カテゴリ:camera( 230 )

暑い。orz

本日は仕事であります。むちゃくちゃ暑い。室外(日陰)にある温度計で38.5度まで行きました。一昨日も昨日も38度超えで、この先もこういう暑さが続くらしいです。(汗
ルネッサちゃんで出勤しましたけど、まだ朝6時だってのに暑いのなんのって。結構なスピードで走っても全然涼しくありません。恐ろしや。>猛暑
そんな猛暑の中、いつもなら道を歩く人などいない国道245号線の交差点にけっこうな数の歩行者がおりまして、いったい何事と思ったら「ROCK IN JAPAN」が始まったんですな。この暑いのにご苦労様です。夕立が来れば少しは涼しくなるはずですけど、ここ数日はその気配もなし。案の定、本日も夕立はありませんで、現在の外気温は28度あまり。テントとか暑そうだなー。

図は昨日やってきたDC-LX100M2の試し撮り。去年の同じような時期にDMC-GM5+SIGMA 19mm F2.8 DNで同じものをとっておりますけど、さすがにLX100M2の方が新しいだけあって解像の緻密な感じや鉄柱の質感とか写りは一枚上手に見えます。この図ではよくわかりませんけどGM5よりコントラストが高く、色が濃い感じですね。>LX100M2
コンデジとはいえ、センサー自体はMFTなのでまともに写るのは当然です。とはいえ、一昔前のコンデジを知る者にとっては当時夢に見たでかいセンサーが一般的になったというのは大変嬉しいことなのであります。まあ先鞭をつけたのはSIGMAのDPですけどね。って、そうやって考えてみるとDPシリーズってやっぱりすごいですな。あれでセンサーが変なのじゃなかったら、本当に先駆者になるところだったのに。w
いやでもFOVEONの夢ってのも捨てがたいので、それはそれで動向を注視していきたいと思います。

by namatee_namatee | 2019-08-03 21:17 | camera | Comments(2)

予断を許さず

というわけでやってまいりました。>DC-LX100M2
中古の美品でございます。いつものようにマップカメラで購入。77,900円(税込)でございました。昨日の夕方発注して本日到着。
コンデジとしてはSONYのRX100シリーズと迷ったんですけど、あれは友人のタカ氏が所持しているし、もう年寄りなので全く未経験のブランドのデジカメだと操作がおぼつかない。orz
Panasonicならどれでもおおよそ同じ操作方法なので、さすがに混乱することはないし、わたくしはLeica D-LUX4(DMC-LX3のOEM)からDMC-LX7とLXシリーズを連続して愛用していた時期がありまして、要するにLXシリーズのファンなんですよ。LXシリーズの特徴はセンサーは小さいけど、そのセンサーを無駄なく使ったマルチアスペクトとむやみに明るいレンズの組み合わせ。反面、ズームレンズではあるものの、望遠側の焦点距離は大したことない。この独特のポジションが気に入っていたのであります。

とはいうものの、LX7はあまり好きじゃなかったですね。なんていうか、写りが甘い。カチッとかカリッとか、はっきりした描写じゃなくて、全体に柔らかい印象。細かいところを見ればちゃんと解像しているんですけど、全体を見ると眠いみたいな。これがどうにも気に入らなくてMFTのDMC-GM1Sに乗り換え、そこからはGX8→G9という流れ。そしてちょっと大きいG9のサブ機として、DMC-GM5を購入して今に至ると。
その間にLXシリーズはLX9が出て、またすぐにLX100(このLX100M2の先代)も出てと着実に進化しておりました。先日も書きました通り、LXシリーズの正統な後継機は1インチセンサーのLX9だと思うんですけど、どうもMk2とかはでる様子がないですね。MFTのLX100が跡を継ぐんですかね。まあ、そこまでLXシリーズにこだわりがあるわけじゃないので、どっちでも構いませんけど。

LX7と比べるとLX100M2は外装が金属で高級です。最新のコンデジらしくファンクションボタンもあるし、USBでの充電にも対応。レンズはLX7は24-90mm(35mm換算)でF1.4-2.3という驚異的な性能で、その名も「LEICA DC VARIO-SUMMILUX」であります。Leicaを知っている者には「ズミルックス」は憧れですよ。w
後継のLX9もSUMMILUXですけど、24-72mmでF1.4-2.8とやや後退する。LX7はセンサーが1/1.7型で、そのおかげでレンズも楽できるのかも。
ではLX100M2はというと、24-75mmでF1.7-2.8とLX9と比べるとさらに後退してしまいますけど、F1.7なのでかろうじてSUMMILUX。w
まあ、この程度のレンズのスペックの差よりセンサーの大きさの方が画質に影響ありそうですけど。

