<   2018年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今年の業務終了。w

ネタがない。
会社の年賀状の印刷をしてしまったので、今年の業務は事実上終了であります。しかしなんですな。年賀状などという無駄な習慣はさっさと廃止すべきですな。取引先マスターをCSVで書き出して、Excelで読み込んで社名や住所の変なところを検索して訂正して、年賀状作成ソフトで喪中などの理由で出さないところをチェックして、いつもコピーとかスキャナーとして使っているリコーの複合機で印刷、と。これのどこに新年の挨拶としての風情があるというのか。こんなの無駄なだけですよ。アホくさ。w
大体が喪中の場合は新年の挨拶はしないとか。そんなの別に良いじゃんね。12/31をもって良いことも悪いことも全てリセットされると考えれば、元旦の挨拶状であるところの年賀状を出して何が悪いって言うんじゃい。馬鹿馬鹿しい。
年賀状を廃止すれば郵便局の人も年末年始は暇になって配達に走り回らなくて済むし、無駄に紙を消費しなくなって環境にも優しい。ほんとヤメた方が良いですよ。>企業が出す大量の年賀状

と年賀状という意味のない面倒なアイテムに文句をたれたところで、図は先日の椎名さんのFCイベントで泊まったホテルの朝食です。まったく関係ありませんな。w
前回の浜名湖のホテルに比べて、今回のホテルはちょっと微妙でした。なんていうか、外国のお客さんが多くて、別に外国人が嫌とかではないんですけど、あの方達(たぶん中国)って、部屋の中の友人・知り合いと話すときにドアを開けずに廊下からドア越しに怒鳴るんですよ。これが五月蝿い。別に他人同士でもないようなので、ドアを開けて部屋に入って話をすれば良いと思うんですけど。なぜか廊下で怒鳴る。不思議です。
あとは部屋もちょっと古い感じだったし、食事もイマイチだったなぁ。>ホテル
あ、WiFiも微妙で、そんなところでニコ生とか(ry

前回の浜名湖レークサイドプラザはちょっとバブルの頃の雰囲気を残していて、それが微妙に侘しげでもあったんですけど、そんな印象とは裏腹に食事や施設のクオリティは高かったです。ちょっとレベルが違いすぎた感じもしますなぁ。まあ我々の主目的は宿泊施設じゃなくて椎名さんですから、ホテルの良し悪しなど些細なことではありますけど。

by namatee_namatee | 2018-12-14 22:32 | diary? | Comments(1)

茶番そのもの

特にネタは(ry
本日は我が社の株主総会でございました。年に一度の茶番の日。w
我が社では役員賞与があります。これ、税金の面で不利だからやめようぜって前々から言っているんですけどヤメないんですよね。理由は「役員賞与は利益処分だから。」ですって。確かに役員報酬には今でもそういう性格は残ってますけど、あくまで建前というか概念上のこと。それより賞与にしちゃうと同じ金額でも損金にならないことの方が損だと思うんだけどなぁ。年寄りは頭固くて困っちゃう。orz
で、利益処分について株主総会で議決するわけですけど、株主のほとんどは取締役でもあるので、事前の役員会で利益処分をどういう感じでするかってのは決まっちゃってます。なので株主総会では議案にして議決するだけ。内容は事前に自分たちで決めてるんだから反対する人なんているわけがない。特に今年は取締役の改選がないので議案は決算の承認と利益処分だけ。株主のだれかが一言「異議なし!」って言って即終了ですよ。>株主総会

そんな茶番そのものの株主総会ですけど、事務方としてはそれなりに準備することがありまして、必要な資料を揃えたり、なにより決算書を作らなければなりませんし、他にも細かな仕事がイロイロあってせわしないのでございます。ましてや12月ですから、他にもお歳暮の手配とか年賀状の印刷とか年末年始の挨拶のときに営業が持っていくカレンダーなどの粗品の手配とか、油断すると取り返しがつかない&意外に決断力がいる業務が多くて大変疲れます。

