<   2018年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あと少し


いよいよですよ。>椎名さんのカウントダウンライブ
まずは夜の部。19:30開演でございます。

1/1追記:
写真を差し替えました。
まずはセットリスト。例によってmixiその他ネットからいただきました。ありがとうございました。

夜の部
M01:抱きしめて
M02:風が吹く丘
M03:空想メトロ
M04:MOON LIGHT
M05:目を覚ませ、男なら
M06:色褪せない瞬間
M07:ロックンロール・ラブレター
M08:だめよ!だめよ!だめよ!!
M09:believe
M10:BLACK MONEY
M11:ラヴ・ジェット・コースター
M12:Sunday Punch
M13:Graduater
M14:Jumping Slash
M15:電撃ジャップ

カウントダウンライブ
M01:抱きしめて
M02:風が吹く丘
M03:空想メトロ
M04:MOON LIGHT
M05:目を覚ませ、男なら
M06:色褪せない瞬間
M07:ロックンロール・ラブレター
M08:BESIDE YOU
M09:Everlasting Train -終わりなき旅人-
M10:-赤い華- You're gonna change to the flower
-カウントダウン-
M11:スタンバイ!
M12:WONDER☆RIDER
M13:Graduater
M14:Jumping Slash
M15:電撃ジャップ

なんていうか、良い意味での殺気?殺意?を感じる選曲でございました。椎名さんの楽曲を知らない人にはわかりようもないことですけど、これ、休むところがない。ちょっと息をつけるのは「MOON LIGHT」ぐらいか。とはいえ「MOON LIGHT」も名曲なので、盛り上がらないわけじゃないですし。(汗
前半の夜の部ですでに体力の大半を使い果たし、カウントダウンは後ろの方で静かにしていようと思ったんですけど、始まっちゃえば(ry

椎名さんもエキサイトしていたようで、あんなに上気した椎名さんを見たのは初めてでした。いつになく色っぽい。とても魅力的でした。w
っていうか、ライブハウスの中が暑すぎ。(汗
同じ「そら豆」での何年か前のカウントダウンの時は冷房の効きがイマイチで、もう本当に頭から水かぶったみたいに汗をかきましたけど、今回はエアコンはちゃんと仕事していたようでそれなりに冷気が感じられました。が、それ以上に自分や周りの方が発する熱気が多く、今回もエアコンは気休めという感じ。いやしかし、冷房が効かないって、大晦日の話なんですけどね。外は0-1度ぐらいしかなかったはすなんですけど、それで暑くてたまらないとは、どれだけ熱出すんだと。w

個人的に印象に残ったのはギターの2人、斉藤氏と木村氏の演奏ですね。417回記念ライブのとき以来のツインギターだったんですけど、会場が狭いおかげで手元がよく見える。おまけにヒートアップしているので演奏が激しい。とても良いものを見せてくれたという感想。欲を言えばあそこまでやるならドラムスとベースも欲しいなぁと。ステージが狭いのでどうにもならんのですけれども、生のドラムスとベースだとあの熱気がどこまで上がるのかを見てみたいとも。w

おつきあいいただいたスピンマン。氏、コロネル氏、おつかれさま&あrがとうございました。

by namatee_namatee | 2018-12-31 18:09 | music | Comments(0)

よせば良いのに

久々に「艦これ」ネタ。
「艦これ」世界では現在イベント中であります。「邀撃!ブイン防衛作戦」ですって。

今回のイベントのE1は電探がポイントらしいんですけど、わが艦隊の一番苦手なジャンルが電探関連と夜間作戦可能な航空隊。E1では後者は関係ないものの、電探は必須となるとこれは苦戦必至。難易度はどうしたものかと悩みました。結局、E1ぐらいは「甲」で行けるだろという思い上がりと「甲」でいって辛かったら「乙」にすれば良いやという安直な気持ちで(ry

