楽しかった。>イベント

特にネタは(ry
本日は弊社のPCの入れ替え作業がありまして、3台ほどメールやらなにやらの移行作業をしておりました。っていたって、Thunderbirdのプロファイルを入れ替えるだけで難しくもなんともないんですけどね。なんでこんな簡単な作業を恐れるのか理解できないんですけど、まあ難しいフリして作業してわたくしの有能さをアピールしておきました。w
新しいPCはHPの超小型デスクトップってやつで、実はわたくしのPCで先行して採用されていたもの(の後継)です。本体はとても小さくてモニターの裏側とか下に専用のブラケットで固定するもの。こういうの。大元はMac miniあたりですかね。これがスペースを取らなくて良いんですよ。大して重たい作業をするわけでもないし、数年したら買い替えちゃうので、この程度のスペックで十分です。一番安いi3の奴ですけど、64bitになったおかげでメモリが有効に使えるせいか十分に軽快です。次はわたくしのが買い替えになるはずですので、同じ系統のPCにしてその時はこっそりi7にしてやろう。w

図は「艦これ」のE5の報酬艦娘の「ネルソン」でございます。E5の2本目のゲージで手こずっておりまして、ゲージを削りきった状態まで持っていったものの、カットイン要員が真面目に働かず、ラスダンで詰まる気配がありました。3回ぐらいボスを仕留め損ない、基地航空隊の練度が下がってしまって面倒になったので、あっさりと難易度を「丙」へ。「ゴトランド」が来たことで気力が萎え気味でした。そうしたら例によって実にあっさりとゲージを割ってしまい、もう少し頑張ればよかったかと落ち込むほど。w
で、3本目のゲージもあっさりと削り切り、装甲破砕ギミックを解除しようとその前半のフェーズを水上打撃部隊でちょろっと行ったらまさかのラスダンなしでゲージ割っちゃうという。ちょっとあっさり過ぎ。「乙」だと辛いし「丙」だとぬるすぎというのが、ウチの艦隊の実力なんでしょうなぁ。
それにしても、「丙」のE5-3はゲージを削りにいくたびに基地航空隊の練度が上がっていくのには笑いました。E5-2で練度なしになっていたのが、ほぼ練度MAXになってます。そりゃ攻め込むほどに威力も上がりますよ。
かなり余裕があったので、いろんな艦娘に様々な装備を持たせてどうなるのか実験をしてました。特にカットインをうまく使う練習とか。わかりきったことですけど、やはり運が高くないと使いづらいですね。>カットイン
あと「摩耶」の対空CIと弾着は極めて有用なこと。両方とも高い確率で発動し、威力も十分(特に対空CIは強力)なので使いやすい。

いやしかし、報酬艦娘が「ネルソン」というのは解せなくはないけど、やっぱり解せない。w
「ライン演習」がモチーフなら、ここは「フッド」でしょう。百歩譲って「レナウン」とか。ここら辺の英国艦は軍艦美の極致とまで言われたほどで、確かに今見ても美しい。各国の軍艦はそれぞれ独特の美しさがあると思うんですけど、個人的には「フッド」と「レナウン」「レパルス」はもっとも優雅で美しいと思います。性能はとにかく。w
その点、「ネルソン」「ロドネイ」は性能は一級品ですけど見た目は異形ですからね。ちょっと前までは極めて美しい姿形の軍艦を作っていたのに、次級(厳密には「フッド」と「ネルソン」には繋がりはないけど)では異形になるという振れ幅の大きさ。これが英国面か。w

# by namatee_namatee | 2018-09-20 22:07 | diary? | Comments(0)

雑なネタ

特にネタは(ry
嫁さんがアニメ版「ラーメン大好き小泉さん」を観ているもんで、ラーメンが食べたくて仕方がない。なので晩御飯はラーメン(インスタントだけど)でした。w
いやまあ、あれ中の人は絶対おっさんだよな、と言いながらおいしくいただきました。>みそラーメン(インスタントだけど)
そういえば出かけた時にラーメンってあんまり食べないなと思いながら写真を探っておりましたらば、やっぱり飯の写真はたくさんあるんですけどラーメンって食べてません。先日ネタにした「ちゃんぽん」は結構あるんですけどね。

