2018年 05月 19日 ( 1 )

ノリノリ

本日は極端な天気でした。朝は土砂降り、それが9時ごろから急速に回復してこの有様。(汗
幸いにしてそんなに暑くならなかったので、久々に「シイナ号」の洗車をしました。実はこの直前に嫁さんとあるアニメ作品について話していて、どうしてもその作品名が出てこなかったんですよ。わたくしの頭の中には印象的なシーンや登場人物のビジュアルが明確にあるんですけど、それを嫁さんに言葉にして伝えることができず、おかげで嫁さんにタイトルを教えてもらおうと思っても、どうにもならないという。歳とるとすぐに物忘れして、こうやって思い出せずにイライラすることが増えますなぁ。歳はとりたくないですなぁ。orz

思い出せなかったせいで気分が悪かったので、洗車でもして気を落ち着けようと「シイナ号」を洗車したというわけです。「シイナ号」は小さくてすぐに洗い終わるので、気分を変えるなんてのにはもってこいですな。これが大型ミニバン(←もう、この表現がアレ。w)だったりすると、洗車も一仕事です。屋根とか手が届かないから脚立とか必要だし、車内も広いから掃除機とかひっぱり出さなければならず、洗車機にかけた方が良やってなっちゃう。で、洗車場やガソリンスタンドが混んでいると。w

シャンプー使って洗って、ワコーズのコーティング剤(確かバリアスコート)みたいなのを塗っておきました。確か会社でワコーズのグリスを買った時に試供品でもらったやつ。車体が濡れていても塗れるので便利ですね。
「シイナ号」は1994年式ですから、今年で24歳。さすがにボディ各部は細かい凹みや劣化が見られますけど、エンジンや足回りはまだまだ元気です。車体はグニャグニャな割りには雨漏りもなく、最低限の剛性はあるようですね。もう一世代後のL700ミラはクローズドボディなのに車体が柔らかく、高速道路でサスペンションが大きく動くような場面では、車体の微妙な変形のせいか、ドアのサッシュから空気を吸い出す音がしたもんですけど、「シイナ号」はサッシュレスなのにもかかわらず、そういうことはない。こういうところがヴィヴィオの出来の良さなんですかね。

で、洗車が終わって一息いれていたところで思い出しましたよ。>あるアニメ作品のタイトル
それは「輪るピングドラム」です。w
初見の時の「生存戦略ー!」というセリフとビジュアル、あとその時の曲が強く記憶に残っていて、すぐにネットで調べてタイトルも記憶したはずなんですけどね。それなのにすっかり忘れてしまうとは。歳はとりたく(ry

なぜ「輪るピングドラム」を思い出そうとしていたか。「プリンセス・オブ・ザ・クリスタル」がわたくし好みで格好良かったから・・・じゃなくて、その登場シーンのノリノリの楽曲が聴きたかったからですよ。作品のタイトルがわかったので無事にiTunesStoreで「ROCK OVER JAPAN」も買えました。満足。w
ちなみに「ROCK OVER JAPAN」とはこういう曲です。

もとより「プリンセス・オブ・ザ・クリスタル」を言葉で表現するのは無理でしょ。w

by namatee_namatee | 2018-05-19 21:49 | car | Comments(0)