カテゴリ:motorcycle( 418 )

疑惑

昨日はちょっと涼しくて助かったと思ったら(ry
図は先日の新潟ツーリングの域で立ち寄った「道の駅ばとう」にある「アイス工房武茂の郷」のアイス。大変美味しかったです。
暑い時にはかき氷やアイスとかに限りますな。風情とかそういうややこしい話じゃなくて、手っ取り早く体内から冷却するのに最適。特にかき氷は水分も補給できるので熱中症予防に効果ありと思います。暑苦しい迷彩服着て走り回るサバゲの時とか、この時期はあっというまにオーバーヒートしちゃいますけど、かき氷食べるとすぐに復活しますからね。惜しむらくはそういつも手に入るとは限らないことですな。>サバゲでかき氷

それはそれ。朝のうちにルネッサのチェックをしておりました。ルネッサのタンク容量は11Lだそうです。そしてリザーブが2.5L。ということは燃料コックが通常の位置(ON)でガス欠するまで走った上で給油すると8.5L入るはずです。ところがウチのルネッサちゃんときたら、200kmオーバー走った時に給油すると10Lぐらい入っちゃう。下手すると10.5Lとか入る。(汗
これは変です。リザーブが本来の役目を果たしているのかどうか疑惑。いきなり完全にガス欠は勘弁して欲しいところ。

というわけで、燃料コックからタンクへの配管をチェックしてみた次第。ツーリングの帰りで最後に給油してから120kmあまり走ったので、タンク内の残燃料もそんなにないはずなので、この手のチェックには良いタイミング。
まずはコックのONの位置へつながっているホースを抜いてみます。もちろんガソリンがダダ漏れになるので、とりあえず1.5Lのペットボトルで受ける。1本では足りずに500mlのをもう1本。w
2本目のペットボトルが一杯になって、もうペットボトルがないので適当なバケツに受けているとガソリンは出てこなくなりました。これでONの分の燃料はなくなったわけですね。走行状態だとするとガス欠で止まった状態。ここで燃料コックをRESERVEに切り替えるはず。では燃料コックのRESにつながっている方のホースを抜いてみると・・・ありゃ、ちゃんとガソリンが出てくる。ということはタンク側のRESERVEは機能しているんですね。適当なバケツに受けちゃったもんだから、RESERVEでどの位のガソリンが出てくるのかがわからなくなってしまったのは残念。感覚的には1Lぐらいだったような気がします。2.5Lはとてもないですね。
これはどういうわけか。リザーブが2.5Lという情報がガセなのか。あるいは年式他によって仕様が違うのか。謎です。

ルネッサの燃費はおよそ22-24km/Lといったところなので、あとは燃料コックの切り替え機能が正常に動作していれば(燃料コックは新品に交換済みなので大丈夫だと思われ)切り替えてから20km前後は走れるはず。なにはともあれ、これで一安心であります。

by namatee_namatee | 2019-08-17 21:34 | motorcycle | Comments(0)

空冷なので。

だるい。ものすごくだるくて、起きる気力もなくエアコンの効いた部屋でダラダラと昼寝して過ごしました。>本日

先日のツーリング、基本的に好天に恵まれました。おかげで暑い。しかも新潟としては気温の記録を更新というタイミングに訪れたもんだから(ry
外気に体を晒している二輪車の場合、当然ながら暑い涼しいは外気温に依存するわけでございます。今回は全般的に暑かったんですけど、その暑さに波がある。あー暑いな、くそー、と思って走っているとさらに暑い空気の塊に突入することがありまして、そういうときはまさに熱風をあびる感じ。わたくしはメッシュジャケット(古い)を着てましたので、思いっきり空気の温度差が体に伝わる。風に当たっても全然涼しくないんですよ。
それでも走っていればなんとか我慢できますけど、止まると暑いのなんのって。汗が滝のように流れてTシャツはビショビショになっちゃう。で、走ると乾く。その繰り返しでした。
とにかく平地で外に出ている時は暑いというツーリングでした。山の中は多少は涼しいんですけど、それでも快適とは言い難い。まあ新潟といったらフェーン現象で有名ですからなぁ。