というわけで、ネタがないので先日のPX125 Euro3の点検ネタで帰りに久里浜の東京湾フェリーのターミナルで食べたアジフライ定食。これ、どちらかというと久里浜より金谷の方の名物じゃないかなぁ。w
っていうか、このご飯と味噌汁の配列、やや変則的ですな。言ってみれば関西の主流のしきたりの反対?
関東では基本的に向かって左にご飯、右手前に味噌汁というのがセオリーのようですけど、関西というか近畿方面では左手前にご飯、その奥に味噌汁というのが普通だそうです。なのでこの様子は関西方面の反対。といって、記憶を探っても実際に関西・近畿地方でどうだったのかを実体験では覚えてませんけど。
もっともこの図も関東のセオリーとは違うわけですけど、これはまあトレーと皿のサイズの問題なんでしょう。

で、これが月曜日に大洗へ昼ごはんを食べに行ったものの混雑で果たせず、那珂湊のすき屋で食べた牛丼(並)のセット。
これが典型的な関東地方の並べ方。
そしてわたくしはあまり好きではないんですよね。>この配置
母親が福島に近い地方の出身だったせいか(福島では関東・東北エリアでは例外的に味噌汁が左寄りにあるという。)、味噌汁は左奥にないと落ち着かない。なのでこれで出てきたらすかさず左右を入れ替えます。w

# by namatee_namatee | 2018-09-19 21:54 | diary? | Comments(2)

感激

9月の決算にあわせて仕事用のスマホをアップグレード。iPhone SEからiPhone 8でございます。あくまで仕事用なのでむやみに高性能である必要はないのでございます。そして余ったiPhone SEは下取りになど出さずに、旧式化したiPod touchの代替えとしてわたくしの懐に(ry
いやいや、ちゃんと上司の許可をもらってますから。w

それにしてもiPhoneはこっちの系統(iPhone 6から?)の方が好きです。つるっとしていてポケットの出し入れがスムーズ。iPhone SEの系統(iPhone 5から?)はどうも角が立っていて手触りが好きじゃないんですよね。コンパクトなのは良い点ですけど、それも老眼が進んだおっさんにはどうにも画面が見づらいという。まあiPhone SEは格安SIMでも入れて、ネットも繋がる便利なDAPとして余生を送らせましょう。そういう使い方ならコンパクトなのは利点ですからね。

AQUOSは弊社の偉い人がどうしてもスマホに馴染めないということで、従来型のいわゆるガラケー(本当はガラケーじゃなくてガラホ)に戻したもの。いざガラホにしたら、今までさんざんスマホ使いづらいって言っていたのに、今度は使い方がわからないとブーブー言ってます。結局は通信機器が使えないだけなんじゃん。これだから年寄りは(ry

次は・・・例によって「艦これ」日記。w
我が艦隊、「なまーずフリート」は最終海域のE5に難易度「乙」でチャレンジしております。現在は1本目のゲージをクリアしたところ。
しかしなんですね、「艦これ」で「H部隊(Force H)」を指揮する日が来るとは思いませんでした。「H部隊」っていったら「メルセルケビール海戦」とか「ビスマルク追撃戦」で有名。特に後者はわたくしが子供の頃から戦記もので繰り返し読んできた作戦で、空母「アーク・ロイヤル」や巡戦「レナウン」、軽巡「シェフィールド」の活躍は心に刻み込まれておりますよ。大好きな「艦これ」上で自分でH部隊を指揮が執れるとは、ほとんど泣きそうになるぐらい感動しましたよ。w

図は1本目のゲージをクリアしたところでやってきた新艦娘の「ゴトランド」。かなりマイナーな航空巡洋艦ですけど、これも名前に聞き覚えがありますよ。カテガット海峡で「ビスマルク」と「プリンツ・オイゲン」を目撃して通報したのがこの艦だったんじゃなかったか、この情報をもって「ビスマルク追撃戦」が幕をあけたんじゃ・・・艦これWikiで確認したらやっぱりそうでした。わたしゃ最近のことはすぐに忘れますけど、昔読んだ本などの知識は忘れないんですよ。w
ただ当時も今も不思議に思っているのはスウェーデンは中立だったはずなんですけど、この目撃したという情報がどうして英国に伝わったのか。ドイツは水上艦での通商破壊作戦を目論んでいたわけで、当然ながら作戦につく艦が見つかっては困るので秘匿していたはず。艦これWikiによればスウェーデン海軍の士官が英国側にリークしたということらしいんですけど、その理由はなんだったのか。ここら辺が英国の諜報能力の高さなんですかね。

