2019年 05月 22日 ( 1 )

お買い得

社用車のフィットがやってまりました。
想像してた感じと違ったですね。フィットのイメージって、よく言うと軽快、悪く言うとガサツというものだったんですけどね。
ハイブリッドの下から2番目のグレードなんですけど、とても静かでかなり重厚な乗り心地。その乗り心地と7速DCTということもあって、かつて乗っていたVWのPOLOを思い出す。もっとも変速しているのを感じられるのはせいぜい4速までで、それ以上になると一体いつ変速しているのかわからない。おそらくモーターも回っているはずで、高いギアで変速ショックが感じられないのはそのせいかと思われます。
モーターのアシストは上り坂で感じられるような気がします。普通の車だったらシフトダウンするかCVTだったら回転が上がるような場面でも、ギアはそのままでヌルーッと登り切っちゃう。モーターの出力は27馬力ぐらいのはずですけど、影響は大きいみたいですね。
あと思っていたよりモーターだけで走る時間が長い。発進はモーターのみで、ちょっとすると押しがけしたみたいな感じでエンジンがかかるわけですけど、そのままゆるい加速で行くといつの間にかモーターだけで走っている。ゆるゆると加速すると60km/h以上までモーターで走れちゃう。とても新鮮な感覚。>ハイブリッド

図は最近プリウスのそれと一緒に話題になっていたシフトレバー。見ての通り、右に倒してから前に押すと後進、手前に引くと前進。個人的には前に押して前進の方が違和感が少ないんですけど、まあそういう仕組みなら仕方ないね、ぐらいのもんで、特に使い辛いと言うことはないですね。確かに最初の頃は前進と後進を間違うこともありましたけど「あ、いけね!」ってブレーキ踏めば済むこと。それより「P」を押せばどのポジションに入っていても駐車できるのが便利でしかたありません。w

このフィット、下から2番目のグレードですけど必要なものはちゃんと揃っています。エアコンはオートだし外気温計もある。ミラーも電動で折りたためる。どれも前任のノートにはなかったものです。まあ価格は50万円ぐらい違うので致し方ない点でもあります。それでもフィットのお買い得感は半端ない。さすがベストセラー。って、ノートの方が売れてたはずなんですけど・・・

by namatee_namatee | 2019-05-22 21:32 | car | Comments(0)