2018年 02月 10日 ( 1 )

嵐の調理器具


本日は仕事。今週は早出当番で、しかも土曜日も早出という、病み上がりにはなかなかハードな6日間でした。
それにしても今日は暖かでしたなぁ。15時ごろの気温は12.5度。明日は天気が悪いそうですけど、これだけ暖かいと雪にはならないでしょう。

とりあえず、いつものように仕事は暇でした。なのでネタもない。先日のアウトドアネタ繋がりでこのブログの古いエントリーを読んでいたら、ストームクッカーを買った時のネタがあったのでほじくり出す。2006年の3月に買ったみたいですね。>ストームクッカー

ストームクッカー・・・どうなんですかね。メジャーなんでしょうか。アウトドアに興味を持ち始めたばかりだと普通は選びませんかね。ちょっとでもアウトドアに興味を持つと名前を知ることになると思いますけど、当時の友人は誰も使っている人がいませんでした。
とりあえずご存知でない方に説明すると、ストームクッカーはトランギア社のアルコールストーブとクッカーなどの一連のシステムです。メインは図の通り風防。風防は上下に分割式で、下の部分にアルコールストーブが収まり、その火力は上の部分で風から遮られながら専用のクッカーを熱する、といった構造です。この風防はクッカーとアルコールストーブのクリアランスを最適に保つ、ゴトクの役割も持っています。これがポイント。
アルコールストーブはガスや液燃のストーブと違って圧力で燃える力強い炎ではありません。つまり風に弱い。そのままむき出しで使おうとするとクッカーを乗せるそれ用のゴトクが必要、そして風にあおられて燃料ばっかり消費してなにも起きない。w
その欠点をカバーする、どころかアルコールストーブの能力を目一杯引き出すのがストームクッカー。この風防と専用クッカーの絶妙なフィッティングが頼りないアルコールストーブを強力なガス・液燃のストーブに負けない火力にするんですよ。理知的というか、頭良いクッカー。w
アルコールストーブは通常の気温ではプレヒートは必要ないし(-25度とかになるとプレヒートするそうですけど、それにしても液燃のそれにくらべたらずっと短時間&簡単)、轟音を発することもないし、弱火やとろ火もO.K.
ガスや液燃みたいな瞬発力はないんですけど、アルコールストーブの火力を効率よくクッカーに熱を伝えるので、最終的にお湯沸かす時間は変わらないという。ここら辺が頭良い感じ。ご飯炊いたり煮物をする、あるいはこれまた専用のフライパンで何かを焼いたり炒めたりも簡単にできます。構造上オイルフォンデュとかチーズフォンデュ、天ぷらなんかも得意なはず。なにやらせても普通のストーブ+普通のクッカーよりずっと簡単で収まりも良いんですよ。>ストームクッカー

欠点は・・・急激な火力の調整ができないことかな。火力の調整は可能ですし、液燃(アルコールストーブも液燃ですけどね)に比べれば弱火・とろ火も可能ではありますけれども、火力の調整方法がストーブにかぶせた蓋の空き具合を変えるという原始的なもので、ガスや液燃のストーブみたいにノブを回すというわけにはいきません。なんといっても火力調整用の蓋は燃え盛っている炎の中にあるわけで、素手では蓋を動かせない。これが面倒臭いと感じるかも。わたくしはお箸でやってましたけど、手早くやらないと割り箸とかは焦げちゃう。w
あと基本的にクッカーは専用で、他の適当な奴を使うわけにはいきません。ストームクッカーにはSサイズとLサイズがあり、ソロだったら当然Sサイズなんですけど、微妙に大き目ではある。ソロ用のストーブとクッカーのセットとしては、ちょっとかさばるし重たいんですよね。もう一回り小さいSSサイズがあれば良いんですけど、今度は余裕がなさすぎるかもしれません。なんといっても効率最優先の理知的なストーブなので、その最高の効率を発揮する範囲を超えるのは不可能、もしくは著しく効率が低下する。ここら辺が窮屈に感じるかもしれません。
燃料のアルコールはカロリーが低く、結果として燃料消費が大きいのも欠点でしょう。要するにガスや液燃に比べてたくさんの燃料を持たないとならないわけです。これも軽量化にはマイナス要素ですね。その反面、アルコールは比較的手に入りやすい上に安価・・・かなぁ。わたくしはジョイフル本田で売っているコーヒーサイフォン用のアルコールを使ってましたけど、500mlで300円ぐらいだった記憶。今はどのぐらいするんですかね。少なくともガスよりは安いはず。液燃と比べるとどうかなぁ。液燃は最悪の場合は自動車用のガソリンや軽油、あるいは灯油も使えますからね。もっともそういう燃料は安いけど臭いし手間がかかりますけど。あ、アルコールは薬局でも買えるといいますけど、あれは無茶苦茶高いので現実的じゃありません。あとお酒のスピリタスも当然使えますけど、これまたコスパ最悪です。w
燃費を気にするのなら最初からキャンプとかしなければ良いわけですけどね。

というわけで、この窮屈な感じを克服できるのならストームクッカーは最強のストーブのひとつです。真面目にオススメ。
なんだかんだ言って結構な頻度で使ってました。今でもツーリングとかで真面目に料理をするつもりなら最有力候補です。今となってはもはや料理とかしないので、ガスのストーブに小型のクッカーで十分ですけどね。

by namatee_namatee | 2018-02-10 21:53 | outdoor | Comments(0)