まあ今でこそ北欧の3カ国は洗練された福祉国家みたいなイメージが強いんですけど、第二次大戦中はこのゴトランドの情報の例をはじめ、他にも裏でいろいろやっておりまして、言ってみればガンダム世界のサイド6みたいな立ち位置?
本音と建前、表と裏を使い分けて混沌とした欧州情勢(ただし田舎の)を乗り切ろうと必死だったというわけなんでしょう。中立が建前のスウェーデンもソ連と表立って殴り合いの大げんかをしていたフィンランドに義勇兵とか送って支援してますし、そのフィンランドも最終的にはそれまでの友邦ドイツと敵対する道にすすむわけで、なんていうかこういう欧州情勢のぬるっとした感じは「鬼畜米英!」「Kill Jap!」って玉砕したり原爆落としたりするまで戦ったこちらとは違うなぁと感じます。

艦娘としての「ゴトランド」にはこれと言って思うところはございません。w
軽巡洋艦枠の航空巡洋艦ってのはなかなか面白いと思いますし、改二も予定されているそうですから、この先が楽しみです。いや、それにしてもよく落ちてきたなぁ、これ。というのは今回はいつも以上にドロップ運が影を潜めてまして、E1からここまで珍しい艦娘が全く落ちてきません。レギュラーじゃないイベントらしい艦娘としてはわずかに「まるゆ」と「占守」が落ちてきただけですよ。新規艦娘はとにかく、そろそろ「初風」とか「海風」あたりが欲しいところなんですけど・・・
「ゴトランド」は一つ前のE4でもボスマスで落ちて来るチャンスがあったんですけど、その気配は全くなし。その代わりなのか、E4(乙)の攻略はきわめて順調で、輸送ゲージは2回で終了、2つあるルート解放も一発、ついでに追加ルート解放も一発。戦力ゲージでは1回だけそれまして、その原因がよくわからなかったため、ちょっと遠回りで空襲戦が2回ある追加ルートにまわるようにしたら、6回でボスを撃破という快挙。次のE5は「乙」以下で行くと決めてましたので、今まで札の加減で投入できなかった主力級の艦娘を思う存分出撃させまして、最終戦なんて大和型2隻で圧倒するというゴージャスな戦いでしたよ。

というわけで、今回のイベントの目的は達成したも同然ですので、2本目のゲージで苦戦するようなら容赦無く難易度を下げちゃいますよ。w

# by namatee_namatee | 2018-09-18 21:22 | diary? | Comments(2)

高級品。

三連休の最終日であります。昨日の今日で疲れが溜まっているのでなにもせずに(ry
そういうわけでもなく、お昼を食べにちょっと大洗まで・・・3連休だったのを忘れてました。ものすごい混雑でどこもいっぱいです。さすが観光地。
仕方がないのでとって返して那珂湊の松屋で牛丼食べました。w

実は茅ヶ崎のボングーさんへPX125 Euro3を持って行く途中でオイルが無くなりまして。オドメーターで2,700kmぐらいですかね。そろそろかなと予測していたので、以前に購入して置いたアマリーのオイルをグローブボックスに入れておいたのでどうってことはありませんでしたけど。
わたくしの記憶が確かならば、純正で入っていたオイルがなくなって広島高潤の「ひましじゃけん」を入れたのが、走行距離1,500kmぐらいの時でした。それが今回は2,700kmということは1,200kmでなくなったという計算ですな。予想よりちょっと短いかな。3,000kmぐらいまではいけると踏んでいたんですけど。もちろん完全にオイルがなくなったわけではなくて、オイル残量の確認用窓に隙間が見えるようになった時点で補充してますので、距離数に幅が出るのかもしれません。

というわけで次のオイルを購入。珍しくリアル店舗で。MOTULの2T 710というオイル。これで4,000円ぐらいするという高級オイル。原始的なVespaには勿体無いかも。w
今まで2ストのオイルの違いなんて気にしたことがありませんでしたけど、PX125 Euro3ではかなりはっきりと違いがわかります。
その違いをエンジンのフィーリングについていうと、最初に入っていたオイルは普通というか特に特徴がない感じでした。白煙は多めで臭いもいかにも2サイクルという感じのもの。
それに対して「ひましじゃけん」は高回転域の伸びとスロットル操作に対するキレがはっきりと良くなりました。パーンっとスポーツモデルみたいに鋭く吹けます。煙は少なく、臭いもひまし油とは全然違いましたけど悪くはなかったですね。
アマリーのオイルはどちらかというと最初に入っていたオイルに近いフィーリング。明確に高回転の伸びがおとなしくなりました。その代わりに中低速でのトルクがupしているように感じられ、これはこれで有りかなと思います。そして煙は少なく、臭いは普通。
といった経験から、なんとなくですけどエステル系の化学合成オイルは高回転域での伸びがあるような気がするんで、今回はこのMOTUL 2T 710をセレクトというわけでございます。これなら低温でも固まったりしないし、煙も臭いも少ないでしょう。