図はツーリング終盤、燃料補給に立ち寄ったガソリンスタンド。この通り、路面が湿っております。前述の通り、基本的に好天に恵まれたツーリングでしたけど、終盤の甲子峠の手前あたりでは雨に降られました。ギリギリで雨具が必要かどうかぐらいの降り方で結局はそのまま突っ切りましたけど、おかげで山の上の方のトンネルでは寒かったですね。それまで31度とかだった気温がトンネル抜けると23度とかになってましたからね。メッシュジャケットは走っている時は涼しいんですけど、こういう天候の急変には弱いというのを思い知りました。暑い寒いの差が大きすぎ。まあでも、それもモーターサイクルのツーリングの楽しみということでしょうなぁ。

by namatee_namatee | 2019-08-15 22:40 | motorcycle | Comments(0)

楽しかった。>新潟

無事に帰ってまいりました。>ツーリング
おつきあいいただいたボニー氏、お疲れ様&ありがとうございました。

新潟名物のへぎそばを食べに行くツアーだったわけですけど、お盆のせいかお店がお休みのところが多く、また異常な高気温のせいで気力が削がれまして、訪れることができた蕎麦屋さんは2件だけという体たらく。orz
あと11時開店のお店が多く、うまく時間を合わせることができなかったってのも原因ですな。
とりあえず、初日は目当てだったお店が休みだったので、ここなら間違いなくやっているとふんだ「小嶋屋総本店」さんへ。ボニー氏と二人でへぎそば2人前+天ぷらをいただきました。その後、旅館へ移動し、向かいの居酒屋で23時ごろまで宴会。宿に帰ったら帰ったで、音楽とか車とかあれこれと話して、寝たのは1時半ごろでした。

そして本日、9時過ぎに出発し、小千谷の「元祖 小千谷そば 角屋」さんへ。こちらも開店は11時で(そしてやっぱりお盆のせいか本日は昼のみの営業)、その15分前ぐらいに行ったら、すでに20人+ぐらいのお客さんがならんでました。それでもかなり大きなお店なので、開店したら普通に入れました。そして出てきたのが図であります。これはへぎそば3人前(七合だったかな。)で、これをボニー氏と2人でシェアしました。これがなー、同じへぎそばといっても「小嶋屋総本店」さんのとは全然違う味わいなんですよ。個人的には「元祖 小千谷そば 角屋」さんのこのへぎそばの方が好みですかね。「小嶋屋総本店」さんの蕎麦よりちょっと太めで弾力がある。そしてツユはクセがなく絶妙。「小嶋屋総本店」さんのはつゆが酸っぱく感じます。

その後、R252経由で帰路につく。R252は昨日のR352よりはずっと優しい道路ですけど、単体でみればかなりのワインディング。そしてR352より交通量が多い。つまり対向車が多い。わたしゃ、春先にVWゴルフ・ワゴンに突っ込まれたトラウマで対向車が怖いんですよ。w
なのでこちらはこちらでそれなりに神経を使いながら走りました。その後もなんだかんだと走って、21時ごろにとなり村のバーミヤンに到着。そこでボニー氏と晩御飯を食べて解散であります。11時間ぐらい乗っていたんだなぁ。>ルネッサ
その割には走行距離は大したことないんですけど、走ったのは高速は使わないで延々と山の中のワインディングばっかりですからね。体力と気力の消耗が激しいです。明日は天気も悪そうなので、出かけずにゴロゴロしていようかと。

by namatee_namatee | 2019-08-14 22:21 | motorcycle | Comments(4)

ツーリング

c0019089_19041653.jpg
本日は予定通り友人のボニー氏と新潟方面へツーリングであります。国道352号線を通って魚沼あたりへ出て、へぎそばを食べようと言う企画。この352号線がクネクネと(ry
ここを通るのは10年ぶりぐらいなんですけど、このむやみに連続するコーナーは最後には気持ち悪くなりますよ。

何でも本日の魚沼あたりは気温が38度に達し、これは新記録だそうです。走っていてもぜんぜん涼しくないですからね。もう汗だく。
現在は無事に旅館にチェックインして、エアコンで涼んでおります。

by namatee_namatee | 2019-08-13 19:03 | motorcycle | Comments(2)

