2016年 01月 11日 ( 2 )

見どころ

c0019089_1723662.jpg

「ガールズ&パンツァー劇場版」は相変わらず好調なようですなぁ。あれは理屈抜きに楽しいですからね。
先日、サバゲのチームメイトのタカ氏とも話しましたけど、まあいくつか気になる点はあって、それが他の楽しい部分と比べて勝るか足りないかで是か非かということになるんでしょう。わたくしはもちろん肯定派です。

「椎名へきる」のファンとしての「ガールズ&パンツァー」の見どころとしては、蝶野教官の思いがけない重要な役割と思うでしょ?
ところがこれが違うんですよ。もちろん蝶野教官の活躍も見どころですけど、もっと細かい偏執狂的なポイントが気になります。少なくともわたくしは。
ひとつは言わずと知れたアンツィオ高校チームの隊長、ドゥーチェのアンチョビ嬢の髪型。髪型そのものは他でも見かけるドリルツインテールですけど、CV33の中でじゃまだからそのウィッグを外せと言われた時に「地毛だっ!」と言います。
これなー、椎名さんファンとしてはドリルツインテールというとあの方、セレスティア・ルーデンベルクさんを思い出します。そしてセレスさんのツインテールはウィッグなんですよ。w
この会話にはどうしてもこれに関連付けちゃう。椎名さんファンですから。たぶん全然関係ないと思いますけど。w

もう一つ。こちらはOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」の方で。
冒頭、武部さんの部屋であんこうチームのメンバーがパスタを作っているときに、お皿並べてと言われた冷泉殿が「えー」というと武部殿が「えーじゃない!」と返すシーン。
これまた椎名さんファンとしてはあれですよ、あれ。w
大楽Pのあの口癖を思い出します。ライブのMC(本当はライブ本体のMCではないけど)やFCイベントのMCで、観客に「えー」と言わせておいてすかさず「えーじゃない!」と切り返すのは大楽氏の得意技。これまた全然関係ないと思うんですけど、どうしても連想しちゃう。w

以上、どうでもよい小ネタでした。w
ちなみにガルパンのキャラクターで一番心惹かれるのは、そのアンチョビ嬢(OVAおよび劇場版)です。良いところと悪いところの振幅が大きいけど、劇場版では任務を確実にこなしてました。真面目といえば真面目だし、気風も良いし言うことなし。

ダブりました。
図は見ての通り、椎名さんの2016年カレンダー(2種類)でございます。ショッピングボードで注文しておいたものと先日のカウントダウンライブの全部セットのもの。ダブってますけど、こういうものはファンとしての応援の一種ですから気にしない。w
by namatee_namatee | 2016-01-11 20:48 | diary? | Comments(5)

川越へようこそ!

c0019089_20164438.jpg

というわけで、本日はサバゲ。埼玉県のデザートストーム川越さんへ。
おさそいいただいたろす氏、ご一緒いただいたみなさま、お疲れ様でした。

サバゲフィールドも場所よってそれぞれ感じが違いまして、例えばBeamさんにはBeamさんの、その隣のフォレストユニオンさんにはそこの、CIMAXさんにはCIMAXさんの、なんていうか独特の雰囲気みたいなのがあります。

そして今回のデザートストーム川越さんにも独特の雰囲気が。まあ悪くいうと大味、良くいうと大雑把・・・別に良くないな。w
スタート時、フラッグのところに集合するんですけど、通常はフラッグの周りに固まれと言われますけど、ここではそんなことはない。ずらっと横1列、20-30mぐらいの横隊になっているところからスタートです。ゲームはフラッグ戦だけではなくて、攻防戦とかセミオート戦とかもあるんですけど、基本的にわーっと突撃してダーっとやられる感じ。w
攻撃している前面は良いんですけど、側面の警戒が甘くてあっさりとやられたりする。まあ落ち着いて前線ができてから頑張りましょう、と。w

敵も味方もすごい勢いでやられていくのを見ながら「大雑把なゲームだなぁ。」とつぶやいておりましたら友人に「これが川越です。川越へようこそ!」と言われました。w
それならそれで、郷に入れば郷に従えということで、わたくしも楽しませていただく事に。敵の勢いを受け流しながら、横のラインを押し上げていきます。みんなで容赦なく押し込む。おかげでわたくしのいた赤チームはほとんど負けなしでしたね。フィールド側でチーム間のバランスを人数で調整していましたけど、効果は微妙だったような。人数比がかわったことで圧倒的な勝ちはなくなりましたけど、それでも押し気味なのは変わりない。最後まで赤チームが優勢なままでした。

今回の武器はS&T TAVOR、ARES ハニーバジャー、マルイ 89式とHK417とVSR-10「あきつ丸」、K.T.W. イサカ・ソードオフといったところ。ゲームの性質からして、単発のエアコキはあまり出る幕はなく、主に電動ガンを使いました。前述の通り、警戒が甘くて顔をだしっぱなしの敵が多いんですけど、見通しも良いので交戦距離は長め。なので電動ガンで長めのフルオートが有効かなと。
ウチの電動ガンはどれも活躍しました。キルレシオはかなり優秀でしたね。

図はろす氏とわたくしのイサカ・ソードオフの2ショット。両方共戦民思想さんの「T名人」装備。すっきりまとまった感じがよろしいですなぁ。
by namatee_namatee | 2016-01-11 16:51 | survival game | Comments(2)