カテゴリ:pc( 153 )

怪現象

ここ数日、ウチのiMacの様子が変になりまして。
マウス(有線)のポインタが飛んだり、キーボードの入力が妙だったり、USB-DACやアンプが認識されたりされなかったりを繰り返す。最も深刻なのは2台接続してあるHDDが不正な取り出しとか言われていつの間にかアンマウントされていること。これらは全てUSBでiMacと接続されており、しかも全て7ポートぐらいのUSBハブを介してiMac本体につながっている。
これは7ポートのUSBハブがおかしいんじゃないかということで、常時使うわけではないUSBデバイスを外してHDDやキーボード&マウスをiMac本体に直接接続してみると・・・案の定、トラブルは起きません。ではUSBハブを買い換えようというところで、ちょっと考える。現状の7ポートUSBハブは前のiMacの時にも同じような現象が起きて買い換えたんじゃなかったっけ?
それが2-3年前の話なので、USBハブが寿命を迎えたということなのかもしれません。それにしても同じことを繰り返すのもつまらんな、ということで、今回は別な方法を模索してみることに。

ウチのiMacにはUSB3.0のポート(ごく一般的なType Aという奴)が4つ、その隣にType Cのポートが2つ。このType Cのポートってなんじゃろ?ということで調べてみるとこれはThunderbolt3というもののようです。じゃあThunderbolt3って?ということでさらに調べてみると、プロトコルだのなんだのとイロイロ難しいんですけどいわゆるUSB機器というものをつなげることができるらしいということまではわかった。w
USBというのは端子の規格を指し、データ伝送の方式・内容(これが複雑でよくわからず)はまた別ということらしいですな。
それはそれとして、このType Cのポートも使うことにしました。10Gbps対応のType Cのハブを買ってきて、それへ2台のHDDを接続。さらに普通のUSB3.0のハブも購入し、そっちは普段あまり使わないもの、DAP代りのiPhoneとかSDカードリーダーとかを接続。実はSDカードリーダーはiMac本体にもあるんですけど、裏側で手が入りにくいため、外付けのリーダーを使っております。
もう一つのType CのThunderbolt3のポートにはPioneerのBlu-ray/DVDプレーヤーを単独で接続。それに使ったのが図のAmazon謹製ケーブル。Type Cの反対側は3.0 Micro Bというややこしい端子になっております。w
なんだかんだいって、この一連のリニューアルで1万円近くかかりました。特に10Gbps対応のType Cのハブが高い。足元見やがって。orz

ちなみにUSB3.0 Type Aポートにはキーボードとマウス、DAC&ヘッドホンアンプのFOSTEX HP-A4と同じくDAC内蔵のアンプ、NuForce DDA-100を接続。普通のUSB3.0のハブは4ポートで、1つ余ったのでそちらにはPioneerのDAC/ポータブルアンプのXPA-700をつなぎました。スピーカーで聴きたいときはNuForce DDA-100、イヤホン・ヘッドホンの時はHP-A4かXPA-700と適当に切り替えて使っています。ウチのiMacの最も重要な任務は音楽の再生、つまり巨大なDAPですからね。w

そのiMac、本体は健やかに過ごしております。うっかりメモリを8GBにしちゃいましたけど、それで特になにか問題があるわけでなし。わたくしの使用条件では8GBでも大丈夫ということでしょう。初体験のFusion Driveもなんら違和感なし。
これで15万ぐらいですから、iMacはお買得です。DOS/V(この言い回しが懐かしいな、おい。w)というかWindows PCはもっと安い機種がありますけど、そういうのは性能ではiMacにはおよばない。なんだかんだ言ってiMacと同じぐらいのパフォーマンスを要求すると同じぐらいかもっと高くなっちゃう。Winodws10はOS Xと良い勝負ができる使い勝手だと思うんで、エロゲとかFPSをやるとかじゃなければWindows PCでもiMacでもどちらを選んでもたいした違いはない。だったら完全一体型で、なにもかもPC側でやってくれるiMacの方が楽と。

by namatee_namatee | 2019-03-21 21:50 | pc | Comments(0)

