2014年 04月 29日 ( 1 )

ウピウピハートにバースト三連射

c0019089_20351188.jpg

アキュコンの賞品の図。

まず「ウピウピハートにバースト三連射」というCD。「みさみさ」こと正田美里さんのシングル。ウピウピ隊ってのがありましてね。ミリドルというんですかね。わたくしは全く詳しくないのでよくわからないんですけど。
まあ、そのメンバーの「みさみさ」の歌です。
そんなに悪くないですよ?タイトルの「ウピウピハートにバースト三連射」はちょっと趣味じゃないけど、C/Wの「愛と勇気とサバイバルゲーム」はなかなか良いと思いました。もちろん、いわゆる歌唱力wについては余裕がない感じはありますけど、一生懸命歌っているのは伝わってきます。そういうのはここ一年で理解出来るようになったわたくしが言うんだから間違いない。w
まあなんでもかんでもサバゲにくっつけるってのもどうかとは思いますけどね。
ちなみにウピウピ隊とは先日のユニオンフェスティバルで同じチームでした。彼女達はゲームであまり前に出ないんですよね。わたくしの20mは後ろで流速銃をパンパンいわして、「届かなーい。」とか言ってました。アイドルだからやられないようにしているんですかね。そんなの気にしないで前に出て盛大にやられる方がネタになると思うんですけどね。w

右上のはSUREFIREの電池、123Aって奴ですね。武装ジャッジ氏が喜びそうだ。w
賞品はあとひとつあるんですが、TENGAなので画像は無し。まだ使ってないのでインプレも無し。(汗

と、サバゲ関連のネタに見せかけておいて。
椎名さんのガラパ vs スマホの戦い、なんか釣られたような気がしてまいりました。w
部外者の方に説明すると(説明が必要かどうかは疑問ですが。)椎名さんが愛用している携帯電話、いわゆるフィーチャーフォン(いわゆるガラケー。それを椎名さんはガラパという。)が長年の酷使がたたってよれよれになり、またカメラの画素数も最近のネット環境では厳しくなってきて、ケイタイ日記の読者からもう少し解像度の高い写真をなどと要望が出る始末という。で、ケイタイ日記の更新が滞ったら、ガラパが壊れたんだと思ってくださいという日記がありまして、その後、4/26に日記が更新されなかったんですよ。ほとんど毎日更新されて来たんですけどね。少なくともわたくしが見るようになってからは(ほぼ1年)毎日更新されてました。
で、ああこれはいよいよ・・・という話だったんですが、4/27からはあっさりと更新され写真も見た感じ前と同じ画質のものに戻ってました。で、これはなんか釣られたかなぁ、と。w

そのネタがらみなんですが、愛用のガラパの写真の画質について「フィルムとデジタルの違いみたいで好き」とか言ってまして、ちょっと驚きましたね。椎名さんは銀塩とデジタルの写りが違うってのを知っているのかと。考えてみればグラビアの撮影とかでカメラマンと接する機会は多そうですし、そういった中で銀塩とデジタルの変遷を身をもって経験してきたはずですから、知っていても不思議は無い。撮影の時などにカメラマンと「最近はデジタルなのでフィルムは使わないんですよ。」「へー。」なんて会話は必ず交しているはずです。
それでも銀塩とデジタルが違うってのを椎名さんから聴くとちょっと驚きます。w

椎名さんの楽曲の中で携帯電話に関するものは結構あります。前にネタにした「攻撃は最大の防御」はポケベルでしたが、アルバム「PRECIOUS GARDEN」の最後の曲「大切なページ」に「メールでもいいからね」という歌詞があります。Emailの可能性はありますけど、たぶん携帯電話のメールだと思います。
ちなみに「大切なページ」はお気に入りの一つで、「俺様best」入りしております。
遠くへ引っ越すかなにかで友人(男性)との別れの歌なんですが、椎名さんの場合、友人が何を指すのかを考えると、これはもしかしてファン、あるいはスタッフとかを指しているのかと思ってます。
椎名さんは「PRECIOUS GARDEN」でいろいろと転換をするのはすでに何回かネタにしてまいりました。なんていいますかね、初期のアイドルっぽい部分を残した最後のアルバムに感じられるんですよ。>「PRECIOUS GARDEN」
「PRECIOUS GARDEN」のプロデューサーは明石昌夫氏で、次の「Sadistic Pink」からは木根尚登氏がからんできます。木根さんの時代はその後SME(SMR)から移籍するまで長く続きます。
で、わたくしが思うに初期からの楽曲の流れは「PRECIOUS GARDEN」で途切れているんじゃないかと思います。椎名さんと明石氏の相性が良くなかったという説を聞くことが有り、わたくしもそういう風に感じていたんですが、ここで明石氏との縁が途切れるのは、もっと他の理由、例えば音楽性を変えたいと思ったとかで、むしろ「PRECIOUS GARDEN」は明石氏にケジメをお願いしたアルバムなんじゃないかと。
その「PRECIOUS GARDEN」の最後の曲が「大切なページ」で歌詞の内容が別れの歌となると、別れを告げるのは初期からの音楽性に共感して来たファンに対してじゃないのかなぁ、と思うわけでございます。次の「Sadistic Pink」はバリバリゴリゴリの楽曲に突進していくんですからね。

それはそれ。
他に同じく「PRECIOUS GARDEN」の2曲目「discovery」に「忙しいからと たった一行で 返したメール」というのがあります。あと「Rockin' for Love」の9曲目の「September RAIN」にちらっとメールという詩が出てくる。
特筆すべきは同じく「Rockin' for Love」6曲目の「ラブリ タイム」(正確にはスペースの位置にハートマークが入るはず)で、一見幸せなカップルのたわいのない歌みたいなんですが、妙に歌詞が具体的でしてね。「画面でなら顔も見れる」とか「何千の愛のコトバも 予測変換で容易い」「キミへの想いは字数制限超えて」などなど、曲調はPOPロック風で明るいのに歌詞は具体的という不思議な歌。これはもしかしてなにか別な意味のある歌なんじゃないかと疑ってしまいます。w
他には「for you」7曲目の「Short Girl」にもメールという詩がでてまいります。もっと他にもあるかも知れませんが、記憶にあるのはこのぐらいかなぁ。
意外に携帯電話からみの歌詞があるんですよ。>椎名さん
機械音痴とか言いながら携帯電話は使いこなしているんじゃないかと疑い始めてます。w

といった感じで椎名さんの歌と携帯電話のつながりをとりとめなくネタにしてみました。
by namatee_namatee | 2014-04-29 22:14 | music | Comments(15)