2019年 05月 18日 ( 1 )

場違い

本日はお休み。明日はサバゲーなのでバッテリーの充電ほか、準備をしておりました。
良いお天気だったので準備の合間にVespa PX125 Euro3でいつもの山道へ。これで山道走るのって初めてかも。

山道は苦手。
まあエンジンのトルク・パワーはたかがしれてますからねぇ。いかんせん登り道はスピードが出ません。4段しかないミッションのギアリングがワイドなのも辛いところ。登りでは3速だと吹け切り、4速だとトルク不足でどんどんスピードダウンというジレンマに陥ります。3速で火を吹くぐらいぶん回して、4速にシフトアップした途端に失速というのを繰り返す。w
下りではパワーのハンデがなくなり、まずまず思ったように走れますね。ATのLX150ieで感じたターンインの時の不安定さはありません。10インチの小径タイヤですけど、それをあまり感じさせない落ち着きぶり。さすがラージボディ。ちょっと鈍くできている操縦性はVespaの見識みたいなものを感じます。まあMTということもあるのかも。
そのMT、言わずと知れたハンドチェンジですけど、峠道で使いやすいかというと・・・微妙ですねぇ。基本的には素早いシフトは苦手かな。いやでもコツがあるんで、慣れればかなり素早くシフトチェンジできるようになりそう。前述のワイドなギアレシオのおかげでそんなに頻繁にシフトチェンジが必要ということはないです。
ブレーキは必要にして十分に効きます。スクーターなので上体を支えるためにのニーグリップができないのが辛い。ブレーキそのものの効きは十分でもハンドルに余計な力をかけないための手加減が必要で、そのために制動距離が伸びている感じ。
タイヤはお世話になっている茅ヶ崎のボングーさんのおすすめで、MichelinのS1というタイヤ。ちなみにチューブレス化してあります。このタイヤ、特にスポーティというわけでもなさそうですけど、グリップは十分。っていうか、路面にべったり張り付いて走る感じ。感覚的にはハイグリップタイヤみたいな。
ところがネットで評判をみると良いのと悪いのと入り混じっていてなんだかよくわからない。w
スポーツタイヤと言われる場合もあるし、格安でロングライフだけど雨天時に滑るという評判もあり、なんだかよくわかりません。>S1
個人的には上記の通り、ハイグリップタイヤという印象です。

と言った感じで、PXはやっぱり山道より街中が似合いますなというお話でした。

by namatee_namatee | 2019-05-18 22:00 | motorcycle | Comments(0)