<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

田舎者ww

c0019089_2026411.jpg

風邪ひきました。orz

ちょっと人ごみへ出ると・・・これだから田舎者は。w
おそらく先日の会社の忘年会とかVショウあたりで拾って来たものと思われ。>風邪
鼻がつまって喉が痛くて寒気がする。どうみても風邪です、本当に(ry

写真とエントリーの内容はほとんど関係ありません。これはT2Cの忘年会の後に泊まったホテルの朝食。朝食付きの部屋にしたのをすっかり忘れてまして、その朝食券をもらって面食らったという。

そういったわけで明日ははお休みをいただきました。これ幸いとM249を弄ろうと思ったら、通販で手配した部品(シリンダーヘッドとピストンヘッド)が在庫切れとな。全くもう。
by namatee_namatee | 2011-12-21 20:30 | diary? | Comments(2)

準備完了だけど出番がない

c0019089_19483810.jpg

ネタが無い。

CYMAのMP5K PDWの図。
ハイダーをマルイのM4-P.M.C.純正のものに換えてみました。わたくしの経験から行くと、このハイダーが最も音が大きくなります。NOVESKEハイダーもかなりのものですが、あれは単純なラッパ状なので意外に発射音を増幅する効果は高くない・・・ような気がする。それに比べてNOVESKEコピーでももっと古い型をコピーしたこれは内部の空間が大きくて発射音の反響も大きいような気がします。どちらかというと低い音でスパンスパンと鼓を打つような音。戦民思想さんの竹ハイダーも内部構造は似た感じで同じような音質ですが、あれは微妙に角の取れたマイルドな音質に感じます。素材のせいですかねぇ。
こうやって写真で見ても違和感なく収まってましてどうってことありませんが、実物を撃つと笑いますよ。空撃ちでも大音響です。

ライバル!
きつねさんのところのばくおん!と良い勝負のうるささ。ばくおん!は初速70m/s前後と優しいわりに遠くまで飛ぶというインテリジェンスなチューンですが、これは未熟なわたくしがスプリングのパワーに物をいわせて弄ったものなので85m/s(0.25gBB弾・適正Hop)とかを絞り出すという野蛮なシロモノ。惜しむらくはスプリングが固いせいでサイクルが遅いこと。これでハイサイだとでかい連続音になって面白そうなんですが。

このMP5K PDW、なかなか本格的な実戦デビューができません。短い鉄砲にあまり魅力を感じない性なもんで、あえてこれを持ち出す機会がないのでございます。(汗
by namatee_namatee | 2011-12-20 20:09 | survival game | Comments(8)

戦利品?

c0019089_20174381.jpg

見ての通りMechanixのグローブ。

先日のVショウで買いました。
いやこれ、2年ぐらい前にホームセンターのジョイフルホンダで売ってたんですよ。各色2,000円ぐらいで。そのとき買っておけば良かったんですが、なぜか見送ってしまい(たぶんみんなが使っているから嫌とかそういうくだらない理由で)それっきり、そんな価格で売っているのを見たことが無い。っていうか、ジョイホンで売ってません。あれはなんだったんですかね、たまたま入荷したのかなぁ。
定番中の定番ですので、今となっては珍しくも何ともない。別にサバゲ用というわけでもなく、カー用品屋さんとかでも売ってます。

わたしゃグローブに特にコダワリがありませんで、無いよりはあった方がマシというレベル。さすがに素手は嫌ですが。藪の中で転びそうになって何かに掴まるかもしれませんし、そういう時には掴まるものを選んでいるわけにもまいりません。あとグローブしてない時に限って中指の爪に被弾して悶絶とかありますからね。なのでホームセンターで適当な作業用グローブを買って使ってます。最近はそれなりに考えられた薄手で丈夫なグローブがありまして、それでも1,000円ぐらいですからね。わざわざMechanixのグローブを買う必要性も薄いわけですが、Vショウに行ってなにも買わずに帰るというのも悔しかったので無理矢理買い物をしたのでした。(汗
もっとも人気があるだけあってフィット感はなかなか。ホームセンターの安物とはひと味違いますな。

いやしかし、Vショウの入場料も考えると普通にそこら辺で買ったのを何ほども金額的にメリットが無いという。
by namatee_namatee | 2011-12-19 20:35 | survival game | Comments(8)

