2016年 10月 01日 ( 1 )

ぺろんぺろん

c0019089_19053750.jpg
本日は仕事。特にネタはありません。なので小ネタで。

図は先日のサバゲで活躍した東京マルイのHK417。お金をかけずに重さを抑えながらスタイリッシュwにできないものかと小細工したところ。RASを今まで使っていたVFCの短い奴からマルイ純正に戻し、バレルエクステンションのかわりにサイレンサーを装着してみました。もう少し、ほんの気分だけサイレンサーが長い方が良いかな。
基本的にHK417とか416って無粋な格好だと思うんですよね。カラッと明るいアメリカンな研ぎ澄まされた合理性のようなものの発現、そのAR-15のエッセンスをわざわざヨーロッパの曇り空のフィルターで野暮ったくしたような。w
それでもHK417は特徴的なスケルトンマガジンのおかげでまだ見られると思います。だがHK416、おめーは(ry

HK417の最大の欠点はその重さ。本体のみで4.5kg、このようにスコープを装着すると5kgを超えてしまいます。飛距離と集弾性能は大したものなので、それを生かした戦い方をすればなんとかならないこともありませんけど、サバゲで1日ふりまわそうと思うとやっぱり体力的にきつい。まあ、鉄砲は重いものと自分に言い聞かせて使っておりますけどね。

次は・・・敬愛する椎名さんが出演される劇団岸野組さんの「森の石松外伝 石松と祓い屋団十郎」の件。
先日の「みたいラジオ」である条件を満たすと岸野さんと椎名さんの写真がプレゼントされると言っておりました。その条件とは岸野組さんに電話して「合言葉」を言うこと。これが「〜ぺろんぺろん」みたいな奴でしてね。w
もはや恥も外聞もなく、怖いものなどお金以外に存在しないわたくしですけど、さすがにこれは「電話とはいえ、他人にこれを言えというのか」と絶句しておりました。
まあ悩んでいても仕方ない。金曜日の夕方、受付時間終了2分前に岸野組さんに電話しましたよ。

電話に出たのは若い女性と思しき声。用件を伝えると名前と予約した日を訊かれ、リストから探している様子が伝わってまいります。少し間をおいて、無事、確認できたようで、「それでは合言葉を。」ときたもんだ。w
もう覚悟は決まっていたので「〜ぺろんぺろん」と澄まして言い切りました。本当は笑い出しそうだったんですけどね。電話口の女性の方も、その時はこれはあくまで事務的な対応ですよみたいな感じで、特に可笑しそうなそぶりはありませんでしたけど、用事が済んで最後の方ではちょっと吹き出しそうな気配がありました。w

椎名さんも言ってましたけど、合言葉を言う方は1回だけですけど、受付の方は何人も何人も、繰り返し「〜ぺろんぺろん」と、しかも椎名さんのファンはおっさんが多いはずなので、そのおっさんが真面目くさって言うのを聞くわけでして、それを想像すると、こちらも可笑しくて仕方が無い。w

「〜ぺろんぺろん」みたいなことを電話しているのを他人に見られたり聞かれるのは、さすがに恥ずかしい。同僚はもちろん家族にだって「〜ぺろんぺろん」とか言っているのを聞かれるのは嫌です。しかしながら会社でも家でも、完全にひとりきりになって、しかも18:00までという岸野組さんの受付時間内に電話できるタイミングというのはなかなか難しいです。

では、どうしたか。PCのメンテナンスがあると言って、嘘のサービス残業しました。w
ウチの会社は17:00が定時で、17:10には社内に誰も無いというホワイト企業なのです。なので営業時間外でないとできないPCやサーバーのメンテナンスぐらいしか定時以降に社内に残っている理由が無い。今回はほんのちょっとだけプリンタ関連のアップデートがあったので、それにかこつけてサービス残業。作業は3分で済んでしまいましたので、「艦これ」やって時間を潰し、17:58に岸野組さんに電話するという周到な作戦。我ながら見事です。この知恵とエネルギーをもっと他に(ry

わたくしはなにかをやる時は最善を尽くすというのがモットーですから。w

by namatee_namatee | 2016-10-01 19:52 | diary? | Comments(13)