というわけで、はたして使えるのか、はたたますぐに飽きてやっぱりLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.を買っておけば良かったと後悔するのか、どちらに転ぶか予断を許しません。w>DC-LX100M2

by namatee_namatee | 2019-08-02 21:26 | camera | Comments(4)

葛藤

久々に登場。>DMC-GM5
しばらく放っておいたので、埃がたまっちゃいました。(汗

これのせいでコンデジのDC-LX100M2を買うか、レンズ(LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.)を買うか、その判断が難しくなっているのでございます。
DMC-GM5はもはや廃盤になって久しいわけですけど、極限まで小型化したミラーレス一眼というコンセプトは今だに秀逸。それで後継機がでなかったせいか、中古価格が意外なほど高い。これのような黒一色じゃない赤やグリーンのモデルだと中古美品で6万円近い。わたくしが購入した1年前は5万円ぐらいで、それでも高いと思ったのに、そこから1万円も上がるとは。みんな正気かよ。w

DMC-GM5の良さは軽量コンパクトだけじゃなくて画質も優れているのだそうで。GX8やG9を経験した身としては、言うほどの高画質か?と思わないでもないんですけど、このような図をみるとなるほどと思わないこともないような。この図、flickr経由のせいか、あるいはリサイズしたからか、やや解像度が下がってしまっているんですけど、それでもこんな小さいカメラでこの画質はなかなかと思わせます。おっと、色合いが微妙なのは車のウインドシールド越しだからです。あまりに見事な田舎道の眺めだったので、つい走りながら撮っちゃいました。w
要するにDMC-GM5は小さいのにレンズ交換ができてEVFも付いていて、カメラらしい要件はちゃんと押さえてあって、その上でよく撮れるカメラ。人気があるのもわかります。
だがしかし、いかんせん約5年前のカメラで、ちょっと時代遅れになってきた部分がなくもない。DC-LX100M2と比較すると、画質という点ではセンサーが古くて高感度では不利、ここ最近の流行りのローパスレスでもない。USB経由での充電も対応していない。売りのEVFも今となっては、付いているだけまし的な・・・まあ、それが憎めないキャラのもとなんでしょうけど、機能としてはやっぱり最新のモデルに劣ります。
軽量コンパクトで高画質、必要とする焦点距離をカバーするレンズ(このレンズがまた安っぽいのに文句ない写りという困ったちゃんでしてね。w)もある。カメラ関連に投資するというイベント全体として、すでにGM5があるのに最新ではあるものの似たような性能・コンセプトのDC-LX100M2に8万円を投じる是非は?と自分の心に問いかけると、判断に迷うというわけでございます。w

by namatee_namatee | 2019-08-01 21:49 | camera | Comments(0)

堂々巡り

特にネタは(ry
図はワンフェスの帰り道に食べた近所の中華料理屋さんの「チャーハンセット」700円也。半チャーハンじゃなくてフルサイズ、ラーメンも普通サイズで700円は安い。お味の方は・・・子供の頃からこのチャーハンとラーメンを食べているので美味いとか不味いとか、そういう感想は出てきませんな。
もっともわたくしがこのお店へ行くようになったのはつい最近のこと。子供の頃は出前でしか食べたことがありませんでした。なんてたって出前ですから、食べる頃には麺がのびちゃいまして、いつも「まずいラーメンだなぁ。他のお店ならもっと美味いのかな?」と思っておりました。w
それがつい最近、ほんの数年前になにげなくお店に入ってみたら、麺は伸びてないし、ほのかに生姜の味のするなかなか味わい深いスープだったりして、いままでずっと不味いと思っていたのが勿体無かった&申し訳なかったと。

まあそれはそれ。朝からずっと悩み続けております。カメラ関連に投資したい気分なんですけど、何を買うかが決まらないという。もっとも予算はそんなに潤沢ではありませんので(ボーナスさまはとっくに御隠れになってしまわれたし。)標準ズームレンズを買おうかと思ったんですよ。現在、ウチにある標準的な焦点距離をカバーするレンズは

1.LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
2.LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
3.LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
4.LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.

