2018年 08月 16日 ( 1 )

ライバル

いきなり二丁購入。>エアガン
しかもよりによってこの組み合わせ。w
長い方は言わずと知れた三八式歩兵銃、またはArisaka type38 rifleでございます。三八式っていうと、本とか漫画とか、いろいろと複雑な描かれ方をしていると感じます。で、それがどちらかというと日本人によくある自虐的な歴史観とでもいうのか、実際以上に粗末なもの、ダメなものとして、なんていうのか揶揄を含んだ印象で語られているような気がするんですよね。個人的には松本零士先生の戦場漫画シリーズなどで、ボルトアクションの不利な点が強調されたりしていたのがトラウマになって残っているような・・・

ネットから仕入れた知識では、三八式歩兵銃は当時の主力ライフルとしては平均的な仕様で、小口径でやや威力不足とされているものの、その反面、反動が小さく低伸弾道で精度の高いライフルであったそうな。材質についても末期を除けば一流だったそうです。
正面切って戦った米軍の主力小銃が画期的なセミオートライフルのM1ガーランドだったので、それと比較するとボルトアクションの三八式が旧式に見えるのかもしれませんけど、米国以外の各国の主力小銃はみんなボルトアクションですからねぇ。強いていうなら、各国の小銃が次第に短くなっていったのに対して、三八式歩兵銃はずっと長いままであったので、その点において時流に遅れがちだったのかな、ぐらいに思います。

そんなわけで、なんとなく三八式歩兵銃というよりはArisaka type38 rifleと呼びたくなるんですけど、そんなんじゃ一般人には通じるわけないので結局「さんはちしき(あるいはさんぱちしき)」と言うことになります。w

これはS&T製です。この手のエアガンとしてはとても安い。発注したのをすっかり忘れるぐらいに安い。w
たしか7月の初めにYouTubeで「ハクソー・リッジ」かなにかを見ていたら無性に欲しくなって、ネットで調べたらフォースターさんで第4次ロットが予約受付中だったので、ついうっかり(ry
ケロッと忘れておりまして一昨日、入荷と発送のメールがきて驚くという。

もう一丁は、これも言わずと知れたトンプソンM1A1短機関銃であります。こちらはSNOW WOLF製。これも安い。なんと9,800円(税抜)。フォースターさんのセールのメールが来たので、ついうっかり。w
これは電動です。コネクターをT字の奴に交換して試射してみると、0.25gBB弾の適正HOPで82m/s程度の性能。指切りのフルオートで撃つと微妙に給弾が怪しい気配があります。でもどうせパッキンあたりは交換するので、それで給弾も直りそう。
こちらはストックがフェイクウッド(つまりプラ)ですけど、意外なほど気になりません。本物の木製に変えようかとも思ったんですけど、フェイクウッドの方が軽いし傷も気にならないのでこのままにしようかな。

三八式のいかにもな部分。菊の御紋の花びらは15枚です。w
ちょっとストックが綺麗すぎるような気がしますね。ボルトを操作した時の遊底被(ダストカバー)の音がたまりません。マウザーKar98k(マルシンとマルイVSRのハイブリッド)、S&T M1903、G&G M1ガーランド、K.T.W. モシン・ナガンと各国の主力小銃(のエアガン)を所有したことがありますけど、動作の格好よさはダストカバーがある三八式が一番ですよ。図の照尺も横から見るとレシーバーやストックに対して真っ平らに収まっていてとても格好良い。
ちなみに性能は0.25gBB弾・HOPオフで83-84m/sとでました。HOPオフだと弾ポロするので、HOPをかけた時にどのぐらい抵抗になって、どのいう風に初速が変化するのか見当つきません。精度は・・・どうなんでしょうねぇ。当たると良いなぁ。(汗

by namatee_namatee | 2018-08-16 22:20 | survival game | Comments(0)