<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

匙を投げる

本日は予報通りの雨。昨日と比べると嘘のように気温が低い。が、湿度は高いようで快適とは言い難い。(汗

というわけで、特にどこかへ出かけたりはせず、先日やってきたスコーピオンMod.Mの試射とか、図のようなAAC T10(中身はVSR-10)のモデファイとか、要するにエアガン弄りをしておりました。

スコーピオンMod.Mは明るいところでのHOP調整やダットのゼロインをしましたけど、まあ典型的なコンパクト電動ガンというフィールですなぁ。頼りになるようなならないような実に微妙な線。以前、藪の多いフィールドでノーマルのMP7に0.2gBB弾という組み合わせで参戦したことがあるんですけど、控えめなパワーと軽いBB弾のせいで障害物の貫通力に不足を感じました。ちょっとした藪の向こう側にいる敵に向かって撃っても全然通らない。0.25gBB弾を82m/sぐらいで撃ち出す次世代電動ガンや0.28gBB弾で80m/sのボルトアクションライフルだったら間違いなく抜けているはずなのに。(汗
コンパクト電動ガンはひらけた場所での飛距離や集弾性能には文句ないんですけど、藪の貫通力は不足していると言わざるを得ません。そういうところで使うな、という話なのかもしれませんけどね。

比較のためにオリジナルのVz 61を引っ張り出してきて撃ってみました。オリジナルの方はスプリングだけ交換してあって0.2gBB弾で90m/s近く出てます。発射音はパンパンという炸裂したような感じで、飛距離もMod.Mの10%増しぐらいかな。光学機器が載らないことを除けば軽量コンパクトで十分な初速と文句なし。これではMod.Mの意義が(ry
まあ、その光学機器の有無が目が悪いおっさんのわたくしには大きな差になってくるんですけどね。とりあえずMod.Mの方は最初の計画通り、スプリングはノーマルのままでシリンダーやピストンヘッド、スプリングガイドなどを交換してスマートなチューンで行こうと思います。なんだかんだいって、スプリング交換したVz 61でも0.25gBB弾は負担な印象があり、結局は0.2gBB弾で運用しているので、Mod.Mも0.2gBB弾で85m/s(適正Hop)ぐらいにできれば文句は出なさそう。あとは使う場所に応じて対処するということで。

ちなみにボルトアクションライフルから80m/sぐらいで撃ち出される0.28gBB弾は当たるとかなり痛いそうです。着弾時でも減速が少ないですからねぇ。

図のAAC T10(中身はVSR-10)は何をしているのかと言いますと、あまりに扱いづらいPDIのチャンバーに匙を投げて改造を試みているところ。
何度も書きました通り、PDIのチャンバーはHOPパッキンを押し込むためにHOPアームをOリングで締め付ける方式になってます。ノーマルではややHOPの効きが弱く、OリングとHOPアームの間にスペーサーを入れたり、押しゴム(シリコンの棒)を太めのものにしたりと工夫をしておりますけど、なかなか言うことを聞きません。
最近はOリングを直径の小さいものに交換して締め付ける力を強くしてHOPのかかりを強くしようと企画しておりました。だがしかしOリングの締め付ける力を強くするのにも限界はある。加えて強いOリング(=直径の小さいOリング)にするとそれだけ強い力で押しゴムを押すことになり、HOPのかかり具合の安定性が怪しくなってくるような印象がある。0.28gBB弾をフラットな弾道で遠くまで飛ばそうとするとかなりシビアな調整になってまいります。
そこで問題になるのが、チャンバーの下側からイモネジでHOPアームを押してHOPの効きを調整する方式。強いOリングのせいで直押しHOP同然のシビアな調整が必要なのに、狭い隙間から手応えのないイモネジを回すというものすごく微妙な技が必要になりまして、そのワガママぶりにいい加減我慢ならなくなってまいりましたので、ここは思い切ってHOPをかける仕組みに手を入れることに。

どのようなプランなのかと申しますと、チャンバーの真上のアウターバレル上にブロックを設け、そのブロックに開けた穴のイモネジでチャンバーのHOPアームを押し込んでやろうというもの。CA870のHOPを思い浮かべてもらうとイメージしやすいかも。CA870はメカボとチャンバーが一体で、メカボにネジを切ってそこへイモネジをねじ込んでますけど、VSR-10の場合はアウターバレルが薄くてネジを切ることができないので、ブロックを取り付けてそこへネジを切るわけですな。図でアウターバレルにタイラップ2本で固定されているのがそのブロック。
このブロックはアルミ製です。何かを流用できるわけはなく、戦民思想さんに頼み込んで作ってもらいました。そんなんじゃ精度がどうのとか、散々文句言われましたけど、なんとか説き伏せて作ってもらいましたよ。w
そのせつはおせわになりました。>戦民思想さん

