2018年 01月 29日 ( 1 )

重けりゃ良いってもんじゃ(ry


喉がガラガラして体全体がだるい。これは風邪かも。orz

というわけでどうでも良いネタで。
図は見ての通り、G&GのバイオBB弾。重さは0.33gであります。日本国内ですぐに手に入るBB弾としてはかなり重たい。一応はバイオ弾なので、サバゲで使うこともできます。
一般的にサバゲーで使われるBB弾は0.2gか0.25gがほとんどでしょう。ウチではボルトアクションライフル用に0.28gBB弾を使いますけど、普通は0.25gまでじゃないですかね。いうまでもなくBB弾は重たい方が遠距離での速度が大きく、風などの外乱の影響も少ないので集弾性能がよくなります。ただ重たいとHOPを強くかけなければフラットな弾道にならず、落差を考慮したサイティングが必要になりまして、無条件に良いというわけでもない。そこそこの重さでノーマルの電動ガンで十分にHOPを効かせることができ、入手も容易で安いというのが0.25gBB弾でして、パワー制限が0.9Jの時代のサバゲーにマッチした重さの弾だと思います。

で、0.33gBB弾。これは去年のアキュラシーコンペティションの時に使おうと思って買ったものです。前述の通り、重たけりゃ良いってもんでもないだろ、と思っていたのでその時はマルイのスペリオールバイオ弾(0.28g)を使ったんでした。ところがフタを開けてみるとアキュコンのトレンドは重量弾になっていたという。上位は軒並み0.36gとかでしたからねぇ。orz
そんななか、もはや軽量弾といえるマルイのスペリオール弾で臨んだわたくしの成績はまあ上々の部類だったのではないかと自画自賛・・・弾の重さが成績の全てではないです、念のため。w

そこら辺をかき回していたら、ポロっと出てきたのでちょいとテストしてみたというわけでございます。>G&G 0.33gBB弾
鉄砲はもちろんVSR-10 G Spec。中身はほぼPDIのパーツでできております。通常は0.28gBB弾を使っておりまして、適正HOPで80m/s(0.92Jぐらい)といったところ。
そういえば先日、ピストンを「BaRiKaRuコンポVCピストン」にしましたら、すごい勢いで初速があがりましてね。これはいかんということで、パワーアジャスターを1枚だけにしましたよ。ボルトの場合、軽いピストンだと初速が上がるというのは本当でした。初速のばらつきも改善されたようで、高いだけのことはありました。>BaRiKaRuコンポVCピストン
その軽いピストンとこの重量弾の相性が心配であります。あとHOPをかけることができるのか。PDIのチャンバーは構造上、もともと強いHOPをかけるのが苦手だと思うので、いつもより0.5gも重いBB弾にまとものHOPをかけることができるのか、これが問題です。

とりあえず、0.28gBB弾のままのHOPセッティングで撃ってみます。予想通りの山なり弾道。30m先では40cmほど下に着弾します。初速は71m/sぐらいに落ちました。それでは、ということでHOPを強くしてみます。PDIのチャンバーはイモネジを締めたり緩めたりしてHOPを調整しますけど、緩めすぎるとノズルに当たってしまいます。そこがHOP最強の位置というわけですけど、そこまでイモネジを緩めてもまだ山なり弾道でした。初速は75m/sぐらい。その状態では発射音は明らかに大きくなり、ショートバレルの爆音銃に近い。飛距離は0.28gBB弾の2割減で、弾道も不自然です。これで狙える自信はないなぁ。

うーん。これはサバゲーではちょっと使いづらいですね。直押しHOPとかで、強引に強いHOPがかけられる鉄砲なら、フラットな弾道にすることができると思いますけど、PDIのチャンバー仕様のVSR-10ではそれは無理。ちゃんとグルーピングをとったわけではありませんけど、左右のブレは少ない印象ではあるので、事前に距離がわかっている精密射撃では使えるのかも。

というような、実に当たり前の結果になったというネタでした。ダルいからもう寝ます。w

by namatee_namatee | 2018-01-29 20:34 | survival game | Comments(0)