どこかで見たな。

というわけでインカムを購入。散々迷った結果、ものはDAYTONAのDT-01になりました。比較的マイナーな機種なので他のインカムとの接続に不安があるんですけど、わたくしの場合は一人で使う時間が圧倒的に長いはずで、それならもっとも重視する機能、つまりナビの音声や音楽を聴くことが出来れば良い、それをおさえた上で価格のバランスを考えて決めましょう、ということでこちらに決定。お店の人の意見も同じ感じ。もちろん用心深く決定的なことは言いませんけどね。w>お店の人

珍しく実店舗で購入。最後までどれにするか決まらなかったので、お店の人のアドバイスも聞きたかったためであります。取り付け(無料)もやってもらって25,000円ぐらい。ネットで買うより消費税分ぐらい高いか。
ヘルメットの「OGK KABUTO ASAGI」との相性は微妙。図の通り、サンシェードの操作レバーがありまして、DT-01を一番取り付けたい位置に着けられない。やや前の方になってしまいました。これがストラップを引っ張って脱ごうとするととても邪魔。なんとかして簡単に脱ぐ方法を見つけなければなりません。(汗
あとはスピーカーの入る場所が狭いんだそうで、ベルクロを帽体に貼って、それにスピーカーをくっつけるわけですけど、貼り付ける面積がベルクロの半分ぐらいしかない。これも要注意。
ジェットなのでマイクがこういう感じで顔の前にきます。どこかで見たなぁ、これ、と思ってましたらばアレですよ。「電人ザボーガー」だ、これ。w

とりあえず手元にあったDAP替わりのiPhoneSEとペアリングしたらあっさりと繋がり椎名さんの「嘘つき女王」が聴けました。第一段階はクリアです。あとはボニー氏のインカムとペアリングできるかどうか。ダメな場合はLINE通話かなにかでごまかしましょう。w

by namatee_namatee | 2019-08-07 22:15 | motorcycle | Comments(2)

間に合うのか。

本日はちょっとマシだったかな。>暑さ
たぶん海から涼しい風が入ったんだと思われます。あ、ウチが会社より海に近いというだけかも。

来週末はもう夏休みだなーとボケっとカレンダー見ておりました。夏休み、いきなり椎名さんの25周年記念ライブから始まります。次の日は飲み会、1日置いてツーリングと前半は結構なハードスケジュール。まあ暑いのは仕方ないとして、台風直撃とか地震とか(ついさっき震度4のがありましたけど。)勘弁して欲しいですな。

ということはツーリングの準備は今日やらなければならんということです。まだインカム買ってないけど。(汗
とりあえず、前に買ったシートバッグをフィッティング。この手のアイテムは汎用のせいか、取り付けの自由度が高いように見えて、思った通りにしっかり固定するのに案外苦労するんですよね。
それなりに暑い中、PX125 Euro3でライコランドへ行き、伸縮性のあるストラップを買ってまいりました。ちなみに駐車場でうっかり立ちごけするという。w
リアサスの上部にちらっと見える蛍光オレンジのがそれ。ゴムでほどよく伸縮するのと、2分割式でファステクスで連結する仕組みなので、とても使いやすい。これは細くて短い(70cmほど)のですけど、ウチには他に太くて長いのもありまして以前から大変重宝しております。
前述の通り、思っていたのより取り付けには苦労する。固定自体は簡単にできますけど、前後にずれないようにするのが難しい。試行錯誤すること30分。やっと納得のいく位置に収まりました。
その様子が上の図であります。このシートバッグ(正確にはヘルメットバッグ)、ルネッサにはちょっとでかいか。もっとも似合うかどうかより積載量を確保しないといけないので、多少の不釣り合いは致し方ない。大体がルネッサがコンパクトなんですよ。サイズは125ccとあんまりかわらんもんね。
シートバッグ自体は流線型wでなかなか格好良いと思います。機能性も文句なし。あとはナビ関連の動作確認か。こりゃ間に合わないかも。w

by namatee_namatee | 2019-08-04 19:59 | motorcycle | Comments(2)