絶望中

c0019089_19493745.jpg

Vショウにもう一回行こうかなと思ったけど、中途半端な時間(御徒町で9:00とか)だったので、そのまま帰宅。

これだから中(ry
11時頃にはウチに帰り着いてしまったので、とりあえずA&KのM249PARAにFETを装着し、内部もO/H、そして40m/s(0.25gBB弾)とかしか出ない初速をなんとかしようと。
毎度のことながらFETはケーブルの長さを決めるのが面倒です。今回のFETはM249PARA専用で電源ケーブルの長さは銃にあわせて設定されているのですが、信号線は長めになっているのを適当なところで切らなければなりません。これがまたスイッチがメカボの中にありましてね。Ver.2のように完全に密閉されているわけではないのでまだマシですが、経験の無い初めてのモノですから信号線の取り回しに頭をひねるハメになります。
その前にメカニカルな部分を調整。あんまり撃ってないのでメカボ内は綺麗なもんですが、ピストンの最後尾の歯は削れてなくなってました。まあスプリングは例によって適当に切りとばしただけのシロモノですし。
ギアはシムが入ってたり入ってなかったりして信用できないので、改めてシム調整。メカボの精度が悪いのか、沢山シムを入れないとダメ。今回は珍しくちゃんと脱脂してからシム調整をしましたが、おかげでシムがポロポロ落ちて難儀する。モーターがメカボ内で上下に遊ぶので、手持ちのEG700に交換してみたらずいぶんその遊びが減りました。アルミのテープを巻いてガタを取っておく。その他、念のためセクターチップも入れてあげてメカニカルな部分は終了。
引き続き、FETの配線の取り回しを検討して最適な長さにカット。あとはハンダ付けして終了。

で、写真はシリンダーとピストンの気密を確認して、そのあまりの緩さに絶望して手が止まっている図。
スカスカですがな。Oリングとかピストンヘッドがロクでも無いんでしょうなぁ。マルイのM4シリンダーにしようかと思ったんですが、今度はピストンヘッドが大きくてシリンダーに入りません。orz
ピストンそのものもあまり信用できそうにない材質だし、これはいずれマルイ準拠のものに交換ですな。

とりあえず組み終わって(信号線をハンダ付けするスイッチの端子を間違ってもう一回やり直しましたが)試射。スプリングはシステマのM85、バレルはMadBullのPython405mmであります。これが初速60m/s(0.25gBB弾)とか。orz
例のシリンダーの気密不良とおそらくチャンバー周りも気密がとれていないんでしょう。このバレルの長さとスプリングの組み合わせなら、まともな仕様の場合は80m/s以上は確実に出ますからね。
幸いにしてこのメカボは簡単にスプリングが交換できるので、G&PのM16A4に付属して来たスプリングに交換してみる。M16A4の海外仕様のスペックは400fpsとかですから、たぶんこのスプリングはM120とかそんな奴。で、Hopオフで86m/sとでました。馬鹿力を出しやがって。(汗
すでに暗くなってしたったので適正Hopでの初速は不明。でもHopをかけていくと急激に初速が低下していく模様。効率悪いな。
気密不良だけでなくピストンが軽いのでHopの抵抗で急速に初速が下がってしまうんでしょう。

やっぱりシリンダーとピストンを交換しないとダメですね。そこら辺を弄ると今度は給弾不良とかが起きてドツボにはまる可能性があるので、できればやりたくないんですが。
by namatee_namatee | 2011-12-18 21:02 | survival game | Comments(0)

昨夜に引き続き

c0019089_22591593.jpg

本日も宴会。今日はTeam2chの忘年会でございます。

まあ、同じ趣味の人間、それもいつも一緒のチームとなれば盛り上がるなというのが無理ということでして。

酔っ払ってしまったので、詳細はまた後日ということで。w

追記:
神田のイタリアンな居酒屋で忘年会でございました。生ハムとかパスタとか、スッポンよりこっちの方が性に合いますなぁ。もとより、会社の同僚などより気の合う人が多いわけですし。
飲み放題でしたがワインを主に飲んでました。無茶するとあとで大変なことになりかねないので自制してほどほどに。
例によって帰れない可能性があるので、適当な宿を取っておきました。本日は忘年会の前に浜松町で行われるVショウを見に行くので、朝9:00ごろの電車で出かけて11:00ごろ会場につく。がしかし、凄い人。身動きもろくにできないアリサマ。あうっかり疲れてしまったので早々に退散。30分ぐらいしか居なかったんじゃないですかね。Vショウは装備品が多くて、シロウトのわたくしには何がなんだか分からないってのもありますが。
で、14:00ごろにホテルにチェックインして部屋で昼寝してました。w
23:00ちかくにホテルに帰り着いて意識を失う。気がついたら深夜2:00だったので、そのまま電気消して寝ちゃいました。

