2018年 05月 06日 ( 1 )

変なTシャツ作戦


本日でGWもおしまい。
わたくしは相変わらず不活発ですけど、通販はできるので買ったものをネタに。

見ての通り「フィフス・エレメント」関連のTシャツ。米国のサイトで買いました。以前、映画好きの友人の「映画に登場した現実には存在しない企業のTシャツ」を集めていると言う話を聞きまして、わたくしも映画じゃないけど実際には存在しない会社や団体のTシャツが好きで、ああ同じような趣味の人っているんだな、と思いました。わたくしの場合はAmazonなどで売っている「ヨルムンガンド」の「HCLI」とか「パトレイバー」の「篠原重工」「シャフト・セキュリティ・システム」あたりのTシャツで特に手に入れるのが難しいものではなかったんですけど、友人の場合は米国にあるその手のサイト(専門のサイトがあるってのがすごい)から購入していると言う本格派。いくつか聞いた中で印象的だったのは「ダイ・ハード」の舞台になった「ナカトミ商事」のTシャツ。そんなのよく思いつくなと。w

わたくしはわたくしで変なTシャツを探していましたら、似たようなサイトを見つけまして、そこでいくつかTシャツを買いましたらば(その時のネタはこちら)・・・ものすごい勢いでDMがやってくる。w
たまにチェックしているんですけど、海外通販は送料が高いので、Amazonみたいにほいほいと買うわけにはいきません。久しぶり(2年ぶり?)に買ったのが図のTシャツというわけで。
下は見ての通り「フィフス・エレメント」に登場するリゾート「フロストンパラダイス」のもの。このスチュワーデス(今だとキャビンアテンダントと言わないとダメかな。)が好きなんですよね。この手の仕事の未来の服装は当然こうなるだろ?みたいな開き直りというか、健全な想像力みたいなものが感じられます。w
前回も同じテーマのTシャツでしたけど、デザインした人が違うので絵柄も違う。っていうか、許諾とか大丈夫なのか、これ。たぶん大丈夫じゃないでしょうなぁ。w
上の黒い方も「フィフス・エレメント」のネタで、ゲイリー・オールドマン演じるゾーグの会社「ZORG INDUSTRIES」のもの。これは前出の「篠原重工」と良い勝負ですな。ぱっと見、ライブTシャツみたいなので、そういうネタだと気がつく人は少ないでしょうね。

といった感じで変なTシャツがまた増えたというネタでした。

by namatee_namatee | 2018-05-06 22:20 | diary? | Comments(4)