で、苦労する。w
思い上がったのを後悔しましたねぇ。輸送任務はとにかく、なんだかんだいって「甲」の戦闘ゲージは面倒臭い。必要な電探搭載艦の数も多いし、そもそも敵が堅いのなんのって。最初は軽巡×2+駆逐艦×4でやってましたけど、敵がどうにも硬くてボスが落とせない。「うずしお」踏む覚悟で重巡(青葉)を入れてやっとボスを落とせるようになりました。それでもそれなりに沼りつつ、なんとかクリア。で、やってきたのが図の「峯雲」であります。イベントに関連する海域での海戦で沈んだ駆逐艦を報酬にするってのは・・・ある種の「if」設定で、同じシチュエーションの海戦の結果、蘇ったということか。

いや、それにしても久しぶりにやってみると「艦これ」のイベントが敷居高いという話はもっともだと実感しますなぁ。他のゲームだとイベントってのはもっと楽しいもんだと聞いておりまして、そう言われてみれば「対魔忍RPG」のイベントも難易度によるものの、ずっと簡単で回転の早いものでした。「艦これ」のイベントは本当に真面目にやらないとどの難易度でも苦労する。RPGとシミュレーションの違いなのかもしれませんけど、全く違いますね。>イベント

というわけで、E2にチャレンジしているわけですけど、よせば良いのにまたしても「甲」でチャレンジし始めましたよ。w
そして、またしても苦労していると言うオチ。orz

by namatee_namatee | 2018-12-30 22:30 | diary? | Comments(4)

走るコタツ

寒い。マジで寒い。12月中旬まではあんなに暖かだったのが信じられないぐらい寒い。最低気温はマイナス6度ぐらい。朝9時でもまだ0度とか。寒すぎ。orz
なのでコタツを出しました。スクーター用ですけど。w

これ、去年の今頃に買ったんですけど、そのあまりに異様な見た目に乗る勇気がなくてお蔵入りしておりました。
見ての通り、シールド(図ではキャリアがある盾状の部分)に厚手の布(厚いナイロンを二枚重ねぐらいにしてあって、さらに裏側には起毛のボアみたいなのがある)をくくりつけて、それで下半身を覆っちゃおうという、かなり強引なアイテム。日本ですと寒い時にはオーバーパンツを履いて対策とすることが多いと思うんですけど、ヨーロッパでは乗り物の方に防寒具を取り付けちゃうんですね。オープン2シーターのトノカバーに近いか。寒いヨーロッパならではのアイディアですなぁ。

これはVespa PX専用品なので取り付けは簡単&フィット感抜群であります。ちゃんとウィンカーの部分を避けてるし、裾の長さもピッタリ。さらに言うならば、単純に厚手の布を被せてみたというわけじゃなくて、キーの抜き差し用の窓(ちゃんと蓋がある)とか、体に固定するループ(転倒したときなどに大きな力がかかるとループが外れるようになっている)も備わっており、必要ない時にシールドの後ろ側にまとめておくストラップもあります。あと盗難防止のワイヤーロックを通す穴とかもあります。見た目の異様さより真面目に作られております。w

PX125 Euro3は空冷なので、エンジンの熱をこの中に送り込んで本当のコタツみたいな暖かさというわけにはいきませんけど、水冷のスクーターの場合はフロントにラジエーターがあってその排気口がシールドの後ろ側にあることが多いので、これの内側にラジエーターを通った暖かい空気が送り込まれて、マジでコタツみたいに暖かくなるそうです。水冷は好きじゃないんですけど、さすがにそれは羨ましい。w

by namatee_namatee | 2018-12-29 21:37 | motorcycle | Comments(2)

