2018年 06月 08日 ( 1 )

趣味悪い。orz

あまりにネタがないので鉄砲を買ってみました。
見ての通り、東京マルイのスコーピオンMod.Mでございます。先日ネタにしたVz61の発展型。ただし架空銃。w

これ、画像だとなんとも言えずに趣味が悪いんですけど、実際に手に取ってみると意外に格好良いですね。金色の各パーツはわたくしとしてはギリギリ許容範囲内という感じ。せめてシルバーならなぁ。orz
それ以外の機能的な部分は文句なしです。マガジンのキャパは260発あり、オリジナルのVz61のドラムマガジンよりちょっと少ないものの、取り回しはこちらの方が上。ストックもコンパクトな割に狙いやすくできてます。そして銃本体には各部にレールがあるので、Vz61最大の欠点、光学機器が載せづらい点が完全に解消されております。

バッテリーは小さいNiMHのままなので、レスポンスやサイクルはまあお察しというところ。とりあえずVz61からLiPoのアダプターを移植しておきましょう。いずれはレールを生かしてバッテリーBOXを取り付けてまともなバッテリーで運用したいところ。見ての通り、拡張された長いハンドガードは隙間があるので、ケーブルを外に出すのも難しくはなさそう。問題は内部でどう取り回すかで、これは研究が必要だなぁ。

ネットで情報を収集したところでは、初速はMP7(インナーバレル長が同じらしい)と同じぐらいで0.2gBB弾で70m/s程度(6/9訂正:実際に計測してみたら0.2gBB弾で81m/sとでました。ただし箱出しでHOPは未調整。ちなみにサイクルは650mAhのLiPoバッテリー使用で14-15発/秒でした。これなら必要にして十分ですなぁ。)のようです。これはフルサイズの電動ガンやいつも使っているボルトアクションライフルに比べるとかなり物足りない。なのでウチのMP7はスプリングを交換して88m/s(0.2gBB弾)ぐらいまでパワーアップしてますしVz61も同様のチューンです。スプリング交換は簡単にパワーupし、LiPoバッテリーを使えばサイクルもレスポンスも特にデメリットを感じない。ただし弾道が怪しくなる印象。ノーマルはフルオートで乱射しても弾速が遅いわりにまっすぐ素直に伸びるなかなか上品な弾道なんですけど、パワーupするとそれが散るようになる感じ。サイクルが上がって給弾が苦しくなり、さらにずっと速くて圧力の高いエアでBB弾を押し出すわけで、飛距離は伸びるものの、伸びた分だけ散る感じです。
たぶん、コンパクト電動マシンガンはノーマルの状態で最高にバランスが取れているんでしょう。なにかするとそのバランスが崩れちゃう。

というわけで、できる限りノーマルの素直さを殺さずに、ちょっとだけ射程を伸ばす方向でいじってみたいところ。スプリング交換は無しですなぁ。スプリングガイドやシリンダー等の変更でなんとかしてみますか。

by namatee_namatee | 2018-06-08 22:08 | survival game | Comments(2)