2012年 07月 21日 ( 1 )

両極端。

c0019089_19152196.jpg

ネタが(ry
だって仕事ですもん。orz

ベルトドライブ
写真はおなじみFXDFファットボブのプーリーの図。当たり前ですがH-Dはベルトで後輪を駆動してます。昔は当然ながらチェーンだったんですが、現在は全てベルト駆動。これがメンテナンスが楽で良いんですよ。チェーンみたいに注油がいらないし伸びたりもしない。普通に乗っている分にはほとんどメンテフリーです。ただ切れると大変。ディーラーじゃないと修理できない(スイングアームまでバラす必要有り)し、当然お金もかかります。10万円とか聞きました。(汗
ディーラーでは通常なら50,000kmは平気みたいなことを言われましたが、切れるときはあっさり切れるとも。石とかかむとヤバいらしい。調べてみたら非常用のベルトがあるとか。それなりの価格(30,000円程度)するので、わたくしは切れたら諦めてJAFや任意保険についている陸送サービスに頼ろうかと思ってます。

ファットボブのお気に意入りポイントがいくつかありまして。
ひとつ目はヘッドライト。二つ目のデュアルってのがよろしいですな。次がドラッグバーで、クルーザーらしからぬフラットなハンドルはポジションもクルーザーらしくなくてお気に入り。ケーブルの類は目立たないようにハンドル内にビルトインという凝り具合。
ミッドコントロールなのもポイント高い。本国仕様はフォワードコントロールなんですが、日本仕様はミッドコンです。H-Dっていかにもアメリカ流をごり押ししそうなもんなんですが、ファットボブの場合はなぜかローカライズされているんですよね。走行性能を重視したモデルということなので、日本人の体格に合わせてマジメにポジションの最適化をしてくれたんでしょうか。w
前にも書いたボブテイルも好き。たわいないデザイン上のアイコンですが、スポーティーに見えるのは確か。あとはタイヤサイズですかね。16インチの小径タイヤは独特の走りそうな雰囲気で好き。
で、地味に気に入っているのがこのプーリーの眺め。小径のホイールと相まってバランスがよく、ミッション側から尻上がりにベルトが伸びているのもH-Dらしくてよろしい。もう少し後ろ側から撮れば良かったかな。ベルトの下側が地面と平行に近く、上側はミッション側からプーリーにかけて尻上がりに角度が付いているんですよ。ローダウン風にみえてとても格好良いと思います。
逆に気に入らないのは幅広すぎるタンクぐらいですかね。もう少しシャープな形でも良いかもしれませんな。横から見ている分には気になりませんが、シートに座ってみるとすごく幅が広いんですよ。

混ぜるな危険。
本日はドリーム50で会社にいってまいりました。行きは良いんですが帰りは疲れますね。家に着くとぐったりする。明日はツーリングの予定なのでファットボブにガソリンを入れに乗り出すと・・・あまりの重さの違いにずっこけました。その差、およそ4倍。w
動いちゃえばどうってこと無いんですが・・・いやいや、それでも絶対的な重さの差はありますからね。スパルタンなドリーム50に比べるとFファットボブはまさにクルーザー。乗り心地は滑らかだしトルクにまかせてゆるゆると走れてとてもラクチン。ドリーム50は精力を根こそぎ奪われる感じで、体力・気力ともに充実していないと楽しく乗れません。どっちか一台と言われたらやっぱりファットボブを選びますなぁ。

ドリーム50とファットボブ、両極端な乗り物ですな。なんか中間の大きさの奴が欲しくなって来た。危ねぇ。w
by namatee_namatee | 2012-07-21 22:34 | motorcycle | Comments(4)