いまはむかし

ネタがないので、PCの中の写真を整理していて出てきたものをリサイクル。これは去年の8月の秋葉原の様子ですな。こうやってみるとすごい街並みだな。(汗

なんだかんだ言って秋葉原ってよく行きます。南東北(本当は北関東)在住の身としては常磐線で上野、そこから山手線で目的地へ移動というのが昔から身についたパターンでして、そうなると上野の2つ隣の秋葉原って行きやすい。その上、なにかしら楽しげなモノがあるような気がするし・・・気がするだけかもしれませんけどねぇ。w
サバゲーが趣味のわたくしの場合はエアガン・ミリタリー関連のお店が集まっていて便利なのもよく行く理由ですな。鉄砲やBB弾は通販の方が便利ですけど、衣類とかは試着したいので現物があるリアル店舗に行かないとダメです。
秋葉原の街の変遷についてはいろんな場所・メディアで散々語られていて、今更わたくしごときがどうこう言うのはおこがましいのですけれども、ネタがないので個人的な印象や経験を書きますと、子供の頃に親に連れられて行った頃の記憶はほとんどありませんので、秋葉原の最初の印象というのは東京在住だった学生時代(1980年代中盤)の「家電を買いに行く場所」というもの。
当時、ビデオデッキが一般的になってまいりまして、今と違ってTVが日常の楽しみの大きな部分を占めていたので、番組を録画して好きな時に観ることができるビデオデッキは限定的なタイムマシンみたいな存在でした。VHSのビデオデッキは安くても5-6万円はしたはずで、学生のわたくしにはそれなりの買い物でしたけど、けっこう無理をして買ったものです。まあ、これまた出始めのAVを観るってのも理由でしたけど。w
レンタルビデオ屋さんも出始めで、1泊で1,000円とかしましたし、別料金でダビングもしてくれました。今では考えられませんな。探すとその頃のVHSはどこからか出てくるかも。w

その後、就職して田舎に戻ってきてしまったので、秋葉原から足が遠のくわけですけど、1990年代前半、パソコン通信にはまった関係で、パソコンショップが固まっていた秋葉原に再び行くことが増える。およそ10年前の家電屋さんの街というイメージはあまり変わっていなかったと記憶してますけど、爆発的に増えたパソコンショップが家電屋さんの隙間に割り込むようにオープンしていたのを覚えております。「STEP」とか「MacGallery」とか、あと「マハーポーシャ」もあった。Macユーザーでしたので縁がなかったですけど。
ちなみに今まで買った最高額のPC、PowerBook 550cは「MacGallery」で買いました。総額70万円にもなろうかというノートPCとしては高額な買い物でした。そのちょっと後に倒産したんじゃなかったかなぁ。>MacGallery
Macユーザーのオフも秋葉原で行われることが多かったですね。「天狗」という居酒屋が定番でした。時間調整に「古炉奈」とかも行ったなぁ。時間調整といえば、当時は携帯電話が発達していなかったので、オフの待ち合わせ。集合は幹事や担当の人が秋葉原駅の電気街口で「MacFan」などの雑誌を持って立っているのが目印とかでした。初めてのオフで目印の人(面識はない)を見つけて話しかけるって、今思うと相当に敷居の高い行為ですなぁ。集合場所まで行ったけど、思い切って声をかけることができなくてそのまま帰ったなんて話もありました。w

最近は椎名さんのライブで上京することが多くなりましたけど、品川まで直行の上野東京ラインってのができましたので、秋葉原に行くというのは意識的な行為になりました。かといって足が遠のいたのかというと、前述の通り、サバゲー関連のお店やeイヤホンさんがあるので、相変わらず訪れる機会は多いですけど。
昔と変わったという声もよく聞きますけど、個人的にはあまり変わったという印象じゃないですね。>秋葉原
電気部品のお店が多かったのが家電屋さんを経てパソコン屋になって、今ではメイド喫茶とかエアガン屋、アニメ方面の各種店舗などが増えましたけど、結局は便利な場所だから便利なお店が集まっているという感じ。この写真の通り、雑然といろんなモノがまとまってある街という印象。

