疲れる。orz


引き続き横浜からお送りします。w
講習がハードで夕方にはぐったりしております。朝から夕方17:00までみっちりですからね。本日は主に法律関連だったんですけど、廃掃法だけではなく関連する法律、例えば消防法とか都市計画法、建築基準法とか、そんなの知らんがなという法律まで、思いっきり詰め込まれました。辛い。orz

そういったわけで、昼間は表に出ることもままならず、必然的にネタの写真はこのような夜景の図になってくるのでございます。横浜の夜景なら「みなとみらい」あたりにいけよ、と思うかもしれませんけど、なんせホテルが横浜駅のあたりだし前述の通り、昼間の講習で疲れ果てているので、そんな遠くまで行く気にならない。この通り、ホテルの前の通りの写真を撮るぐらいが関の山です。

ちなみにこのホテル、安いわりにちゃんとしてます。場所は駅に近いし隣がコンビニ+ファミレスだしで文句なし。設備は妙に凝っていて落ち着かないぐらいですけど上質なのは確か。アメニティも十分。なんかヒノキの匂いがしたりする。もちろん隣の部屋のお客さんのイビキが聞こえてくることもない。椎名さんのライブの時などによく泊まる御徒町の安宿は隣からイビキが聞こえてきますからね。うかつにエロ動画とか観れませんよ。w
クロークのスタッフは愛想のかけらもないし、風呂やトイレとか狭いなんてもんじゃないし(便器に座ると扉に足があたるぐらい狭い。)いくら安いとはいえ、さすがにこれは(ryと思わないこともない。でもカプセル併設のおかげででっかい風呂があるので愛用しているんですよ。>御徒町の安宿

# by namatee_namatee | 2018-10-15 20:10 | diary? | Comments(0)

滅多にないイベント

なぜか横浜におります。
コーヒーを買いに来たわけではありません。お金もあるので、野宿はせずにちゃんとホテルに泊まります。w

明日から木曜日まで出張でして、出張といっても講習を受けるだけなんですけど、その場所が横浜にあるというわけでございます。
これが横浜なんてまったくなじみがない田舎者なんで土地勘が(ry
講習の会場までどのぐらいで着くのか、道は迷うところはないか、心配なので前泊して下見してきました。その道すがら撮ったのがこの写真というわけでして。都会はいろんなものがあって羨ましいなぁ。

いやそれにしてもよく撮れるな、このレンズ(LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.)。暗いレンズなんですけど、ボディのG9が優秀なせいもあってか、こういうシチュエーションでも思っているよりずっとよく写ります。サイズは同クラスのマイクロフォーサーズのレンズよりだいぶ大きいですけど、重さは見た目ほどではないし、これは良いレンズだと思います。

# by namatee_namatee | 2018-10-14 21:26 | diary? | Comments(0)

モデファイ第1弾

本日はお休み。それにしてもいきなり寒い。北風がビュービュー吹いて寒いのなんのって。
なので出かけずに懸案のルネッサちゃんのヘッドライトのLED化に取りかかります。上の図はヘッドライトの分解前に配線がわからなくならないように記録しておくために撮ったもの。賢明な作戦でした。w

先日書いた通り、ルネッサのヘッドライトは微妙に変わっていてライトのリングに直接ネジで固定する方法なんですよ。汎用のライトの大半は針金をガルウィング状に曲げたスプリングで固定する方法で、特殊なルネッサのライトのリングに固定できるかどうかはわからない。そもそも固定用のガルウィング状スプリングが手元にありません。なので汎用のライトケースを購入。同時に汎用のLEDプロジェクターライトも購入。Amazonで評判の良いものを選びましたけど、はたして・・・
汎用品同士、LEDライトとライトケースはばっちり合いました。これで問題の大半は解決、と思うじゃろ?w