いろんなカウントダウン

弊社は役所と同じく本日で仕事納め。それなりに忙しかったです。
ウチは会社の忘年会がないので、その代わりに図のようなウインナーとかハムとか、そういったものを仕事納めの日に配ることになってまして、それを取りに行くのが本日の任務。当然ながら予約してあるんですけど、お店が混んでましてねぇ。この時期はどこへ行っても人が多いもんですけど、平日の昼間からあんなに人出があるとは。(汗
なんとか人数分のセットを受け取り、15:00過ぎに会社へ戻ったら給料計算するのを忘れているのに気がつくという。今月はもうお終いだし、来年早々の支給日まで間がないので、本来は月末締めのところを前倒しで締めることになっていたんでした。危ないところだった。w
大急ぎでさっと済まして、あとは大掃除の真似のようなこと正月の準備(お供えとかしめ縄の設置など)をして終了。なんかやることがいかにも年の瀬でよい感じ。椎名さんの楽曲の「wonderful days」って奴かな。

で、ウチへ帰ってきて「艦これ」のイベントの準備でもするかと思ってgdgdしていたら、チケットボードからメールが来ました。もちろん椎名さんのカウントダウンライブの発券ですよ。今回の番号はどんなもんかとwktkしながら見てみると・・・夕方の部は130番代、カウントダウンは80番台と良くも悪くもない、なんとも言えない番号でした。いつものことですなぁ。w
ラジオなどでの情報(椎名さん本人の言)によると、カウントダウンはお祭りなので、あまり深く考えずにいつものアレとかアレだそうです。ということは「Jumping Slash」とか「One」とか「ロックンロール・ラヴレター」とか「WONDER☆RIDER」とか、強烈なのを連続でかますセットリストなんでしょう。また酸欠になるんでしょうなぁ。w
あの強烈な一体感となんだかよくわからないエネルギーを発散する感じはライブの醍醐味なんでしょう。一回味わうと癖になるんですよね。声優の歌ごときで、と笑われるかもしれませんけど、あの場にはなにか特別な力がある。

まあ、年に一度のシイナ教徒のお祭りですから、しっかり楽しみたいと思います。っていうか、今から楽しみでしかたない。こみあげるような期待感があります。椎名さんのライブの魅力に完全に取り憑かれておりますな。>わたくし

by namatee_namatee | 2018-12-28 23:11 | music | Comments(2)

スティック

本日も特にネタは(ry
もう明日で仕事納めですよ。>我が社
ハイシーズンなのでそれなりにお客さんがきて忙しない。わたくしは何かあった時の対応要員なので、なにもなければ暇です。「艦これ」とか「対魔忍RPG」とかやってますけど、なにかあったらすぐに出動ですよ。処分できないモノを持ってきた奴を追い返したり・・・奴らは処分できないってのがわかってて持ってくるからタチが悪い。上に普通のコンクリートのせて隠して、下にはアスベストまみれのやばいブツとかそういうのばっかりですからね。あと監視が手薄な休み時間を狙って持ってきて、処分できないものをいつのまにか置いていくとか。(汗
あまりにひどいのでトラックスケールの真上にカメラを設置してそれで荷物を確認するようにし、休み時間は絶対に受付をしないようにしました。念入りに確認するので受付に時間がかかるようになって、昼休みが終わるまで入り口で待っていなければならなくなりましたけど、それもこれも分別のない阿呆のせいです。まったく疲れますわ。orz
たまに入り口で待っているドライバーが受付に来て「昼休みは受付しないの?」なんて聞かれますけど「昼休みですから。」の一言で終わりですよ。っていうか、昼休みに話しかけるなと。休み時間に働いたって一円にもならないんだからそこでじっと休んでいろと。w

さらに本日はとある取引先から見積もり依頼がありまして、見積もり依頼をいただくことはありがたいんですけど、宛先がなっとうちほーの首都の市長あてという。もうバカかあほかと。なんで依頼しているのと違う相手に出す見積もりを作れるのか、小一時間(ry
まあ「役所単価」なんてのもありますからね。この方面に関してはわたくしがいた前の業界では考えられないほどルーズです。>この業界
先日ネタにした産業廃棄物処理委託契約書についても、数量とか単価が空欄なことが多いですからね。最初見たときは契約書でそこ空欄って、絶句しましたよ。そこら辺の道路改良工事とかの契約書で、単価も数量も空欄の奴にウチで勝手に数量3万トンで処分料15,000円/tとか書いちゃっても良いのかしらん。で、契約を取り交わしたのにモノが入ってこない、って訴えるというのはどうですかね。w
結局、市役所の担当者から直接見積もり依頼をいただくことになりました。が、担当者がイマイチわかってなくて(ry

