2019年 07月 03日 ( 1 )

空波

おお懐かしい。かつて乗っていたスカイウェイブ400(右はアプリリアのスカラベオ?)ですよ。2008年の7月撮影だそうですから、ほぼ11年前の図。もうそんなに経つか。(汗

スカイウェイブ400はツアラー的な使い方ができないかと思って購入しました。この頃はツーリング向きのオートバイを欲しておりました。現在でも理想のツアラー探しは続いておりますけど。w
当時は大型自動二輪の免許は持っていなかったので、ツアラー探しは中型免許で乗れるモデルの中という制約があり、なかなか難航していたんですよね。>トオイメ
免許の制限がなければ、BMWのR1200GSとかカワサキの1400GTRとか、いろいろ選べたんですけど・・・まあ予算の限界ってのもありますし。あと体格の限界も。w

思えば名古屋へ引っ越す前に乗っていたカワサキのKLE400ってのがわたくしのツアラー探しの始まりであり、初だったわりになかなかの完成度で、あれに近い性能・機能でちょっと違ったアプローチのモデルってのを探しているような気がします。最近はアルプスローダー(今でもそういう言い方するのか?)の類は充実してきているので選びやすくなりました。でも当時、特に400cc以下ではあまりなかったんですよね。っていうか、KLE400とアネーロが廃盤になってからは皆無だったはず。
というわけで、ビッグスクーターをツアラー風に使うってのはどうよ?というテーマ(大げさ)で買ったのが、このスカイウェイブ400というわけでございます。250でもよかったんですけど、スカイウェイブって車重が200kg以上もありまして、荷物満載で高速中心に使うにはさすがに250の26PSとかでは力不足じゃろ、ということで400をセレクト。
期待通り、動力性能は必要にして十分。最高速度はメーター読みで170km/hぐらい(実測150km/h程度?)は出ま・・・おっと、これはなま家の特設テストコース(ry
まあ四輪車に混じって追越車線を走るのには無理のない動力性能でございました。これが250だと最高速度が出ても130km/hぐらいになってしまって、高速道路の速い流れにのるのはかなり苦しい。何度かスカイウェイブ400でどこか他の250ccビグスクと高速を走ったことがありますけど、最初の頃こそ頑張ってついてくるんですけど、しばらくすると250のビグスクは力尽きて脱落しちゃうことが多かったですね。おっとT-MAXとかシルバーウィングはスカイウェイブの天敵でしたけどね。高速走っているとよくT-MAXとかに目の敵にされましたよ。w

動力性能だけでなくツアラーとしては操縦安定性も重要ですけど、この点でもスカイウェイブ400は合格点。直進性は優秀で乗り心地も良い。あと積載能力も十分です。なんてたってスカイウェイブはメットインがでかいのが売りですからね。メットインに加えてシート上および図のようにリアキャリア+リアBOXに積載すればキャンプツーリングも楽々でした。

良くない点としては走破性が低いことですかねぇ。スクーターなのでタイヤが小さくて、キャンプ場のアプローチに有りがちなちょっとしたオフロードで苦労する。そういう場所では200kgを超える車重も不利です。転がすと外装が傷だらけになっちゃうので、絶対に転びたくないってのもプレッシャーの元です。w
あと運転していると飽きてくる。変速がないですからね。右手をひねるだけで走るので、景色を眺めているぐらいしかやることがない。峠道を走っても特に楽しいわけじゃないのも退屈の原因。今だったらスマホからブルートゥースで飛ばして音楽を聴くとか、インカムで一緒に走る友人と話すとか、やることはあるんですけど、当時はそういうのはあまり一般的じゃなかったし、そもそもソロツーリングが多かったので(ry
現行のT-MAXにはクルーズコントロールがあるとのこと。楽かもしれませんけど眠くなりそう。

結局のところ、あまりに移動に徹しすぎた乗り物で、ツアラーとしてもライディングの楽しみが足りないという結論に達しました。>スカイウェイブ400
楽なら良いってもんじゃないんですよねー。
by namatee_namatee | 2019-07-03 22:36 | motorcycle | Comments(2)