というわけで、幹事さま、参加のみなさま、お疲れさまでした。来年もよろしくお願いします。
by namatee_namatee | 2011-12-17 23:04 | survival game | Comments(0)

初爬虫類

c0019089_22494642.jpg

さて本日は会社の忘年会。
その前に株主総会。進行とかやらされて大変です。で、お昼は会社持ちで弁当が出る。手配はわたくしがするんですが、今年は震災特(ryで利益が出たので、昨年比100%増しにしたら、これが量が多いのなんのって。orz
しかもお土産にケーキなぞ用意しちゃって、しっかり自分たちの分もあったり。おかげで忘年会の鍋が入りません。

で、その鍋がスッポンと来たもんだ。いやなに、わたくしが選んだんですがね。ふぐちりかスッポンのどちらかが選べたんですが、いままで食べたことが無かったのでスッポンをセレクト。
いや思っていたより癖が無くて食べやすいんですが、見た目が・・・頭とかグロだぞ、これは。(汗
というわけで、わたくしは甲羅の部分を主に食べてました。

最後に雑炊がでてきて(ry
by namatee_namatee | 2011-12-16 23:13 | diary? | Comments(6)

オワコン?

c0019089_20101555.jpg

我が社の社長用社用車がモデルチェンジ。アベンシスからマークX250G “リラックスセレクション”にアップグレード。メンテ付きリースは再リースしても大して安くならないので、リース期間が終わったらさっさと新しい車に乗り換えるのが吉、ということで。
タイの洪水騒ぎで納車が遅れ、アベンシスの車検が切れて代車のレンタカーを手配と思ったらリース屋の担当者が入院しちゃってさあ大変とか、イロイロありました。(汗

あれ?
社長が出かけている間にやってきたので、ちょっと近所のガソリンスタンドまで・・・なんだこれ、全然走らない。orz
2.5LのV6で204ps/24.8kgf・mもあるのになぁ。車両重量が1520kgというのが効いているんですかね。思っているよりもスロットルを深く踏み込まないと思ったように前に出ないです。久しぶりのトルコンATだからかなぁ。
わたくしのイメージでは、こういう車は後輪駆動ですし、例えばステアリングを切った状態でスロットルをそっと踏み込むとスイっと前に出て、ビビッドなステアリングインフォメーションと心地よい横Gを伴って身を翻すように走り出す、というような感じなんですが。昔乗っていたプロナードというトヨタの大型セダンはFFでしたけどまさにそんな感じで、より高級な(はずの)このマークXにも期待したんですが。これはほど遠い。
第一にステアリングがデッド。せっかく前輪に余計なものがついてない後輪駆動車なのに、人工的な味付けを感じてしまっていらつく。もしかして前輪駆動に慣れ過ぎてしまったのでしょうかねぇ。

率直に言ってトルク感というか走り出す時のダイレクト感、自然なステアリングフィールということならば、ウチのポロの方がずっと上手。もちろんエンジンのスムーズさとか路面からのノイズの遮断とかはマークXの方が上回りますが、それでも見た目の立派さの差ほどの差はありません。VWの下っ端と比べるのも変な話ですが、その下っ端から想像される同じクラスの上級車種の乗り味にこのマークXが釣り合うかというとはなはだ疑問。よりプレミアムであろう、メルセデスやBMWにはとても敵いそうにありません。(汗

他にも気に入らないところがありましてね。
シートの周りが狭いよ、これ。センターコンソールが凄く幅広なので必要以上に窮屈。同様に足下も窮屈で、スペース狭いのに足踏み式のパーキングブレーキとかもうね(ry
パーキングブレーキなんてこのぐらいの車ならダッシュボードのボタン押すだけとかでも良いんじゃないかと。わざわざ重いペダルを踏み込むのは面倒。
あと完全に個人的な好みですが、わたくしは6気筒エンジンは好みません。スムーズなんですがパンチがない。比較して4気筒エンジンはややラフですが、今や静かさだったら引けはとりませんし、立ち上がりの力強さは一枚上手なイメージがあります。
乗り心地はもちろん悪くないですが、かといって感動するほどフラットとか、そういう個性的なものではありません。良くもなければ悪くもない。あー、段差でフロアがブルブルするのは興ざめ。まあ所詮トヨ(ry