ノーマルのライトを分解し(それが上の図)汎用のライトケースをライトステイに合わせてみると、下側のホーンがついているパーツにライトケースが当たります。ただ当たるだけなら、そのパーツを外しちゃえば良いんですけど、そいつはブレーキホースをフロントフォークに固定する役割も担っており、迂闊には外せない。さらにライトケースの側面にあるライトステイへの固定用のネジがM8なんですけど、ピッチが細目という奴らしく、ノーマルのネジが使えない。
仕方がないのでライトケースの現物を持ってホームセンターへ細目のM8のボルトを調達しに行きました。で、細目のM8のボルトを買って駐車場で合わせてみると(ホームセンターの店頭ではネジは袋に入っているのしか売ってなかったので、合わせてみることができなかった。)これが合わない。w
塗装が乗っているせいか、ネジの切り方が変なのか、とにかくねじ込むと途中で止まっちゃう。仕方がないのでM8の細目のタップも買いまして、ウチへ帰ってからネジを切りなおしましたよ。
そこまでやったんですけど、結局はホーンがついているパーツにライトケースが当たるのをうまく解決する方法が思いつかず、あっさり汎用のライトケースは諦めて、なんとかしてノーマルのライトケースのリムにLEDプロジェクターライトを固定することにする。で、しばらく格闘した結果、汎用ライトケースについてきたガルウィング状スプリングを使ってLEDライトをノーマルのライトケースのリングに取り付けることに成功しました。ライトケースを買って使ったのはスプリングだけとか(ry
装着した様子がこの図。配線を元のように戻すのにてこずりましてね。ウィンカーが前後でてれこになったりしました。ウィンカーのスイッチを右にすると前のウィンカーは左が点灯して、リアは右が点灯するとか。w
冒頭の写真のおかげで元に戻せました。用心しておいてよかった。

で、LEDプロジェクターライトとルネッサの組み合わせ、写真ではイマイチ伝わりませんけど、これ、かなり違和感があります。w
古臭いデザインの車体でライトが近代的という組み合わせは、前にネタにしたこのポルシェ911から感じる違和感と同じ・・・個人的にはそうだと思うんですけど、ちょっと恐れ多いような気もしますな。w
まあルネッサちゃんはデザインだけじゃなくて実際に古いわけですけど、元になったコンセプト(70年代イタリアンカフェレーサー)はもっと古いというこの二重に古い感じが素敵。

前にルネッサはドカティの350デスモに似ていると書きましたけど、その後になって思いだしました。モト・モリーニの3 1/2にも似てます。
いやぁ、すっかり忘れてましたよ。>モト・モリー二
なんといってもエンジンが空冷Vツインということで、シングルの350デスモより似てます。タンクのカラーリングとかは350デスモの方が近いですけど、車体の構成としてはこの3/1/2の方が近い。っていうか、同じですね。まあ、3 1/2も350デスモもあっさりとトップブリッジ下にクリップオン(セパハン)なわけで、そこら辺はさすがイタリアという感じがします。
でもフレームやエキパイの取回しはルネッサちゃんの方が凝っていると思います。さすがヤマハという感じ。

次はウィンカーのLED化かな。

追記:
暗くなったので光軸と明るさのチェックをしました。このLEDライト、すげー明るい。LEDは眩しいけど明るさは大したことないというイメージだったんですけど、これはマジ明るい。ノーマル比150%以上の明るさ。驚いた。

# by namatee_namatee | 2018-10-13 17:27 | motorcycle | Comments(5)

やっと購入

昨日に引き続き買ったものネタ。
これ(右側のハンドルがついている物体)はなにかと申しますと、スプリング式マガジン用のBBローダーでございます。わたくしはマルイ方式の多弾マガジン主義者でして、スプリング式のマガジンはほとんど使わないのですけれども、最近、優秀なチャンバーを得て出番が増えつつあるトレポンのM16A4のために泣きながら導入。

トレポンはスプリング式マガジンなので、BB弾ローダーで装弾するわけですけど、これがけっこう力いるんですよ。スプリング式といってもリアカンではなくて120発とか160発は装填できるので、普通のBB弾ローダーだと30〜40回はレバーを押し込まなければならず、しかもスプリングの反力が大きくなってくる最後の頃とか、もうレバーが折れるんじゃないかと思うぐらいの力が必要。システマ純正のBBローダーを使うという手があり、コツが必要なものの基本的には楽なんですけど、あれは単純なパイプと押し棒でコンパクトとは言いかねる。
というわけで、なにか良いBBローダーはないものかと探しておりまして、みつけたのがこちら。評判が良いのはずっと前から知ってましたよ。でも高いんですよ。BBローダーのくせに当時(1年前ぐらい)は8千円ぐらいしました。これは高い。マルイのBBローダーXLだと1,500円ぐらいですからね。しかもこいつはSTANAGマガジン(エアガン用の)専用という。VSR-10のマガジンもスプリング式ですけど、それにこのBBローダーを使おうと思っても難しい。実にコスパが悪い。>このBBローダー
それでほしい物リストには入れておいたものの、ずっと買わずにいたんですけど、ちょいとあぶく銭が入りましてね。ルネッサちゃんのタイヤ交換などと合わせて、思い切って購入と。しかも最近は値下がりして6,500円ぐらいで買えました。

