2014年 06月 01日 ( 1 )

必要にして十分

c0019089_20535650.jpg

イヤホンの写真撮るのってなにげに難しいですね。(汗

久々に登場、SHURE SE215。
去年の4月ごろにそれなりに音の良い環境で音楽を聴きたいと思う所がありまして、定評のあるSHUREの製品ということでこのSE215を選びました。
思う所ってのは要するに椎名さんにはまり始めていたということなんですけど。「ヨコハマ買い出し紀行」の関係でキャラクターソング関連はいくつか聴いたことがあったんですけど、歌い手さんとしての作品をまともに聴いたのはこのエントリーの頃でしたねぇ。(遠い目

このエントリーではファンになりそうとか書いてますが、この時にはすでに気になって仕方が無かったんですよ。ただし、聴いたのは「SINGLES COLLECTION 1995-2000」でしたので初期の楽曲です。当時のわたくしにはこの時期の椎名さんの音楽は難解に過ぎた。正直、そんなに歌が上手いわけではないし、世間一般の評判も歌唱力wに問題有りというのをよく見かけました。でも自分の全体的な印象は極めて魅力的。情報を集めていく中で、なんともいえないもにょもにょした感想だったのを覚えてます。本当はすごく好きなのに人前で「好きだ。」と胸を張って言えないような雰囲気?
それが「for you」や「Rockin' for Love」を聴いて確信しましたね。これが自分がずっと欲していた音楽だってね。w

それはそれ。
SE215はSHUREのイヤホンのエントリーモデルですね。最近、SE112というのが出ましたが、それまではこの215が最安モデル。最安といっても9,000円ぐらいはするので、一般的な感覚ではイヤホンとしては高いのかもしれません。
わたくしの印象はまあほどほどってところでしたかね。良くもなければ悪くもない。それまで使っていたSONYのMDR-EX90SLが良くできたイヤホンだったので、特にSE215の音でびっくりというということもありませんでした。純正のイヤーピースがイマイチ自分の耳に合わなくて、Lサイズでは長時間付けていると耳が痛くなったし、かといってMサイズでは低音が出ないという欠点がありました。あとLサイズのイヤーピースだと低音が強くなり過ぎて好みに合わないってのも。あとSHURE掛けといわれる装着方法が面倒くさい。
そういったわけで、このSE215は嫁さんにあげちゃったんですが、嫁さんの耳の形状がまた独特でしてね。これまたイヤーピースが合わなくてダメということで、わたくしのところに戻って来てしまいました。(汗
しばらく放置されていたのを試しにCOMPLYのイヤーピースで復活させてみたのが図、ということになります。
この状態だと快適に使えます。耳も痛くならないし、低音が出過ぎることも無い。バランスよく、真っ当に良い音ですね。なんていうか、ダイナミック型ドライバーの典型と感じます。

ER-4Sに比べるとさすがに音の解像度みたいなものについては及びません。っていうか、ER-4Sが異常なんでしょうね。こと解像度については古いモデルなのにもかかわらず、今でも最先端ですからね。正直、はるかに高価で最新のモデルと聴き比べてもその解像度というものについては全く見劣りせず、かえってER-4Sの数倍もするのにこの程度か、とがっかりするぐらいですからね。(汗
全体的な音のバランスということになると、そのような高価で新しいモデルはER-4Sよりも優れているんですが、なんといっても解像感といのは聴けばすぐにわかることで、しかもインパクトが大きいですから、そのイヤホンの印象を大きく左右するんですよ。一芸に秀でているとでも言うんですかね。>ER-4S

SHUREのイヤホンはそういう尖った所が無いと感じます。前から欲しいと思っているSE535というイヤホンがあるんですが、去年と先日のヘッドフォン祭りの2回、一生懸命試聴したんですが、買う!というところまでは行きませんでした。全体的にまとまりよく、いい音で聴かせるんですけど、4万円払うほどではないと。SE215でも十分行けるかなと思ってしまう。

どのみち、現在の状況ではイヤホンのお金をかけるわけにはいきませんけど。orz
by namatee_namatee | 2014-06-01 21:44 | music | Comments(0)