先日のライブのおり、上野東京ラインで品川まで行くつもりだったんですけど、揺れる電車の中で本を読んでいた&空腹のせいで気持ち悪くなりましてね。品川まで我慢できずに上野で降りて秋葉原で早めのお昼を食べましたよ。w
そんな感じで今後もお世話になるんでしょう。>秋葉原

by namatee_namatee | 2019-01-29 22:12 | pc | Comments(2)

スティック

本日も特にネタは(ry
もう明日で仕事納めですよ。>我が社
ハイシーズンなのでそれなりにお客さんがきて忙しない。わたくしは何かあった時の対応要員なので、なにもなければ暇です。「艦これ」とか「対魔忍RPG」とかやってますけど、なにかあったらすぐに出動ですよ。処分できないモノを持ってきた奴を追い返したり・・・奴らは処分できないってのがわかってて持ってくるからタチが悪い。上に普通のコンクリートのせて隠して、下にはアスベストまみれのやばいブツとかそういうのばっかりですからね。あと監視が手薄な休み時間を狙って持ってきて、処分できないものをいつのまにか置いていくとか。(汗
あまりにひどいのでトラックスケールの真上にカメラを設置してそれで荷物を確認するようにし、休み時間は絶対に受付をしないようにしました。念入りに確認するので受付に時間がかかるようになって、昼休みが終わるまで入り口で待っていなければならなくなりましたけど、それもこれも分別のない阿呆のせいです。まったく疲れますわ。orz
たまに入り口で待っているドライバーが受付に来て「昼休みは受付しないの?」なんて聞かれますけど「昼休みですから。」の一言で終わりですよ。っていうか、昼休みに話しかけるなと。休み時間に働いたって一円にもならないんだからそこでじっと休んでいろと。w

さらに本日はとある取引先から見積もり依頼がありまして、見積もり依頼をいただくことはありがたいんですけど、宛先がなっとうちほーの首都の市長あてという。もうバカかあほかと。なんで依頼しているのと違う相手に出す見積もりを作れるのか、小一時間(ry
まあ「役所単価」なんてのもありますからね。この方面に関してはわたくしがいた前の業界では考えられないほどルーズです。>この業界
先日ネタにした産業廃棄物処理委託契約書についても、数量とか単価が空欄なことが多いですからね。最初見たときは契約書でそこ空欄って、絶句しましたよ。そこら辺の道路改良工事とかの契約書で、単価も数量も空欄の奴にウチで勝手に数量3万トンで処分料15,000円/tとか書いちゃっても良いのかしらん。で、契約を取り交わしたのにモノが入ってこない、って訴えるというのはどうですかね。w
結局、市役所の担当者から直接見積もり依頼をいただくことになりました。が、担当者がイマイチわかってなくて(ry

それはそれ。w
図は暇にあかせてアスクルで買った(会社の金で)スティックPCであります。ASUSのChromebitと言ったか。その名の通り、Chrome OSのPC。モニターのHDMIに刺すとPCになるというシロモノ。といっても電源は別に接続する必要があるし、USB2.0のポートにキーボードやマウス(これらはBluetoothでもO.K.)も繋いでいるので、スティックというほどシンプルでもない。見ての通り、大きさもスティックというイメージより大きいし。
なにに使うのかというと、ひとつはChrome OSに興味があったから。w
Androidのタブレットがどんどん縮小していくなかで、代替えとしてChromebookはどうかと考えてまして、そのOSであるChrome OSの使い心地や使い勝手が知りたかったから。完全に個人的な理由でございます。w
もう一つは上の方でも書いたカメラの操作や監視のため。現在はWindows 10のPCがその任に当たってますけど、カメラの操作用のウェブブラウザ以外はほとんど使わないので別にWindows 10のPCである必要はない。勿体無いというか無駄です。なので、このChromebitで置き換えようという企画。