ちょっと距離を走って降りたあと、身体中から2ストオイルの匂いがするので、気にならない臭いってのは重要だと思います。w>オイル

# by namatee_namatee | 2018-09-17 22:03 | motorcycle | Comments(6)

デュエット

というわけで、本日は茅ヶ崎のボングーさんに点検に出していたPX125 Euro3を引き取りに行ってまいりました。
行きは電車。最寄駅のひとつ先の駅からAM7:00発の特急でまいります。上野で上野東京ライン(東海道線直通)にのりかえ、10時には辻堂駅に到着。電車速いなぁ。
帰りはR134経由で久里浜まで行き、フェリーで金谷へ。そこからR16からR51というルート。これが文字にすると簡単なんですけど、行程が長い。10:30にボングーさんを出てウチについたのが19:30ですぜ。実に9時間もスクーターに乗りっぱなし。R134とか、いつものごとく混雑しているし。いやもう、足腰背中に疲労がたまっちゃって・・・嘘です。実は足腰背中はそんなに疲れません。ハンドチェンジのせいで左手首のあたりとブレーキ&スロットルを操作し続けた右手がだるいぐらい。あとちょっとお尻が痛いかな。見た目から想像されるより疲れないんですよ。>PX125

走っていて思ったんですけど、ラージベスパのPX125 Euro3ってほどほどに鈍い操縦性とふんわりした乗り心地がツーリング向きだなぁ、と。より動力性能に優れ、新しいはずのLX150ie 3Vよりも長距離・長時間の運転でも疲れが少ないです。まあMTなのでストップ&ゴーが面倒臭いってのはありますけどね。なので田舎道をずっと走るなんてのはPX125 Euro3は得意ですね。もうちょっとトルクとパワーがあってギアリングも高ければ下道用のツアラーにできるかも。これはボアアップして小型自動二輪登録か。w

9時間と言ってもフェリーの待ち時間と乗っている時間で2時間近くかかってますので、実際は7時間ちょいですけどね。>実走行時間
フェリーの待ち時間にターミナルでお昼(アジフライ定食)を食べて、東京湾を横断している間は休憩していられるわけですので、都内を突っ切るよりは楽なのは確かです。
図は偶然にもフェリー乗り場で一緒になったプリマベラ150。オーナーは美しい女性で、ブラウンのプリマベラとコーディネイトされたオシャレなウェアでした。わたくしが乗船準備していたら駆け込んでみえまして、お互いにありゃ?みたいな感じでぱっと目があって、乗船してからも近いテーブル同士で、これは声をかければ新しい出会いが・・・そういうことをしないからわたくしはわたくしなんですよ。w
こっちはどうみてもダサダサのおっさんで、しかも乗っているのは同じベスパとはいえ、一般の人には馴染みが薄くて場合によっては理解不能なPXですからね。
それにしても、この時のフェリー(13:20発のしらはま丸)は二輪車はこの2台だけでした。つまりベスパ率100%。係の人も「ベスパ2台とか珍しいね。」って言ってました。w

# by namatee_namatee | 2018-09-16 21:20 | motorcycle | Comments(4)

酷い目にあう。

本日はお休み。午前中は悪天候です。土砂降りの雨が降ったり。中途半端に涼しいのでエアコンが効かなくて、室内でも顔とかベタついて気持ち悪いですね。いやぁ、こんな日にしょうなんちほーへPX125 Euro3を取りに行かなくてよかった。

そういったわけで、部屋からほとんど出ずに「艦これ」やってました。本日はE3に難易度「甲」でチャレンジ。3つあるゲージのうちゲージ1は簡単に割れました。次のゲージ2は昨日のうちにかなり苦労してクリア。第2艦隊にカットイン要員を2-3人配置しておいて、昼戦で随伴を排除して夜戦でボスをギリギリで仕留めた感じ。かなり際どかった。ゲージ3はさらに厳しいと聞いておりましたので、これは先行きが危ぶまれるなぁと思いながらも、そのまま「甲」でチャレンジ。2回目に偶然に空母のカットイン(今回の特効は空母のカットインだそうで。)が入って一撃でボスを撃沈しまして、これはなんとか行けるかも?と思ったんですけど・・・甘かったですね。その後は全然ダメ。10回ぐらい挑戦しましたけど、負けはしないものの、ボスを沈めたのはその1回だけで、ゲージを削り切っても割れる気がしない。そのうち予告されていた味方艦隊の支援も始まりましたけど、やや好転した程度でやっぱりゲージを割れる予感がしない。これは沼るパターンと察知したので、あっさりと難易度を「乙」へ変更しました。まあ、ウチの艦隊には夜間攻撃可能な艦載機がないということもあって、夜戦での手数不足&威力の天井が低い。要するにわたくしは「甲」の器じゃないんですよ。w
あと、攻略途中で難易度を変更するとゲージが復活すると聞いておりましたけど、それがこういう複雑な海域でどういう風に復活するのかを見てみたいってのもありました。>やや負け惜しみ
たぶん最後のゲージ3だけが最初の状態に戻るんだろうなと思っていたんですけど、意外なことにそのゲージ3もフルの1/3ぐらいしか戻らないんですね。つまりあと1戦でボスを沈めればゲージが割れる状態でスタートになりました。これはラッキー。昔はゲージが全部戻るどころか、複数あるゲージが全部初期状態になったと記憶しております。なので難易度変更はかなり覚悟がいる行為だったんですけど、現在の仕様ならかなり気軽に難易度を変えることができますね。

