2014年 09月 25日 ( 1 )

完成度高い。>iPhone 6

c0019089_21334540.jpg

ネタが・・・ネタはあるんですけど、まとまりません。w

昨日の今日でセッティング。
というわけで、昨日やってきた仕事用のiPhone 6をいろいろと設定。仕事用のメールが使えるようにしたり、ツイッターとかmixiとか・・・仕事に関係ないじゃんね。w
壁紙も殺風景な宇宙の図だったので、敬愛する椎名さんに換えてみました。ありがちだけど良い感じ。
この爽やかな見た目、このiPhoneをそこら辺に落っことしたら、まさかわたくしのものだとはわからないでしょうなぁ。(棒

左側に写っているのは付属のイヤフォンでございます。おまけの音なんて全く期待してなかったんで、そのまま開封もせず仕舞っちゃおうと思っていたんですが、せっかくなので試聴してみることに。
楽曲は前にiTunesStoreで購入した「HEKIRU SHIINA - SINGLES COLLECTION 1995-2000」を再度ダウンロードして、その中から「風が吹く丘」。これはAACと言われるフォーマット。

これが意外なことに良い感じなんですよ。ちょっとドンシャリなんですけど、現在の一般的な耳の人なら違和感なく良い音だと思うはず。イヤフォンをXBA-10に換えてテストしてみましたが、iPhone 6自体の音が悪くないですね。もっとも自分のHTC HTL22も音の面では引けを取りませんけど。あ、HTL22の方はALACだった。その点を考えると音質についてはやはりiPhone 6の方がやや優勢か。

いやまあ、もう最近のスマホは音楽プレーヤーとしても十分使えるんでしょうなぁ。その上、iPhone 6はとても薄くて角がうまいこと取ってあって持ちやすい。iPod touchに良く似た持ち心地で、これは次のiPod touchがあるかどうかは怪しいですなぁ。(汗

いずれにせよ、iPhone 6付属のイヤフォンは十分使い物になりますね。まずたいていの人はこれがあればわざわざお金だして他のイヤフォンは買いますまい。2,000円ぐらいで買えるイヤフォンよりマシですからね。

ちなみにiPhone 6付属のイヤフォン+iPhone 6で聴くAACの「風が吹く丘」と同じイヤフォン+HTL22で聴くALACの「風が吹く丘」では後者の方が中〜低音の厚みというかパワー感が強いです。ただし、続けて聴けばわかるというレベルであり、単体では気がつかないか、ちょっと違和感を覚える程度で済んじゃう可能性が高いです。
これがHP-A4にQ701だと完全に別モノ。さすがに据え置きは格が違います。

といったかんじで、ネタがまとまるまでの繫ぎのネタでした。w
by namatee_namatee | 2014-09-25 22:07 | audio | Comments(24)