これが想像していたのよりさらにシンプルでちょっと笑いました。だってウェブブラウザのChromeしかないんですもの。一応、ファイラーみたいなのやミュージックプレーヤーなどもあるんですけど、Googleドライブを使うのが前提のせいか普通のPCのようにファイルの置き場や種類をあまり意識することがない印象です。WindowsやMac OSとは違うので、その点で違和感を感じることはありますけど、それ以外の操作(事実上ウェブブラウザのみ)では特に戸惑うことはなかったです。これは想定した目的にはぴったりな予感。個人的な興味が先にあったのは本当ですけど、これならちゃんと仕事でも使い物になります。w>Chromebit

by namatee_namatee | 2018-12-27 22:18 | pc | Comments(0)

タッチパネルはどうだったのか。

特にネタは(ry
先日ネタにしたPCのタッチパネルモニターの件、昨日アイ・オーデータさんから直送でやってまいりました。モノはLCD-MF224FDB-Tというもので、21.5型の10点マルチタッチ対応ワイドディスプレイというモデル。さっそくPCに接続してみましたけど、これD-Sub15ピンのケーブルとUSBのケーブルの2つで繋ぐんですね。どうやってタッチパネルの信号をPCとやり取りしているんだろうと思ったら、USBのデバイスという扱いなんだ。なるほど。

使ってみた感じはなかなか使いやすいです。要するにこれは21.5インチの巨大なタブレットなわけで、さらにPCがビジネス用省スペースデスクトップとはいえ安物の窓タブと違ってそれなりのパワーがあり、おかげで諸々がとても軽快に動く。ただし窓タブを使ったことのある人ならわかると思うんですけど、Windows 10の操作性は完全にタッチパネルに適応しているとは言えず、微妙に違和感を感じる時があります。タッチパネルだけでは操作の全てをこなすことはできず、中途半端にキーボードやマウスの出番がある。そこがちょっと残念。
そのせいか、いつも使っていて慣れた事務員さんにはあまり良い評価が得られませんでした。っていうか、タッチパネルということを完全に無視して、普通にマウスとキーボードで操作しちゃう。せっかく普通のモニターの倍も出して買ったのになぁ。orz

では、もともとのターゲットの不慣れなおっさん連中にはどうだったのか。タッチして使えると言う概念が理解を超えているようで大混乱しております。w
そしてPCの裏側を眺めていたらD-Sub15ピンのの口がもう一つあったので、これはもしかしてデュアルモニターになるのかとお役御免になりかかっていた先代のモニターをつないでみたら、ちゃんとモニターが2つになりまして、そうなるとマウスのポインタがモニター間を行き来するなんてのは、おっさんどもには完全に理解の外のようで、さらに混乱に拍車が。w
デュアルモニターはウインドウをたくさん開けるので、こちらは普段から使いこなしている事務員さんには好評と、おっさんどもとは対照的な評価でなかなか興味深い。
まあ、使っているうちにだんだん馴染んでいくでしょう。このモニター、対応OSはWindowsだけのようですけど、USBで繋ぐのならMacでも使えそう。背面のVESAマウントを利用してMac miniを搭載して使ったらiMacより省スペースでしかもタッチ操作という変なMacになりそう。iMacじゃなくてそういう組み合わせにすればよかったかなぁ。w

図はそういうのとは全く関係ない。先日からネタにしているSLR AK74 SOLO 13.5" MID MLOKの様子。昨日のダットサイトを搭載してみた図。こうやってここだけみると格好良いんですけど、箱出しでは中身が(ry
ちなみにアウターバレルはハンドガードに触れてないので、フローティングバレルっぽいです。もっともフローティングと呼べるのはガスブロック?から先だけなので、あまり意味はないかも。いや、ハンドガードにかかる力がバレルに伝わらないんだから意味はあるか。エアガンはサバゲーで乱暴な扱いをされることがあるので、フローティングなのは意味があるかも。

by namatee_namatee | 2018-12-26 21:19 | pc | Comments(0)

タッチパネルってダメなの?