精度についてはHOPはチャンバーの問題でそれは手付かずの部分なので別にどうということはありません。このブロックがアウターバレルと接する面は当然ながらアウターバレルの曲面と同じアールになっているわけで、その点からはマズルに向かってぴったりと真っ直ぐに合わせやすいですし。このブロックの取り付けで問題なのはチャンバーの真上に正しく設置することとアウターバレルの適正な位置にイモネジが通る穴をあけることであります。実は前後の位置ぎめはルーズでも大丈夫。見ての通りPDIのチャンバーのHOPアームはチャンバー全体の長さの60%ぐらいもある長いものなので、少しぐらい前後位置がずれてもHOPアームのどこかに当たるので問題ない。
というわけで、アウターバレルの真上に正しく線を引いて、その線上のできる限りチャンバーのシリンダーよりに5mmの穴をあけます。ちなみにブロックの穴はM4のイモネジ用にネジがきってあります。
ブロックの固定方法は接着です。本当はアウターバレル内側からのねじ止めにしたいんですけど、アウターバレル内面にネジの頭が出っ張るとチャンバーが入らない。チャンバーそのものにネジ穴を設けて、アウターバレル上からボルトを貫通させて固定するというのも考えたんですけど、前述の通り、チャンバー全体の6割ぐらいにHOPアームがあるので、固定用のネジ穴を開ける場所が少なく、またブロックの位置決めもシビアになります。なので、強度に不安があるものの、施工が簡単な接着でいこうということになりました。これも戦民思想さんに疑念を呈された部分。
いわゆる2液性のエポキシ系の接着剤で接着。図は固定されるまでタイラップで抑えている様子なのでございます。

その作業が昨夜のこと。椎名さんの音楽性がー、とかイキりながらこういう原始的な作業をしていたわけですな。w
16時間ほど経過したので、そろそろ固まったろということで、組み立てて試射であります。チャンバーからOリングを撤去しアウターバレルに仮組みして、ブロックにM4×10のイモネジ(正式にはホーローセットというらしい。)をねじ込んで、HOPパッキンの突起がちゃんとインナーバレル内に出っ張ってくるのかを確認。問題なく確認できましたので(無理やり押し込んでいるんで当たり前です。)全てのパーツを組み込んで試射。
0.28gBB弾でもズーム上昇みたいな弾道になるまでHOPがかけられることを確認しました。またHOPの調整も上側から2mmのヘックスレンチでイモネジを回せば良いのでとても確実でやりやすい。HOPの効きと操作性には文句ありません。
ちょっと気になったのはイモネジのねじ込み具合に対するHOPの効きの変化の特性で、これは直押しなので仕方ないのかもしれませんけど、もう少しルーズな安定感が欲しいところ。そこでイモネジの下に小さいスプリングを入れてみました。スプリングの役割はM16やM4でおなじみの典型的な電動ガンのチャンバーと同じですね。HOPパッキンやバレルも電動仕様ですから、HOPシステムとしては電動ガンと同様になったわけであります。
再度、試射してみると目論み通りイモネジのねじ込み具合に対するHOPの効きの変化はマイルドになりました。安定性も増したような「気がする」。w
こればかりはターゲットペーパーを撃ってみないとわかりませんなぁ。
さらにスプリングだけだとイモネジを回した時のスプリングの捻れが気になるので下側にこれまた小さなリベットみたいなもの(M4のチャンバーのアームの軸を短く切ったもの。)を入れてねじれを逃がすようにしました。

今までオリジナルの仕組みを尊重し調整でなんとかするというポリシーでやってきたわけですけど、ついに大幅なモデファイをする羽目になりました。はたして効果はあるのかないのか。w

by namatee_namatee | 2018-06-10 21:44 | survival game | Comments(4)

楽しみ

先日の椎名さんのアコースティックライブのTシャツ。
毎度何枚か買うわけですけど、ほぼ毎月あるもんで、相当な数になってまいりました。>アコースティックライブのTシャツ
おかげでどれがいつのヤツかわからなくなってしまいました。最初の頃はいつのライブの分と整理していたんですけど、もうダメだ。w

そういえば詳しく書くのを忘れておりましたけど、今月のライブで新曲を披露するそうです。>椎名さん
バンマスの斎藤氏とキーボードの川村氏、それに椎名さんの3人でオリジナルの楽曲を創るそうです。
2014年暮れのシングル「Hello Goodbye」から3年半、久しぶりに椎名さんのオリジナルソングが聴けるわけですなぁ。個人的に個別の楽曲の好き嫌い(無条件に椎名さんの全ての楽曲が好きですけど、相対的な気に入り具合に差はあります。)よりもアーティストデビュー25周年直前にどういう音楽性(出ました。w)を示すのか、そっちの方に興味が・・・などと偉そうなことを言っておりますけど、わたくしは音楽についてはからきしですので、広い意味での「音楽性」などわかるはずもない。w