そういった瑣末な仕事の一つが株主総会の食事の手配。これまた人数を確定してメニューを決めて持ってきてもらう時間も検討してと面倒臭いことこの上ない。何年か前はこの手配はわたくしの下にいた事務員(男)にやってもらっていたんですけど、彼はどうもこういったそこかしこに思い切って決断していかなければならない事が散りばめられているような案件は苦手だったようで、プレッシャーで鬱状態になって退職してしまうという。仕出しの手配ごときでそんな大げさなと言うかもしれませんけど、いちいいち上の者に確認して許可を取らなければならない立場では負担が大きかったんでしょうなぁ。現在のわたくしの場合はわたくし以外に手配できる人がいないのを良いことに、何か文句あるなら自分でやってねという高圧的なスタンス。なので勝手に適当に決めておいて、社長に「このように手配しておきました。文句ないですよね?」と言うだけなので、かなり気は楽ではあります。w
といって、だいたい毎年同じもの(寿司)だし、足りないのはまずいので多めに頼んで余ったらみんなで食べちゃえばよいので、悩むことも少ないんですよ。なぜこんな簡単な決断ができないのかと小一時間(ry

性格・性質から苦手だったんだろうなぁ。>事務員(男)の彼
茶番そのものの株主総会の準備と忘年会の手配で疲弊して、冬休みが終わったら出勤してこなくなってしまって、イロイロと手は打ったんですけど結局は退職してしまいました。わたくし、周りの人から気味悪がられるぐらいに親切に接していたんですけど、今思うと回りくどく自分でどうするのかを考えて貰うとかせずに、もっと直接的にハッキリと指示を出して、無条件に従わせるような扱いにすれば良かったかとも思います。でも他人に対してそういう取り扱いをするのはわたくしが苦手ですので、なかなか難しいところ。やっぱり付き合うなら人間なんかよりパソコンとかスクーターとかの方が好きですなぁ。>わたくし

それはそれ。図はそうやって届いて食べた株主総会のお寿司。我が社では総会に出席する人だけじゃなくて従業員全員に同じものが出ます。太っ腹ですなぁ。w

by namatee_namatee | 2018-12-13 21:37 | diary? | Comments(10)

我が家的に新規格。

相変わらず特にネタは(ry

件のタクティカルなAKはハンドガードが細身で、構えたときに握りづらいのでなにかないかと適当に探して購入。
あのハンドガードのアタッチメントの固定方法はM-LOKという規格らしいんですけど、そんなものがウチにあるわけがない。ウチじゃピカティニー規格が限界ですよ。w
かろうじてスコーピオン Mod.MのレールがM-LOKだったはず。そんな程度の理解ですので、なにをどうしたら良いかよくわかりません。(汗
とりあえず適当に「M-LOK フォアグリップ」かなにかで検索して一番最初にヒットしたこれを買いました。どちらかというとAR向きのような気がしますけど、ここは贅沢言っている場合ではありません。w
実際にモノを手に取ってみると、思っていたよりずっと小さい。長さは10cmぐらいしかないんじゃないですかね。フォアグリップというよりハンドストップに近いかも。おかげで細身のハンドガードには似合うんじゃないかなと。

本体の方は信頼できるチューナーさんに調整をお願いしてます。試射した感じではメカノイズは少なく動作もスムーズなものの、HOPのON/OFFで初速の変化が大きく、初速自体も物足りない。なのでチューンのメニューとしてはチャンバー周りの気密を取るのと、スプリングをよりパワーのあるものに交換と言った感じですかね。まあ、まるっと調整をお願いしたわけですから、どんな手法でどういう風に仕上がるのかを楽しみに待っております。来年早々にサバゲーがあるので、そこで使いたいところ。
そういえば光学照準器も手配しなきゃ。新しい鉄砲を買うとマガジンとか光学機器とか周辺機器も買わなければならず、本体だけの出費じゃすまないんですよねぇ。周辺機器はAR系だと使い回しがしやすいんですけど、今回は久しぶりのAKだからなぁ。物入りですなぁ。orz

by namatee_namatee | 2018-12-12 22:26 | survival game | Comments(4)