10月にリニューアルした弊社の売上管理ソフトウェア、これが2ヶ月過ぎてもどうにも使いづらい。機能には文句ないんですけど、インターフェースって言うんですか、操作画面に配置されたボタンとかドロップボックスとかが散漫で、しかも使わないものが多くて操作するのに神経を使ってストレスになる。最初からわかっていたことで、しばらくすれば慣れると思っていたんですけど、これがいっこうに慣れない。窓口でコンクリート殼などを持ってきた車のデータをいろいろと入力しなければならないわけで、時間がかかりすぎると待っている車がいっぱいになってしまうし、ドライバーが言う情報はかなり限られている・・・あからさまに言うと何言っているのか分からない場合が多く、それを推測しながら使いづらいソフトウェアを操作するのはなかなか難しいもんです。
なんとかならんもんか、ということで当社にとって余計な機能をオミットするようなカスタマイズを企画したんですけど、見積もってもらうと費用がかかりすぎることが判明。これは困ったと無い頭をひねっておりました。

で、あるとき、自分で操作していて閃いた。これ、タッチパネルにしたら良いんじゃね?って。
件のソフトは基本的にキーボードで操作できるように作ってあるのだそうで、TABキーで入力する場所を移動し、F1とかF8とかのファンクションキーで入力する数値をトラックスケールから読み込んだりするわけですけど、画面上の入力エリアの配置とキーボード上の押さなければならないキーの配置がそれぞれ散漫で、あちこちに目と手を飛ばさなければならず、それが最大のストレスの原因かと。もう少し人間に優しい構造にしろと言いたい。
まあそれはそれ。モニターを直接タッチして操作できれば、キーボードとモニターと2つに意識をさかずに済み、よりスムーズに操作できるんじゃないかと思った次第であります。

というわけで、タッチ操作に対応したモニターを探し始めたわけですけど、これがあまりない。図の通り、とりあえずは通販サイトで調べてみましたけど、Dellとアイオーデータの2つしか見つけられませんでした。タッチパネルはスマホじゃ当たり前、PCでも2in1とかタブレットでは普通なのに、デスクトップPCだと選択肢がとても少ない。なんでだろ?
タッチで操作できたほうが便利だと思うんですけどねぇ。ソフトウェアの開発元にタッチパネルの対応について聞いてみた時に、タッチパネルのモニターを使おうと思うと言うと「挑戦的なことをされますね。」とか言われました。いやいや、あんたがデモに来たときにsurfaceでやってたでしょうに、と思わず突っ込みたくなりましたよ。w

とりあえず、アイオーデータ製の奴を発注して試してみることにします。もしかしたら大成功になるんじゃないかと思っているんですけど、世間一般でタッチパネルはあまり使っていないということは大失敗ということもありうる。どちらに転ぶか楽しみです。>人ごと

by namatee_namatee | 2018-12-18 21:37 | pc | Comments(6)

良さがわからん。

特にネタは(ry
これは先日やってきたiMacの開梱作業で、キーボードとマウスを取り出しているところ。このキーボードなー。AppleのPCはもうだいぶ前からこのタイプになりましたけど、今だに馴染めませんな。ストロークが浅くてペチペチしていて打ち辛いことこのうえない。これになってから他社も似たようなキーボードで追従しましたけど、これの何が良いのかさっぱりわかりません。

その昔のパソコン通信の時代、Macのキーボードっていったらこだわる人が沢山おりまして、かつてのSEなどのキーボードなどのタッチの良さをさんざんきかされたもんです。当時、わたくしが使っていたのは標準のApple Keyboard IIとかいう奴で、古のApple純正キーボードに比べるとお話にならないとバカにされていたもの。まあそれでも今のこのキーボードに比べればまだマシですけど。(汗
当時は古いキーボードは人気が高く、中古が高値で取引されておりました。試してみると確かにキーのタッチがしっかりしていて、押し間違ったときなど、すぐに分かるんですよね。それでも古いキーボードに大枚をはたくのは抵抗があったので買いませんでしたけど。そのかわり、後にPioneerが作ったMac互換機のMPC-GX1のキーボード(MPC-KB2)でメカニカル&古典的な配列を体験しました。そして、ADBがすっかり廃れたはるか後、すでに幻に近くなっていたADB→USB変換アダプタを探し出して、現行(当時)のiMacにMPC-KB2を繋ぐというプロジェクトが(ry
どうしてそういつもくだらないことをしているのかと、我ながら呆れますな。MPC-KB2は比較的簡単にデッドストックが見つかりました。これは見つからなくてもMPC-GX1のオリジナルのMPC-KB2があったんですけど、さすがに経年変化で黄ばんでいたので新しいものを探したんですね。問題はADBをUSBに変換するアダプタで、市場から消えて久しくどこのお店でも品切れで、Amazonに中古品があったのみ。しかも1万円オーバーのどえらい価格で、さすがに躊躇したんですけど、これがなければ話が始まらないということで、悔し涙を流しながら買いましたよ。>1万数千円のADB→USB変換アダプタ(確かiMateとか言ったはず)
そういった苦労をして、つないでみたMPC-KB2ですけど、JIS配列っていうのか、「変換」「無変換」などのキーがあるキーボードに慣れた身にはUS配列のキーボードは使いづらくてすぐに使わなくなりました。w

