2019年 08月 02日 ( 1 )

予断を許さず

というわけでやってまいりました。>DC-LX100M2
中古の美品でございます。いつものようにマップカメラで購入。77,900円(税込)でございました。昨日の夕方発注して本日到着。
コンデジとしてはSONYのRX100シリーズと迷ったんですけど、あれは友人のタカ氏が所持しているし、もう年寄りなので全く未経験のブランドのデジカメだと操作がおぼつかない。orz
Panasonicならどれでもおおよそ同じ操作方法なので、さすがに混乱することはないし、わたくしはLeica D-LUX4(DMC-LX3のOEM)からDMC-LX7とLXシリーズを連続して愛用していた時期がありまして、要するにLXシリーズのファンなんですよ。LXシリーズの特徴はセンサーは小さいけど、そのセンサーを無駄なく使ったマルチアスペクトとむやみに明るいレンズの組み合わせ。反面、ズームレンズではあるものの、望遠側の焦点距離は大したことない。この独特のポジションが気に入っていたのであります。

とはいうものの、LX7はあまり好きじゃなかったですね。なんていうか、写りが甘い。カチッとかカリッとか、はっきりした描写じゃなくて、全体に柔らかい印象。細かいところを見ればちゃんと解像しているんですけど、全体を見ると眠いみたいな。これがどうにも気に入らなくてMFTのDMC-GM1Sに乗り換え、そこからはGX8→G9という流れ。そしてちょっと大きいG9のサブ機として、DMC-GM5を購入して今に至ると。
その間にLXシリーズはLX9が出て、またすぐにLX100(このLX100M2の先代)も出てと着実に進化しておりました。先日も書きました通り、LXシリーズの正統な後継機は1インチセンサーのLX9だと思うんですけど、どうもMk2とかはでる様子がないですね。MFTのLX100が跡を継ぐんですかね。まあ、そこまでLXシリーズにこだわりがあるわけじゃないので、どっちでも構いませんけど。

LX7と比べるとLX100M2は外装が金属で高級です。最新のコンデジらしくファンクションボタンもあるし、USBでの充電にも対応。レンズはLX7は24-90mm(35mm換算)でF1.4-2.3という驚異的な性能で、その名も「LEICA DC VARIO-SUMMILUX」であります。Leicaを知っている者には「ズミルックス」は憧れですよ。w
後継のLX9もSUMMILUXですけど、24-72mmでF1.4-2.8とやや後退する。LX7はセンサーが1/1.7型で、そのおかげでレンズも楽できるのかも。
ではLX100M2はというと、24-75mmでF1.7-2.8とLX9と比べるとさらに後退してしまいますけど、F1.7なのでかろうじてSUMMILUX。w
まあ、この程度のレンズのスペックの差よりセンサーの大きさの方が画質に影響ありそうですけど。

というわけで、はたして使えるのか、はたたますぐに飽きてやっぱりLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.を買っておけば良かったと後悔するのか、どちらに転ぶか予断を許しません。w>DC-LX100M2

by namatee_namatee | 2019-08-02 21:26 | camera | Comments(4)