それはそれ。w
図は暇にあかせてアスクルで買った(会社の金で)スティックPCであります。ASUSのChromebitと言ったか。その名の通り、Chrome OSのPC。モニターのHDMIに刺すとPCになるというシロモノ。といっても電源は別に接続する必要があるし、USB2.0のポートにキーボードやマウス(これらはBluetoothでもO.K.)も繋いでいるので、スティックというほどシンプルでもない。見ての通り、大きさもスティックというイメージより大きいし。
なにに使うのかというと、ひとつはChrome OSに興味があったから。w
Androidのタブレットがどんどん縮小していくなかで、代替えとしてChromebookはどうかと考えてまして、そのOSであるChrome OSの使い心地や使い勝手が知りたかったから。完全に個人的な理由でございます。w
もう一つは上の方でも書いたカメラの操作や監視のため。現在はWindows 10のPCがその任に当たってますけど、カメラの操作用のウェブブラウザ以外はほとんど使わないので別にWindows 10のPCである必要はない。勿体無いというか無駄です。なので、このChromebitで置き換えようという企画。

これが想像していたのよりさらにシンプルでちょっと笑いました。だってウェブブラウザのChromeしかないんですもの。一応、ファイラーみたいなのやミュージックプレーヤーなどもあるんですけど、Googleドライブを使うのが前提のせいか普通のPCのようにファイルの置き場や種類をあまり意識することがない印象です。WindowsやMac OSとは違うので、その点で違和感を感じることはありますけど、それ以外の操作(事実上ウェブブラウザのみ)では特に戸惑うことはなかったです。これは想定した目的にはぴったりな予感。個人的な興味が先にあったのは本当ですけど、これならちゃんと仕事でも使い物になります。w>Chromebit

by namatee_namatee | 2018-12-27 22:18 | pc | Comments(0)

タッチパネルはどうだったのか。

特にネタは(ry
先日ネタにしたPCのタッチパネルモニターの件、昨日アイ・オーデータさんから直送でやってまいりました。モノはLCD-MF224FDB-Tというもので、21.5型の10点マルチタッチ対応ワイドディスプレイというモデル。さっそくPCに接続してみましたけど、これD-Sub15ピンのケーブルとUSBのケーブルの2つで繋ぐんですね。どうやってタッチパネルの信号をPCとやり取りしているんだろうと思ったら、USBのデバイスという扱いなんだ。なるほど。

使ってみた感じはなかなか使いやすいです。要するにこれは21.5インチの巨大なタブレットなわけで、さらにPCがビジネス用省スペースデスクトップとはいえ安物の窓タブと違ってそれなりのパワーがあり、おかげで諸々がとても軽快に動く。ただし窓タブを使ったことのある人ならわかると思うんですけど、Windows 10の操作性は完全にタッチパネルに適応しているとは言えず、微妙に違和感を感じる時があります。タッチパネルだけでは操作の全てをこなすことはできず、中途半端にキーボードやマウスの出番がある。そこがちょっと残念。
そのせいか、いつも使っていて慣れた事務員さんにはあまり良い評価が得られませんでした。っていうか、タッチパネルということを完全に無視して、普通にマウスとキーボードで操作しちゃう。せっかく普通のモニターの倍も出して買ったのになぁ。orz

