2018年 08月 07日 ( 1 )

擬似オールドレンズ。w

というわけで、唐突にレンズを購入。
モノはLEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.です。明るいわけでもない、どうということはない標準ズーム。これのポイントは「LEICA DG」じゃなくて「LEICA D」というところ。これはフォーサーズ用のレンズでございます。

・・・フォーサーズなぁ。今でこそ「フォーサーズ」といえばミラーレスですけど、無印の「フォーサーズ」は普通にミラーボックスのある一眼レフでした。で、Panasonic初のフォーサーズ一眼のDMC-L1は2006年の発売だそうです。当時はGRデジタルとか使ってまして、大きいデジカメには興味が薄かった。GR-Dはとてもよく写るのにすごくコンパクト。そのせいもあってセンサーは小さいのにカメラ全体としてはさほどコンパクトでもないフォーサーズシステムは中途半端だなーと思っていたのを覚えております。この図でもわかるとおりレンズがでかいんですよ。フランジバックが38.67mmだそうで、マイクロフォーサーズが20mmなのに比べるといかにも長い。ニコンFマウントのフランジバックが46.5mmですから、センサーの大きさと合わせて考えると中途半端に感じたんですよ。技術的な問題とか、イロイロあったんでしょうけど、大枚をはたいて購入する気にはなりませんでした。>フォーサーズ
それがマイクロフォーサーズになってこんなに化けるとはなぁ。先見の明がないなぁ。>わたくし

フォーサーズのレンズをマイクロフォーサーズのカメラで使うにはマウントアダプターが必要です。図ではカメラとレンズの間のちょっと色が違う部分がマウントアダプター(Panasonic DMW-MA1)です。いつも使っている同じ標準ズームのLUMIX G X VARIO 12-35mm / F2.8 ASPH. / POWER O.I.S.だと、太さはこのマントアダプターと同じぐらいで長さはズームリングの焦点距離が書いてある部分ぐらいまでしかない。フォーサーズのレンズがどれだけでかいかと。
このマウントアダプターは純正ですので、AFやら絞りやらマイクロフォーサーズのレンズと同じように普通に使えます。

で、軽量コンパクトが命のマイクロフォーサーズで古くてでかいレンズを使うメリットは?となるわけですけど、それは現行のマイクロフォーサーズのレンズにはない個性的な写り方と失われていくものに対する興味ですか。あとでかい割に安い。w
写りについては、このレンズの作例をネットでいくつかみたところ、色のノリみたいなものが濃くて現行のLEICA DGレンズとは微妙に違う味わいがあるように感じます。
あとフォーサーズはすでに「終わった」システムなので、新型機や新しいレンズが出ることもなく、ただ消え去っていくのみなわけで、手に入らなくなってから惜しいことをしたとか、価格が高騰したとか、そういう思いをしたくないというのがありまして。前述の独特の味わいと合わせて、今のうちに買っておこうと思ったわけです。
その価格は・・・とても安い。これは並品で18,800円(税抜)です。状態は前玉の内側にちょっとゴミがあり、O.I.S.のスイッチの白いマーカーがかすれている、全体に新品という感じではないという感じです。試しに使って見るには十分な状態で、前玉のゴミはこのレンズが気に入って使い続けるならクリーニングに出せばよし、あるいはゴミは気にしないってのもありと。むしろマウントアダプターの方が割高。新品が見当たらず、Amazonで程度の良い中古を買いましたけど、1万2千円ぐらいしました。orz

あっという間に届いたので、さっそくDC-G9に取り付けて・・・レンズから信号がこないって怒られました。(汗
これだから中古は(ry
レンズの端子を綿棒とアルコールで拭いてみましたけどダメ。ではマウントアダプターの方は?ということで、同じように掃除してみると、無事に認識されました。ちゃんとレンズ側の手ぶれ補正も動作しているようです。このレンズが発売された当時はPanasonicのボディにはボディ側に手ブレ補正がなく、OLYMPUSのボディには手ブレ補正があったものの、レンズ側をONにしておいてもボディ側しか動作しなかったそうです。現在のマイクロフォーサーズでは両方とも同時に使えるので、技術は進歩していると思う部分ですなぁ。もっともこのレンズはそのボディ・レンズ両方で手ぶれ補正をするDual I.S.対応ではないので、レンズで手ブレ補正ONだとレンズ側しか動作しないかも知れません。ここら辺は動作条件を確認してみないと。
その他、AFはちょっと遅いかな。このレンズはコントラストAFに対応しているそうですので、ミラーレスのG9でもAFのスピードはマイクロフォーサーズのレンズと遜色ないか?と思ったんですけど、マウントアダプターを介するせいか、あるいは古い設計のせいか、ちょっと遅くなります。>AF
もっとも実用に不満があるというほどではありませんけど。

動作確認できたので、庭に出て適当な花をパチリ。これこれ、この色が濃い感じですよ。決してパキッと解像しているわけではなくて、どちらかというとぼんやりと柔らかい写りなんですけど、色合いが濃い感じがする。この感じはネットで見た作例とまるで同じで笑っちゃう。w
くっきりかっちりと写るけど、癖みたいなものはあまり感じない今のマイクロフォーサーズのレンズの、例えば上述のLUMIX G X VARIO 12-35mm / F2.8 ASPH. / POWER O.I.S.とか、全然癖がない無味無臭みたいな写りに比べるとかなり個性的と感じます。
それを最新のボディで味わう、これが粋ってもんですよ。w

明るいところで撮って見てどんな風に写るのか、これは楽しみですよ。

by namatee_namatee | 2018-08-07 21:23 | camera | Comments(12)