このぐらいか。1と2はズームレンズで3と4は単焦点。どれもそれぞれよくできたレンズだとは思いますけど、汎用性という点ではどれも微妙。2と3はマイクロフォーサーズではなくてフォーサーズマウントで、さすがにでかい。DC-G9はとにかくDMC-GM5だと冗談みたいなスタイルになっちゃう。もっともGM5のAF能力ではピントあわせが遅くて実用性に難ありですけど。
1は軽量コンパクトではありますけど、いかんせん廉価版のキットレンズでいろいろチープ。そのわりにまともに写るのは不思議で良いレンズだとは思います。でも短い側の12mm(換算24mm)はとにかく、長い側が32mm(換算64mm)はちと物足りない。
3と4は単焦点で汎用性にかける。>あっさり

というわけで、標準ズームレンズのLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.を買おうかと思ったわけですけど、そこでふと思い出す。コンデジのLUMIX DC-LX100M2ってのがありましてね。これのレンズがLEICA DC VARIO-SUMMILUX 24-75mm(35mm判換算)/F1.7-2.8というもので、欲しい焦点距離に近い。そして価格は中古の美品だとLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mmとほとんど変わらない。価格は同じぐらいでレンズどころかセンサーや筐体も付いてくる。w
それどころかレンズの明るさなら一枚上手だし、センサーもGX7Mk3と同じらしいローパスレスで性能に文句なさそうなんですよね。が、しかし、性能ならDC-G9の方がさらに上なわけで、レンズ単体の方が使い回しが効く。しかもG9とLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mmの相性は良い。なんてたってG9のキットレンズだったんですからねぇ。なので、ここが迷いどころ。w
どこかへ出かけたときとか、コンデジもLX100M2ぐらいになればなんとかなるでしょうし、先日のワンフェスみたいな人が多いところでさっと写真を撮るのならむしろコンデジの方が向いているんじゃ?とタカ氏とも話していたところ。ただ、ウチにはGM5というコンパクトなミラーレスがあるわけで、これにLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mmを装着すれば・・・でもGM5はもう古いしなぁ、と堂々巡りであります。

まあでも、GM5がダメになったらGX7Mk3でも買えば良いので、ここはレンズ単体を買うのが正解ですかね。

by namatee_namatee | 2019-07-31 21:34 | camera | Comments(7)

昔風味

得体の知れないレンズを購入。いやHOLGAのレンズだから得体が知れないとも言えないか。
LOMOとかHOLGAとかちょっと前に流行りましたなぁ。なんていうか、レトロでおしゃれな感じ?
いや、わたくしはあまり興味がなかったのでよく知らないんですけど、どこか遠くでそういう感じで愛好者が増えていたというのを小耳にはさんだ気がするようなしないような。w

わたくしとしてはレトロを売りにするものというのはあまり好みません。最近はレコードとかカセットテープの復権してきているとか聞きますけど、アナログの良さってのは理解するんですけど、不便なのを耐えて耐えてやっときた技術革新に狂喜乱舞したのを忘れたか?と言いたい。w
だってノイズの塊ですぜ。>レコードとかカセットテープ
ノイズリダクションのドルビーなんとかとかdbxとかADRESとか、ややこしいシステムで互換性なんかで苦労したのを忘れたのかと。ちょっと音楽を聴きたいだけなのに、レコードクリーナーで掃除して、針はまだ大丈夫か、なんて神経を使ってたんですぜ。おまけにレコードもテープも途中で裏返さなければならないし、どかどかあるくと針が飛ぶし、わたしゃ、もうあんな苦労は嫌ですよ。
当時ものが技術の限界で今の水準にないというのは理解・了解するんですよ。それに技術の限界にのぞんだ心意気みたいなものは感じます。だがしかし現代になってあえてかつての味わいを珍重してありがたがるってのはどうもなぁ、と。

などと言いながらHOLGAのレンズを買うとは。w
いやまあ、マイクロフォーサーズの楽しみは変なレンズが無理なく使えるということもありますからね。Amazonでおすすめをぼさっと眺めていたら、この手のレンズがいくつかありまして、その中で「写ルンです」のレンズと迷ったんですけど、より安いこちらにしてみました。そのお値段3千円ちょっと。安っ。
その写りはというと、すでに夕方だったのでまともな写真が撮れませんでしたけど、とりあえずサンプル。↓
うわぁ、酷いな。w
DC-G9でこれですぜ。確かに昔のカメラの雰囲気はある。デジカメなのに銀塩みたい・・・というか、よく写らなかった昔のカメラですよね、これ。
明るいとは言い難いレンズなので、こんな夕方の光量がないシチュエーションじゃなくてちゃんと明るいところで撮らないといけませんな。明日にでもテストしてみたいと思います。