では、もともとのターゲットの不慣れなおっさん連中にはどうだったのか。タッチして使えると言う概念が理解を超えているようで大混乱しております。w
そしてPCの裏側を眺めていたらD-Sub15ピンのの口がもう一つあったので、これはもしかしてデュアルモニターになるのかとお役御免になりかかっていた先代のモニターをつないでみたら、ちゃんとモニターが2つになりまして、そうなるとマウスのポインタがモニター間を行き来するなんてのは、おっさんどもには完全に理解の外のようで、さらに混乱に拍車が。w
デュアルモニターはウインドウをたくさん開けるので、こちらは普段から使いこなしている事務員さんには好評と、おっさんどもとは対照的な評価でなかなか興味深い。
まあ、使っているうちにだんだん馴染んでいくでしょう。このモニター、対応OSはWindowsだけのようですけど、USBで繋ぐのならMacでも使えそう。背面のVESAマウントを利用してMac miniを搭載して使ったらiMacより省スペースでしかもタッチ操作という変なMacになりそう。iMacじゃなくてそういう組み合わせにすればよかったかなぁ。w

図はそういうのとは全く関係ない。先日からネタにしているSLR AK74 SOLO 13.5" MID MLOKの様子。昨日のダットサイトを搭載してみた図。こうやってここだけみると格好良いんですけど、箱出しでは中身が(ry
ちなみにアウターバレルはハンドガードに触れてないので、フローティングバレルっぽいです。もっともフローティングと呼べるのはガスブロック?から先だけなので、あまり意味はないかも。いや、ハンドガードにかかる力がバレルに伝わらないんだから意味はあるか。エアガンはサバゲーで乱暴な扱いをされることがあるので、フローティングなのは意味があるかも。

by namatee_namatee | 2018-12-26 21:19 | pc | Comments(0)

理不尽

ここのところトラブルが多いんですよね。>仕事
先週の土曜日は弊社のユンボとお客さんのダンプが衝突する騒ぎになったし、さらに同じユンボ(つまり同じオペレーター)が別なダンプの荷下ろし時に引っかかった殼を押してアオリを曲げたとか騒いでいるし。まあ、後者はドライバーの狂言ということがバレましたけどね。w
全部が全部ということはもちろんありませんけど、荷下ろしなどの作業でトラックやダンプが壊れると(けっこう多い)一部のドライバーは責任をこちらに押し付けてくることがあります。面と向かっては平気平気とか言ってますけど、会社や現場に戻って社長とか現場代理人にはウチのオペレーターが壊したとか言うんですよ。そういうのは今まで何度もあったことなので、何かあった時はこちらは大騒ぎにすることにしてます。それこそ、元請けから収集運搬会社の社長から、関係者を全部巻き込んで、必要なら警察呼ぶ勢いで対応。
今回はそこまで行きませんで、ドライバーを問い詰めただけで白状したので比較的スムーズに解決しまたけど、この手のトラブルは疲れるからやめてほしいんですよね。大体がおろせないってわかっているでっかいコンクリート殼とか積んでくるんじゃないと。フラットダンプ(ゲーター車とも)を使うとか、ラフテレインクレーン(ラフター車とも)同行するとか、ちゃんとしましょうよ、と言いたい。降ろせないからユンボの小割機(先がハサミ状になっているアタッチメントの一種。)で挟んで降ろしてくれと言われてうっかり手伝ってダンプやトラックを壊して何度トラブルになったことか。経緯はどうあれ、壊しちゃったのはコチラなので保険で対応するんですけど、保険金が出るとわかった途端に思いっきりボッタクリますからね。orz>彼ら
怪我人や死人が出るようなシチュエーションではないので、まだ笑っていられますけど、何かの弾みで最悪の事態にならんとも限らず、今後は荷下ろし時には絶対に手伝わないことになりました。サービスが悪くなってしまうんですけど、元はと言えばルーズな客の方に原因があるわけで、自業自得としか言いようがありませんよ。