ちなみにマウスもかつては昔のマウスの方が良いと言われてましたけど、Performa 520の普通のマウスでもあまり差は感じませんでした。実は現行のMagic Mouseは好きです。これは単純に高機能なわりに余計なボタンがなくてスマートだから。よくできていると思います。>Magic Mouse

by namatee_namatee | 2018-12-10 22:01 | pc | Comments(0)

3日間を無駄にする。orz

先日ちょろっとネタにした外付けHDDの件、新しいiMacで認識できないので仕方なしに消去しようとしましたら、これが遅々として進まない。終わるまでにまる3日かかりました。しかも失敗という。w
何が悪いのかわかりませんけど、使えないのはわかった。>HDD
仕方がないのでAmazonで適当なHDDをポチりました。それが図の奴。4TBで8千円ちょいという安さであります。昔は高かったんですけどねぇ。>HDD
といって具体的にどのぐらい高かったかはよく覚えてない。最初に買った98ノートの240MBのSACIのHDDが2万円ぐらいだったかなぁ。わたくしの場合、かなり長い間、HDDの容量に不自由しなかった気がします。そんなにでかいファイルを扱うことはなかったし、MOとかZipとかもありましたしね。
HDDの容量が必要になったのはデジカメの発達とリンクしてますなぁ。いや、銀塩の時代もフィルムスキャナで取り込んだ画像をあれこれするのになにかとHDDの容量が必要だったか。あとは怪しい動画とかで(ry

もっともメモリの方が極端に安くなりましたなぁ。わたくしが最初のMac(Performa 520という)を買った頃、32MBのメモリ(72ピンSIMMとか言ったような)が10万円とかしたはず。それが今は16GBで2万円ぐらいですからね。ものすごい暴落具合です。もっともOSやアプリが必要とするメモリもうなぎのぼりで増えたので、大容量化は必須だったはずで、容量と価格の関係はそう単純でもないですな。

by namatee_namatee | 2018-12-08 22:11 | pc | Comments(2)

イマイチ

特にネタは(ry

Lenovoのタブレットの図。
最近どうも調子が悪いんですよね。左の白い方、8インチのタブレット、Tab4 8Plusって奴なんですけど、Androidが8.1になったらすごく不安定になっちゃった。突然、いくつかのソフトウェアが消失したり起動しなくなったりして不便&不安。以前からファイラーのESファイルエクスプローラーというアプリが再起動すると勝手にアンインストールされるという謎の現象に見舞われていたんですけど、OSが8.1になったら他のいくつかのアプリも勝手に起動してダウンを繰り返すようになっちゃいまして、これではとても使っていられない。さらにこれはLTEモデルなんですけど、SIMを認識しなくなってしまうという。これは幸いにしてAPNを設定し直すことで元に戻りましたけど、そこまでダメだったら即買い替えの検討に入るところでしたな。(汗