しかしながら椎名さんの音楽に関してなら、さすがにこれだけ聴き込めば、その時期によって共通する印象があり、言って見れば相対的な雰囲気の違い、それを感じるぐらいは出来ます。そして椎名さんの音楽の変化はちゃんと筋が通っている。それはすなわちアーティストとして意図的に「椎名へきる」の音楽を創ってきた証左であります。椎名さんは声優さんであるものの、楽曲に関しては声優の主戦場であるアニメ方面から離れた立ち位置にあり、さらに初期はとにかく2000年代以降はマニアックなアーティストとして、外部の雑音(語弊あり)の影響が少ない。アニメ方面の流行りに左右される必要がないとでもいいますか。良きにつけ悪しきにつけそういう「椎名へきる」という個性が楽曲に反映されている。

前にも書きましたけど、椎名さんはああいう雰囲気の女性(ひと)なので、ぱっと見で侮られている感があるんですけど、こと音楽に関しては妥協を許さない(それも尋常じゃないレベルで)かなり硬派な方だと感じます。っていうか、相当な頑固者らしいし、実際にライブなどで観ているとそういう気難しい部分も感じられます。なので楽曲の変化は計算ずくとは言わないまでも、そうしようとしてそうなったのでしょう。それが支離滅裂ということもなく、ある時期にはその時期の「椎名へきるの音楽」としてちゃんと成立しているところが、椎名さんの才能というものなんだろうなと思う次第。また「エンターテイナー」としてよりも「アーティスト」の方がふさわしいと考える所以であります。

というわけで、新曲楽しみというネタでした。w
どんな曲になるのか・・・アルバム「for you」からこっち、一時期のロック色は薄くなり、メロディアスな曲が印象にのこるようになってきましたし、アコースティックライブから生まれる楽曲ということで、やっぱりそういう方向で?、と思いきや、アコースティックなのにロックみたいな曲で(現状のアコースティックライブがそんな感じだし)、意表をついてくるかも知れず(ry

by namatee_namatee | 2018-06-09 22:59 | music | Comments(2)

趣味悪い。orz

あまりにネタがないので鉄砲を買ってみました。
見ての通り、東京マルイのスコーピオンMod.Mでございます。先日ネタにしたVz61の発展型。ただし架空銃。w

これ、画像だとなんとも言えずに趣味が悪いんですけど、実際に手に取ってみると意外に格好良いですね。金色の各パーツはわたくしとしてはギリギリ許容範囲内という感じ。せめてシルバーならなぁ。orz
それ以外の機能的な部分は文句なしです。マガジンのキャパは260発あり、オリジナルのVz61のドラムマガジンよりちょっと少ないものの、取り回しはこちらの方が上。ストックもコンパクトな割に狙いやすくできてます。そして銃本体には各部にレールがあるので、Vz61最大の欠点、光学機器が載せづらい点が完全に解消されております。

バッテリーは小さいNiMHのままなので、レスポンスやサイクルはまあお察しというところ。とりあえずVz61からLiPoのアダプターを移植しておきましょう。いずれはレールを生かしてバッテリーBOXを取り付けてまともなバッテリーで運用したいところ。見ての通り、拡張された長いハンドガードは隙間があるので、ケーブルを外に出すのも難しくはなさそう。問題は内部でどう取り回すかで、これは研究が必要だなぁ。

ネットで情報を収集したところでは、初速はMP7(インナーバレル長が同じらしい)と同じぐらいで0.2gBB弾で70m/s程度(6/9訂正:実際に計測してみたら0.2gBB弾で81m/sとでました。ただし箱出しでHOPは未調整。ちなみにサイクルは650mAhのLiPoバッテリー使用で14-15発/秒でした。これなら必要にして十分ですなぁ。)のようです。これはフルサイズの電動ガンやいつも使っているボルトアクションライフルに比べるとかなり物足りない。なのでウチのMP7はスプリングを交換して88m/s(0.2gBB弾)ぐらいまでパワーアップしてますしVz61も同様のチューンです。スプリング交換は簡単にパワーupし、LiPoバッテリーを使えばサイクルもレスポンスも特にデメリットを感じない。ただし弾道が怪しくなる印象。ノーマルはフルオートで乱射しても弾速が遅いわりにまっすぐ素直に伸びるなかなか上品な弾道なんですけど、パワーupするとそれが散るようになる感じ。サイクルが上がって給弾が苦しくなり、さらにずっと速くて圧力の高いエアでBB弾を押し出すわけで、飛距離は伸びるものの、伸びた分だけ散る感じです。
たぶん、コンパクト電動マシンガンはノーマルの状態で最高にバランスが取れているんでしょう。なにかするとそのバランスが崩れちゃう。

