に取引先に送りつけた請求書の間違いが発覚。入金処理が1日分まるまる抜けている。これがどうにも解せない。その時期はインフルエンザじゃなくて別な病気で入院している同僚が入金処理をしていたんですけど(現在はわたくしが代行)、元ネタのネットバンキングの入金明細にはちゃんと手数料や何月分かのチェックその他もろもろが記入されている。入金処理をするときはネットバンキングからDLし明細(通帳みたいなもの)の入金先、手数料、値引き、それぞれの項目を1つずつマーカーペンでチェックしていきます。で、明細にそのマークが残っているので入力がもれたとは考えられない。でも実際には1日分の4/5ぐらいの入金処理がされていないという。謎です。
とりあえず対象の取引先(20件近くある。orz)には電話で請求書を訂正して再発行する旨連絡して、それに平行して抜けていた入金処理をして締め直して請求書を再発行・・・どうも不慣れなもんでうまく発行できない。仕方がないので、ソフトウェアのサポートに電話したら、例によって混雑していて折り返し連絡というパターンです、本当に(ry
いつまで待ってもその折り返しがこないので、もう一回こちらから電話したら今度はあっさり繋がりまして、対処法を教えてもらい、入金処理が消失した件の調査も依頼。疲れました。だから請求業務は嫌だって言っているのに。これは早いとこ別な事務員さんに引き継いでしまおう。w

# by namatee_namatee | 2019-02-05 21:36 | diary? | Comments(0)

花粉?

今日は暖かでしたね。風が強かったですけど。おかげで大量の埃か花粉が飛び散ったようで、くしゃみと鼻水がとまりません。最初は先日来の風邪のせいかと思っていたんですけど、そっちの方はもうほとんど治っているので、このくしゃみと鼻水は花粉のせいじゃないかと疑っております。これから3月いっぱいぐらいまで、またあの鬱陶しい花粉症の季節かと思うと、もうげんなりですよ。orz

ネタは相変わらず(ry
なにかあったかといえば、図の通り「ネルソン」とケッコンカッコカリぐらいでしょうか。ちょうど60隻目の結婚艦でございます。ウチの場合、主力艦は大体Lv120ぐらいまで育てたら同種の別の艦娘を育成し始める感じです。LvUpはLv120あたりから遅くなるので、そこら辺を目標に重巡以上の主力艦は全てLv120にする運動をしております。
実際のところ、練度は70もあれば大体はなんとかなると思うので、それ以上は無駄といえば無駄かも。全ての艦娘をLv80以上にした方が戦力としては充実するような気がしますね。
無駄といえば、節分イベントで演習任務があるせいか、演習の相手が練度が高い艦娘が単艦で放置されていることが多いのですけど、さらに楽に演習で勝てるように配慮してくれているのか、あまり戦闘向きでない艦娘がいることがあります。その中で特に印象に残ったのがLv172だったかの「大鯨」。w
「大鯨」とか全く戦闘力ない艦娘をよくそこまで・・・と、思わず見とれてしまいましたよ。
ちなみにウチでその手の艦娘でもっとも練度が高いのは「鹿島」でLv152です。これは演習にはほぼ必ず出席するので練度が高いのは当たり前。それに対して「大鯨」は全くと言って良いほど使い道がない。それでLv172って。>絶句

それはそれ。「ネルソン」といえば思い出すのが「マスター・アンド・コマンダー」とか。ホーンブロワーシリーズも英国海軍の物語ですけど、実はホーンブロワーが活躍したのはネルソン卿がトラファルガー海戦で亡くなってからなんですよね。ホーンブロワーが勅任艦長になって最初の仕事がネルソン卿の遺体を国葬会場まで水上をパレードして運ぶ任務の指揮だったはず。
作者のC.S.フォレスター氏が出版社にトラファルガー海戦後の英国海軍士官の小説を書きたいと言ったら、馬鹿なことはやめておけと言われたというエピソードを読んだことがあります。そのぐらい「ネルソン卿」は英国海軍にとって重要な人物であり、同時にホーンブロワーシリーズは異色な設定であるということになりますなぁ。
「マスター・アンド・コマンダー」では時期がちょっと前なのでネルソン卿はまだギリギリ存命なようで、艦内の食事で話題になっているシーンがあって英国の期待を一身に背負った存在に描かれておりますね。

戦艦としての「ネルソン」はなんていうか、日本が「陸奥」に固執したおかげで生まれたような、なんともいえない生い立ち。ユトランド沖海戦などのWW.Iの戦訓を最初から織り込めたという恵まれた点と条約型戦艦の足枷の両方を抱え込んだ艦という印象。あの変な主砲配置は、まあ英国だからというのと設計したのがダインコート卿で、「あー」と納得しちゃう感じ?w
ダインコート卿は近代的な戦艦の始まりの弩級戦艦からこの「ネルソン」まで、英国の戦艦には欠かせない人物。わたくしはネットでちょっと知っただけですけど、天才というか、かなり大胆な設計をする方と感じました。まあ「エジンコート」を作ったのがダインコート卿と知ったからですけど。w
「エジンコート」はWW.I期の弩級戦艦ですけど、戦艦史上最多の砲塔を持つという変な戦艦。その数、実に連装砲塔7つ。14門の30.5cmの斉射はより口径の大きな主砲の超弩級戦艦よりも投射量では上回ると言われたそうな。戦艦の主砲の斉射は普通の戦艦?でもかなりのスペクタクルですけど、「エジンコート」のそれはわたくし的に最も見てみたい斉射ですよ。7つの砲塔、14門の斉射ですから艦全体が爆炎に包まれるでしょうからね。w

話を「ネルソン」に戻すと、ワシントン軍縮条約で日本が「陸奥」にこだわったおかげで、英国は棚ぼた的に16インチ級の新型戦艦2隻の建造ができるようになったわけですけど、なんていうのか、それでできたのがこの「ネルソン」ってのが・・・英国面というかなんというか。w
もう少しこう、穏やかな設計にできなかったのかと思います。次級のキングジョージ5世級が、まあ変なところは残ってますけど、かなりオーソドックスで手堅い戦艦なのが対照的。やっぱり「ネルソン」はやりすぎたと思ったのかなぁ。w

艦娘の「ネルソン」はネルソン卿の生まれ変わりみたいな。自分のことを「余」とか言ってるし、時報のセリフはなんだかんだ言ってずっと酒飲んでるし。w
セリフは女性というよりおっさん。実戦経験のガチさでは上を行く「ウォースパイト」はお姫様みたいなのに。

# by namatee_namatee | 2019-02-04 22:13 | diary? | Comments(0)