2018年 01月 01日 ( 1 )

あけました。


というわけで、毎年恒例になってしまった赤羽のフロンティアさんのくじ引きに行きました。これまたいつものようにチームメイトのタカ氏と一緒。お疲れ様でした。>タカ氏

っていうか、昨今の景品の状況を鑑みるに、今後タカ氏かわたくしのどちらかがいかないと言い出したらこの慣わしはそこで終了であります。w
だって当たらないんですもん。orz
今回の景品は図の通り。おっと、その前にフロンティアさんへ行った後、時間があったのでマイトリーさんにも行ってまたしても懲りずにくじを引くという。w
フロンティアさんで5千円、マイトリーさんでは2千円。合計7回くじを引いてこのザマですよ。orz

大晦日の件、某チームの忘年会は3時間ほどでお開きでした。意外とあっさり終わるんですよね。二次会ってのも聞かないし。実はわたくしは呼ばれないだけかもしれませんけど。w
相変わらずGGCさんのビールと料理はパワフルです。いつもいつも飲みすぎて大変なことになるので、今回はかなりセーブしておきました。飲んだのはビール3杯(中ぐらいのサイズ)、あとはソフトドリンクと水。おかげで今朝は二日酔いにもならずすっきりでしたよ。
4人ずつのテーブルで5つぐらいでしたので、およそ20人ぐらいでした。>参加者
みなさん(わたくしも含めて)、最初はテーブルからあまり動かないんですけど、後半になると適当にシャッフルされてきまして・・・こういうときにわたくしの周りにくる人はAVの話しかしないという。いや、今回はそんなことはありませんでした。w
宴たけなわともなると話題的にかなりカオスな状態なわけで、ひとつひとつを深く追求するのは無理なんですけど、そこはそれ。まあそういいものだということで、キッカケだけでも拾っておく、もしくは撒いておけば良いんだろうと思っております。なんといっても話題が多岐にわたっておりますので、まともにやったら徹夜でも終わらないかもしれません。w>忘年会

今回は蒲田のGGCさんでしたけど、去年までは新宿の方だったもんで、うっかり宿を田端にとってしまいましてね。これがホテルメッツ田端さんというところでした。この時期、東京は全体的に部屋の空きがなくて、いつもの相場より高いところか、カプセルホテル、あるいはちょっと離れたエリアにせざるをえないんですけど、ホテルメッツ田端さんはあっさり取れたんですよ。わたくしの場合、どこかに泊まるときは「じゃらん」経由で検索しているんですけど、今回みつけたのは「わけありプラン」って奴。w
「わけあり」ですよ、わけあり。「わけあり」のせいか、部屋は空いているし安い。空いているかどうかを別にしても、この時期、ホテルメッツとかだとシングルで18,000-24,000円とかするわけですけど、この「わけありプラン」だと10,000円という。
なにが「わけあり」なのかというと、部屋がレストランの近くでそのレストランの音が聞こえてきてしまうということでした。レストランの営業時間外は聞こえないわけですし、酔っ払って帰ってくるわたくしにはまったく気になりませんよ。>レストランの音
実際にも音は全く気になりませんでした。いつも泊っている御徒町の安宿の部屋の方がずっとうるさいですよ。w
ただし、部屋の暖房がイマイチで寒くて夜中に目が覚めたのはマイナス。毛布か何かもらいたいぐらい寒かった。その割に空気は乾燥して喉が痛くなるという。加湿器があったのを使わなかったのは失敗でした。

あとはなにか・・・先日購入した「SATOLEX Tubomi Sterling Silver LIMITED(MetallicBlue)」というイヤホンの件。
もちろん、今回の行き帰りで使ってましたよ。わたくしはあまりエイジングの効果を信じてないんですけど(機械的な部分が慣れるという効果はあると思いますけど、鳴らしたまま放置しておくことなどで自分の希望に沿った鳴り方になるとは思いませんなぁ。自分の耳も含めて慣れていくもんなんじゃないかと思う次第。)このイヤホンはエイジングの効果のようなものがかなりはっきりと感じられました。購入当初より高域の伸びというか、高音の量が増えてきてます。そのおかげか音場がかなり広がりました。鳴らし始めの音場は広くもなく狭くもなく、これだったらZERO AUDIOのDUOZAの方が広いし高い音もソリッドだし、3倍近い価格なのにこんなもんか、ぐらいに思っていたんですけど、ほぼ2日間、時間にして16時間ぐらい鳴らした現在では、3倍分の金額に納得、ぐらいの評価になっております。
最初の頃は肝心の椎名さんの楽曲に合うとは思えなかったんですよ。正直、これは失敗したかなと。w
このイヤホン、ネットの情報では女性ボーカルが艶かしく聴こえるというのが売りみたいな感じだったはずですけど、わたくしにはむしろ平板に聴こえました。
椎名さんって、あまりビブラートとかしないんですよね。あの特徴的な音が震える感じ、わかる人にはわかる、あの語尾というのか、伸ばすところの最後が震える感じはありますけど、それ以外での意図的なビブラートとか、あるいは小節をきかすなんてのもあまりない。椎名さん自身もそういうのはしないように努めていたとおっしゃってます。なので、どちらかというと平板な歌い方で、だからこそ個性的なあの声が引き立つと思っているわけですけど、それがこのイヤホンだと悪い方に出ました。本当に真っ平らに平板で細部のディテールも潰れちゃった感じ。イマイチ。
それが現在では音を繊細に再生できるようになってきた感がすごくあって、一見、変化のないような部分でも声に微妙な強弱をつけているのがちゃんと感じられるようになりました。これは確かに「女性ボーカルが艶かしく聴こえる」と表現するのが適当と思います。

低い方の音は今まで通りの量感だと感じますけど、相対的に高域が伸びるようになったので、かなり煌びやかな鳴り方です。どこといって突出して個性的と指摘することができないんですけど、全体としてとても楽しい鳴り方をするイヤホンだと感じます。癖になる鳴り方とも言えますなぁ。これ、もしかして良いもの買っちゃったかも。

という感じで、新年早々、とっちらかったネタでした。w

by namatee_namatee | 2018-01-01 19:57 | survival game | Comments(20)