率直に言って、この車でなければならないということはあまり無い。ただ260万円あまりと望外に安いので、そういう意味ではこれだけの大きさのドンガラがそんな価格で手に入るというのは魅力かも。
わたくしが自分で乗るのに選ぶなら間違いなくカムリにしますがね。(汗
by namatee_namatee | 2011-12-15 21:01 | car | Comments(3)

ついに来た

c0019089_20524181.jpg

連日芸の無い写真で。

長大
M249用のFETがやってまいりました。例によってきつねさんにお願いしたもの。鉄砲本体の大きさに比例して無闇に長いのが特徴的。
高い負荷がかかることを考えて石はデュアルとなっております。そういえばウチのFETはほとんどシングルで、それでも全く問題なく使えてますね。デュアルなのはVFCのSPRだけです。あれはセミオート専門に近い使い方なのでデュアルがふさわしいと思いますが、M249は反対にフルオート専門ですからね。M120スプリング+11.1Vリポで秒間32発とかの流速ハイサイにするとかならとにかく、わたくしの目標はとりあえず弾がマトモに飛べば良いというレベルですからね。w
そんな使い方でもノーマルのスイッチでは不安があるのが中華電動ガンでして、スイッチを日本製のまともなのに交換するという手もあるんですが、原理的にはFETにした方が良いのはもちろんです。

これで役者が揃いましたよ。あとは南東北(本当は北関東)の田舎でもなんとか調達できるパーツばかりなので、いよいよ製作に取りかかることができます。とりあえずシリンダーとかノズルまわりはノーマル(ボアアップといわれている)のままで、なにか壊れたらスタンダードなものに交換という感じでまいります。
性能の目標は0.25gBB弾で84m/s(Hopオフ)、適正Hopで80m/s前後、サイクルは15-16発/秒あたりで行こうかと考えております。

SHSのノズルはおまけかな。きつねさんてば12/11のゲームであう時に手渡しで下さいね、って前々日にメールでお願いして了解を取ったにもかかわらず、当時は忘れていただきましたからね。たぶん、その分のおまけ。w
by namatee_namatee | 2011-12-14 21:09 | survival game | Comments(3)

給弾不良発生orz

c0019089_20422514.jpg

これまた芸の(ry

VFCのSPRのメカボの図。
見ての通り、マルイ純正メカボでございます。シリンダーはKMのワープ400でシリンダーヘッドはマルイ純正。ノズルはφノズル、タペットプレートもマルイ純正。スイッチとかその他もマルイ純正。スプリングは前に書いた通りライラクスのMS80でスプリングガイドはたぶんシステマ。ピストンはマルイ純正でピストンヘッドはライラクスのPOM、錘は自製の真鍮製となっております。で、ギア関連はSHSの100:300というもの。
FETは例によってきつね氏製作の二石でシリコンケーブル(サイズは?)となっており、これはこれで比較的まとまりよくメカボに収まっておりますね。テフロンの方が細くて楽なんですが落ち着きがなくて。すぐにポロッと外れてしまいます。
たぶん5,000発ぐらい撃ったと思いますが、見たところ、とくに疲労は見えず健全な様子です。ピストンも変に削れたりしてませんしね。ほとんどセミオートで撃ちましたから、その点ではピストンにはダメージは少ないのでしょう。反面、ギアや逆転防止ラッチにはストレスが大きいと思うんですが、今のところ目立った消耗はなさそうです。

二重給弾発生。
今回のテーマは給弾不良の解消。症状はセミオートで撃つ時にマレにですが二重給弾が起きるというもの。サバゲならばすかさず次弾を撃てば問題ありませんが、精密射撃、例えば30mチャレンジなどでは致命的。戦民思想さんのルールだと一発でも外した時点で競技終了ですからね。
一般的に二重給弾はマガジンのスプリングのテンションが高いと起きやすいと聞いてますが、このSPRの場合は反対にマガジンからの弾を押上る力が弱いと多発する傾向があります。VFC純正のマガジンではほとんど起きませんが、A&Kのいい加減な多弾マグでは頻発。A&KのマガジンはなんてたってA&Kですからね、ゼンマイを一杯に巻いた時とある程度撃ってゼンマイが弛んだ時の弾を押し上げる力の落ち込みの差が大きいようで、どうもそれが二重給弾を引き起こすようです。マルイ純正マガジンでも300連の普通のマガジンではあまり問題がありませんが、190連の方では給弾不良が起きる。同様に190連の方はゼンマイのテンションの下がり方が急に感じます。

