2018年 09月 07日 ( 1 )

邪道?


引き続き、S&T 三八式歩兵銃のネタ。
近眼+老眼のわたくしに光学機器なしで使えるのか、と運用方法をどうしたらよいか考えあぐねていたらサバゲの友人のコミネヤ氏にこんなものがあると教えていただいたのが、これ。ありがとうございました。>コミネヤ氏
AKなどでよくあるリアサイトを短いピカティニーレールにリプレースするもの。さらにこれはナイトサイトになってます。

上から見るとこんな感じ。
リアサイトの高さが変わるので対応したフロントサイトも付属します。3Dプリンタで作ったものらしく、とても軽い。樹脂製ということでチャチなのかと思いきや、最初の図を見ても分かる通り、オリジナルのリアサイトの跡にかっちりと収まります。なかなかの精度。長さもそこそこあるので、M14に載せていたピストルスコープを合わせてみたら、かろうじてマウントが載りまして、ちゃんとスコープとして使えそうでした。だがしかし、すごい違和感なのでボツ。w
マウザーKar98kのZf41スコープみたいな感じではあるんですけど・・・このプロポーションでピストルスコープを載せるならM14のスカウトマウントぐらい前の方に無いと格好悪いと思います。
というわけで、小型のダットサイトに変更。ドクターダットとかRMRみたいなオープンタイプのダットの方が目立たなくて良いかと思ったんですけど、ウチにあるそこら辺のダットサイトは出来がイマイチで、おまけに搭載位置がかなり離れているのでダットが見辛い。それこそオープンサイトで狙うのと同じぐらいに目を凝らさないとダットが見えない。w
結局、古典的なT-1タイプの小さいチューブ式ダットサイトになりました。

うーん、違和感が・・・アップにすると目立ちますけど、鉄砲全体としてはさほどでもない、ということにしておきましょう。w
ダットサイトの狙いやすさはアイアンサイトの比じゃ無い。これでバトルライフルとして現代の戦場(サバゲの)で使えるはず。

by namatee_namatee | 2018-09-07 21:46 | survival game | Comments(10)