2018年 05月 30日 ( 1 )

「ありさ」つながり

本日のネタは18禁、いや内容は18禁じゃないけど、人によっては不快に思うこともあるので、以下はそういうネタが嫌いな人は読まないでください。読むなよ、絶対に(ry

そういうネタが平気な人はこちらをご覧ください。
これは「まんがシャワー6月号」。いやー久しぶりに買いましたわ、この手の雑誌。今はネットがあるから店頭でエロ本の類は買わなくなったし、そもそもこれはAVの情報誌的なもののようで、わたくしはそういう最先端の情報には興味がありません。確かにAVは好きですけど、自分の切り口でテーマを決めて探索して行くのが好きなわけでして、新作がどうのとか新人女優さんがどうのとか、そういうのはあまり興味がありませぬ。大体がAVは完全なファンタジー、架空そのもののお話なので、制作現場とかの事情を知っても面白くないし嬉しくもない。夢が壊れますよ。w
なので買うことはまずない類の雑誌であります。

では690円も出してなぜ買ったのか。わたくしのお気に入りの女優「羽生ありさ」嬢が表紙だったから・・・まあそれもある。w
本当のポイントは左上の「まんがシャワー」その下の「巻頭グラビア」の下、そこにある「羽生ありあ」の文字列。どうみても誤植?、こういう表紙のサブタイトルみたいなのでも誤植っていうのかな?まあ、よりによって「羽生ありさ」嬢の名前が間違ってるんですよ。(汗
コンビニでトイレを借りようと思って、雑誌の棚の前を通過していたら成人雑誌のところにこれがありまして「お、羽生ありさだ!」と目に止まって手に取ったものの、テープで封印されていて中が確認できない。で、「羽生ありさ」嬢のなにが記事になっているのかと表紙をよく見たら「羽生ありあ」に気が付いたと。
もしかすると何年かのちにプレミアがつくかもしれないと思ったので購入した次第。そんなんでプレミアつかねーよ。w
AV女優さんは数年で引退しちゃいますし、やっぱりメジャーな存在ではないですから、プレミアがつく暇などなくあっという間に我々の目に触れる範囲からいなくなってしまう。そして声優さんなどと違って、作品の中の役という形だけで存在し、中の人の人となりはほぼわからない。AV女優はそういう極めて儚い存在なんです。だから現役のうちに可能な限り観ておかないといけないんですよ。>力説

出演した作品がよっぽど傑作でかつ市場に出回る数が少ないとかだったら、その作品のDVDやBDにプレミアがつくことはあるみたいですけど、この手の雑誌までは無理でしょうなぁ。まあ「つぼみ」嬢ぐらいになると雑誌の切り抜きとかがオークションで取引されてもおかしくないぐらいになるかもしれませんけど・・・つぼみ嬢はキャリア12年とかですからね。しかもロリ路線一筋という。とある作品で先生と生徒のからみがありまして、例によって生徒がつぼみ嬢(セーラー服とかブレザーとか似合うんだ、これが。)なんですけど、先生の方の女優さんの方が年下だったりします。w

ちなみにWikipediaによると「羽生ありさ」嬢は最初は2009年に「小峰ひなた」としてデビューし2013年に一旦引退してるそうです。そして2016年に現在の「羽生ありさ」名義で復活。わたくしは例の「中野ありさ」つながりで検索していて引っかかりました。
「小峰ひなた」時代の作品も観てみましたけど、ギャルっぽい感じで別にどうってことないという印象でした。それが「羽生ありさ」で復活してからは図のような黒髪のお姉さん・奥様っぽい感じになって大変に好まし(ry
中野ありさ嬢とは全く違う方向の女優さんですけど、イベントにいきたくなるぐらいに好きです。行きませんけど。w

中野ありさ嬢といえば、上に書いた作品にプレミアがつく類の話でAVじゃなくてイメージビデオ(実質AVみたいなもんですけど。正直、なにが違うのかわからない。)でそういう作品がありまして、絶版でAmazonやDMMのマーケットプレイスでも手に入らないのがありました。戯れに某オークションで検索したら2点ほど出品がありまして、入札もあり、終了時間の早い方は定価の1.5倍ぐらい、終了時間が後の方はかろうじて定価より安いぐらいになってました。どうしても欲しいというものでもなかったので、終了時間の早い方が定価の1.5倍ぐらいで落札されたのを確認して、遅い方に同じぐらいの金額で入札したものの、すっかり忘れて「艦これ」やってたんですけど、ふとメールを見ると落札の通知が。しかもほぼ定価と同じぐらいの価格で。まさか落ちるとは思わなかったのでビックリ。これ、落とせなかった人は早い方は熱くなって競り合ったけど、遅い方は目に止まらなかったか、もう競り合う気力がなかったかなんでしょうか。いずれにせよ、いきなり横からさらったような感じがして、ちょっと申し訳ない気がしました。
で、「中野ありさ」のイメージビデオとはどんな内容なのかとwktkしながら観ると、AVとなにほども変わらない内容で笑うというオチ。なんていうか中野ありさ嬢の違った面が見れるかと思ったんですけどね。もっともそういうのは「裸の大陸 特別編」という作品でわずかながら見れますけどね。「裸の大陸 特別編」はAVなのにインドでロケするという、なかなか豪華な作品。冒頭の成田空港でスタッフと待ち合わせのシーンやインドの街中のシーンでいつもとは違うありさ嬢が見れてオススメです。w

by namatee_namatee | 2018-05-30 22:01 | book | Comments(0)