さらに加えて本日はかなり大きな現場でまだ殼の搬入が続いている状態で請求先が変わると言う、これまた面倒臭いトラブルが。orz
産業廃棄物の処分って、しっかり契約をした上で行われているんですけど、実際は契約の中身なんて(ry
基本的に処分場は排出事業者に処分料の請求をするわけですけど、これがなぜか請求先が収集運搬業者だったりする。そういう場合は排出事業者・収集運搬業者・処分場の三者が覚書を交わして確認する必要があるんですけど、そういうちゃんとした現場は数少なく、なんとなくそういうことになっているんですよ。もう間に入ってピンハネする気満々ですよ。契約書があるにもかかわらず、その通りにならないとはこれいかに。本当に変な業界だと思います。
さらに言うなら過積載とか、おっとこんな時間に宅配便が(ry

愚痴はここら辺にして。w
図は久しぶりに買ったダットサイト。実銃用とか言ってますけど所詮は・・・価格も5千円ぐらいですから過大な期待は禁物。それでも2千円前後のものよりは視界はクリアだし、ダットも見やすくお買い得。そもそもは例のAKに余っていたT1ダットのパチを使おうと思っていたんですけど、ひっぱり出してきたダットサイトを覗いてみるとレンズに結露している。温度差がのせいだと思って放置しておいたんですけど、結露は2日たっても消えず。w
というわけで、久しぶりにダットサイトを買う羽目になりました。前述の通り、それなりにクリアな視野とまともな各部の操作感でございました。あとなんと言っても気に入ったのは、このダットサイトはウインデージとエレベーションの調整がマイナスドライバーもしくはコインで可能なこと。これがT1のコピーだとカバーの頭でノブを回さなければならなくて不便。そういう不便なところまでコピーしなくても良いのになぁ。w

by namatee_namatee | 2018-12-25 22:04 | survival game | Comments(5)

手強いぞ。

先日からイロイロやっているSLRAK74 SOLO 13.5" MID MLOKの件。
戦民思想さんでチューンしてもらい、さっそく試射してみたんですけど問題発生。問題は2つあり、1つはHOPの効きを強めると弾づまりを起こすこと。今回はメカボだけでなくチャンバー周りも調整してもらってます。調整は基本的なもののようで、HOPパッキン(東京マルイ製に交換)の気密UPぐらいのようですけど、HOPの押しゴムがH-HOPになってまして、これがクッション性が全くないもんだからちょっとでもHOPを強くして限度を超えると即弾づまりになっちゃいます。そして、そのHOP強度の限界は0.25gBB弾の適正と思われるよりも低く、つまり0.25gBB弾だとHOPが足りない。加えておそらくチャンバーの形状というか精度の問題もあって、弾詰まりだけではなく弾道も乱れる。単純な弾詰まりだけなら微調整でなんとかなるかもしれないんですけど、上下左右に飛び散る弾道。フルオートの撃ち始めで1-2発がズーム上昇みたいになって次の瞬間には弾詰まりの症状が出て左右に弾が飛び散ると散々。これは残念ながら実用に耐えずという評価に。

図はそのチャンバー。上側がオリジナルで下側の青いのはProWin製のもの。もともとH-HOPは前述の通り、クッションとしての役割をまったく果たさない上にAKのチャンバーは押しゴム(この場合はH-HOP)を押し込むアームに上下の遊びがないのでHOPの効きはかなりピーキー。それにしても単純な弾詰まりではなく、弾道が左右に乱れるということからHOPを強めてかかる力が強くなるとH-HOPの位置決めがおぼつかなくなる、つまりH-HOPを使うにはチャンバーの精度に問題有りと判断いたしました。
ということで、以前にも使った実績のあるProWin製のチャンバーを調達。他にもサードパーティのAK用チャンバーはあるんですけど、調べてみると相性の良し悪しが大きいようで、今回は実績を重視してこれにしました。が、問題発生。orz
チャンバーの固定を強固にするためなのか、サードパーティのAK用チャンバーってメカボの一番前のネジでチャンバーを固定するようになっているものが多い。ProWin製も御多分に洩れずそういう仕組みになっております。ということは、チャンバーの後端にメカボの前端がはまり込むようになっているわけですけど、ここの幅が合わない。チャンバーの幅が狭くてメカボがはまりません。これはメカボかチャンバーのどちらかを削って合うようにしないといけません。どちらを削るかしばし考えた結果、メカボのマズルに向かって左側を削ることにしました。で、リューターはあるんですけど、カッターが行方不明。w
仕方がないので平ヤスリで削りましたよ。すぐ下側にはノズルがあるので、ヤスリがあたらないように加減しながら削ったので大変疲れました。やっとチャンバーとメカボが合体できるようになって、さて組み立てというところで、外しておいたH-HOPが行方不明。w
仕方がないのでマルイ純正の押しゴムを使いました。試射してみるとこれぞAKという安定したHOPと弾道。もともとこのAKに過大な集弾性能なんて期待してないので、フルオートで思っただけのHOPが確実にかけられて弾道をコントロールできればよいわけでして。

