2012年 03月 02日 ( 1 )

細かいなー

c0019089_2165041.jpg

G&P M16A4のチャンバーを弄り回す図。

二重給弾再発。
先日、Hopシステム(大げさw)を改造しまして、バレルとかHopクッションあたりを捻ったり削ったりしたら持病の給弾不良が。orz
元々給弾に不安があったんですよ。これはG&Pのメカボなんですが、マルイ純正とのハイブリッドでして、メカボ本体とギア関連はG&P、スイッチ関連はカットオフレバーやスイッチ本体、セレクタープレートなどはマルイ、シリンダーとかピストンとかはサードパーティ製と混沌とした仕様でございます。
なんでそんなことになったかというと、セミオート関連がマルイ式でないのが気にいらなかったため。特許の関係だかで微妙に違うんですよね。そのせいか、セミの切れがイマイチ・・・どころか一発ごとにピストンの停止位置が変でそれが初速に影響が出るぐらい。(汗
で、マルイ製のスイッチ周りを移植したんですが、なんとなくタペットプレートをマルイ製にしました。Ver.2のタペットプレートはマルイ純正が一番ときいていたもんで。
どうもそれが良くなかったようで、たぶんセクターギアとひっかかる部分の形状(セクターチップはついてます。)が合わないのではないかと。
症状としては文字通り二重にチャンバーに装填されてしまうというもの。極めて不愉快。多弾マガジンのテンションが微妙に影響するようで、なったりならなかったりするんですが今回の改修以降は頻度が上がりました。orz

タペットプレートやセクターギアあたりを弄るのが本来なんでしょうが、メカボを開けるのがどうにも面倒くさい。なのでチャンバーを交換してみるという泥縄な対処。元々はシステマのチャンバーでしたが、それを今回のHop周りの改修の都合でライラクスのストライクチャンバーにしました。それで前述の通り、テキメンに給弾不良が頻発しましたので、SPRで余ったVFCのポリカチャンバーに交換してみようと。実に行き当たりばったり。

写真は交換の前に各部の寸法を測ってどう違うのか確認しているところ・・・ですが、外形は何ほどもかわりませんな。w
あと最近流行のバレル加工を施してみましたが、あれは形状から想像できる通りHopパッキンが捻れやすいです。VFCのポリカチャンバーはHopパッキンとのコンタクトが比較的タイトなんですが、そのおかげでバレルを押し込む時に適当にやるとHopパッキンが捩じれてしまいます。捩じれたままだとHopパッキンの動きが左右不均等になってしまい、結果、弾道が右か左に曲がって原因追及に頭を悩ますことになるので、ここは慎重に組み込む必要がありますな。

とりあえず、これで様子を見てみるか。直るかなー直らないだろうなー。orz
by namatee_namatee | 2012-03-02 22:10 | survival game | Comments(4)