2018年 07月 24日 ( 1 )

究極の(ry

本日は少し涼しかったですかね。
なのでふと思い立ったのが究極にパラパラなチャーハンを作るミッション。w
なりふり構わずにパラパラでさえあれば良いという作戦です。なので使うのはこれ。見ての通りのインディカ米、別名タイ米。ジャスミンライスともいうらしいですね。
実はAmazonで見かけてつい買っちゃっただけです。そのまま放置されていたんですけど、今日になって思い出したのでパラパラのチャーハンを作る作戦となったわけでございます。w
ネットで探した炊き方?茹で方?湯取り法という奴でお米を煮ます。今さら書くことでもありませんけど、この方法はお米を水洗いせずに、水につけたりもせずにいきなり沸騰した多めのお湯に入れて8-9分煮たあと、10分ぐらい蒸すというもの。パスタの茹で方になんとなくにてますなぁ。
煮ている時に独特の香りがして、それが結構強くてビビる。まあ食べる時にはほとんど気にならなくなってしまうんですけどね。

で、溶いた卵をフライパンに落として、そこへすかさず蒸したお米を投入するわけですけど、あまりに久しぶりだったので具の調理をするのを忘れてしまいました。わたくしのやり方では、肉の類とネギやらニンジンやらは事前に別の鍋で炒めておいて、フライパンの方のメインの卵+お米が良い感じに炒まったところへ投入、という方式なんですけど、今日はメインの方を先に始めちゃった。(汗
まあ仕方ないので、メインのお米と卵に後から肉の類とネギを投入しました。でも、やっぱりちょっと火の通り方がマイルドで、ネギの香ばしさや肉の脂の旨味が十分に出なかったですね。

いやしかし、インディカ米は炒めるのが楽だなぁ。普通のお米だとかなり力が要るのに、インディカ米だとサクサクですよ。フライパンを振ってお米を返すのもすごく楽。その代わり普通のお米なら卵とお米が細かくからむというかコーティングしたみたいになるのにインディカ米はまったく混ざりません。最後まで卵は卵、お米はお米でした。普通のお米はあの粘りで卵とからみやすいんですかね。

というわけで完成。
イマイチ、彩が乏しいですなぁ。w
やっぱりニンジンとかナルトとか入れないとダメか。ただ、パラパラなチャーハンを作るという目標は達成しました。もうすっかすかのパラパラですよ。スプーンですくうのに苦労するぐらい。w

お味の方は・・・残念ながら同じ材料・作り方で作った普通のお米の方が美味しいですね。パラパラなのは良いんですけど、あっさりしすぎてます。味付けは塩と胡椒と中華調味料だけなんですけど、醤油というか魚醤とかを加えた方がよかったかも。食べている時に醤油をたらしてみたら、物足りなさが和らぎました。
実は昨日もこのインディカ米を炊いてカレーに合わせたんですけど、日本式のカレーとはあまり相性が良くなかった。で、カレーと一緒にグルグル混ぜてしまうとこれがいける。やっぱりインディカ米はもっとはっきりとした味わいの調味料や香味を使うのが似合うんでしょうなぁ。

もう一回分ぐらい残っているんですけど、何に使いましょうかねぇ。>インディカ米

by namatee_namatee | 2018-07-24 21:51 | diary? | Comments(2)