ハンドル遍歴

相変わらずネタはない。昨日の続きでPioneerのMPC-KB2を引っ張り出してみましたらば、テンキーがある分モニターに対してキーボードが左にオフセットするのに違和感がある。かといってキーボードを右にずらすとマウスを置くスペースがないという。キーのタッチは軽からず重からず、絶妙なんですけど使い辛い。

いやそれにしてもパワーキーが有効なのは驚きました。>MPC-KB2+iMate(ADB→USB変換アダプタ)
だってこのiMacってばmacOS Mojaveという最新のOSですよ。MPC-KB2ときたら1995年ごろの製品だしiMateにしても2002年ごろののデバイスだと思われ。そのせいか見た目は一世を風靡したボンダイブルーの初代iMacっぽいスケルトンデザインです。それが最新のOSでも普通に動くってのは、なかなか感動的でありますよ。
ちなみにiMateというアダプターはソフトウェアのライセンス管理のためのドングルをADBがないMacに認識させるために必要だったようです。考えてみればキーボードとかマウスより、そういうライセンス管理をしているようなソフトウェアの方がよっぽど高価だし貴重でしょうね。

図はそういうのとは全く関係ない。ルネッサちゃんのハンドルコレクション。w
実はヤマハ・ルネッサってハンドルの選択肢がせまいということがわかりました。なんといってもワイヤー類の取り回しがパッツンパッツンでして、変にハンドルの角度が変わったりすると各部に無理な力がかかってしまいます。さらに一文字ハンドルの場合、フラットなせいで普通のハンドル(コンチハンなど)に比べてトップブリッジとレバーのホルダーの部分の隙間が少ない。そのせいかハンドルの曲がり具合によってはブレーキのリザーバーがハンドルポストに干渉したりして取り付け不可なことがあります。
というわけで図の通り、何種類かのハンドルを試してみる羽目なっているわけでございます。

一番上は最初に導入したハリケーンのスワローハンドル。悪くないんですけど、微妙に似合わないような気がするのと、ハンドルの絞り具合のせいか、操作性に違和感が出ました。ルネッサの良いところは軽快な取り回しだと思いますけど、手首の角度のせいか、ちょっとぎこちない操作感。スピードが出ているときはむしろ扱いやすいんですけど、そこら辺の交差点とかではイマイチ。
一番手前のはKITACO製の一文字ハンドルでおそらく原付用。おかげで短い。それは良いんですけど、問題は絞ってある部分の角度でして、写真ではよくわかりませんけどかなりゆるい絞り具合です。それとハンドルの短さのせいで、ハンドルポストにリザーバーが当たってしまいます。これでは装着不可。どうしても使いたいならリザーバータンク別体のブレーキレバーに交換するしかありません。
で、購入したのが真ん中の奴。やっぱり一文字ハンドルでこれはキジマ製。長さ・形状とも限りなくノーマルに近い。まだ装着してませんけど、おそらこれならノーマルと同じ操作感になるはず。

・・・そもそもノーマルが良いのにハンドルを交換するとはどういうわけか。実はノーマルのハンドルはバーエンドに錘がついてまして(たぶん振動対策)、それはハンドルの中にあるダンパー(ゴム状のもの)のネジ穴に固定されているですけど、そのダンパーがどうしても取り出せない。取り出せないとどうなるかというと、バーエンドミラーを取り付けることができない。要するにバーエンドミラーを使いがたいがためにハンドルバーを取っ替え引っ替えしているのでございます。orz