実際に使ってみるとどうか。嘘のように楽。いつも苦労する160発入るマガジンにも最後まで楽勝で装填できます。これは使えますな。高いだけのことはあります。これでトレポンの運用がしやすくなりましたよ。今までは不安定なチャンバーとマガジンへの給弾のし辛さで出番がすくなかったんですけど、問題はほぼ解決され、今後は出番が増えることでしょう。>トレポンM16A4

・・・誰かトレポン用のマルイ式(ゼンマイ式)多弾マガジン作ってくれないかなぁ。構造的に無理なんですかね。

# by namatee_namatee | 2018-10-12 21:55 | survival game | Comments(2)

お蔵入り寸前

戯れに買ってみたバーエンドミラーでございます。カフェレーサーっぽくするのならやっぱりバーエンドミラーだよね、というノリで購入。極めて安い。たしか2,400円とか。w

単純なわたくしのことだから、こういうものを買い込んだら嬉しくてそそくさと取り付けると思うでしょ?w
だがしかし、この通り、手つかずで転がっているんですよ。なぜかというと、このタイプのバーエンドミラーってミラーのアームの角度を左右に変えられないので、ハンドルに取り付けるとハンドルの絞りの関係で、ミラーのアームが上側だったら外に開いた感じになり、下側にすると(スポーツスター48のミラーみたいに)内股みたいになっちゃう。左右セットだとそれがとても目立ちます。それにどうしても抵抗があるんですよね。もともと左右セットで装着すると無駄に幅が広がる感があって、あまり好ましいとは思わないんですけど。>バーエンドミラー
欧米みたいにミラーは片側だけで良いってのなら(本当に良いのかどうか知りませんけどね。)小さなバーエンドミラーが1個だけってのもサマになるんですけどねぇ。昔の原付(ドリーム50は片側だけで大丈夫だったはず。)なんかも片方だけでよかったので、それなりにやりようもあるんですけど、さすがに現代の小型自動二輪では無理。良い歳したおっさんなんですから、いまさら整備不良で切符切られたりするのはみっともない。
アームの角度が変えられるタイプもあるんですけど、それは「本物」で戯れに買うには、またもともと好ましく思っていないのに買うには、ちょっと高い。なのでお蔵入りしかかっていうというわけです。

このタイプのバーエンドミラーにはそういう欠点があるというのは承知しておりました。かといってノーマルのミラーも味気ない。もしかしたらなんとかなるかもと思って買ってみたんですけど、やっぱり気に入らなくて(装着してませんけど。)放り出してあるというわけでございます。そしてミラーが思っていたより青いのも気に入らない。orz
まあそのうち、何かの間違いでセパハンとかつけたら、また出番があるかもしれないと。Vespa PX125 Euro3につけるってのもアリかな。どうかなー?

# by namatee_namatee | 2018-10-11 21:38 | motorcycle | Comments(0)

特になし

相変わらずネタはありません。
仕事も暇でしたなぁ。「艦これ」はイベントが終わってメンテだし、それで仕事も暇となると会社にいてもやることが(ry
やったことといえば、パトレイバーの篠原重工みたいなものすごく大きい会社との取引が始まるそうで、取引関連の書類を作成しておりました。履歴全部事項証明書、いわゆる登記簿謄本が必要ということで、法務局へ行って取ってきたぐらい。以前は営業だったのでいくらでも外出できたんですけど、内勤になっちゃってからはホームセンターやバイク用品屋もろくに行けなくなっちゃいました。orz

というわけで、ネットをうろついてルネッサちゃんのカフェレーサー度upのためのアイディアとパーツをさがす。ロケットカウルは遠い夢として、まずはプロジェクター+LEDのヘッドライトと同じくLEDのウインカー、あとテールランプを探す。

まずは大物のヘッドライト。先日、ルネッサのヘッドライトを開けてみて構造を調べてみました。一般的なMCのヘッドライトはリムにレンズ(リフレクター)が針金を曲げたスプリング状のもので固定されていて、そのリム+レンズがさらにヘッドライトケースに装着というのが普通だと思います。ルネッサのヘッドライトもそうなんですけど、リムとレンズの固定方法は違う。リムとレンズは針金を曲げたスプリング状のものではなく、ネジ2本で固定されています。つまりリムとレンズは専用品のセットで他のものは使えない。専用の社外LEDヘッドライトユニットなどあるわけもなく、汎用品を流用するわけですからケースとリムも汎用品を用意しなければならないということですな。
まずはAmazonその他で評判の良いプロジェクター+LEDのライトを探し、それがルネッサに近い親戚のSR400/500での装着実績があるのを確認して、SR400/500対応のリムとヘッドライトケースも探す。これならヘッドライトのリムとプロジェクター+LEDのライトの結合は問題ないはずで、SR400/500のヘッドライト一式はルネッサやSRV250にも流用可能なはずですから、理屈の上では問題なく装着できるはず・・・こんなややこしい組み合わせなんて現物あわせでやってみなけりゃわかりませんよ。w

