2013年 07月 09日 ( 1 )

シームレス

c0019089_20454355.jpg

またしてもCDを買う。だがしかし、今回は椎名へきるではありませんよ?

豁然大悟。
ものは見ての通りAndrew W. K.のI GET WETでございます。なんのことはない、椎名へきるネタを検索していると「Andrew W. K.の影響が・・・」という記述を良く見かけるので、YouTubeさまで確認したら、すげぇ格好良かったので。
これはたまらん。こういうあまり難しいこと考えないで、思いっきり盛り上がるのが良いんですよ。歌うまいとか下手とかクソ喰らえだ。いや、Andrew W. K.は歌うのが下手とは思えませんが。

っていうか、わたくしは悟りました。わたくしはこういうぎゃんぎゃんいう楽曲が好きだ。半世紀経ってやっと自分の音楽の嗜好というものを把握しました。
洋楽はなに歌っているのか良くわからないので苦手なんですが、これはそんなの関係無い。自然にヘッドバンギングしちゃう。車の中で聴くとヤバい。w
友人に洋楽好きな奴が何人かいたんですが、大体中学生あたりからハマりだすようで。わたくしの中学時代にもLPレコードのケース?カバー?みたいなのを持ち歩いている奴が何人もいましたねぇ。大体、ビートルズあたりから入っていったんですかね。

実はわたくしはビートルズ大嫌いだったりする。>爆弾発言か?
なんか回りくどくてね。The Beach Boysの方が断然好き。やっぱり単純でノリの良い楽曲が好きなんですよ、わたくしは。

それはそれ。当時疑問に思っていて、でも聞けなかったこと、それは「外国語の歌を聴いて歌詞の意味が分かるの?」というもの。なんか触れてはいけないことのような気がしましてね。w
最近になって、もう時効だろうと何人かの知り合いに聞いてみました。その答えは古い友人のボニー氏も含めて、歌詞なんかわからん、でした。ああ、やっぱりね。w
Yumingとか好きだったこともあって、歌詞に思い入れのようなものを抱く傾向がありまして、その点から外国語の歌は苦手としたんですが、椎名へきるフィーバーのせいで楽曲に対する思い入れのバランスみたいなものが変わったのを自覚しました。椎名へきるの歌って詩にはたいして感心するところはない。もちろん悪くはありませんが、特に参りましたというほどのものはない。まあ普通。
だがしかし、中毒になるほどの魅力があるのは確かなんですよ。わたくしがハマった要素ってのは上にもかいた通り、歌うまいとか下手とか、歌詞に共感するとかじゃないんですな。ノリが良くて気持ちよい、これですよ。

iTunesに取り込んで聞いてみました。>I GET WET
これは良いわぁ。あまりに良いのでつい大音量で鳴らしてしまい、またしても嫁さんに怒られました。orz
で、一通り再生し終わって、iTunesに入っている別な曲に移るんですが、それが今回は椎名へきるの「Power Of Love」だったわけですよ。これが全然違和感ない。まったくシームレスに違和感無しに聴ける。なるほど、影響があるというのはこういうことか。

ひとつ、椎名へきるの音楽性?彼女がなにを目指したのかという謎の解明に近づいたような気がします。
by namatee_namatee | 2013-07-09 21:47 | music | Comments(8)