2016年 06月 29日 ( 1 )

怖い。w

c0019089_20174724.jpg

「コトノバドライブ」の第3巻でございます。

すっかりオカルト話になってしまいましたね。w
それにしてもこの季節感は異常。そうそう、そんな感じって頷きながら読んでますもん。さすが「PositioN」「ヨコハマ買い出し紀行」「カブのイサキ」を描いた人だなぁとつくづく思います。素晴らしい。
惜しむらくはあっという間に読み終わってしまうので、次が出るまでが長い長い。w

さて「ヨコハマ買い出し紀行」ネタ。最近は「黄色魔術オリエンタルガール」ばっかりで「ヨコハマ買い出し紀行」の話題が少ないなどと揶揄されておりますけど、ちょっと考えるところがありまして。あ、深刻な話ではありません。w
まあなんていうか、あの世界がああなったのはおそらく登場人物のすべてが知っていることなのに、読者の我々がまったく知ることがない、その状態で考察がどうのといってもなぁ、と。あの世界の根幹にかかわることですからね。>何があったのか
知識というか認識にそんな格差があるのに、知らない側がどうこう言っても意味がないよね、と。
そして、諦めた人々は誰なのかってのも頭の痛いテーマであります。前回もネタにした通り、「ヨコハマ買い出し紀行」全体からにじみ出る「諦観」、これはどこからくるのか。具体的な表現はないんですよね。実は諦めているのはアルファさんだけで、他の人は案外なにも考えずに普通に生きているのかとか、考えると寝られなくなっちゃう。w
あとは考察を進めていく上で、作者の芦奈野先生の考え方を考慮すべきかどうか、とか。それは描かれていないことなので、結論になんらかの影響を与える要素をそこから採るのはマズいんじゃないかと。
といった感じで、以前ほど無邪気に世迷言を垂れ流している雰囲気ではなくなってまいりました。w

あとは現地調査に行きたいですね。例の公園の件。ストリートビューは見飽きました。w
ツーリングも兼ねて、ちょっといくつか行ってみたいところ。飯能方面は「ヤマノススメ」ネタにもなるし、「秩父ミューズパーク」は椎名さんの史跡wでもありますし。
by namatee_namatee | 2016-06-29 21:01 | book | Comments(23)