というわけで、できる限りノーマルの素直さを殺さずに、ちょっとだけ射程を伸ばす方向でいじってみたいところ。スプリング交換は無しですなぁ。スプリングガイドやシリンダー等の変更でなんとかしてみますか。

by namatee_namatee | 2018-06-08 22:08 | survival game | Comments(2)

本末転倒

本日も特にネタは(ry
ブログ的にはネタ切れですけど歴史的にはイロイロとネタが多い時期だそうです。>6月上旬

まずは「史上最大の作戦」で有名な「ノルマンディー上陸作戦」、オーバーロード作戦が決行されたのが1944年の6月6日。実際は6月5日の予定だったはずが、悪天候で一日延期になったそうで。あんな大作戦を1日とはいえ決行の直前に延期するとは、指揮官のアイゼンハワー大将の胆力は並大抵のものじゃありません。
「プライベート・ライアン」とか「バンド・オブ・ブラザース」が観たくなりますなぁ。
個人的に未だに理解しかねているのが、上陸作戦を受けて立つドイツ側の不手際の数々。国防軍情報部は英国がフランスのレジスタンスへ情報を流すためにBBCでヴェルレーヌの詩を流す件は押さえていたそうで、そこまで具体的に知っていて対応が遅れたりできなかったってのはどういうことかと。また総統閣下も連合軍の上陸は必至と知ってロンメル将軍にB軍集団の指揮をとらせたにもかかわらず、より上級司令部のルントシュテット元帥と指揮権の分担を明確にせず、むだに対応が遅れる下地を作ってしまったこと。さらにロンメル将軍はノルマンディーが上陸地点だと知っていたはずなのにまるで意図的にそうしたようにドイツ軍全体で情報や意志の統一がされてないこと。
前述のアイゼンハワー大将をはじめとした連合軍側の鮮やかな手並みに比して、まじめに戦争をやる気があるのか?と言いたくなるような体たらくなんですよね。>ドイツ軍
やっぱり軍隊も負けがこむとイロイロとうまくいかなくなっちゃうもんなんでしょうか。(汗

お次はこれまた有名な「ミッドウェー海戦」。こちらは1942年6月5日だそうです。「鎧袖一触」とか言っていた南雲機動部隊の一航戦・二航戦の正規空母4隻が全滅した戦いですなぁ。「艦これ」の提督としても心が痛い。ウチの艦隊にも「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」がいますけど、これが一瞬で全滅したら・・・ゲームでも戦力はもちろん精神的なダメージはかりしれませんよ。orz
現実には艦船だけでなく多くの人員も失われているし、さらに海軍の航空戦力の低下はガダルカナルの戦いにも多大な影響があって、これまたどんどん悪い方へ転がっていっちゃうという・・・

ちょっと時代が下って「バビロン作戦」、いわゆる「イラク原子炉爆撃事件」が1981年6月7日。イスラエルがイラクの核開発をとめるために、フランスから導入して稼働寸前だった原子炉を爆撃して破壊・・・本当にこんなことを実行するって、イスラエル怖い。orz
しかも事前段階でイロイロと妨害工作をしており、なんか本当に映画みたいな話です。やっぱりガチな国ですなぁ。>イスラエル

もっと生々しい「池田小学校児童殺傷事件」が2001年6月8日であります。当時のことはよく覚えてます。さすがにこれはネタにするのは憚られる。シャレになりません。あと「秋葉原通り魔事件」が2008年6月8日。これもシャレになりません。(汗
帝国海軍の戦艦「陸奥」が爆沈したのも1943年6月8日。あんまり良いことないのかな。>6月8日

図はそういうこととは関係ない。会社のPCのキーボードがダメになったので、新しいキーボードを買いにビックカメラへ行きまして、その時につい買っちゃったタブレット用のキーボード。出先でブログの記事を編集するのに便利かと思いまして。でも、これはちょっと大きすぎた。安定性はあるし、キーも大きめで押しやすく、キーボードとしてはなかなかのものだと思いますけど、いかんせんでかくて重すぎ。これは持ち歩くと言うよりは、ウチの机の上に置いておいて出先から帰ってきたらここへタブレットを立てて使う、そういう用途向きだと思います。最近はPCを持たない人も多いそうなので、タブレットを外ではタブレットとして使い、ウチではPC的に使うという感じですかね。

by namatee_namatee | 2018-06-07 22:12 | pc | Comments(2)

