2018年 06月 21日 ( 1 )

二丁あります。

特にネタは(ry

ウチにあるオリジナルのスコーピオンVz 61二丁の図。手前側のケースに入ってない方が古い。当時はマシンピストル的に運用していたのでストックは外しちゃいました。どうせあまり役に立ちませんし。>スコーピオンのストック
これは発売と同時に予約して買ったはず。いつだったか忘れちゃってますけど、2007年ぐらい。すでに11年も経っているのか。(汗
ケースに入っている方はサバゲの友人から譲っていただいたもので、こちらは2012年ぐらいにやってきたはず。これも6年経つのか。orz

古い方は完全にノーマルですけど、電気系がおかしくなったらしくバッテリーを入れても動かなくなってしまいました。新しい方はスプリングを交換してパワーupしてあります。それはそれでなかなかの高性能なんですけど、新しいMOD.Mがノーマルスプリングで理性的なチューンが成功したので、この二丁をニコイチしてノーマルスプリングでそこそこの性能に仕立て直そうと思いまして。要するに古い方からノーマルスプリングを移植するプランなわけですな。
MOD.Mの実績からスプリングガイドとタイトバレルが有効だったので、今回はシリンダーはノーマルのまま、スプリングガイドを例によってPDIのものに交換しようと思います。それだけでも寂しいので、ピストンヘッドもPDIのものに交換しましょう。
バレルについては、実は新しい方にはすでにPDIの01バレル(パルソナイト仕様)が入っております。長さが127mmとかなので、初速のupは怪しいですけど、これまたMOD.Mの実績からスプリングガイドのスペーサーを2枚にしてバレルの短い分を補いましょう。他にもHOPパッキンとか、グリスの塗り直しとか、6年間の慰労ということでO/Hであります。

まだパーツが届いていないので、古い方を軽く分解してみました。動かない原因はやはり電気系のようで、モーターのコネクターが錆びてます。他もさすがに11年経つとイロイロと錆びたり劣化したりしてますね。うまく行けば二丁とも使えるようにできるかと思ったんですけど、古い方を復活させるのはちょっと苦戦しそう。なので部品取りにすることにしました。

ちなみにこのケース(ホルスター)、チェコ製の本物ですって。某オークションで買いました。別にケースなどなくても良いんですけど、ストックの角度が使いづらいので無理やり曲げたら、折りたたんだ時にストックの反発が強くなってフロントサイト両脇の金具でストックを保持することができなくなりましてね。置いておくと常にストックが半開きの状態になっていて鬱陶しい。w
仕方がないのでケースに収めようと・・・これ、フラップがしまりませんよ。まさか実物のスコーピオンの方が小さいとか?

by namatee_namatee | 2018-06-21 22:27 | survival game | Comments(0)