2015年 06月 29日 ( 1 )

不本意

c0019089_2145157.jpg

休み明けですので、特にネタは無し。いや、会社で「声オタ」呼ばわりされました。w
まあ、わたくしの言動・行動は一般的にはそう見えるでしょうし、ここで言う「声オタ」はわたくしの規定した「声オタ」と違って「蔑称」ではないですし。あ、ちょっと気持ち悪いというニュアンスは含んでいるかもしれませんけど。ムキになった時のわたくしは確かに気持ち悪いですからね。w

いやしかし、わたくしは声優としての「椎名へきる」についてなにか話をしたことはないんですけどね。尊敬し興味を持っている人がたまたま声優さんという肩書きももっているというだけで、わたくしとしてはあくまで「アーティスト」として捉えているのですけど。普通の人には切り分けが難しいか。伝わらんかなぁ。
たぶん、こういうことについて真剣に考えたことがないんでしょうな。薄味の人生である意味羨ましい。まあ真剣に考えてどうするという話でもあります。w
そう言っているわたくしとて、「声オタ」「声優ファン」と勝手に決め付けているだけで、それが正しいとは限らないし、人それぞれに事情がありますので。
なので、なにかネタとする場合はそこで使う言葉をその都度きっちりと規定しなければなりませぬ。おっと、それはネタを発信するわたくしの側の話。それをどう解釈するかは、また人それぞれです。わたくしが勝手に決めた規定を他人に押し付けることはありません。認識に差がある場合はその都度、個別に理解を求め、必要なら訂正・修正することで対処。
というようなことを、考えたことは無いんでしょうねぇ。>会社の同僚
まあ別に良いですけどね。

ちと話はそれますが、単独のネタにするほどでもないのでついでに。
5月にあった椎名さんのFC eventでT氏が「今後も〜を続けるか?」みたいなネタふりがありまして。「〜」には「声優」とか「ライブ」とか「CD」とかが入るんですけど、それはもちろんお願いしたいところでしょう。FC eventに来るような人が「もう良いです」っていうわけないでしょう。w
で、それを受けてか、某巨大掲示板にちょっと面白い書き込みがありまして。
椎名さんに別にやってもらわなくても良いことについてなんですけど、そこに「声優業」とあって吹いた。w
・・・その気持ち、わかります。(真顔)
椎名さんの歴史(ちと大袈裟か)を通してみれば、絶対にはずせない要素ではある。>声優という立場
だがしかし、どうせハブられるんだったら、あるいは一般の人に業績を理解してもらえないなら、完全な撤退を前提に本当にアーティスト宣言しちゃったほうが良かったんじゃないかと50%ぐらいは思います。その方が理解しやすくてすっきりすることが多い。
前述のとおり、それはありえないことで、当時も今もできないことなのはわかっておりますけど、声優さんという要素が欠けたからといって、わたくしは椎名さんのファンで無くなるということはないですし。

それにしても「声優音痴」のわたくしを捕まえて「声オタ」呼ばわりとは。実は地味にショック。w
by namatee_namatee | 2015-06-29 21:55 | diary? | Comments(10)