2019年 07月 05日 ( 1 )

三度目の正直

やってきてから1月半ほど経過したフィット・ハイブリッドのネタ。
現在の走行距離他は図の通りであります。正確には昨日のもの。フィットはベストセラーでたくさん走ってますので、どうってことない街の風景の一部という認識だったんですけど、これが外から見ているのと実際に乗ってみるのじゃ大違い。見た目に反してかなり大人びた、良質さを感じさせる(本当に良質かどうかはわかりません。w)乗り味の車でした。>フィット
なんといっても足回りのセッティングがおっとりしていて、それでいて本気出せばそこそこいけるという味わい深さ・奥行きを感じさせるものなのがよろしいですなぁ。ステアリングのフィールも同じような傾向で、電動パワステなんでしょうけれども、かつての油圧式パワステみたいに軽いけどしっかり・しっとりしていて良い感じ。また切り込んでいったときにリニアにノーズが回り込んでいくのも好印象であります。前任のノートはステアリングを切り込んでもそれ以上にノーズが外へ逃げるような感触があって、ちょっと大味だったんですけど、フィットはそれがない。
乗り心地やステアリングのフィーリング、車体のしっかり感など全体の印象は、かつて乗っていたVWのPOLOに似ていると思います。変速機がPOLOと同じような7速DCTだからってのもあるかもしれませんけど。
動力性能(といっても本当の動力性能は試してませんけど。)は優秀で、本気出すとかなり速い。1t少々の車重にエンジンとモーター合わせて139.5馬力、トルクは30.0kgf・mですからね。それでいて図の通りの燃費ですから、さすがハイブリッドとしかいいようがない。
その他、装備も充実していてエアコンはオート(プラズマクラスターも付いている)だし、メーターもオプティトロン?だし、ウインカーも欧州車によくある、レバーをちょっと弾くと3回ぐらい点灯する奴、またリアワイパーもリバース連動、ステアリングもティルトはもちろんテレスコピックもすると、かなりの充実度。
欠点はないのかというと、強いていうならAピラーが寝ていて付け根が前の方にあるので、左右の視界に死角がある。小さい三角窓があって、それで視界の狭さを補おうとしているみたいですけど、ピラーが太いのであまり役に立ってませんな。なので狭い交差点などでは特に斜め右からやってくる歩行者には注意が必要かも。

社用車ですけど、これなら自分でお金出して乗っても良いと思える出来の良さであります。>フィット
今度は事故せずに最後まで乗ってあげたいものですなぁ。(汗

by namatee_namatee | 2019-07-05 21:14 | car | Comments(2)