ちょっと意識高い感じで。w

本日は曇り。ギリギリ雨が降らないって感じで、こんなんじゃ梅雨の中休みとも言えませんなぁ。天気図を見ていると次第に梅雨前線が途切れがちになってきて、台風5号が低気圧に変わりながら前線と一緒に北東へ遠ざかっていく感じで、こりゃ来週の中頃〜週末にかけて梅雨明けしそうな予感。まあ希望的観測ですけど。

朝一番で先日購入したレバーをPX125 Euro3に装着。レバーとか普通に外して取り替えれば良いと思うじゃろ?w
ブレーキレバーは簡単なんですけどね。クラッチレバーが手強い。ワイヤーに余裕がなくて、レバーから外したらそのままレバーホルダーの中に入っていきそう。そうなるとワイヤーを引っ張り出すのは困難。クラッチ側のワイヤーを固定するパーツ(なんて言ったら良いんだろ。取り外し可能なタイコみたいな奴。)を外してワイヤーをフリーにしてからじゃないとレバーにワイヤーのタイコをはめることができません。しかもタイコとレバーのタイコがハマる穴の形状がノーマルとは微妙に異なり、すんなりとはまらない。ごちゃごちゃやっているとするっと入るときもあるんですけどね。
というわけで、クラッチ側のワイヤーの固定を解除・・・これがまた下の方でやり辛い上に固定しているナットが8mmと7mmという。もうね(ry
幸運にもたまたま7mmのボックスのコマがあったので、地面に這いつくばって狭いところに手を突っ込んでワイヤーを緩めます。まあワイヤーが切れた時の応急修理の練習になると思えば(ry
本当のところ、PX125 Euro3はツーリングとかで出かけた時、クラッチや変速のワイヤーが切れてしまったらわたくしが対処できるかどうかは疑問。今回の経験でワイヤーをフリーにすることはできるようになりましたけど、それも工具があってのこと。ボックスレンチのセットを持ち歩くわけもなし、出先の不安定な状態で落ち着いて作業ができるわけもなし。また、ワイヤーを通すのも難しいらしいです。ハンドチェンジのべスパは普通のオートバイと違ってハンドルの根元の部分にワイヤーが束になって集合しているので、アウターの曲がりがきつく、インナーを通す時にハンドルの首の部分で引っかかりやすいという。どういう感じなのかは経験してみないとわかりませんけど、経験してみたくはないですなぁ。一応、レッドバロンで購入した個体なので、最悪の場合はレッドバロンに持ち込むという手が使えなくはない。が、もちろんそんなことをしていたらツーリングは台無しでございます。つまり普段からワイヤー類の保守点検には気を配って、トラブルを起こさないようにしていろ、ということなんですな。で、何かあった時、ウチのPX125 Euro3のかかりつけのお店は180km離れた茅ヶ崎のボングーさんという。(汗
こりゃトランポを用意しないと安心できませんよ。orz

なんとかレバーの交換は終わったので、試運転ながら隣町のボニー氏のところへ行く。前に頼まれていたパーツを発掘したので、それを手土産に。
そこで近所にライダーズカフェってのがあるらしいという話になり、それじゃあ行ってみる?ということで訪れたのが図。
「Cafe SYARIN」さんというのだそうで。こちら、通りからちょっと入ったところにお店があるので、今まで前を通っても気がつかないでいました。(汗
駐車場へ乗り入れると、お客さんらしいかたが出てきて「うわ、ルネッサ!珍しい。」とか言われる。w
先日もライコランドに行った時、買い物を済ませて駐車場に帰ってきたら、近くのベンチでコーヒー飲んでいた人たちが「ルネッサだ。」「ルネッサのオーナーって(ry」とか言っているのが聞こえてきまして、どういう顔して出て行ったら良いのか、ちょっと困りました。
まあ珍車の類ではありますね。>ルネッサ
よく言われるのが今だったら売れたんじゃないかってのなんですけど、今日も言われました。わたくしもルネッサは古くさくない良いデザインだと思いますね。250ccじゃなくてちょっと車体を拡大してエンジンも500〜600ccぐらいの空冷Vツインで出してくれたらすぐ買います。もっとも、これはこの形で存在するから良いと思うのであって、今さらリニューアルされてもピンとこないかもというのもあります。
そんなライダースカフェで、なぜか歴代の日産・サニーとかチェリーの話をして、さらにオーナーさんやお客さんとオートバイや薪ストーブの話をして、そそっと帰ってまいりました。なかなか居心地の良いカフェでしたので、またそのうち訪れたいと思います。

by namatee_namatee | 2019-07-21 19:45 | motorcycle | Comments(0)