いっそのことクリップオン(セパハン)にした方が話が早かったかも。まあ、あれはあれでリザーバーの角度が変になるとか、転ぶとタンクにめり込むとか、デメリットも多いんですよね。高さもノーマルのハンドルぐらいが適当だと思いますし。
いい加減、このキジマの一文字ハンドルで決めたいんですけどどうなることやら。>ハンドル遍歴

by namatee_namatee | 2018-12-11 21:38 | motorcycle | Comments(2)

良さがわからん。

特にネタは(ry
これは先日やってきたiMacの開梱作業で、キーボードとマウスを取り出しているところ。このキーボードなー。AppleのPCはもうだいぶ前からこのタイプになりましたけど、今だに馴染めませんな。ストロークが浅くてペチペチしていて打ち辛いことこのうえない。これになってから他社も似たようなキーボードで追従しましたけど、これの何が良いのかさっぱりわかりません。

その昔のパソコン通信の時代、Macのキーボードっていったらこだわる人が沢山おりまして、かつてのSEなどのキーボードなどのタッチの良さをさんざんきかされたもんです。当時、わたくしが使っていたのは標準のApple Keyboard IIとかいう奴で、古のApple純正キーボードに比べるとお話にならないとバカにされていたもの。まあそれでも今のこのキーボードに比べればまだマシですけど。(汗
当時は古いキーボードは人気が高く、中古が高値で取引されておりました。試してみると確かにキーのタッチがしっかりしていて、押し間違ったときなど、すぐに分かるんですよね。それでも古いキーボードに大枚をはたくのは抵抗があったので買いませんでしたけど。そのかわり、後にPioneerが作ったMac互換機のMPC-GX1のキーボード(MPC-KB2)でメカニカル&古典的な配列を体験しました。そして、ADBがすっかり廃れたはるか後、すでに幻に近くなっていたADB→USB変換アダプタを探し出して、現行(当時)のiMacにMPC-KB2を繋ぐというプロジェクトが(ry
どうしてそういつもくだらないことをしているのかと、我ながら呆れますな。MPC-KB2は比較的簡単にデッドストックが見つかりました。これは見つからなくてもMPC-GX1のオリジナルのMPC-KB2があったんですけど、さすがに経年変化で黄ばんでいたので新しいものを探したんですね。問題はADBをUSBに変換するアダプタで、市場から消えて久しくどこのお店でも品切れで、Amazonに中古品があったのみ。しかも1万円オーバーのどえらい価格で、さすがに躊躇したんですけど、これがなければ話が始まらないということで、悔し涙を流しながら買いましたよ。>1万数千円のADB→USB変換アダプタ(確かiMateとか言ったはず)
そういった苦労をして、つないでみたMPC-KB2ですけど、JIS配列っていうのか、「変換」「無変換」などのキーがあるキーボードに慣れた身にはUS配列のキーボードは使いづらくてすぐに使わなくなりました。w

ちなみにマウスもかつては昔のマウスの方が良いと言われてましたけど、Performa 520の普通のマウスでもあまり差は感じませんでした。実は現行のMagic Mouseは好きです。これは単純に高機能なわりに余計なボタンがなくてスマートだから。よくできていると思います。>Magic Mouse

by namatee_namatee | 2018-12-10 22:01 | pc | Comments(0)

見納め。

気づかないうちに庭の紅葉も盛りを過ぎました。Panasonic DC-G9+LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の組み合わせは味わいがありますなぁ。こういう被写体だとピント合わないけど。なのでMFで撮りました。
いやしかし、区画整理の関係でこの紅葉も来年には見られなくなりそうです。もう隣の隣まで建物は解体されて更地になってますからね。引っ越し面倒臭いのぅ。orz

他には・・・本日は電気関連の工事・点検ということで、それに立ち会うために会社へ行く。日曜日なのにタダ働き。しかも電気屋の不手際で交換すべきパーツのうち3/4が届いていないという。真面目に仕事する気があるのかと。>電気屋
わざわざ休みの日に出勤したのにほぼ意味がないというオチ。