久しぶり

本日も特にネタは(ry
ついに梅雨入りですなぁ。これから7月中旬ぐらいまでは雨っぽい天気が続くと。

そういえば7月には恒例になった長野でのお泊まりサバゲがあるし、気温も高くなってきたしということで、ガスで動く鉄砲を引っ張り出しておこうかと思いまして、1年近く放置していたガンケースを引っ張り出す。
ウチではガスで動く鉄砲の類は冷遇されておりまして、図に写っているのでほぼ全て。電動の長ものはいっぱいあるんですけどね。わたくし、ハンドガンが苦手なんですよ。狙って撃っても当たらない。ちゃんと撃っているつもりなんですけど、当たりませんのです。orz
某チームの友人たちは普通のゲームなのに電動ハンドガンでバンバン獲ってたりするんで、ハンドガンだから当たらないというわけはないはず。わたくしが当てられないのは、わたくしのなにかがおかしいはずなので、誰か上手い人に使い方をちゃんと見てもらおうかな。

図のスコーピオンVz 61は電動です。マルイのコンパクト電動ガンってヤツですな。ウチには同じシリーズのMP7もありますけど、こちらの方が癖がなくて扱いやすい印象。MP7はマガジンがダメなんですよね。純正の多弾マグは給弾不良が多い。その点、社外品のスプリング式のヤツがマシという噂だったので導入して見ましたけど、あまり良い結果ではなく、純正多弾マグをだましだまし使っております。どうもBB弾を押し上げる圧でノズルが押されて動きが渋くなってしまうのが原因のようです。タペットプレートのスプリングを強化すれば解決しそうなんですけど、そういう強化パーツは出ていないので、自分で試行錯誤するしかなく、結局なにもせずにそのままになっております。
スコーピオンはそういう心配は少ないですね。これはスプリングを交換して初速を上げたのと小さいLiPoバッテリーでレスポンスを改善しているんですけど(あとSBD装着)、バッテリーの収納位置がグリップの中で、LiPoバッテリー用のアダプターの装着にコツがいるのが難点。しかもLiPoバッテリーといっても650mAhとかなので、ちょっと使ったら充電しなくちゃいけないし、レスポンスの向上も限定的。なかなかうまくいかないもんですなぁ。外部バッテリー化するのが一番簡単な解決方法かなぁ。その場合はどこにバッテリーを持って行くかってのが問題なわけですけど。

と言った感じで、不遇な鉄砲のネタでした。

by namatee_namatee | 2018-06-06 22:18 | survival game | Comments(0)

決断力

本日も特にネタはありません。そろそろボーナスの季節なので、なにか買い物でもしようかなと思っているんですけど、特に欲しいものがない。エアガン関連は最近いっぱい買ったし、二輪車はまだ絞り切れてないし、そもそも二輪車なんか買ったらボーナスが無くなっちゃう。w
強いて言うならPCが更新次期です。現在使っているのは言わずと知れたiMacですけど、これは2011年モデルなのでウチにやってきてからすでに7年が経過しています。OSは何代もアップグレードしてきたものの、購入当時にけっこう頑張って強力な構成にしたおかげで今だに重たいとか遅いとか不都合を感じたことがありません。確か21.5インチ、MPUはi7でメモリは16GB、HDDは2TBという構成だったはず。これで20万円弱ぐらいで買えて、Macも安くなったものよなぁと感嘆したのを覚えております。世が世なら100万円でもどうかという性能(感覚的に。w)ですよ。
それでも7年も使えば、そろそろイロイロとお疲れになるはずで、ダメになる前に新しいのにするべきではないかと思うわけでございます。ところがどっこい、これまた後継機が絞り切れない。順当にiMacから選ぼう、そうじゃ、iMac Pro、Xeonにメモリ32GB、1TBのSSDが標準、これならあと10年は戦え・・・いかんせん高いんじゃ!!ビリビリ
もうゲンコラは良いって。w
あのコラって10年ぐらい前の2ちゃんで流行っていたような記憶なんですけど、なんだってまた今頃Twitterで流行り始めたんでしょうね。まあ10年前でも今でも面白いんですけどね。

話を戻すと、マジでiMac Proはお買い得だと思うんですよね。このスペック、そしてなんといっても筐体が黒いのが良い。黒いMacは特別なMac、古のMacユーザーの心に響くものがあります。まあ、一般の人にはわからんでしょうけど。w
約60万円という価格がどうにも絶対的に辛い。立派なスクーターや二輪車が買える・・・もっとも二輪車とiMac Proでどちらが60万円分の使いでがあるかといえば、iMac Proの方のような気がしますけどね。あ、あと27インチは大きすぎる。PCラックに収まりません。orz