というわけで対策としてセクターチップをつけてみることに。当てずっぽうですが、実際のところ打てる手はそれぐらいしかないという。(汗
本日は暗くてまともに試射できませんでしたが、ちょっと試してみたところではスムーズに給弾されている様子・・・直っていると良いなぁ。

仕事中にもかかわらず、アドバイスをいただきありがとうございました。>きつねさん
いや、わたくしも仕事中だったんですがね。w
by namatee_namatee | 2011-12-13 21:13 | survival game | Comments(4)

チャンバー関連のモデファイ

c0019089_21224948.jpg

芸の無い写真だのぅ。(汗

SPRのチャンバーとバレル。
手前がG&P外装ので奥がVFCのもの。G&Pの方はチャンバーはシステマでファイアフライのなまずとなまずが全部落ち込むようにチャンバーの穴を前側に拡大。なまずを押すレバーもなまずがマズルに向かって前傾するように突起の出っ張り具合を削って調整してあります。チャンバーパッキンはこれまたファイアフライの電気クラゲ。手間とお金かかってますねぇ。いやー当時は真剣にやったんだなぁ。w
バレルはMadBullのPythonで400mm、アウターバレル一杯だと420mmですが、微妙な初速調整で20mm詰めてあります。これにPDIの110%スプリングと総重量34gのピストンの組み合わせで、初速は86m/s(Hopオフ)・適正Hopで84m/sといったところ。ちょっと過剰にHopがかかる感じで平たい弾道。

VFCのSPRの方はオリジナルのチャンバー。ポリカチャンバーってやつですね。これは透明なので内部がよく見えて便利。こちらもなまずを入れた気がしたんですが、分解して調べてみたらオリジナルのままでした。手抜き。
こちらもバレルはMadBullのPythonで475mm。アウターバレル一杯です。アウターバレルの先端にバレルを保持するカラーがありまして、そこより短いバレルだとそのカラーに微妙に弾があたりそうで怖い。なので、フルレングスのバレルとして、パワー調整はスプリングとピストン重量でやるしかありません。
こちらのスプリングはライラクスのMS80でピストン重量は33g。これで初速は84m/s(Hopオフ)・82m/s(適正Hop)といった感じです。弾道は普通。あまりHopが効いている感じではなく、強くHopをかけると明確にグルーピングが悪化する。なので山なりの緩い弾道で運用してます。
どちらかというと弾道としての使い安さはG&Pの方に分があり、集弾性能もほんのわずかですが上手に感じます。距離が決まっている精密射撃ならほとんど差がありませんが、ターゲットとの距離が激しく変化するサバゲの実戦ですとG&Pの方が使いやすいと感じる人が多いはず。

といったわけで、G&Pと同じように低伸弾道を目指してVFCの方もモデファイを加えてまいります。なんてたってG&Pの方はメカトラブルとその原因追及のためにしばらく使い物になりませんからね。頼りになるのはVFCのSPRのみ、というわけでございます。

なまずの事実
前述の通り、VFCのポリカチャンバーは透明なので内部がよく見えます。Hopレバーとかクッションの当たり具合とかをよく観察してみると、なまずというのは良く言われるような長掛Hopというのではなくて、HopパッキンとBB弾の接触部をノズルよりにしてノズル長の不足を補うことを意図したパーツなのではないかと。このチャンバーもそうですが、普通のチャンバーですとまなずよりもチャンバーの穴の前後長が短くて、なまず全体がチャンバーパッキンを押すことができません。そのためG&Pのシステマチャンバーではチャンバーの穴を前側に広げてなまずがすべて落ち込むように加工したんですが、VFCの透明なチャンバーで観察してみると、その前側の部分にはBB弾がほとんど接触しそうにないことがわかります。
そういったわけですので、今回はなまずの取説に書いてある通りになまず本体の前側を切り取って、とりあえずチャンバーの穴には収まるようにしてみました。これでBB弾とチャンバーパッキンの接触位置はずいぶんノズルよりに移動して、Φノズルとあわせるとノズル長の不足は相当に解消されているのではないかと思われます。
さらに気密upのシールテープを巻きなおして念のため初速チェック。85m/s(Hopオフ)とわずかに性能もup。MS80スプリングでこの性能なら文句はありません。あとは明るくなったら試射してHopの効きと弾道の方をチェックすることにしましょう。これで有効射程が伸びてくれると良いんですが・・・

いやしかし、なまずなまずって何回なまずって書いたんだろ。w
by namatee_namatee | 2011-12-12 21:54 | survival game | Comments(0)