お次は先日思いつきで買っちゃったAKの類。「SLR AK74 SOLO 13.5" MID MLOK」だったかな。それのコネクタを交換して試射しました。性能は0.25gBB弾使用、HOPオフで78m/s、適正HOPで62m/sと出ました。安全なパワーですな。w
HOPをかけると極端に初速が下がってしまうのは問題です。メカボは静かで滑らか。HOPそのものはそれなりに安定しているし、中華エアガンの箱出しとしてはマトモな感じでしたけど、AKのチャンバー特有のHOPレバーのゆるさがあったりする。ここら辺は簡単に対策可能ですけど、パワー不足はチャンバーだけじゃなくてメカボを開けないとダメなので、ちゃんとしたショップに見てもらうことにしました。よろしくお願いします。w>誰となく

by namatee_namatee | 2018-12-09 21:31 | camera | Comments(0)

3日間を無駄にする。orz

先日ちょろっとネタにした外付けHDDの件、新しいiMacで認識できないので仕方なしに消去しようとしましたら、これが遅々として進まない。終わるまでにまる3日かかりました。しかも失敗という。w
何が悪いのかわかりませんけど、使えないのはわかった。>HDD
仕方がないのでAmazonで適当なHDDをポチりました。それが図の奴。4TBで8千円ちょいという安さであります。昔は高かったんですけどねぇ。>HDD
といって具体的にどのぐらい高かったかはよく覚えてない。最初に買った98ノートの240MBのSACIのHDDが2万円ぐらいだったかなぁ。わたくしの場合、かなり長い間、HDDの容量に不自由しなかった気がします。そんなにでかいファイルを扱うことはなかったし、MOとかZipとかもありましたしね。
HDDの容量が必要になったのはデジカメの発達とリンクしてますなぁ。いや、銀塩の時代もフィルムスキャナで取り込んだ画像をあれこれするのになにかとHDDの容量が必要だったか。あとは怪しい動画とかで(ry

もっともメモリの方が極端に安くなりましたなぁ。わたくしが最初のMac(Performa 520という)を買った頃、32MBのメモリ(72ピンSIMMとか言ったような)が10万円とかしたはず。それが今は16GBで2万円ぐらいですからね。ものすごい暴落具合です。もっともOSやアプリが必要とするメモリもうなぎのぼりで増えたので、大容量化は必須だったはずで、容量と価格の関係はそう単純でもないですな。

by namatee_namatee | 2018-12-08 22:11 | pc | Comments(2)

なんてこった!orz

あっ、久しぶりに「コミック アース・スター」のサイトに行ったら「おばあちゃんとゲーム」が最終回になってる!
なんとも言えないほのぼのとした雰囲気とそれに似合った画風がお気に入りだったのに。orz>おばあちゃんとゲーム
前回でおばあちゃんがアレなって、一体どうなるんだろ?って期待していたらこの仕打ち。・・・残念だけど、良い終わり方だったので良しとするか。>何様

前にも書きました通り、わたくしはゲームとは無縁でして、かろうじてスーパーファミコンの「提督の決断」とプレイステーションの「グランツーリスモ」しかやったことがありません。最近では「艦これ」か。小説とか映画とかアニメを観るのはさほど面倒じゃないんですけど、ゲームとなるとあれこれ自分でしなければならず、それが面倒で面倒で。(汗
わたくしのゲームに関する面倒くさがりぶりから行くと「艦これ」をちゃんと真面目にやったのは異常事態なのであります。言い換えればそれだけ軍艦が好きということですな。w

というわけで「おばあちゃんとゲーム」はどちらかというとおばあちゃんの目線で読んでましたなぁ。ストーリーの流れ通り、おばあちゃんと同じように「ゲームって面白いかも」としだいに思い直しながら読んでました。それが終わってしまうとは(ry
まあ、いつかは最終回が来るわけで、わたくしが勝手に駄々をこねても致し方ない。「おばあちゃんとゲーム」はわたくしの心に刻まれた名作ということで。w

