2015年 09月 27日 ( 1 )

いわずもがな

c0019089_2145264.jpg

特にネタがありませんなぁ。天候が芳しくなくて、例によって部屋から出てませんし。(汗
なので小ネタ。

昨日は仕事だったわけですけど、わたくしの使っているノートPC(NECのビジネス用の奴)、なぜかYouTubeでは音が出ない。正確にはブラウザがFireFoxだとダメ。IEだと問題ないんですけどね。
いろいろ調べて、どうもプレイヤーの問題らしいということで設定変更したら直りました。直ったついでに大江千里さんとか渡辺美里さんとか、懐かしい系統の動画を大音量で(ry
ちなみにわたくしのノートPCはウチでは使わなくなったNuForce uDAC2とエレコムのパワードスピーカー+サブウーファーで、ローコスト&小規模ながらそれなりに高音質・・・本当に仕事する机の上かと。w

土曜日は社員が半分しか出勤していないんで、事務所にいるのはわたくしと同僚(女性)の2人だけ。同僚はわたくしよりも7-8歳年下で、これが微妙に食い違うんですよね。>懐かしい音楽
まあ女性なんで興味を持つ対象が男性に向いているのかもしれません。反対にわたくしは男性の歌にはほとんど興味がないですし。大江千里さんは例外中の例外で、渡辺美里さんの「すき」とか、そういうつながりで興味がありました。
渡辺美里さんは相当なレベルで好きだったんですけど、のちになるほど声が力強くなってまいりまして、どうもそれが苦手でフェードアウトしてしまいました。初期の声が高かった頃が好きだったんですよね。
ある時期からのちはすごく力強くトルクフルとでもいうような歌声で、椎名さんの声が1.6Lのツインカム4バルブ(VTEC付き)なら、渡辺美里さんはビッグブロックみたい。

「すき」はこういう歌です。だめだ、今でもこれ聴くと泣いちゃう。w
「次の汽車できみは帰ってくるよ」とか「消し忘れたままの伝言板」とか、歌詞がたまりませんなぁ。こういう恋をしてみたかった。w

で、ついでに渡辺美里さんの「卒業」菊池桃子さんの「卒業〔GRADUATION〕」岡村孝子さんの「卒業」を聴き比べるという。わたくしにとっての春の歌というイメージだとここら辺の歌なんですよね。どれも名曲だと思いますけど、なんとなく似ているといえば似ているなぁ、と。

なので最後は椎名さんの「RESET」で〆る。w
テーマは違いますけど、季節縛りでいくとこれら3曲の「卒業」とおなじぐらいの季節の歌のはずで、その中で椎名さんの「RESET」の鮮烈さは異常。この4曲でどれが良いって・・・「RESET」が一番に決まってるじゃないですか。w
わたくしにとって春のこの時期の歌は前述の通り、3曲の「卒業」のイメージが強かったんですけど、椎名さんの「RESET」は人生50年目にしてその固定観念を破壊しました。そのぐらい革命的な歌なんですよ。>RESET

大体がこの時期の歌は別れの歌が多くて、どちらかというと今までに未練を残した、極端な話、後ろ向きな歌が多く感じるんですけど、「RESET」はリセットですからね。確かに別れの季節でもあるんですけど、新しい出会いとかさまざまな事柄の刷新の季節でもあるわけで、それを高らかに歌い上げる「RESET」は本当に素晴らしい。ちょっと聴いただけでは、先の3曲に比べると安っぽいとか軽いとかそういう風に聴こえるかもしれませんけど、前述の通り、この季節の歌はこういうものという固定観念にとらわれず、椎名さんらしいといえばいかにもらしい楽曲に仕上げた、その心意気、それを考慮するとやっぱり「RESET」が一番だなぁ、と思います。
「10Carat」をCDプレイヤーのトレーにセットして流れ始めた「RESET」(「10Carat」の1曲めが「RESET」なので)を初めて聴いた時の衝撃と感動は今でも変わりません。そして「10Carat」最後の「believe」も忘れられません。ここら辺はほとんど心酔といってもよいですね。

その後、ついでに「ニコニコ動画」でもいろいろとチェックしてました。こちらは最初から問題なく音は出たんですけど、パスワードを忘れて(ry
こちらで同僚に動いている・歌を歌っていない椎名さん(去年のにこ生の映像)を見せたら、すごく驚いてました。w
まあ歌歌っている時とは別人みたいにふんわりしてますからね。ヘロヘロというかフワフワというか、これはどこまでが本当の天然なのかはよく分からないところもあるんですけど、少なくとも楽曲のイメージだけではわからないあいまいな可愛らしさみたいなものがありますね。ただし、こういう感じは前に書いたように同性から見るとやや反発を受ける面があるようなないような。w

と言った感じの土曜日でしたというネタ。仕事?
お客さんが2人しか来なかったんですよ。仕事なんてほとんどありませんよ。

で、図は本文とは全く関係ない、先日導入した電動MP7A1用のスプリング。アングス製ですね。これを使うかどうかはまだ未定です。0.2gBB弾で75m/sという性能が実戦で不満に思うかどうか、まだイメージできないんですよね。もう少し低めの(70m/sそこそこ)Vz 61ではそんなに不満というほどでもなかったんで。MP7の場合はサイクルやセミオートの切れはスコーピオンよりずっと上手なんで、それと低い初速との対比で違和感が出るんじゃないかと危惧しております。
あ、あとマガジンがダメだ。MAGのスプリング式の100連なんですけど、最初の10発と最後の10発がポロ弾になっちゃう。MP7は給弾に問題ありと噂では聞いておりましたが、見事なダメぐあい。とりあえず、テストでマルイ純正の多弾マガジンも手配しました。そもそもこの190連がダメということなんですけど、今の奴は改良されているかもしれないと思いましてね。最悪は100連マガジンに90発装填で運用ですかね。最後まで撃ち切らずにマグチェンジしちゃうと。

と言った感じの小ネタでした。
by namatee_namatee | 2015-09-27 22:05 | music | Comments(11)