2016年 12月 03日 ( 1 )

このフィールド、手強い。(汗

c0019089_20220034.jpg
というわけで本日はサバゲ。
参加のみなさま、JJ氏、ダメ氏、ろす氏、チームメイトのタカ氏、お疲れ様&ありがとうございました。

難しい。>ロックヒル
まあ以前に行ったことがあるのでわかってましたけど、ロックヒルさんはやっぱり難しいですね。このフィールド、平坦なところにまばらにバリケが配置してるだけ、と思うでしょ。確かにそうなんですけど、このバリケは完全に隠れられて無敵になれるポイントがない。いつもどこからか撃たれるんじゃないかと警戒してないとダメ。戦線が今どこにあるかを見極めながら前に出ないと、すぐに側面を取られてしまう。単純に見えて難しいフィールドだと思います。わたくしは嫌いじゃありません。この油断の出来ない感じはどちらかというと好きな方かな。

ただし、ボルトアクションライフルには向きませんねぇ。これも最初から分かっていたことですけど。定例会は全てフルオートO.K.のゲームでしたので、電動ガンをフルオートで運用するのが基本でしょう。
一部の手練れを相手にするときを除くと基本的に遠距離射撃での戦いでした。直接照準ではとどかないので、敵の頭の上数メートルを狙って撃つ。直射ではなく戦艦の主砲のように仰角をつけて撃つわけですね。戦艦と違ってわたくしには測距儀も方位盤もないので、勘で撃つことになり、なかなか当たりませんが、そこはフルオートの電動ガン、山なり弾道でBB弾の雨を降らせる感じで撃つと意外に当たります。・・・文章にしてみると大味だなぁ。
実際は距離の読み方にそれなりに慣れが必要で、そんなに簡単でもない。あと真正面からでは避けられてしまうので、側面を取る必要がある。なので側面〜背後から、しかも遠距離からBB弾を降らせるという、かなり卑怯な感のある戦い方でした。不本意ながらその方法で毎ゲーム3-4人は獲ってました。w

あとはなんだろ。珍しくもフラッグgetしたこととか。これもなんか不本意な取り方でして、敵フラッグ付近で交戦している味方を差し置いて、あとから乱入したわたくしがとってしまうという。最後のディフェンスが1人残っていたんですけど、その人が味方と交戦している隙に、不意をついてバリケからほんの数センチだけでていた頭、正確には髪の毛を撃つ。これがちゃんと当たりまして、背後にいたオフィシャルの方が「すごい!」と声をあげるという。いや全然すごくないですから。もちろん狙って撃ちましたけど、当たったのは偶然です。w

図はダメンフィス氏とウッドランドつながりで。なぜか、ろす氏のRPKを持っているわたくし。WLはわたくしのようなおっさんでもまあ見られるようになる、不思議な迷彩です。w

by namatee_namatee | 2016-12-03 21:43 | survival game | Comments(8)