Panasonicもフルサイズ・ミラーレスを発売したし、この先マイクロフォーサーズってどうなるんだか。(汗
すぐにやめちゃうってことはないでしょうけど不安ではありますなぁ。軽量コンパクトなのは他に代え難いので続けて欲しいなぁ。

by namatee_namatee | 2019-04-15 22:28 | camera | Comments(4)

味わいあり

本日は昼間からスースーと寒かったんですけど、日が落ちて順調に冷え込んでまいりました。ファンヒーターとエアコンにホットカーペットの部屋でも微妙に寒い。こりゃ明日は予報通りの大雪ですなぁ。(汗

というわけで特にネタはないので、昨日のネタの副産物的な図。
これはフォーサーズマウント(notマイクロフォーサーズ)のLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.です。単焦点の標準レンズってヤツですな。これが実に味わい深い写りをする。中望遠とか広角なら未だに高級な単焦点レンズってのもあるんですけど、フルサイズで50mm付近の焦点距離でパンケーキとかじゃないごく普通の単焦点レンズってのはなんていうか安価なものが多い。それでいて近代的な単焦点ならではの高画質は確保していてお買い得なので、撒き餌レンズなどと言われるようです。
そういう単焦点標準レンズはズームレンズに慣れていると単焦点のヌケの良い描写は新鮮に感じるし、それでいて安価なもんだから、とても良いもののように感じる、のかも。で、しばらく使って冷静に考えてみるとやっぱり単焦点って不便ってなるような気もします。結局ズームできないのって面倒臭いんですよね。w

で、SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.ですよ。これはLEICA銘ということで安価とは言えないんですけど、平凡といえば平凡なスペックの単焦点レンズ。だがしかし、写りはかなり個性的。残念ながらわたくしではなにがどう個性的と言葉や文字で表現できないんですけど、撮った画像をみると確かに他のレンズとは違う感じがするんですよね。奥行きがある気がする。
ウチにはLUMIX G 25mm F1.7 ASPH.ってのもあるんですけど、画像を比較するとSUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の方が圧倒的に癖を感じる。アナログというか銀塩っぽい。最近のレンズと違ってカリカリではなくて、柔らかい描写で、それが銀塩っぽい雰囲気の原因だろうと思っておりますけど、25mmという絶妙な焦点距離と相まって特に個性的に感じるのでしょう。
マイクロじゃないフォーサーズってのも原因としてあるんですかね。そういえばもう一本あるフォーサーズマウントのレンズ、LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.もこれまた平凡なスペックから想像するよりも味わいのある写りで満足感が高い。まあ、よーく観察してみると四隅の画質が怪しかったりして、時代を感じないこともないんですけど、全体の印象としてはスペックからはうかがえない癖がある。まさに「擬似オールドレンズ」ってヤツですなぁ。

SUMMILUXもVARIO-ELMARももう古いレンズで修理も怪しいので、大事に使っていきたいと思います。

by namatee_namatee | 2019-02-08 22:38 | camera | Comments(0)

難しいな、おい。orz

特にネタはないので昨日となにほども変わらない図。
こちらは言わずと知れた「艦これ」の「霞改二」です。キャラ&フィギュアとしては「秋月」の方がお気に入りなんですけど、ポーズが複雑でカメラやレンズのテストする時に微妙にやりづらいので、この「霞改二」を買ったのでした。「霞」はまっすぐ立っているので、角度によってライトの光がどうあたるのかとか、髪の影を消すにはどうしたら良いのかとかテストしやすい。
ちなみに昨日のは「輪るピングドラム」の「プリンセス・オブ・ザ・クリスタル」でした。「生存戦略しましょうか。」ってヤツですな。フィギュアとしては安物なのであまり出来は良くない。