LEDのウインカーはリレーの交換が必要で、そのリレーはタンクの下にある。リレーやキャブ(ダウンドラフトツインキャブという奴)をいじるためにはタンクを下ろさなければならないそうで、その場合にはコックを締めてタンク内のガソリンを垂れ流ししないようにしなければなりません。そしてルネッサのコックは負圧式という奴で、やや配管がややこしく、シロウトのわたくしの手に負えるかどうか自信がない。w
これはちょっと研究の余地がありますなぁ。やってみればどうということはないような気もしますけどね。

テールランプはノーマルでもなかなか風情のあるデザインで嫌いじゃないんですけど、できればもっと小さいものをシートカウル後端の下側にひっそりと装着したい。シートカウルがテールランプの庇になるようなイメージで。同じようなことを考える人は多いようで、ネットで検索するとそういうカスタマイズがヒットしますね。ただフェンダーレスは泥水がシート裏に跳ねるし品がないので、ノーマルのフェンダーを生かしたいところ。これは資材やパーツがどうのよりも、わたくしの工作技術が問題ですなぁ。(汗

と言った感じで、まだまだ楽しめますよ。>ルネッサちゃん

図はそういうのとは全く関係ない。先週の土曜日のお昼。会社の近所の中華屋さんの出前(正確には取りに行った)のチャーハンセット。これで900円であります。これに加えて、とても古風な入れ物(ラピュタでパズーが肉だんごを買いに行く時のあのポットみたいな器にそっくり。)に入った中華スープがつく。
図だとわかりづらいですけど、量は多いです。そして味も濃い。とても美味しかったんですけど、あとで喉が乾きました。同僚はレバニラ炒め定食を頼んで、やっぱり味が濃くてうまかったと言ってましたので、濃いめの味付けなんでしょうなぁ。まあなっとーちほーは基本味付けは濃いですからね。w

# by namatee_namatee | 2018-10-10 21:52 | diary? | Comments(0)

ストレスMAX

特にネタは(ry
図は言わずと知れたBicのボールペン。さすがベストセラー、なんだかんだ言って使いやすいのでわたくしも愛用しております。モデルとしてベストセラーとはいえ、モノとしては消耗品、インクがなくなって中の芯は交換しますけど、使い込んでいくと軸も割れたりします。わたくしが使っていた個体も(すぐになくすので何本かある。)、どうも軸がすぐに抜けるなぁと思っていたら、先端が割れていて軸を保持できなくなってました。その軸はねんごろに供養した上でゴミ箱行きになったわけですけど、なんとなくキャップが残りまして。しばらくそこら辺に転がしておいたんですけど、そのキャップをなにげなくもう一本のBicのボールペンにさしてみたんですよ。図の通り。
これがストレスになる。何かを書くときにパッと手にとって、キャップを取りますでしょう。すると1/2の確率でお尻の方にあたるわけですよ。w
よく見れば軸に書かれた文字の向きでどちらが先っちょかわかるんですけど、そこまで気にしてキャップ取りませんからね。パッとキャップ取ってお尻の方というのを繰り返すことになります。これ、すっごい腹がたつ。ふざけんな!と思いながらも、またうっかりキャップをつけちゃって(ry
自分でくだらないことしてストレスになっているという、本当にくだらないネタでした。

他には・・・「艦これ」のイベントも明日までですなぁ。我が艦隊はすでに備蓄モードに入ってまして、イベント海域はE2の輸送ボスで「岸波」でも落ちてこないかと1日に2回ぐらい巡回するぐらいなんですけど、そんな心がけでは狙った艦娘が来るわけもなく。ちょっと珍しめの「熊野」とか「鈴谷」とかが来れば良いところで、通常はいわゆるコモン艦娘しか落ちてこない。そんな中、「Pola」が立て続けに2人落ちてきましてね。こういうの本当に困るんですよね。貴重な海外艦だし、それなりに有能。でもすでにLv100超えたのがいるという。捨てるには惜しいしけど、とっておいても使い道がない。どうしたもんか。orz

# by namatee_namatee | 2018-10-09 20:59 | diary? | Comments(0)