もうひとつの問題は初速。弾詰まりが判明する前、HOPオフの状態で0.25gBB弾で82m/s程度でした。弾詰まり状態では初速を計測しても意味がないので、その状態での初速はわかりませんけど、チャンバーを交換した時にHOPパッキンの気密対策のシールテープは剥がしてしまいました。ProWinのチャンバーは同ブランドのAR用のチャンバーと違い、バレルとチャンバーの間がタイトでシールテープがあるとうまくバレルがおさまらなかったり、おさまってもシールテープが剥がれたりしてトラブルの原因になる場合がありまして。もうこれ以上問題はごめんでしたので、気密はチャンバーのタイトさに期待するということで、シールテープはオミット。
チャンバー交換後に初速を計測してみるとHOPオフで80m/s、適正HOPで78m/sぐらいと実に微妙なレベル。幸いにして弾道は極めて素直なので、この程度の初速でも十分に使い物になるんですけど、やっぱりもう一息欲しいところ。

思っていたより手強い。>SLRAK74 SOLO 13.5" MID MLOK
これは問題の完全解決は年越しますね。w

by namatee_namatee | 2018-12-24 22:01 | survival game | Comments(3)

あん肝美味いよあん肝

帰ってまいりました。帰ってきたと言っても隣町ですけどね。
昨夜もネタにした通り、大洗の「ちゅう心」さんでサバゲー関連の忘年会でございました。毎年恒例になってますなぁ。まあ、この時期の鮟鱇のインパクトは大きいですからねぇ。・・・とかなんとか偉そうに言ってますけど、かくいうわたくしは、この忘年会の2回目(今回で何回目?)に初めて食べました。>鮟鱇
もともと普通の魚もそんなに好きじゃないし、魚卵の類や内臓は苦手ですので、あん肝とか論外って感じだったんですけどねぇ。一回食べたら病み付きになっちゃいましたよ。あん肝は魚の肝臓なのにひどく生臭いということもなく、脂肪分のおかげでこってり。わずかに魚っぽい味わいがあるんですけど、それが舌の上に残っているところへ日本酒を洗い流すように飲むのがたまらない。あん肝も美味しいですけど、日本酒が料理に合うというのを鈍感なわたくしにも気がつかせるという破壊力であります。
ただ、昔別なところで食べたあん肝はイマイチだった記憶があるので、これは大洗の「ちゅう心」さんのあん肝のクオリティが高いのだろうなぁと思います。

しかし今回はスタートからペースが早く、1時間後にはお腹いっぱいになってました。w
このメンバー、毎度ペースが早くてそのラッシュ感が宴会の楽しさのひとつになっているような気がするんですけど、それにしてもハイペース。あっという間に出来上がりました。おかげでいつもよりも安く上がったような。w

というわけで、参加の皆様&幹事さま、お疲れ様でございました。また次回も参加したいと思います。っていうか、隣町なんだから旬のうちに勝手に食いに行こう。w>鮟鱇

by namatee_namatee | 2018-12-23 22:33 | survival game | Comments(6)

毎年恒例

c0019089_18563276.jpg
毎年恒例、大洗のちゅう心さんで忘年会であります。
by namatee_namatee | 2018-12-22 18:56 | Comments(0)