2016年 06月 02日 ( 1 )

異常な格好よさ

c0019089_215820.jpg

ネタがない。なので、本日はお蔵入りになっていた不良在庫のネタから。
「歌唱力」についてgdgdと述べましたけど、今回は同様にはっきりとしない概念の「音楽性」について。
これも便利な言葉ですよね。w>音楽性
おそらくたぶん学校で学ぶとか、その筋の専門家の間で使われる時には、かなり限定的な意味を持つ言葉として扱われるのではないかと想像しております。「楽曲の情報を譜面から正しく読みとり、それに演奏者の個性を加味して表現すること」とかかなぁ。どちらかというと後半の「個性を加味して表現する」がキモかなと。あとは後述するようなヘビィメタルとかのすごく細分化されたジャンルでその違いを判別し区切る時とかに特徴を個別に指して使われるとか。

一般的にはもっとゆるく「好き・嫌い」ぐらいの意味で使われているんじゃないかと思いますけど、音楽を制作して発信する側とそれを受け取る側で意味合いの異なる言葉のような気もしますね。>音楽性
受け取る側、まあわたくしなどですけど、こちら側では「音楽性」の意味合いは普通は「好き・嫌い」のレベルで用が足ります。気楽なもんです。w
制作側ではそうはいかない。何もないところから曲や詞が生まれるわけはありませんで、様々な音楽を聴いたり勉強したりして、その影響がその方に経験とか知識として蓄積されているところ、いわばフィルターみたいなものがあって、思いついたことがそれを通して楽曲が生まれてくるんだろうと思うんですよ。なので、その方がどんな音楽を聴いて影響を受けているのかは重要かと。

ちょっと込み入った話になりますけど、わたくしが敬愛する椎名さんの場合、ヘビィメタルに深く傾倒しているそうです。あのふわふわしたイメージとは裏腹ですけど、あの方は洋楽、それも思いっきりメタル好きなのだそうです。その割に自身の楽曲がメタル風一辺倒になるということもないというのは実に興味深いのですけれども、それは今は置いておいて。w

ある楽曲が好きか嫌いかではなくて、それを作ったり歌ったりしている人の方に興味があるとなると「音楽性」の意味合いは「好き・嫌い」のレベルではなくなってくると思います。
そういったわけで、音楽を受け取る側のわたくしも、一歩踏み込んである人の音楽を深く追求していくと、そのルーツみたいなものを無視できなくなってまいりまして、わたくしの場合は対象が椎名さんなわけですから「ヘビィメタル」に興味を持ちました。
持ちましたって言っても、「ヘビィメタル」は大変細かくジャンルが分かれておりまして、正直、今から勉強してもとても追いつきません。かといって誰かにオススメを教えてもらっても、それはそれで椎名さんに関係なく偏りますし。なので、とりあえず「みたいラジオ」でかかる楽曲で気になったものをチェックしてます。
「みたいラジオ」は朝の4時からの番組なんですけど、その時間帯に強烈なメタルがかかるってのがなんとも。w

選曲が椎名さんなのか石川Dなのか、はたまた別な方なのかはわかりませんけど、そうやってチェックしていく楽曲の中に、強烈にどハマりするのがある。傾向としてわたくしはメタルは嫌いじゃないのは自覚しましたけど、メジャーなのも知らないアーティストさんのも含めて、どハマりするのはそんなにないんですよ。やっぱり歌詞が英語だったりしますし、なんと言ってもわたくしは女性の歌声しか受け付けないので・・・

そんな中、史上最高にハマったアーティストが
・Within Temptation
・Nightwish
この2つ。といってもアルバム1枚ずつ買っただけですけど。w
どうもわたくしは「シンフォニックメタル」という奴が好きなようです。
Within Temptationの「Paradise」とNightwishの「Endless Forms Most Beautiful」という曲は特にハマりましたねぇ。最初に「Paradise」にハマっていて史上最強に格好良い楽曲だと思っていたんですけど、それを更新したのが「Endless Forms Most Beautiful」。
どんな曲かというとこちらがWithin Temptationの「Paradise」こちらがNightwishの「Endless Forms Most Beautiful」です。

どちらも格好良いけど「Endless Forms Most Beautiful」の格好よさは異常。パトレイバー劇場版のOPみたいだけど。w
最初に聴いたときは興奮して夜眠れませんでしたからね。
わたくしの頭の中は椎名さんの楽曲が鳴っていないときは、こういうごっつい曲がぐるぐる回っているのでございます。w
そしてライブもすげーな、これ。2013年にボーカルの方が変わったそうで、このライブ映像はその頃のものかな。
いやしかし、そのボーカルのフロール・ヤンセンさんはガタイ良いなぁ。身長は180cmは軽くありそう。MVの格好やメイクはアダムス・ファミリーのモーティシアを思い出します。w
でも歌声は好き。パワフルだけど冷静で乱れなく聴こえる。惚れた。

このライブの雰囲気は・・・椎名さんのと同じだなぁ。実際のところ、椎名さんの最近のライブは映像で残っているそのものよりも、この「Nightwish」のものとかの方が雰囲気が伝わってきます。すごく似ている。行ったことない人には声優さんのライブとは信じ難いかもしれませんけど、こういう感じなんですよ。>椎名さんのライブ
メタルに傾倒した椎名さんの音楽性は楽曲そのものよりもライブに強く表れているのかもしれません。

まあ、そういったわけで椎名さんの「音楽性」を探っていたら、こんな歳になってから自分の音楽の嗜好を自覚する羽目になりましたというお話でした。お蔵入りになっていたぐらいなので、頑張ってもまとまらないネタでした。w
by namatee_namatee | 2016-06-02 22:11 | music | Comments(23)