では普通のiMacはどうかということになっているんですけど、「21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル」をメモリ16GBにカスタマイズして20万円ぐらい。MPUはi5ですけど、今のi5はウチのiMacのi7よりなんぼか高性能なはずで、これでも10年は戦え(ry
なんか、その前にAppleがMac OS作るのをやめそうですけどね。あそこはそういう会社ですよ。俺は詳しいんだ!w
今なら24回払い金利0キャンペーン中なので、なおさら買いのタイミング。ただなー、普通のiMacじゃ新鮮味がないんですよねー。

ではWindowsの「普通の」PCはどうか。以前の一時期、自作PCでパーツを交換しながらそれなりに長い期間使い続けたことがありました。それはそれで結構長持ちしてコスパも良かったんですけど、味もそっけもない上に当時のWindowsはXPでこれが気の利かないこと甚だしくて、そうにも性に合いませんでした。そういったわけで結局はMacに戻ってきてしまったわけです。

他に何かないかと・・・17インチとかの巨大ノートPCってのも考えました。これはせいぜい13-14万円程度でなんとかなる。ただ長持ちはしそうにありません。iMacとてでっかいノートPCみたいなもんで、普通のPCに比べればパーツの交換の自由度は低いと感じますけど、そこはApple純正ということで信頼していますし、実績として7年間ノートラブルですからね。じゃあ巨大ノートPCはどうかというと、DELLとかHPとか、会社での導入実績から行くと・・・Appleほど信頼できないなぁ。(汗

というわけで、これまた二輪車と同様に候補が絞りきれず&決断もできずに堂々巡りをしているというわけです。歳とって決断力が鈍ったなぁ。昔だったら後先考えずにiMac Proを買っちゃってたはずなんですけどね。老いたな、自分。orz

図はネタとあまり関係ない。LenovoのAndroidタブレット、Tab4 8 Plus。これは当たりでした。安いのにLTEモデルだし、スペックも必要にして十分。YOGA BOOKほどエキセントリックじゃなくて、まったく普通に使える。文句のつけようがない。ブランド的にLenovoということで先入観から避けていたんですけど、モノはとても良いと思います。おすすめ。

by namatee_namatee | 2018-06-05 21:45 | pc | Comments(0)

ネタがない。

休み明けはネタが(ry
なので「艦これ」日記。例の「主計科兵站」とやらがお米やなにやらを奪われたのを取り返すイベント、まだやってるんですよ。6月13日までだったかな。長い。w

前に書いた通り、現在の我が艦隊は資源の回復が最重要課題でありまして、この手のイベントでダラダラと資源を垂れ流しているわけにはまいりません。なので特に気にせず、通常通りかせこい節約志向の編成でに月初の任務をこなしております。でも適当にやっているだけで、一番出やすい「お米」はどんどん溜まる。気がついたら一番簡単なのと2番目の任務の分ぐらいは溜まってました。w
とりあえず一番簡単な任務では探照灯をもらいましたけど、2番目の任務の報酬を決めるのがむずかしい。図の通り、なんとも言えないレアなようなそうでないようなラインナップなんですよ。「二式大艇」と「特大発艇」「61cm三連装(酸素)魚雷後期型」。これは迷いましたね。
一番レアなのは魚雷でしょうけど使い道が限られる。魚雷はカットインの時の装備ですし、ウチには改修MAXの四連装(酸素)魚雷をはじめ五連装、六連装もありまして、コレクションとしては魅力的ではあるもののほかで代用が効かないほどの物でもない。「特大発艇」はたくさんある大発を改修すればなんとかなりそう。となると残るのは「二式大艇」です。装備としての効果は基地航空隊のレンジの拡大で、「二式大艇」があればレンジが伸び、なければ伸びない。効果がはっきりしている装備なんですよね。手に入れるには「秋津洲」を探してきて改造すれば・・・「秋津洲」って6-4の途中でしか落ちてこないはず。資源が乏しいって言っているのに6-4とか行ってられませんよ。(汗

というわけで「二式大艇」を選びました。まあウチにはすでに2機ほどいるわけですけど。これで基地航空隊3つ、全部レンジの拡大ができるようになったわけですな。そんなことをしなければならない局面・海域は嫌ですけど。w

周回している海域がぬるい場所ばっかりなせいか「お米」以外のアイテムが落ちてきません。こりゃこの先の任務はダメかもしれませんなぁ。(汗

by namatee_namatee | 2018-06-04 22:27 | diary? | Comments(2)

