2018年 07月 16日 ( 1 )

気に入りました。>DC-G9

というわけで下界へ帰ってきたわけですけど、これが暑くてなにもする気になれない。おまけに無理がたたったのか左足の膝が痛い。orz
なので部屋からほとんど出ずに過ごします。まあいつものことですけどね。

今回のお泊まりサバゲでは買ったばかりのPanasonic DC-G9を持って行きました。たいして使う機会はなかったんですけどね。
使い方はGX8と似た部分が多く、戸惑うというほどのことはありませんでした。もっとも設定項目は格段に多く、メニューの階層がすごく深いのにビビりました。w
それでも普通に使う分には苦労なく、ちゃちゃっと撮れるようになりました。で、そうやって適当に撮ってみてその性能に驚く。なんていうか、何も意識しなくてもすごい高画質の写真(良い写真とは言わない。w)が撮れちゃう。
この図なんか露出補正もなにもせずにシャッター切っただけですよ。何も考えてなかったので絞り開放です。w
JPEGにした時に欠落しちゃったんですけど、オリジナルでは空には一番星が写ってる。駐車場の車のルーフが暗い部分に埋もれているような表現も思った通り。恐るべし。>G9

画質がボケがイマイチと言われ続け、今でもことあるごとにセンサーのサイズが(ryと呪文のように繰り返し貶められるマイクロフォーサーズ(MFT)ですけど、一般的に必要な水準の性能はあると思いますね。画質についての重箱の隅をつつくような話になれば、フルサイズ信望者の方々にたいしては、撮っている写真のクオリティがそのレンズやボディの質量に見合ったものなのか冷静に見直してほしいと言いたい。その写真はフルサイズじゃないと表現できないものだったのかと。w
MFTユーザーから見るとフルサイズSLRのレンズとか、もう冗談としか思えない大きさでお店で見る気にもなりませんよ。例えばワンダーフェスティバルに行くとしますよ。あれは写真に撮っておかないと二度と見れないものがあるので、嫌でもそれなりのカメラを持って行くことになるんですけど、大艦巨砲主義的フルサイズのシステムだと体力的に全体の1/3しかまわれないかもしれない。画質がどうのの以前に撮れなかったものがあったら話になりませんよ。体力をつければ良いわけですけど、それなら軽量なシステムにするのもアリでしょう。
で、仮にMFTなら2/3は回れるかもしれない。撮れたか撮れなかったか、結果を重視するならMFTは賢い選択だと思うわけでございます。

そもそもフルサイズフルサイズと踏ん反り返っておりますけど、その元になった135というフォーマットがどういうものだったのかをお忘れではありませんよね。w
またボケに関してもボケボケ五月蝿い御仁がいらっしゃるんですけど、ボケに関してはなんていうかオリジナルというか本家本元みたいなカールツァイスのエンジニアの方が「ボケ方を意識してレンズを設計することはなく、ピントを合わせた対象をどれだけ高精細に写すことができるかが問題」みたいなことを言っているのをなにかで読みましてね。ああ、ドイツだなぁと思ったのを覚えております。
正直なところ、わたくしはボケ音痴とでもいうのか、あまりボケ味がよくわからない気がありまして、ボケているのは認知するんですけどその質になると・・・MFTで絞り開放で接近して撮れるボケ具合であまり不満がないんですよね。

まあ、好みは人それぞれですから、デカくて重たいレンズやボディを愛でるのもありでしょう。デカいし重たいし高いから愛で甲斐はあるでしょうし。w
真面目な話、重視する性能で使い分けすれば良いわけでして、いい加減、体力の衰えを実感しているわたくしとしましては、こと写真に関しては男のロマンよりも実質的な使い勝手を選びますというお話でございました。

by namatee_namatee | 2018-07-16 18:28 | camera | Comments(4)