2019年 03月 12日 ( 1 )

Happy Birthday!

3月12日であります。3月12日といえばシイナ教徒にとっては重要な祭日。御本尊の「椎名へきる」嬢の誕生日であります。生誕祭って奴ですな。そういえば「生誕祭」というのは故人の生まれた日を祝うものだと思っていたんですけど、改めて調べてみると特にそういうわけではないそうで。心置きなく「生誕祭」と言えますな。w

先日ネタにした「クリスタル・A」のジャケット裏にはメンバーの生年月日も記載されており、それが正しいとすれば(まあ正しいでしょうよ。)椎名さんの誕生日は1974年3月12日。椎名さんは不思議な魅力のある方で、そんな歳なの?と思わないこともない反面、歳相応に落ち着いている印象もある。いや歳相応に落ち着いているかと思うととんでも無いことを言いだしたりする驚きもありますな。w
デビュー〜ブレークした当時を知る方にとっては椎名さんがそういうお歳になったというのは感慨深いのでしょうけど、わたくしは6年前からのファンですから、まあ見た目は変わりないわけで・・・これって特定の部位(顔とか)が変わらないというよりも、全体のイメージが変わらないということで、それはそれで驚異的と思う次第。芸能人ですから、いろんな部分にお金がかかっているのでそういう面での変化が少ないのは当然ながら、それ以上にイメージとして「椎名へきる」は6年前と変わっていない。では25年前と変わっていないのかどうか。それはニワカのわたくしには窺い知れないし語る資格のない事柄であります。
少なくとも歌に関する限りでは、声とか服装とか、あるいは歌い方はだいぶ変わりましたけど、わたくしにもデビュー当時から連続する何かは感じられます。この変化しているのに変わらないもの、これがわたくしにとっての椎名さんの魅力なのであります。単に長く続けているだけじゃない、継続性のあるなにか、興味がない、知らない人には気付くことのない椎名さんの魅力です。

前にも書きましたけど、正直なところ、2013年の段階で、椎名さんはいついなくなっても不思議じゃないと思ってました。だからこそ、あわててイロイロと集めたりライブに行ったりしたわけですけど、椎名さんの世界に触れてみると実際はそんなにヤワじゃなかった。w
意識しないと触れる機会が少ないだけで、やることはちゃんとやっていたんですねぇ。自分の知識と了見の狭さを恥じましたよ。orz
特にアコースティックライブは、椎名さんしか持ち得ない(濃い)楽曲をアコースティック限定とはいえ、現代的なアレンジや演奏・歌唱で演るという、かなりハイレベルな音楽活動であり、あれがほぼ毎月行われているというのは驚異的です。新曲とかシングル・アルバムを出さなくても、やることはやっているという、椎名さんらしい個性的な音楽活動と言えるでしょう。

末長く健やかにその美しい歌声を聴かせていただきたいと心から思います。>椎名さん

by namatee_namatee | 2019-03-12 22:38 | music | Comments(6)