壁虎

本日は好天でしたなぁ。明日からは雨模様が続くようで、いよいよ梅雨がやってまいります。

なので、いつものようにスクーターでそこら辺を走り回る。今回はLX150ie 3Vです。乗ろうと思ったら自賠責が切れちゃっていたので、あわてて近所の7-11で更新の手続きをする。今回は2年で。まあ、あと2年ぐらいは乗るでしょう。
実のところ、次期ツーリング用二輪車の検討をしているわけですけど、なかなかこれといって欲しいものがない。スクーターはPX125 Euro3があるので、もう一台は普通のMCにしようとも思うものの、PX125は一般的なスクーターというお気軽な乗り物とは言えない。乗って楽しいのは間違いありませんけど、独特のクセや「作法」があってやる気がないときにはそれがちょっとストレスになる。さっと乗ってスロットルをひねれば走り出す乗り物が1台は欲しいんですよ。
となると、ツーリング用の二輪車は大きめのATスクーターになるわけですけど・・・どうもピンとこないんですよね。ほとんどはデカすぎる。ヤマハのTMAXとか、スズキのバーグマン400とか、それぞれ魅力的なものの、とにかくでかい。スクーターの気軽さがなくなってしまう。要するにATなら良いんじゃろ?ということでホンダのX-ADVはどうか・・・高いんじゃ!煮ても焼いても食えない、一代限りになりそうな薄幸さがにじみでとるんじゃ!
いつのまにか最近流行りの「はだしのゲン」コラになってしまいましたけど、実際ああいう感じで悩んでます。特に慌てて買う必要性もないので、ゆっくり考えますけどね。現在の有力候補はスズキのSV650XとかKTM 390DUKEとかRC390とか、中古になっちゃうけどH-D Sportster XL883Rとか。特に883Rは魅力的。

とか考えながらLX150ie 3Vで海沿いの道をひとっ走り。暑くも寒くもなく実に快適。LX150ie 3Vはしばらく乗ってなかったんですけど、全く問題なし。フロントサスのプリロードを強めにして直進性をあげ、インジェクションを騙してガスを濃くしてマフラーも交換とイロイロ細かい手をいれたおかげで、かなり自分の好みにあう感じになりました。それなりの速度になっても落ち着いていますし、横風に対する抵抗力も増しているようです。マフラーそのものの効果は?ですけど、バネ下重量の軽減でギャップに対するリアサスの追従性が良くなった感もある。良い感じです。これはますます買い替えが難しくなってきましたなぁ。

図はそんなこととは全く関係がない。金曜日に仕事しながら考えていたことであります。クッションに描かれているのは言わずと知れた「へきこ」というキャラクターです。詳しくは知りませんけど、宇宙外生物で「へきる星」に1000体だか2000体だかいるんでしたっけ。w
これが既視感があるんですよ。どこかで見たことがあるな、なんだっけな、と気になって気になって仕事が手につかな(ry
いかにもサンリオっぽいんで、サンリオのサイトへ行ったら「サンリオキャラクター大賞」ってのがありまして、それを開いたらいましたよ、いきなり。w
既視感の大元は「シナモロール」でした。
そういえばしばらく前にTwitterでシナモロールのアカウントに対して心無いレスがとかなんとかって揉めてましたよ。そのときにもどこかで見たことが、と思っていたんですけどね。

・・・まさか椎名さん、これをパクったのでは。(汗
いやいや、デビューは「へきこ」の方が先なので違います。もっとも以前の「へきこ」と現在の「へきこ」はかなり形が違い、以前の「へきこ」は耳が尖っていたりするので、「シナモロール」とは似ていない。この丸まった耳の「へきこ」は最近のもので・・・ということは少しは「シナモロール」の影響があるのかも。w
もっとも見比べてみれば細部は違います。顔の輪郭や耳の形も違う。イメージが似ているだけです。

ちなみに「へきこ」で検索すると「壁虎」という単語がヒットします。「壁虎」とはヤモリの別名だそうで。そういえば椎名さんはヤモリ好きじゃなかったか。「へきる」とヤモリの別名「壁虎」を引っ掛けてオリジナルキャラを「へきこ」にしたのかも、などと意味なことを言っており(ry

by namatee_namatee | 2018-06-03 22:13 | diary? | Comments(2)

任務未達

本日はお休み。今週の早出当番のせいで眠いので休養日ということで。いつものことですな。w

昨夜、「椎名さんのオリジナルソングでライブで一度も演った実績のない楽曲を調べよ。」という指令を受信したので、Excelの椎名さんbookを開いて調べ始め・・・最近のアコースティックライブの実績が入ってないなぁ、ということで、そこからメンテ開始。
ありゃ、2月の417回記念公演がこのリストだと416回目なってる。w
なにが抜けているのか、mixiのセットリストのトピを見ながらチェックして・・・とかやっていたらお昼になってしまいました。