他には最近お気に入りの「戦国小町苦労譚」も更新されているなぁ。今回は静子の馬廻衆とあの少年が登場か。
これ、原作の方を読んだんですけど、すげー長いくせにまだ完結していないのに仰天しました。ライトノベルだからなのか、あるいは作者の個性なのか、原作の方は作中の時間の流れ方にムラがあるように感じて微妙に読みづらい。おかげで2回ぐらい頭から読み直しましたよ。その点、コミックの方はコミカライズの手順を経てそこら辺は洗練された感じで読みやすい。大まかな展開は同じですけど、話の流れはよりスムーズ。原作、コミカライズとも双方にそれぞれ魅力があり、原作の奔放な展開とコミカライズのそれを洗練していく感じ、それを楽しめるのは得難い経験ですなぁ。ちなみに信長が意外に良い人なのがこの作品の笑えるポイント。w
まあ、最初は農業改革の話だったのが、中盤以降はとんでもなく大げさな話に発展するので、これからどうなるか楽しみです。>戦国小町苦労譚のコミカライズ

by namatee_namatee | 2018-12-07 19:39 | book | Comments(8)

イマイチ

特にネタは(ry

Lenovoのタブレットの図。
最近どうも調子が悪いんですよね。左の白い方、8インチのタブレット、Tab4 8Plusって奴なんですけど、Androidが8.1になったらすごく不安定になっちゃった。突然、いくつかのソフトウェアが消失したり起動しなくなったりして不便&不安。以前からファイラーのESファイルエクスプローラーというアプリが再起動すると勝手にアンインストールされるという謎の現象に見舞われていたんですけど、OSが8.1になったら他のいくつかのアプリも勝手に起動してダウンを繰り返すようになっちゃいまして、これではとても使っていられない。さらにこれはLTEモデルなんですけど、SIMを認識しなくなってしまうという。これは幸いにしてAPNを設定し直すことで元に戻りましたけど、そこまでダメだったら即買い替えの検討に入るところでしたな。(汗

メモリ(4GB)もストレージ(64GB)も大きくて性能も良いしほどほどの大きさと重さでなかなか使えるタブレットなんですけど、いかんせん現在は全体に不安定です。>Tab4 8Plus
となりのYOGA BOOKに比べるとコンパクトで性能も一枚上手で動作が軽快なものの、安定して確実に使えるということではちょっと旧式なYOGA BOOKの方が信頼できます。YOGA BOOKはYOGA BOOKでキーボードとOSの相性がイマイチとか無駄にでかいとか調子に乗って使うと熱くなるとか、それなりに気になる点があるものの、信頼性ではTab4 8Plusとは段違いです。ウチのTab4 8Plusがハズレなのか、Tab4 8Plusというモデル全体がそんな感じなのか・・・現状の運用実績では同じ奴をもう一つかう気にはならんし、確かめる術はないなぁ。
それでは他のブランドのに買い換えるのはどうか、っていうと最近はAndroidの7-8インチのタブレット、特にLTEモデルはほとんど見当たらない。あるにはありますけど、ちょっと古いのばかりなんですよね。ASUSのZenPad3 8.0とか、もう2年前のモデルでスペックも微妙なのに4万円を超える価格で、いかにASUS好きでもこれはちょっとなぁ。そもそもZenPad3 8.0はTab4 8Plusと比較した時に性能と価格のバランスが悪くて選に漏れたシロモノですからね。今さら選ぶ理由はないですねぇ。

かろうじてHUAWEIが新しいタブレットを出し続けているんですけどHUAWEIはなぁ。(汗
以前は評判が悪くて敬遠していたんですけど、最近になって信頼性も上がってきたという話を聞いて、次の選択肢として有力かなとか思っていたら、米国から締め出しとかマジかと。わたくしごときが使う上ではバックドアが仕込まれてようが米国でダメだろうがどうってことはありませんけど、どうもタブレットという船全体が沈みつつあるようなのにわざわざ曰く付きのブランドを選ぶのもなんだかなぁと。

