2019年 03月 04日 ( 1 )

意識高い系、苦手。(汗

特にネタはないので、本日買ってきたもの。
ホイールの発送通知がきたので、カセットスプロケットの組み込み準備であります。もっともホイールは台湾からやってくるので、明日到着というわけにはいきませんけど。

まずはロックナットを締め付ける時にグリスがいるな、ということで、近所の超絶におしゃれな自転車屋さんで購入。めずらしく通販じゃありません。w
そのお店、ユニクロの跡地にできた自転車屋さんですごく広い。しかもおしゃれ。工具はパークツールで統一されておりカフェもある。店員さんもいかにも自転車屋という感じの、汚ったない前掛けしたおっちゃんがお風呂の椅子みたいなのに座ってママチャリのチューブ引っ張り出しているとかじゃなくて、お揃いのポロシャツみたいなユニフォームでキビキビと接客している。もっとも客はわたくし一人でしたけどね。
いうまでもなく、わたくしはこういう「意識高い系」のお店は苦手です。なんか無理難題を持ち出して、店員さんのその取り澄ました程度をぶち壊したくなるんですよね。まあ、わたくしにも最低限の分別はありますから実行はしませんけどね。w
自転車屋ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。刺すか刺されるか、そんな雰囲気が(ry

買ったのは図の通り。シマノ純正のグリスとワコーズのチェーンルブでございます。グリスはかつて「デュラグリス」って言ってたもの・・・なのかな?
名前が変わって「プレミアムグリス」なんて言ってますけど、プレデターの体液みたいな色は変わらず。たぶん「デュラグリス」と同じでしょう。ちなみに「俺のバイク、コンポはカンパだぜ!」とか粋がっていてもグリスはシマノだったりする。w

そういえば自転車ってネジのスレッドというスレッドにグリス塗りますよね。車やオートバイも塗らないことはないけど自転車ほどではない。なんでだろ?と考えてるんですけど、おそらく車やオートバイは部品が丈夫なので、ネジにグリス塗らないでかじりや焼きつきが起きても大きなトルクをかけられるからリカバリーが楽。でも自転車の場合はパーツが繊細なのでかじりや焼きつきでネジが外れなくなると大きなトルクがかけづらい。無理するとすぐに壊れる。自転車は車やオートバイのパーツに比べると相対的にネジのトルクが大きめということなんでしょう。あと異なる金属をネジ止めすることが比較的多いので(アルミとSUSとかチタンとか)電位差で電食を起こしやすく、それを防止する意味もあるんじゃないかと。>グリス
以上はわたくしの思いつきですので、本当かどうかはわかりません。信用しないでください。w

それはそれ。こんなにイッパイいらないんですよ。>グリス
とりあえずはカセットスプロケットのロックリングを締め付けるのにちょっとだけあればよいんです。お店の人に「もっと小さいのはないのか?」と尋ねたんですけど、小さいパッケージの方は在庫切れだそうで・・・意識高そうな店構えなのにグリスの在庫を切らすとかもうね(ry
まあそこは抑えて、とりあえず無いと話にならないので、このでっかいパッケージを買いましたよ。チューブ状になっていて使いやすそうではありますし。
チェーンルブはお店の人のおすすめ。わたくしは長いこと、チェーンのオイルはフィニッシュラインのWETなにやらというのを使っておりました。スプレーとかじゃなくてボトルの奴。少しずつ塗れるので経済的で、ベタつきもせず思ったほどホコリや汚れもつかず潤滑効果も十分。なので、今回もそれにしようと思ったんですけど、お店の人がこっちを勧めたので、そこまで言うならということで。スプレーはうかつに吹くとリムに着くのがなー。まあ、サラサラでよく回りそうなのでしばらくは使ってみましょう。

あと必要なのはタイヤか。純正ホイールのタイヤを移植しても良いんですけど、これもイマイチ怪しげなタイヤなのでここは新調ですかね。物入りですなぁ。orz

by namatee_namatee | 2019-03-04 21:20 | bicycle | Comments(18)