このMac版のExcelが阿呆でしてね。ExcelはWindowsでは定番中の定番のスプレッドシートなわけですけど、Mac版は不安定ですなぁ。フォントの読み込みかなにかが原因だそうで、スクロールを始め各操作が極端に重くなることがある。必ずいつもというわけではなく、重い時とそうでない時があるんですよ。困りもの。あと当たり前のように落ちる。そろそろ来るかなと思うと落ちる。w
かつてはWindows版でも前触れなく落ちることがあって、これが大体は作業がよう感じで進んでから狙ったように落ちるのでよく発狂してましたけど、最近はかなり安定してます。Mac版はその当時を彷彿させる、実によく空気を読んだ(悪い方に)落ち方をしましてね。orz
まあ、一般的な感覚から言うとかなり乱暴な使い方ではあります。なんていうか、力技?
曲名で並べ替えたリストでダブっているのを人力で削除するのを延々と繰り返すとか、まるでキーボードで殴るような操作ではあります。だが、それについてこれないようでは実用のソフトウェアとは言えませんよ。

ウチのExcelは2011という古いバージョンなんで、不安定なのはそのせいかと思って、最新版の2016はどうかと思ってネットで検索してみると・・・2011の方がまだマシというレビューだらけです。w
ネットのレビューなんて全く1mgも信用してませんけど、さすがにほとんどの人が口を揃えてダメというものに投資するほどお人好しではありませんなぁ。そもそもExcelを使い倒すのなら仕事の合間に(一応、合間と言っておきましょう。w)会社のPCでやればはかどるわけでして(ry

というわけで、時間と気力が尽きたので任務は未達成であります。
なので該当する楽曲に関して確認はとれていないのですけれど、わたくしの記憶が確かならば「The Rain」という楽曲はライブでの実績がないはずです。シングル「Everlasting Train-終わりなき旅人-」のCWで、しっとりというかしんみりというか、落ち着いた曲です。全体的に椎名さんのライブのセットリストではアッパーチューンま楽曲が重用される傾向がある(あくまで傾向ですけど)ので、「The Rain」のようなしんみり・地味な楽曲は実績が少ないです。
集計しながら感じたのは、アルバムツアーじゃなくなった最近のライブ(アコースティックを含む)の方が過激なセットリストになっている感が強いこと。これは椎名さんもファンも歳とって落ち着いたとかいうことは全くなく、セットリストはむしろ熱量が上がっているということを意味しております。「椎名へきるクラシック」時代の往年の名曲は思い入れが熟れて熱く、「へきロック」全盛期の楽曲はそもそも熱くなることに技巧をこらしているわけで、そんな楽曲を集めたセットリストが過激じゃないわけがない。ここら辺も椎名さんとそのファンの特異性という点でしょうか。
本当に大変な女性(ひと)のファンになったもんだ。w>自分

by namatee_namatee | 2018-06-02 22:28 | music | Comments(0)

暇つぶしに

特にネタは(ry
暇つぶしに会社で使わなくなったPCを貰ってきてリカバリーしているところ。これはわたくしが今のPCの前に使っていたもの。NECのビジネス向けノートPCで2012年製のようです。ビジネス用のせいか、すごくガッチリと丈夫にできてます。キーボードもタッチが重めでキーボード本体も沈み込んだりせずに頼もしい。同様に会社から貰ってきた似たような性格のTOSHIBAのノートPCもありますけど、そちらはいろいろとスカスカに軽くてあちこち軋む。似たようなノートPCなのに全然違う。メーカーのポリシーの違いなんですかね。

これは確か4年ほど使い、3年目ぐらいにHDDがダメになったのでSSDに換装してました。それまでのヘタレHDDと違ってSSDは激速で感動したのを覚えております。MPUは一応i5のようですけど、2012年のi5ですから、性能は今のi5には全然かなわないんじゃないかと思います。でも、SSDのおかげもあって普通に使う分にはかなり快適であります。
これの後の今使っているPCはHPのMac miniみたいな小さい筐体の奴。専用のアタッチメントでモニターと一体になっている。ノートPCより机が広く使えて便利です。

このノートPCには別に仕事上の危ないファイルなどは入ってませんけど、念のためにまっさらにしてリカバリーすることに。ついでにWindows 7を64bit版にしたかったんですけど、残念ながら32bitだけの仕様のようで64bit化は断念。仕事で使うあるソフトウェアが32bit専用だったからなぁ。メモリが勿体無いんですよね。>32bit
2時間ほどでリカバリーは終了しましたけど、そこからどんどんとWindowsのアップデートが。w
これだからWindowsはと愚痴をこぼしたくなりますけど、多くの人が使っているOSですから、悪さをする人も多いだろうし、様々な要望に応えるために複雑になっているだろうし、アップデートが鬱陶しいのは致し方ないのでしょうなぁ。

といっても特に使い道はありません。w>このノートPC
メインはiMacなのでノートPCはベッドの上でネットみたりするぐらいです。なので今回のリカバリーは完全にその手間を楽しむためのイベントでありました。w

by namatee_namatee | 2018-06-01 22:48 | pc | Comments(0)