2019年 07月 06日 ( 1 )

さすがヤマハ

最近、こういう写真ばっかりだなぁ。まあ、ハンドル周りのセッティングの変遷を記録に残しておきたいってのもあるといえばあるんですけど、さすがに変わりばえしなさすぎてネタにするのが心苦しいような。w

先日買い直したUSB電源の件、デイトナの「スレンダーUSB」はこの通り、無事に装着できました。とてもコンパクト&スリムなので、この図ではどこに取り付けたのかがわかりづらい。ハザードスイッチの2つ隣がそれでございます。これは良いアイディアですなぁ。もっとコンパクトなUSBのコンセントだけみたいなのもあるものの、結局は配線とか取り付け部分とかがごちゃっとしているので、本体の小ささのわりに嵩張ってスマートじゃない印象ですけど、これはすっきりと収まってしまってどこについているのかわからないと。w

これでハンドル周りのモデファイは終了であります。いかんせんルネッサちゃんはキャンプ対応のツアラーとして使うには積載能力が足りないので、ツーリング用の装備はこんなもんで十分でしょう。リアキャリアとか、サードパーティ製(ニュージランドだかオーストラリアだかの)がまだ手に入るんですけど、あれは格好良いとはいえず、せっかくのすっきりしたスタイルを台無しにしてしまうと思います。テントやシュラフがいらない2-3日のツーリングなら、積載はシート上でなんとかなりますし。

すっきりしたスタイルといえば、この図ですよ。なんといっても無地のタンクにシンプルなYAMAHAのロゴってのが宜しいですなぁ。大きさといい、色といい文句なし。SRV250のタンクが音叉マークのエンブレムだったりツートーンだったりして、ややデコラティブなのに対して兄弟車のルネッサは無地のタンクにシンプルなロゴ。このセンスはさすがヤマハとしか(ry
ライトケースもタンクと同色でまとまりが良いし、一文字ハンドルは「カフェレーサー」スタイルとしては微妙なんですけど、ルネッサの場合はそこをあえて外した感があって好ましい。ちなみにセパハンにすると、このハンドルホルダーが残って盛大に目立ってしまいます。なので切り飛ばしたくなるんですけど、そうするとこれ、実は肉抜きしてあってトップブリッジに大穴が開くと。w
SRX400だかのトップブリッジが流用できるそうですけど、SRX400はフォークの太さが36mmだそうで、トップブリッジの穴を38mmに拡張する必要があるそうで。うわ、面倒臭ぇ。(汗
わたくしもセパレートハンドル化はどうするか迷いましたけど、前述のちょっと「外した」ヤマハのセンスに感銘を受けた(本当は法規の問題とかもあったんでしょうけど)のと、トップブリッジの加工の点で断念しました。この一文字ハンドル、実はかつて乗っていたFXDFファットボブのハンドルと同じような角度で違和感が少ないってのもあります。

というわけでプチツーリングにでも行きたいところなんですけど、一向に雨が止む気配がない。明日も大雨っぽいし、こりゃまたガルパン観にいくしかないか。orz

by namatee_namatee | 2019-07-06 22:10 | motorcycle | Comments(0)