メモリ(4GB)もストレージ(64GB)も大きくて性能も良いしほどほどの大きさと重さでなかなか使えるタブレットなんですけど、いかんせん現在は全体に不安定です。>Tab4 8Plus
となりのYOGA BOOKに比べるとコンパクトで性能も一枚上手で動作が軽快なものの、安定して確実に使えるということではちょっと旧式なYOGA BOOKの方が信頼できます。YOGA BOOKはYOGA BOOKでキーボードとOSの相性がイマイチとか無駄にでかいとか調子に乗って使うと熱くなるとか、それなりに気になる点があるものの、信頼性ではTab4 8Plusとは段違いです。ウチのTab4 8Plusがハズレなのか、Tab4 8Plusというモデル全体がそんな感じなのか・・・現状の運用実績では同じ奴をもう一つかう気にはならんし、確かめる術はないなぁ。
それでは他のブランドのに買い換えるのはどうか、っていうと最近はAndroidの7-8インチのタブレット、特にLTEモデルはほとんど見当たらない。あるにはありますけど、ちょっと古いのばかりなんですよね。ASUSのZenPad3 8.0とか、もう2年前のモデルでスペックも微妙なのに4万円を超える価格で、いかにASUS好きでもこれはちょっとなぁ。そもそもZenPad3 8.0はTab4 8Plusと比較した時に性能と価格のバランスが悪くて選に漏れたシロモノですからね。今さら選ぶ理由はないですねぇ。

かろうじてHUAWEIが新しいタブレットを出し続けているんですけどHUAWEIはなぁ。(汗
以前は評判が悪くて敬遠していたんですけど、最近になって信頼性も上がってきたという話を聞いて、次の選択肢として有力かなとか思っていたら、米国から締め出しとかマジかと。わたくしごときが使う上ではバックドアが仕込まれてようが米国でダメだろうがどうってことはありませんけど、どうもタブレットという船全体が沈みつつあるようなのにわざわざ曰く付きのブランドを選ぶのもなんだかなぁと。

今後はタブレットはiPad一択になっちゃうんですかねぇ。iPadも嫌いじゃないんですけど高いのがなぁ。タブレットは持って歩くことが多くて消耗が激しいので、安い奴をどんどん買い換えるのが吉と思っていたんですけど、高価なiPadだとそういうわけにいかないし。w
いっそLTEモデルを諦めて普通のWiFiモデルにしましょうかねぇ。それだったらまだ選択肢はありますし極めて安価。そうだ、Chromebookとかどうかしら。

by namatee_namatee | 2018-12-06 21:06 | pc | Comments(2)

相性が悪い?

おー、Blu-rayをRetinaディスプレイで観るとことさらに綺麗ですなぁ。

どうもMacとBlu-rayって仲が悪いようで、そのまますんなりと再生できないんですよね。かつてのWindows PCでDVDの再生ソフトが別売りだったのと同じ感じで、MacではBlu-rayディスクを再生するためにはソフトウェアとドライブが必要です。他の大抵のものは本体を買ったらすぐに使えるのがMacなので、Blu-rayとの相性の悪さはすごく違和感がある。噂ではスティーブ・ジョブズがBlu-rayを嫌いだったらしく、次期モデル用に搭載予定でドライブを生産していたのを直前にキャンセルしたとも。そのドライブを作っていたのがPioneerらしく、それが本当だとしたらMac互換機の時といい、ジョブズには泣かされっぱなしだな、Pioneer。(汗

それはそれ。図の「ガールズ&パンツァー劇場版」はウチにある唯一のBlu-rayであります。あ、普通のDVDと間違えてポチっちゃった「フィフス・エレメント」のBlu-ray版もあるかも。どこかに埋もれちゃっていてもはや観ることができませんけど。
いずれにせよ、ドライブとソフトまで購入して観る気になったのは「ガールズ&パンツァー劇場版」だからでございます。そうは言っても映画館でも何度か観たので、円盤は買わなくても良いかとも思ったんですけど、まあ応援というかお布施という感覚で・・・ソフトとドライブ分を足すと3万円近くの投資になって頭抱えましたけどね。w
ドライブはPioneer好きだしMacなのでPioneerのスロットインのポータブルタイプ、ソフトは見ての通りのMac Blu-ray Playerとかいうのです。これが先代のiMacと相性が悪くてですね(ry
特にドライブがダメでした。ディスクをうまくマウントできないことが多く、悪くするとディスクを入れると全体がフリーズするという有様。運が良いとたまに(3回に1回ぐらい)うまく再生できる時もあるという始末。

iMacが新しくなったので、今度はちゃんと使えるんじゃないかと思って試しにドライブをつないで「ガールズ&パンツァー劇場版」を再生してみたというのが図の様子であります。今度のiMacでは問題なく動作するようです。>PioneerのBlu-rayドライブ
っていうか、新しいiMacには光学ドライブがないので、普通のDVDを観るにせよ、CDからiTunesへ楽曲を取り込むにせよ、どうあってもこのBlu-rayドライブを再使用するしかないわけですけどね。

by namatee_namatee | 2018-12-03 21:45 | pc | Comments(0)