で、すぐさま編成から装備から基地航空隊も「甲」の時そのままで突撃。あー「乙」は楽だ。道中もボス戦もなにもかもが楽。w
とはいえ、道中で第2艦隊の夜戦カットイン要員が次々と中破していきまして、これはボスに到達しても今回は撃破できないんじゃ?と危惧しはじめました。それでもなんとかボスに到達し・・・ああ、やっぱり「乙」はボスの随伴艦がぬるいなぁ、と思った矢先、「蒼龍」のカットインでボス瞬殺。w
随伴艦も昼戦で殲滅してしまい、「甲」で夜戦のためにどえらい苦労して装備や配置を練ったのは、またその夜戦要員が中破していってハラハラしたのはなんだったのかと。あとゲージ1と2を「甲」でやって溶かした資材とバケツ。orz

というわけでやってきたのが図の「神鷹」であります。元ドイツの貨客船「シャルンホルスト」でしたっけ。なのでこの通り、金髪碧眼なんですな。もっと大人になると金髪から茶色い髪になったりするんでしょうか。ちなみにあまり幸運な経歴ではない艦のため、「運」の値は「9」であります。運悪っ。「大鳳」の「2」よりはマシですけど。

他に何か・・・「艦これ」の合間にアマゾンプライムで「機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星」を観ていたぐらいですか。いやー、1年戦争は良いですなぁ。未来の話のはずなのにわたくしの中では歴史的事実として認識されているという不思議な作品。>ガンダム
前作の「激突 ルウム会戦」が一番良いところで終わっちゃう感があったので、今作は期待大でありました。その期待にたがわず、実に見応えがありました。やっぱりドズル中将は良い男です。それに比べてキシリア閣下とかもうね(ry

# by namatee_namatee | 2018-09-15 22:59 | diary? | Comments(2)

ありゃま。

新しいオートバイ(謎)は登録に必要な書類のやり取りがスムーズにいかず、今週中の納車は不可能に。三連休やお店の定休日の関係で納車可能になるのは早くても来週の木曜日以降ということだそうです。まあ今週末は天候が不安定な上にボングーさんに預けてあるPX125 Euro3も取りに行かなければならないので、スケジュールがタイトすぎる感じでしたし。そのPX125 Euro3は明後日に取りに行く予定です。明日は天気が微妙。雨に日にハンドチェンジのスクーターで慣れない道をウロウロするのはごめんですよ。(汗

行く時はソフトシェルジャケットを着ていって、風が抜けまくりで寒くて仕方がなかったので、なにか適当なウェアはないかと、そこら辺を探してみましたけど、これがない。エアガンのパーツとかなら、なんでこんなものがこんなに?ってぐらいイロイロと転がり出てくるのに、衣類の類は全然です。なので、会社からの帰り道に大洗の「クローゼット」さんに寄って適当な服を買ってまいりました。確かフランス軍のプルオーバーウィンドブレーカーかなにか。この季節、まだ本格的なライディングウェアじゃなくてもなんとかなるし、ましてやスクーターですから普段着っぽいので十分なんですよ。

で、もらったのが図の缶バッジ。大洗に行くとなにかとガルパンの缶バッジをもらうことが多く、ウチにも何個かありますけど、サメさんチームのは初めてですなぁ。店内には米澤円さん(たぶん)のサイン入りのフリントのPOPがありました。いやそれにしても監督の水島努氏が「荒野のコトブキ飛行隊」とかいうアニメを手がけるそうで、これはこれでかなり魅力的な作品っぽいんですけど、「ガールズ&パンツァー最終章」の方は大丈夫なのかと心配になってまいります。w
っていうか最終章の内容を忘れかけてますよ。w

# by namatee_namatee | 2018-09-14 22:40 | diary? | Comments(0)