今後はタブレットはiPad一択になっちゃうんですかねぇ。iPadも嫌いじゃないんですけど高いのがなぁ。タブレットは持って歩くことが多くて消耗が激しいので、安い奴をどんどん買い換えるのが吉と思っていたんですけど、高価なiPadだとそういうわけにいかないし。w
いっそLTEモデルを諦めて普通のWiFiモデルにしましょうかねぇ。それだったらまだ選択肢はありますし極めて安価。そうだ、Chromebookとかどうかしら。

by namatee_namatee | 2018-12-06 21:06 | pc | Comments(2)

なんだこりゃぁ!

特にネタは(ry
昨日のSLRなんとか(まだ名前を覚えきれていない)はまだ手付かずで、なにか出来そうなのは今週末・・・と思ったら、土曜日は出勤で日曜日も会社の電力関連の点検に立ち会うためにタダ働きしなければならず、まとまった時間が取れそうにない。とりあえず、バッテリーのコネクターを交換して試射だけはしておきたいかな。そういえばAKタイプのバッテリーなんて使えるのが残っていたかしら。(汗

他には・・・外付けのHDDが1基お亡くなりになった模様。連装のHDDケースに2TBと4TBのHDDを入れて運用していたんですけど、突然マウントが解除されてしまう現象が起き始め、最近になってその頻度が増えてきて本体のiMacが新しいのになったのを期に4TBの方を認識しなくなりました。たいしたものは入っていないんですけど、このまま諦めるのもなんだなと思ってフォーマットし始めたら一昼夜かかっても半分しか終わらないという。w
これは諦めて新しいのを買ってきた方が良いレベル。今どきは4TBのHDDっていったって8千円ぐらいですからねぇ。かつてのPC98のノート用の240MBのHDDに数万円を投じたのに比べれば屁のようなもんですよ。

図はAmazonのマーケットプレイスで怪しいDVD(もちろんエロ)を買ったら届いたもの。「少女決戦オルギア」の2巻ですって。
言い訳がましいんですけど、わたくし、実はけっこうエロDVDを買うんですけど(置き場がなくなりつつある。w)、それは観るためというよりは資料的な意味合いの方が強いんですよ。観るだけならレンタルや動画配信で十分。でも女優さんとかテーマごとに体系的(大げさ!)に理解というか認識するためには円盤が手元にあった方が良いと考えてまして。まあ観て楽しむってのもあるのはもちろんですけど。w
女優さんにしてもその作品にしても、こちら方面って極めて儚い存在感で、そのせいかなんらかの形として手元に残しておきたいという気持ちがある。なのでレンタルで中身を確認して、これは残しておくべきと判断したものを改めて買ったりすることもあります。消費するだけ消費して、何年かしてなにかでちょっろっと観て懐かしいなぁなんて上辺だけ感慨深いフリするのってどうも好きじゃないんですよね。対処できるならできるうちにできるだけの事はしておきたいと思います。

言い訳はこのぐらいにして、封筒を手に取った時から違和感がありました。なんか重いなと。開けてみたらこの通りですよ。仕方ないので出品者に連絡しました。金額的はどうってことないんですけど、この作品はどうしても欲しいもんで。エロDVDのタイトルとかメールに書くのが恥ずかしいので、この写真を添付して送りました。w
出品者のお店からはすぐに、本来のエロDVDをすぐに送る、その本は返品しなくて結構、いらないなら処分しちゃってくださいと返事がありました。とても親切で誠実な対応で感心しました。以前、やっぱり間違って別な物を送ってきた出品者なんて、もうね(ry

問題は「少女決戦オルギア」を読みたくなってきたことであります。w

by namatee_namatee | 2018-12-05 19:36 | book | Comments(6)