2016年 02月 13日 ( 1 )

先行きが不安なんてもんじゃない。

c0019089_19173335.jpg

本日は仕事。
というわけで「艦これ」のイベントであります。昨日のうちにE-2(甲)のゲージは削り切りました。だがしかし、最後のボス「集積地棲姫」にトドメがさせぬ。我が艦隊の打撃力と敵艦隊の防御力がギリギリ均衡しているようで、勝てるけどボスを仕留めきれないという。装備や編成を変えたりして何度かチャレンジしてみましたけどパッとしない。これは朝一番のコンディションの良い時に一発で決めた方がトータルで資材に優しいと判断。

そして今朝、会社についてさっそく突撃。かなりの苦戦でしたけど、夜戦の最後の最後に「大淀」が決めてくれました。「WG42」が稼働しているところを今回初めて見ましたよ。w
で、やってきたのが図の「初月」。これでウチも秋月型が2隻になりました。「秋月」がいないのは残念ですけど、まあそのうちどこかで落ちてくるでしょう。防空駆逐艦は使い道が広いのでありがたいですね。っていうか、なんで「涼月」を飛ばす?
何度も書きましたけど、わたくしは「坊ノ岬沖海戦」での「涼月」のエピソードがとても好きです。大損害を受けて後進で帰路につき、佐世保にやっとたどり着く。すでに沈んだものと思っていた佐世保の海軍工廠はサイレンを鳴らして歓迎したそうです。そしてドックに入ったものの排水が終わる前に着底しちゃうという。
「涼月」とか「ザイドリッツ」とか、沈みそうになりながら必死に帰投した話は胸をうちます。軍艦は母港に帰ってきてこそ任務完了なのだ。

次はE-3「北海道北東沖 捷四号作戦」であります。午前中は艦隊の編成や装備の研究に費やし(仕事は?)午後からチャレンジ。何の気無しに「甲」で始めてしまいましたけど、よく考えたら「乙」でよかったかも。というのは、前半の輸送任務でもなかなか厳しく、まるで賽の河原の石を積んでいるようだからです。w
潜水艦に邪魔されるんですよね。資材の輸送が成功するのは出撃回数の半分ぐらいかな。おかげで資材の消耗が厳しい。こんな調子で後半のボス戦で勝てるかどうか。実に不安。w
by namatee_namatee | 2016-02-13 20:28 | diary? | Comments(32)