2019年 04月 19日 ( 1 )

作戦完了


今日のところはこのぐらいで勘弁してやろう。w>シイナ号のリニューアル作戦
リニューアルしたのは前後のダンパー、タイヤ、ホイール、エアクリーナーエレメント、オイル、オイルフィルターといったところ。後半は定期的に交換するものでリニューアルというほどのことはありませんな。かかった金額はパーツ代+工賃で14万円ほどでした。

どちらかというとコミカルな印象の車ですけど、こうやって見るとなかなか格好良いですなぁ。>T-TOP
白いホイールが似合うかどうか、微妙なところ。白いホイールってのはコンペティティブとでもいうのか、競技用のホイールに多いと思うんですけど、これは単なる安いホイールですからねぇ。いまいちインパクトがたりないような気がします。14インチなら同じブランドで2ピースのホイールがあって、それだとリムがシルバーなのでそれなりに格好がつくんですけど、タイヤサイズ(155/65R13)は変えたくなかったんですよね。
そのタイヤ、思っていたよりステアリング操作に対するレスポンスが鋭い。もっとおっとりとしたタイヤかと思ったんですけど、これは意外でした。乗り心地も特に柔らかいということはなく、どちらかというと固めに感じます。路面からの騒音も普通。グリップはよくわかりません。車重が軽いしパワーも大したことないので、必要にして十分なだけあります。

ダンパーは伸び側が大幅に強化されている印象で、突き上げは意外に軽いものの、直後にドスンと落ちる感じがあります。平らな路面やスピードが上がると非常に快適ですけど、東日本大震災で痛めつけられた舗装の多いなっとーちほーの田舎道では乗り心地が良いとは言い難い。よく言えばスポーティー、悪くいうと野蛮な感じ。T-TOPはムキになって飛ばすモデルじゃないので、このダンパーはややミスマッチか。といっても他に選択肢はあまりないですし。

昔乗っていたサンバーはリアエンジンのせいかエアクリーナーがすぐに汚れまして、メーカー規定の交換サイクルまで使うとエンジンのトルク・パワーが低下する感じがあったので、メーカー規定の半分ぐらいで交換してました。非力なエンジンだったので、よりはっきりとエアクリーナーの汚れ具合の影響があったのかも。
シイナ号も同じEN07型エンジンですけど、スーパーチャージャー付きでトルクもパワーもずっと大きいせいか、エアクリーナー交換の恩恵は微妙・・・でもなかったですね。やっぱり違いはわかります。L700ミラでも同様で、見た目では汚れていないようでも新品にすると元気になったので、思っているよりエアクリーナーの汚れはエンジンの出力に影響があるのかもしれません。

といった感じでリニューアル作戦は終了しました。あとやるとしたら、まだその時期じゃありませんけどタイミングベルト関連とクラッチですかね。10月には車検ですので、その時にどうするかというところですなぁ。

by namatee_namatee | 2019-04-19 22:47 | car | Comments(4)