イチかバチか

風邪はほぼ症状がなくなった模様。本日はちゃんと仕事に行きました。
といっても特にネタはないので、買い物ネタを小出しに。w

見ての通りレバーであります。ルネッサちゃん用ではなくてPX125 Euro3用。ルネッサのこの手のレバーって、わたくしが調べたところではどこからも出ていない模様。散々調べたところ、レバーはZeal(FZX250)と共通・・・Zealの方がルネッサよりマイナーな気がする。w
フォーク、ホイール、スイングアームあたりもZealのものの流用がきくとかで、キャストホイールのルネッサってのもあるらしいですよ。まあ個人的にはルネッサにキャストホイールは風情がイマイチな気はしますけど。でもチューブレスの方がパンクしたとき楽でしょうなぁ。リアブレーキがディスクになるのも羨ましいところ。

そんなわけで、いくら探してもルネッサ用の格好良いレバーが見つからなかったので、やけくそになってPX125 Euro3用のこれをポチった次第。すぐに届くだろと思ったら、これが例によって中国発でして10日ほどかかりました。
Vespa用のこの手のレバーはPM Tuningとかが有名ですかね。実はよく知らない。これが海外通販でも1万円ぐらいする。特に必須というわけではないし思いつきで買うにはさすがにちと高すぎる。とはいえ、なんでも良いからレバーを買いたい気が治らぬ。なので類似品のこれをポチった次第。これだと3,300円でございます。w

でも見た感じはとても立派。とても3千円とは思えません。心配なのは本当にPX125に取り付けられるかどうかですな。PXのディスクブレーキモデル用となってましたけど本当に使えるかどうかは取り付けてみるまでわかりませんからね。ダメでも3千円ならまあ良いかってなりますけど、PM Tuningの1万円のとかだとさすがに(ry

by namatee_namatee | 2019-07-19 21:07 | motorcycle | Comments(2)

ツアラー化計画


風邪は微妙に回復傾向。会社へ行ったら追い返されました。w
昨日、暇にあかせてポチったものが届いたのでネタにする。見ての通り、サイドバッグサポートというもの。ラフ&ロード製。そっくりなパチものもありますけど、ここはちゃんとしたブランドで。

ルネッサちゃんの積載量不足をなんとかするためにサイドバッグを装着しようと思いまして。ウチにはXR1200の時に使っていた(といってもツーリングで使ったのは1回だけ)デグナーというブランドのサイドバッグがあるんですよ。これですな。いやしかし、買ったのはもう10年前か。(汗
大柄なXR1200には似合いましたけど、ずっと小柄なルネッサにはちょっとでかすぎの気がしないでもない。どうしても似合わないようなら適当に小柄な奴を買うとして、いずれにせよサイドバッグをリアタイヤに巻き込まないようにするのがサイドバッグサポートというわけで。そうえいえばXR1200の時はそういうものは使いませんでしたけど、特に問題は起きませんでしたね。

ルネッサの場合、固定のために引っ掛ける場所と数がイマイチでして、その補助のためにサイドバッグサポートが必要ということです。ルネッサの専用品などあるわけがないので、汎用品でなんとかするしかない。いろんな奴がいろんなところから出てますけど、これは固定が1カ所のもの。取り付ける部分は回転するようになっていて、位置の微調整ができます。もっと単純な奴はそのままねじ止めで終わりというのですけど、それだと取り付け位置の調整幅がなさすぎ。専用品じゃないので調整幅があるかどうかは重要です。問題は大体の製品は横への張り出し具合がよくわからんのですよねー。その点、これは三面図みたいなのがあったので、それも購入の理由であります。
ややこしいことしてサイドバッグを使うのはなぜかというと、ルネッサにはキャリアがないので荷物はシート上に積むことになりますけど、そのシートもさして広いわけでなく、また平らでもない。なのででっかい防水バッグに全てを押し込むというやりかたでキャンプツーリングの大荷物を積むのは難しい。サイドバッグを使えばそちらに荷物を分散できるのと同時に、シートからサイドバッグの上面に続く平面ができるので、大きいバッグも積みやすくなるという次第。