開封の儀

さて本日はお休み。
一週間前にやってきた新しいiMacの開封の儀を執り行う。いかに仕事をしないわたくしといえども、さすがに平日はなにかとやることがありまして新しいPCのセットアップをしている暇はありません。やっとお休みになった本日、満を持して箱から出してセットアップというはこびになった次第。

さて、前回ネタにしたあの箱を開けるとさらに中にこのような箱が。これはiMacって一発でわかりますな。ちなみに上海から送られてまいりました。

テープが貼ってある、ここを開けろと言う場所があるので、そのテープを切り開くと小さくて細長い箱があります。これはキーボードとマウス、あとUSBケーブルなどの小物が入っている。スマートで気が利いてます。

で、この通り、全面が大きく開きます。あとはもうわかりきった感じで箱から取り出す、と。かつてのオシャレさは影を潜めましたけど、相変わらず梱包が凝っていて楽しいですなぁ。>Appleの製品
これが他のブランドのPCとかだと洗濯機とか冷蔵庫や炊飯器もかくやという梱包にださい取説、無駄に多いビニール袋とセンスを疑う(ry
PCにそんな凝った梱包が必要なのかというと、実際は普通に使えれば文句はないんですけどね。といってiMacが特に高価というわけもない。価格に差がないのなら箱を開けるのにもwktkさせてくれる方が良いですよ。
まあ、こういうのが鼻につくという意見もあるでしょうなぁ。わたくしはとても好きですけど。>Appleの箱


などと偉そうなことを言っておきながら、今まで使っていたキーボードはこんなに汚い。(汗
あまりの汚さに全てのキーを取り外して一つずつ掃除してやりましたよ。ここまで汚れるとちょっとやそっとじゃ落ちないので、少量のパーツクリーナーを使いました。おかげで新品同様になりました。もっとも使い込んだキータッチの柔らかさは戻りませんけど、これがちょうどよいんですよ。ちなみにこのキーボードはPFUのHHKB Lite2というもの。大したことない安物ですけど、Mac用のキーボードは数少なく、そしてMacの標準のキーボードのペタペタしたキータッチが苦手なわたくしには貴重なモデル。柔らかくて深いタッチが気に入っており、会社のPCも同じキーボード使ってます。

代替わりしたiMacはどんな感じなのか。フュージョンドライブとかいうHDDのおかげか起動は速いですね。再起動にかかる時間が半分以下になりました。あとディスプレイとビデオ周りの差で画面がきれいで描画も素早い。「艦これ」とか切り替えが速い上にくっきりすっきりです。素晴らしい。
他の操作感についてはあまり変化は感じません。メモリが先代の16GBから8GBにダウングレードしちゃったせいかも。もっとも、遅いということもなく快適であります。およそ15万円の買い物ですけど、前述の通り、WindowsのPCと比べて特に高価ということもなく、ハードウェアとしての寿命も長そうなのでかなりお買い得なだと思います。>iMac
そういえばマウスとキーボードは充電式になりました。キーボードは感心しないけどマウスは好きです。前のiMacの奴は単三を使っていたんですけど、このiMacのマウスはUSBで充電するようになりました。これも便利ですね。見た目はあまり変わらないけど着実に進化しているんですなぁ。>iMac

追記:
前のiMacからの移行はとても簡単。今回はTime Machineでバックアップしておいたデータで移行。人間がやることはあまりなくて、PCが仕事してくれる感じ。これもMacの良さ、と同時になにか勝手にやり始めるのでなにもかもユーザーが設定して指示しないといけないWindows PCの感覚だと気味が悪いかも。w

by namatee_namatee | 2018-12-01 21:12 | pc | Comments(0)