2019年 06月 06日 ( 1 )

さすがヤマハ?

というわけで、ルネッサちゃんの燃料ポンプを調達。新品でございます。23年も前のモデルなのにまだパーツが出るなんてすごいと思うかもしれませんけど、これ、ドラッグスター250のかも知れない・・・と思って調べてみたら形状が違うので、やはりSRV250&ルネッサ用の燃料ポンプのようです。いまだにパーツが出るって、やっぱりすごいな。>ヤマハ
そういえば購入したバイク屋さんもさすがに外装はダメだけどエンジンや足回りのパーツはまだなんとかなるって言ってました。これがホンダだとあっという間にパーツが出なくなると聞きましたけど、実際に経験はないのでなんとも。ドリーム50のメーターとかは普通に手に入りましたけどね。

この燃料ポンプ、スクーターでよくある電動とかではなくて、エンジンの負圧で駆動する機械式です。ダイヤフラムのような薄い膜が負圧でペコペコ動いて燃料を送るのだそうです。なんでそんなやっかいな構造なのかよくわかりません。普通に電気式で良いような気がしますけど。
どうも駆動用の負圧を後ろのシリンダーからとっているようです。で、古くなったりしてダイヤフラムにピンホール(穴)が開くと、その穴から負圧を取っている後ろのシリンダーに燃料が流れ込む、というのがトラブルの仕組みのようです。

ちなみにルネッサのタンクはごく普通の燃料タンクです。中にエアクリーナーがあって、燃料は別なところに入っているとかのエキセントリックな構造じゃありません。だったら普通の自重落下式で、燃料ポンプなんていらないんじゃないかと思うんですけど、V型エンジンらしく、ダンウンドラフトキャブなもんで、おそらくタンクとキャブのフロートの落差が確保できなかったんでしょうなぁ。

とりあえず、今週末はこの燃料ポンプを交換しましょう。あとガソリンが混入した可能性があるオイルも交換だな。面倒臭いですけど、そういのがやりたくてルネッサを買ったんだから仕方ないですね。w

by namatee_namatee | 2019-06-06 21:26 | motorcycle | Comments(2)