これで積載量も大幅にupしたことだし、来年はルネッサで北海道に(ry

by namatee_namatee | 2019-07-18 22:31 | motorcycle | Comments(0)

寒い。

本日はお休み。三連休ってヤツですな。
天候が回復したので(ていったって雨が降ってないというだけですけど。)ルネッサちゃんに乗って、いつもの山道へ繰り出す。ちょっと前にリアサスのプリロードを1段階上げて、コーナーでの挙動を確認しようと思っていたんですけど、雨ばっかりで全然チェックできなかったもので。あと何かなんでも良いから二輪の乗り物に乗りたくて我慢できなかった。w
コーナーリングでの挙動をもう少し安定するようにしたいんですよね。ターンインで抵抗なくヒラヒラ倒れるのは良いんですけど、下手くそなわたくしにはちょっとヒラヒラしすぎ。w>ルネッサ
タイヤ(TT100GP)のグリップは大したもんで、車重142kgに27馬力では破綻するようなことにはなりませんけど、250ccの4ストなんて回してなんぼとか言って、タコメーターの針が右半分から落ちないようにするとさすがにスピードも出る。今のサスペンションではフワフワしちゃってハイスピードコーナーリングが怖い。なのでリアサスの挙動変化を減らし安定性を高めようと・・・はたして、そういうやり方で良いのかどうかは知りませんけど。w
今までは下から2番目だったプリロードを一つあげて3番目へ。わたくしの体重を考えるとやややりすぎな気がするものの、鈍感なんでちょっと極端なぐらいじゃないと変化がわからないかも知れませんので。
実際は乗ってみたらすぐにわかりました。>プリロード
明らかに前のめりが強くなり乗車時のリアの車高が高くなった。でもコーナーリングのフィーリングはあまり変わらないような気がする。リアサスが沈み込む分が少なくなってロスも少なくなって立ち上がりが速くなったか・・・いやぁ、ほとんど変わりませんねぇ。いやでもアンダーステア方向にはなったかな?
より強くメリハリをつけないと曲がり出さないようになったような気はします。あくまで気がするレベル。フロントフォークが柔らかすぎるままなので(ブレーキングで簡単にフルボトムしちゃう。)、リアサスだけいじってもあまり変化が出ないんですかね。まあ、現状でしばらく様子をみていこうと思います。

図は先日のサバゲで訪れた長野の「道の駅しなの」で食べた「やたら風そば」。「やたら」ってのはなんぞ?と調べてみると、こういうものらしいです。あのー、わたくし茄子もミョウガも苦手なんですけど。w
特にミョウガは似ても焼いても、もちろん生でもダメでもう数十年は食べてない。食べず嫌いとかじゃなくてあの味を生理的に受け付けないんですよ。しかも温かいそばかと思ったら、これぶっかけってやつじゃないですか、やだー。orz
残すわけにもいかないので、覚悟を決めて食べましたよ。久しぶり(たぶん40年ぶりぐらい)に食べたミョウガはやっぱりあの味でした。でも、これを美味しいという人がいるのも理解できる味ではあった。昔は絶滅しろというレベルで嫌いだったんだけどなぁ。大人になったんだなぁ。>自分
だからといって美味いとは1mgも思いませんけど。w
寒いのに冷たいそば、しかも具が体を冷やす性質のものばっかりというのを食べてすっかり冷え切ってしまいました。あ、ソフトクリーム(ブルーベリーの)は美味しかったです。これは絶品と言って良いレベルで美味しかった。おすすめ。

by namatee_namatee | 2019-07-15 20:37 | motorcycle | Comments(0)