というわけで、いろいろテストしているんですけど、これといって「決まる」設定が見つかりませんなぁ。使っているのはLEDのリングライトです。基本フラッシュだけどライトとしても使える。たぶん動画撮影用。フラッシュだと露出制御はガイドナンバーと距離から割り出すマニュアルになってしまって面倒臭いのでライトとして使ってます。ライトとしてならカメラが露出制御してくれるので楽。ただ、ライトの光量の分だけシャッタースピードや絞りが変化するわけなんですけど、その適正露出+ちょっと明るくしたいなんてことをしようとすると調整が難しい。難しいというよりどのぐらい露出補正したら良いかがよくわからんと。これで決まり!という補正値を見つけても、距離がかわるとまた印象も変わる。なかなか思ったように撮れません。しかも本番(ワンフェスの)ではそんなにじっくり撮っている暇はない。撮りたいものを見つけたら、さっと近寄ってスパッと撮って離脱、ということになるので、距離や被写体の色合いなどによって変わる適正な補正値を掴んでおかないとダメなんですよ。
いやまあ、適当に撮ってもRAWにしておけば後で何とでも(ry
それを言っちゃあお終いですがな。w

ここ数日暖かだったので、今週末は雨とか降らんだろうな、と天気予報を見てみると今週末は強烈な寒波がやってくるそうで、札幌の「最高気温」が-11度とか。(汗
最高気温が氷点下2桁ってすごいな。さすが北海道。って、感心している場合じゃない。関東地方も雪が降るという。なっとーちほーも土曜日は雪が降って積もるそうで、最高気温が1度。寒っ。
いやぁ土曜日で良かった。ワンフェス当日に大雪になったら・・・2014年の2月9日、伝説といわれたあのワンフェスふたたび。w
あの時は電車がいつまで経ってもこなかったですからねぇ。AM9時ごろ駅に行ったら40分ぐらい待たされて、のるはずだった電車とは全く違う、前日の夜に途中で力尽きた電車がやってきたのでそれに乗るという。なんとか東京まで行けましたけど、東京駅からの京葉線がヨレヨレで満員のまま30分ぐらい発車しない。動き出してもいつ止まるかわからないようなスピードでノロノロと。いやぁ、あの日はよく幕張まで行けたと思いますよ。そして同じ頃、「ダンガンロンパ」のイベントで舞浜アンフィシアターに向かっていた椎名さんもひどい目に遭っていた。w
幕張メッセについて会場に入ったら、ディーラーさんも来れない人が多く、全体の半分ぐらいしかブースが空いてない。あれは確かに「伝説」と言って良いですなぁ。
今回は前日なんで・・・あれ?2014年の時も雪が降ったのは前日だったような。w

by namatee_namatee | 2019-02-07 22:08 | camera | Comments(0)

出番

そういえば今週末はワンダーフェスティバルですよ。最近は微妙に惰性で見にいくイベントになってきているような気がするので、今回はじっくりと見てこようと思っておりますよ。

というわけで、久しぶりにマクロレンズのLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.を引っ張り出して使い勝手を試している図。これでもかなり手加減してます。本気出すともっと寄れます。さすがマクロレンズ。
もっとも前にも書きましたけど、ワンフェスでこういったフィギュアとか模型の写真を撮るのにマクロレンズである必要はないと思います。だってこんなに近寄って撮らない(撮れない)ですし。っていうか、普通は全体を撮るのが主でこういう写真を撮っても仕方ないでしょうよ。w
よっぽど細かいところが気になる造形だとか、そういうのがあるのならばマクロレンズの使い道もあるでしょうけど、たぶんそのような写真が必要なのはフィギュアを作る人とかが資料にするとかであって、ぱっと眺めて楽しむわたくしのような者には関係ないです。なので、これまた前に書きましたけど、使い勝手が良いのは50mm(フルサイズで)ぐらいの明るい単焦点レンズじゃないかと思います。いや、マクロレンズも悪くないんですよ。近寄ってもピントがあうのは確かに便利。だがしかし、45mm(フルサイズにすると90mm)ってのは画角が狭くて、被写体の全体を撮りたいなんて時に後ろに下がらねばならず、混み合った通路でそれは厳しい。その点、25mm(フルサイズで50mm)はそこそこ自由度が高く、フィギュアや模型以外のもの、例えば人物とかを撮るのも楽です。今回は25mmの単焦点も持っていくことにしましょう。

レンズとしてのMACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.はとても良くできたレンズだと思います。マクロレンズとして使うとシャープで、色合いがすごく濃いと感じます。普通のレンズとして使うとあまりカチカチじゃなくて、どうってことなく普通に撮れる。でもちょっとボケに癖がある。口径食が原因らしいです。マイクロフォーサーズなのでコンパクトで軽量なものよいところ。もっと使ってあげたいんですけど、前述の通り、45mm(フルサイズだと90mm)という焦点距離がネックになって出番が少ないんですよね・・・

by namatee_namatee | 2019-02-06 22:02 | camera | Comments(2)

見納め。

気づかないうちに庭の紅葉も盛りを過ぎました。Panasonic DC-G9+LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の組み合わせは味わいがありますなぁ。こういう被写体だとピント合わないけど。なのでMFで撮りました。
いやしかし、区画整理の関係でこの紅葉も来年には見られなくなりそうです。もう隣の隣まで建物は解体されて更地になってますからね。引っ越し面倒臭いのぅ。orz

他には・・・本日は電気関連の工事・点検ということで、それに立ち会うために会社へ行く。日曜日なのにタダ働き。しかも電気屋の不手際で交換すべきパーツのうち3/4が届いていないという。真面目に仕事する気があるのかと。>電気屋
わざわざ休みの日に出勤したのにほぼ意味がないというオチ。

お次は先日思いつきで買っちゃったAKの類。「SLR AK74 SOLO 13.5" MID MLOK」だったかな。それのコネクタを交換して試射しました。性能は0.25gBB弾使用、HOPオフで78m/s、適正HOPで62m/sと出ました。安全なパワーですな。w
HOPをかけると極端に初速が下がってしまうのは問題です。メカボは静かで滑らか。HOPそのものはそれなりに安定しているし、中華エアガンの箱出しとしてはマトモな感じでしたけど、AKのチャンバー特有のHOPレバーのゆるさがあったりする。ここら辺は簡単に対策可能ですけど、パワー不足はチャンバーだけじゃなくてメカボを開けないとダメなので、ちゃんとしたショップに見てもらうことにしました。よろしくお願いします。w>誰となく

by namatee_namatee | 2018-12-09 21:31 | camera | Comments(0)

無駄に重かった。>DC-G9

特にネタは(ry
図は先日の椎名さんのFCイベントのおりに特急に乗るために隣駅へ行って撮ったもの。もともとドラマチックな風景の場合はスマホのカメラもバカになりませんなぁ。
朝の6時だとこの通り、まだ日が昇ってないんですね。この日は朝6時過ぎの常磐線の特急で東京まで行って、そこから新幹線の「ひかり」で豊橋、豊橋から「こだま」で三河安城というルートでした。東京発の「ひかり」が激混みだったのは先日も書きました。3連休の初日なので致し方ない。

今回のイベントは椎名さんのニコニコチャンネル「おいでよパーティ!へきルーム417」の収録?生放送?がメインと言って良く、他はまあ付け足し的な感じ。いや前回のFCイベントも「みたいラジオ」の収録がメインで他は付け足しみたいなもんでしたけど、お初のニコニコチャンネルはなじみのある「みたいラジオ」と違ってなんていうかノリどころがつかめないと言うか、ちょっとぎこちない感がありました。が、それが目立ったのは最初の頃で、中盤以降は椎名さんの「キャプテン翼愛」と椎名さんにスマホのWiFi設定をさせると言う無謀さに当てられてかなり盛り上がっておりました。ここら辺の盛り上げ方はスタッフも出演者もさすがプロという感じ。素人じゃああは行きません。

一応、DC-G9も持って行ったんですけど、FCイベントってカメラの出る幕はあまりないんですよね。最初に椎名さんを撮っちゃいけないと言われるし(大楽氏は毎度別に良いんじゃない?とは言ってますけど、結局ルールは覆らない。w)椎名さん以外になにか撮るものがあるのかというと・・・前述の通り、ラジオやニコ生の収録・放送がメインですので、特に撮るものなんてない。おまけに今回は愛知県東部で特に見晴らしの良い場所でもなく、カメラの出番はあまりありません。しかも今回はレンズがなぜかLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.だったので、パッと記録のために撮るような目的には使いづらいことこの上ない。おかげで重たい思いして持って行ったのにDC-G9では数枚しか撮りませんでした。orz
食べたものとかをパッと記録しておくのにはやっぱりスマホが便利ですなぁ。しかし写真が食べたものばかりになるという諸刃の剣。まあ素人はなんとか映えとかいってスイーツでも撮ってろって(ry

by namatee_namatee | 2018-11-27 21:36 | camera | Comments(2)